ボタニスト スムース。 ボタニスト「ヴィーガンライン」新作シャンプー、“メープルウォーター”でさらさらの髪へ

【成分分析と評価】ボタニスト ボタニカルシャンプー スムース

ボタニスト スムース

40代 H.G スムースとモイスト両方使ったことがあります。 真剣に選ばなきゃいけないほど、どっちの洗い上がりもそんなに変わらない気がします。 どっちで洗ってもしっとりサラサラになるし、いい感じにまとまります。 『効果』に関する良い口コミと悪い口コミ ボタニストの、良い点・悪い点をまとめました。 良い点• いい香り• しっとりツヤツヤに仕上がる(モイスト使用)• べたつかない• パサつかない• スムースでもしっとりする• まとまりの良い髪になれる 悪い点• スムース、モイストどちらを使ってもほぼ変わらない このような声が上がりました。 悪い点で「洗い上がりはスムースでもモイストでも変わらない」という意見がありますが、これは悪い点ではなく、どちらで洗っても同じようなクオリティに仕上がるという意味のようです。 ただ、とことんサラサラを追究したい人や、存分にしっとりまとめたい人には向かないのかもしれません。 スポンサーリンク ボタニスト『使用感』に関する口コミ ボタニストの 使用感に関する口コミを紹介します。 使用感は、泡立ちや香り、すすぎやすさなどを評価してもらいました。 40代 U.J 泡立ちはいいですが軽い泡です。 濃密さはありません。 その分、すすぎが楽ですね。 シャンプーだけでも結構指通りがよくなるので、いいと思います。 『使用感』に関する良い口コミと悪い口コミ ボタニストの使用感に関する口コミをまとめてみました。 良い点• シャンプーの泡立ちがよい• すすぎが楽• 泡が軽め• シャンプーしただけで指通りがよくなる 悪い点• トリートメントがゆるい• スムースとモイストで香りが違う• シャンプーとトリートメントの香りが違う このようになりました。 シャンプーの泡立ちは、天然由来と思えないほど好評のようです。 軽めの泡なのですすぎが楽なところもポイントのようですね。 香りですが、スムースシャンプーはグリーンアップル&ローズ、モイストシャンプーはアプリコット&ジャスミンです。 トリートメントは共通でアップル&ベリーです。 どれも爽やかでいい香りですが、好みの仕上がりと好みの香りが一致した方がより楽しくシャンプーできますよね。 ボタニスト『刺激や副作用、危険性』に関する口コミ ボタニストの 刺激や副作用、危険性に関する口コミを紹介します。 市販のシャンプーで最も刺激となるのは界面活性剤、つまり洗浄成分です。 ボタニストは低刺激のアミノ酸系を使用しているので、地肌や髪に優しく作られています。 30代 H.K 成分が優しいというフレコミだったので選びました。 が、泡立つ割には洗浄力が今一つって感じです。 スプレーやワックスをたくさんつけた日は、一度洗いでは落ちません。 このような声が上がりました。 商品自体の刺激や副作用、危険性などではありませんが、低刺激ゆえに洗浄力が今一つに感じるという人もいるようです。 ヘアケア剤を普段たくさん使う人は、シャンプーの前にしっかりブラッシングし、シャンプー前に予洗いとしてお湯でしっかりすすぐようにしましょう。 スポンサーリンク ボタニスト『買いやすさ』に関する口コミ ボタニストの 買いやすさに関する口コミを紹介します。 買いやすさは、価格や販売店の多さなどを評価してもらいました。 50代 H.O 詰め替えがあればいいのになと思います。 前までシャンプーは500円くらいの物を使っていたので、ボタニストは高いです。 だから、せめて詰め替えとかで少しでも安く買えるようになったらいいと思います。 買いやすさに関する良い口コミと悪い口コミ ボタニストの買いやすさは、次のようになりました。 良い点• ドラッグストアで簡単に買える• 楽天やアマゾンでも買える• 大容量でコスパがいい 悪い点• どの店でも割引がない• 一般的なシャンプーより高い このようになりました。 値段に関しては、普段500円くらいの物を使っている人にとっては高いと感じ、普段数千円の物を使っている人にとっては安いと感じるようです。 楽天やアマゾン、ドラッグストア、バラエティショップなど、比較的いろいろなお店に置いてあるので、ポイントを貯めているお店など利用しやすいところで買うのがよさそうですね。 ボタニスト ボタニカルシャンプー&トリートメントの口コミまとめ ボタニストのボタニカルシャンプーは、ボタニカルブームの先駆けともいってよいほど、メジャーな商品です。 シンプルなパッケージも、髪へのやさしさをイメージさせるのにちょうどいい感じですね。 洗っている時はしっかりと香りますが、香り自体は強くないので「強い香りが苦手」という方でも大丈夫かと思います。 優しい洗い心地、自然由来の成分で洗い上げたい方にはおすすめのシャンプー・トリートメントです。

次の

BOTANIST ボタニカルリフレッシュシャンプースムースの解析結果

ボタニスト スムース

40代 H.G スムースとモイスト両方使ったことがあります。 真剣に選ばなきゃいけないほど、どっちの洗い上がりもそんなに変わらない気がします。 どっちで洗ってもしっとりサラサラになるし、いい感じにまとまります。 『効果』に関する良い口コミと悪い口コミ ボタニストの、良い点・悪い点をまとめました。 良い点• いい香り• しっとりツヤツヤに仕上がる(モイスト使用)• べたつかない• パサつかない• スムースでもしっとりする• まとまりの良い髪になれる 悪い点• スムース、モイストどちらを使ってもほぼ変わらない このような声が上がりました。 悪い点で「洗い上がりはスムースでもモイストでも変わらない」という意見がありますが、これは悪い点ではなく、どちらで洗っても同じようなクオリティに仕上がるという意味のようです。 ただ、とことんサラサラを追究したい人や、存分にしっとりまとめたい人には向かないのかもしれません。 スポンサーリンク ボタニスト『使用感』に関する口コミ ボタニストの 使用感に関する口コミを紹介します。 使用感は、泡立ちや香り、すすぎやすさなどを評価してもらいました。 40代 U.J 泡立ちはいいですが軽い泡です。 濃密さはありません。 その分、すすぎが楽ですね。 シャンプーだけでも結構指通りがよくなるので、いいと思います。 『使用感』に関する良い口コミと悪い口コミ ボタニストの使用感に関する口コミをまとめてみました。 良い点• シャンプーの泡立ちがよい• すすぎが楽• 泡が軽め• シャンプーしただけで指通りがよくなる 悪い点• トリートメントがゆるい• スムースとモイストで香りが違う• シャンプーとトリートメントの香りが違う このようになりました。 シャンプーの泡立ちは、天然由来と思えないほど好評のようです。 軽めの泡なのですすぎが楽なところもポイントのようですね。 香りですが、スムースシャンプーはグリーンアップル&ローズ、モイストシャンプーはアプリコット&ジャスミンです。 トリートメントは共通でアップル&ベリーです。 どれも爽やかでいい香りですが、好みの仕上がりと好みの香りが一致した方がより楽しくシャンプーできますよね。 ボタニスト『刺激や副作用、危険性』に関する口コミ ボタニストの 刺激や副作用、危険性に関する口コミを紹介します。 市販のシャンプーで最も刺激となるのは界面活性剤、つまり洗浄成分です。 ボタニストは低刺激のアミノ酸系を使用しているので、地肌や髪に優しく作られています。 30代 H.K 成分が優しいというフレコミだったので選びました。 が、泡立つ割には洗浄力が今一つって感じです。 スプレーやワックスをたくさんつけた日は、一度洗いでは落ちません。 このような声が上がりました。 商品自体の刺激や副作用、危険性などではありませんが、低刺激ゆえに洗浄力が今一つに感じるという人もいるようです。 ヘアケア剤を普段たくさん使う人は、シャンプーの前にしっかりブラッシングし、シャンプー前に予洗いとしてお湯でしっかりすすぐようにしましょう。 スポンサーリンク ボタニスト『買いやすさ』に関する口コミ ボタニストの 買いやすさに関する口コミを紹介します。 買いやすさは、価格や販売店の多さなどを評価してもらいました。 50代 H.O 詰め替えがあればいいのになと思います。 前までシャンプーは500円くらいの物を使っていたので、ボタニストは高いです。 だから、せめて詰め替えとかで少しでも安く買えるようになったらいいと思います。 買いやすさに関する良い口コミと悪い口コミ ボタニストの買いやすさは、次のようになりました。 良い点• ドラッグストアで簡単に買える• 楽天やアマゾンでも買える• 大容量でコスパがいい 悪い点• どの店でも割引がない• 一般的なシャンプーより高い このようになりました。 値段に関しては、普段500円くらいの物を使っている人にとっては高いと感じ、普段数千円の物を使っている人にとっては安いと感じるようです。 楽天やアマゾン、ドラッグストア、バラエティショップなど、比較的いろいろなお店に置いてあるので、ポイントを貯めているお店など利用しやすいところで買うのがよさそうですね。 ボタニスト ボタニカルシャンプー&トリートメントの口コミまとめ ボタニストのボタニカルシャンプーは、ボタニカルブームの先駆けともいってよいほど、メジャーな商品です。 シンプルなパッケージも、髪へのやさしさをイメージさせるのにちょうどいい感じですね。 洗っている時はしっかりと香りますが、香り自体は強くないので「強い香りが苦手」という方でも大丈夫かと思います。 優しい洗い心地、自然由来の成分で洗い上げたい方にはおすすめのシャンプー・トリートメントです。

次の

ボタニストシャンプー 全6種類の違いと選び方。あなたはこれを選べばOK

ボタニスト スムース

~当ブログを訪ねて頂いたあなたへ~ 当ブログでは完全匿名性、元美容師の知識、経験を活かして、本当に正しい知識をガチで発信しています。 あまりにも正直に書いているので、業界側に潰される可能性もありますが、それでも純粋に美を追究するあなたには絶っっ対に読んで欲しい5つの記事をまとめてみました。 シャンプーを選ぶ前に己を知れっ!あなたはシャンプーに何を求める? 焦ってシャンプーを購入する前によく考えて貰いたいのが、 あなたの髪質の状態とシャンプーに何を求めているのか?を自問自答してみてください。 私が美容師時代にも「とりあえず良いシャンプーが欲しいのよ!」と言われる方もいたのですが、超、超重要なのがまずは自分を知ること。 美容室であれば、直接髪の毛に触れることやそのお客様のヘアスタイルの傾向などから、いくらでも提案する事が可能です。 が、これが市販のシャンプーを購入するとなると自分の今の髪質や、求めるスタイルをしっかり把握しなければお金をドブに捨てることにもなりかねません。 いくらダメージが気になるからと言ってもあなたの髪が細毛猫っ毛だった場合、しっとり系のシャンプーを使ってしまえば、ベットベトになる可能性が非常に高いですし、頭皮が弱い人であれば痒みが出たり、出来ものがでる可能性だってあるのです。 周りの人が「このシャンプー良い!」と言っているシャンプーでも「それがあなたにもそのまま当てはまると言うわけではないっ!」と言うことですね。 そりゃそうですよね。 100人いれば100人とも髪質、頭皮の状態、ダメージ具合全員違うのは当然。 ですからしっかり自分の状態を知り、求める物に応じたシャンプーを選んでいきましょう! ボタニスト6種類の特徴と違いとは? 私がこの記事を書いている時点では、ボタニストには『スカルプ、スムース、モイスト』の3種類のラインナップが用意されています。 スカルプ<スムース<モイストの順でしっとり感が強くなってくると考えればOKです。 つまりモイストが一番重い仕上がりで、スカルプが最も軽い仕上がりになるという事ですね。 と言うことでスカルプから順にどういう髪質の人がどういう目的の人で使うべきなのか?を1つずつ紹介していきます。 【ボタニストスカルプ】 頭皮ケア用向け 最も軽い仕上がり スカルプ=頭皮という名称の通り、髪の毛に対して保湿成分や補修する成分なんかは殆ど含まれていません。 ただ洗浄成分に関しては、1000円以下の市販シャンプーなどと比べると、比較にならないくらい低刺激かつマイルドな洗浄成分なので多少、敏感肌の人にもオススメ出来ると言えます。 スカルプを謳う割には、これと言った育毛成分とかフケ防止成分とかが多く含まれているわけでもなく、しいて言えばグリチルリチン酸という消炎作用のある成分が含まれているので、痒み防止にはなるかな~といった程度。 本気の本気で頭皮ケアに悩んでいるのであれば、物足りない感はかなり感じる物の「髪のダメージはそこまで気にしていない」「頭皮のニオイや油分が気になる」と言った人であれば、ボタニストスカルプを選択するのも1つではありますね。 高価なシャンプーに比べてしまえば、「やっぱり洗浄力は高いなぁ」と感じてしまう物の市販のシャンプーとしてはかなり刺激もマイルドですし、洗浄力も控えめに設計されています。 流石ボタニカルを謳うだけあって、殆どの洗浄成分がアミノ酸系の成分で構成されているのですが、 1つ懸念されるのが『ラウレス-4カルボン酸Na』という洗浄成分。 一般的に普及しているような、ラウレス硫酸ナトリウムなどよりかはかなり優しいものの、折角ここまで優しいアミノ酸シャンプーで構成するのであれば、全ての成分をアミノ酸系にしてコダワリ抜いて欲しかった。。。 1500円弱という価格設定では、贅沢を言いすぎかもしれませんがw 洗浄成分については、アミノ酸系シャンプーとしてはやや強力な物の、髪の毛にハリコシ感を与える『加水分解ケラチン』『加水分解コラーゲン』なども配合されているのでボリューム感アップも多少期待出来ます。 「それほどダメージが無い細毛の方」や「髪の毛を立ち上げたり、軽いスタイルを求めている方」向けのシャンプーだと言えますね。 4つのシリーズの中で、最も重い仕上がり感を重視しているのが、こちらのモイストなのですが・・・ 最初に言ってしまうと、私はこれをシャンプーだと認めたくありません。 どんなにダメージを負っている髪をケアしたいからと言っても補修成分や保湿成分なんかよりも、洗浄成分を最も多く配合するべきなのです。 にも関わらず、このボタニストモイストシャンプーは成分の表記を見ると重い質感を演出したいが為に、洗浄成分よりも保湿成分の方が多く含まれているんです。 水、 グリセリン、 コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、ラウラミドプロピルベタイン、ラウロイルサルコシンNa、ラウレス-4カルボン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、デシルグルコシド… 黄色でマーカーしているのが、洗浄成分になるのですがそれよりも配合量が『グリセリン』が先に表記されていることからして、洗浄成分よりも『グリセリン』が多く含まれていると予測できますね。 グリセリン自体は、一般的なシャンプーにも保湿力をだす為に多く含まれています。 保湿だけで、補修はしません) 安全性も高い成分ではあるんですがだからといって、洗浄成分よりも多く含んでしまうのにはかなり疑問。 というか超疑問。 いくら重さ重視のモイストシャンプーだからといっても、洗浄成分よりも多く保湿成分を入れれば髪の毛がべたつきやすくなるのは当然のこと。 ボタニストシャンプーを使うとべたつく!という口コミをかなり見かけるのはこれが原因かと。 本当に本当に髪のダメージを最低限に抑えたいのであれば、保湿力で誤魔化している物ではなく、髪の毛を補修する成分がふんだんに配合されているシャンプーを使うべきです。 と言うことで、私はこのボタニカルモイストは全くオススメしません。 「ダメージケア」最初に見たときは「他のと大して変わらないんだろうなぁ」と思って成分みてみたのですが、 このボタニストだけ明らかに次元が違います(笑) 他のボタニストシリーズはとりあえず、保湿させるグリセリンなどの成分が殆どなんです。 が、このボタニストは「ペリセア」などの3,000円超えのシャンプーにも配合されるような、補修成分がしっかり配合されています。 やや洗浄力が高い成分は配合されているものの、バサバサになるレベルではないですし、あなたがダメージヘアで悩んでいても満足度は高いはず。 5つのシリーズの中でぶっちぎりで良シャンプーだと思います。 長々と書いてしまいましたが、もしあなたがボタニストを検討しているのであればスカルプ、スムース、ダメージケアの3択から選ぶことを強く、強くオススメいたします。 ただ、ダメージケアだけ突出して良成分が配合されてるので、もしあなたが「どれが良いのかわからない」場合は、ダメージケアをとりあえず使用してみることをオススメします。 スカルプ:頭皮に少し痒みがある、頭皮の油分が気になる 猫っ毛、細毛 スムース:ダメージはあまりに気にならない、且つ軽い仕上がりを求める ローダメージの細毛 ダメージケア:とにかくダメージケア、パサツキが気になる人。 バウンシーボリューム:ベタつきやすく、細毛の方 チャコールクレンズ:頭皮の油分、ニオイが気になる。 スカルプだとちょっとぱさつく いずれも、ダメージの補修力はかなり弱い物の洗浄成分に関しては刺激も少なく、市販の安価な物に比べるとマイルドなのでそこそこの満足感は得られるはず。 そしてもう一点、念を押して伝えたいのが「モイストはオススメしない!」と言うことです。 なるべくダメージを抑えたい!と言うことであれば、保湿成分が配合されている物よりも、補修成分が入っている物を選ぶべきなのですよ。

次の