中華風酢の物。 暑い夏にさっぱり美味しい♬ささみときゅうりの中華風酢の物レシピ★

きゅうり!つくれぽ1000越だけ【人気レシピ23選】絶品1位は?大量消費にもおすすめ!殿堂入り

中華風酢の物

砂糖 小さじ半分• 醤油 大さじ1• 酢 大さじ1• 豆板醤 適当• ゴマ油 適当 ゴーヤの中華風ピリ辛酢の物の作り方 ゴーヤは流水で良く洗い、ヘタを落として半分に切り、更に縦割りにします。 ワタと種を取り除いて2ミリ幅の薄切りにして行きます。 ボールにゴーヤと塩を入れて揉み込みます。 5分ほど放置したら熱湯でボイルして行きます。 その間に中華風の甘酢を作ります。 醤油・酢が大さじ1杯、砂糖小さじ半分、豆板醤を混ぜ合わせます。 ビニール袋に水分を絞ったゴーヤと甘酢、更にゴマ油を加えて混ぜ合わせます。 ビニール袋の口を縛り冷蔵庫でギンギンに冷やします。 盛り付ける器と一緒に冷やせば一石二鳥ですね。 食べる直前に器に盛り付けて ゴーヤの中華風ピリ辛酢の物の完成です。 クリックで拡大.

次の

きゅうり!つくれぽ1000越だけ【人気レシピ23選】絶品1位は?大量消費にもおすすめ!殿堂入り

中華風酢の物

くらげときゅうりの中華風酢の物の作り方(レシピ)くらげときゅうりの中華風酢の物の作り方です。 くらげときゅうりの酢の物は、中華料理の前菜に欠かせません。 くらげのコリコリ、きゅうりのシャキシャキとした食感が、のど越しにさわやかな酢の物です。 ビールのおつまみにもよく合います。 【くらげの塩抜き】 くらげを塩抜きする。 水でよく洗い、たっぷりの水を入れたボウルに入れて30分置く。 【A】を合わせて冷ましておく。 くらげをザルに上げて水気を切り、5cmくらいの長さに切る。 戻した春雨も食べやすい長さに切っておく。 【A】に練り辛子と胡麻油を入れてドレッシングを作る。 ドレッシングにくらげときゅうりを入れて味をふくませる。 大きなお皿の周りにサラダ菜を敷き、春雨を盛り、真中にくらげとキュウリを盛り付ける。 残ったドレッシングを春雨にかける。 【くらげの中華酢の物のよくある質問】 くらげの栄養は? クラゲはほとんどが水分で、わずかに塩分とたんぱく質を含むだけです。 しかしコラーゲンが豊富に含まれていて、皮膚機能の維持改善が期待されます。 最近ではたんぱく質から、ネバネバ成分のムチンも発見されています。 塩くらげの戻し方は? 塩蔵くらげは水でもどして塩抜きをしてから使います。 70〜80度でサッと湯通しすると生臭さが取れます。 冷水につけてすぐにザルに上げて水気を取ります。 熱湯だと硬くなり過ぎます。 乾燥品は、熱湯に浸して戻します。 どうして塩クラゲで売ってるの? 食用クラゲは、傘の部分のみを塩とミョウバンに漬けて水を抜きます。 その後塩漬けすることで長期保存が可能になります。 くらげがふやけてしまった? 長時間調味液に浸けすぎると、水っぽくなってふやけます。 せっかくのコリコリとした食感が失われてしまうので早めに食べ切りましょう。 くらげのカロリーは? クラゲ100gが22kcalと低カロリー。 ちなみにこのレシピのくらげとキュウリの中華酢の物のカロリーは、1人分132kcalです。 クラゲの料理での使い方は? 主にコリコリとした食感を楽しむ食材で、中華料理の前菜や酢の物サラダなどに利用されます。 酢の物では きゅうりを取り合わせることが多い。 食用くらげの種類は? クラゲの種類は多いですが、食用になるのは、エチゼンクラゲとビゼンクラゲです。 傘の部分が食用にされます。 それぞれ捕獲された地名から来ています。 エチゼンクラゲ(越前・福井/日本海) エチゼンクラゲのかさの直径は約1m、体重は100kgと巨大。 主に福井県で獲れます。 ビゼンクラゲ(備前・岡山/瀬戸内海) ビゼンクラゲのかさは直径30〜40cmほど。 主に瀬戸内海や九州沿岸で獲れます。 くらげは漢方薬なの? くらげは古くから漢方として利用され、体内の余分な熱を取り除いてくれると言われています。 血行を良くし、高血圧予防、むくみ防止、二日酔い防止、便秘の予防などに効果があるとされます。 くらげとキュウリの中華酢の物のアレンジは? ハムや薄焼き卵を加えてもおいしいです。

次の

暑い夏にさっぱり美味しい♬ささみときゅうりの中華風酢の物レシピ★

中華風酢の物

砂糖 小さじ半分• 醤油 大さじ1• 酢 大さじ1• 豆板醤 適当• ゴマ油 適当 ゴーヤの中華風ピリ辛酢の物の作り方 ゴーヤは流水で良く洗い、ヘタを落として半分に切り、更に縦割りにします。 ワタと種を取り除いて2ミリ幅の薄切りにして行きます。 ボールにゴーヤと塩を入れて揉み込みます。 5分ほど放置したら熱湯でボイルして行きます。 その間に中華風の甘酢を作ります。 醤油・酢が大さじ1杯、砂糖小さじ半分、豆板醤を混ぜ合わせます。 ビニール袋に水分を絞ったゴーヤと甘酢、更にゴマ油を加えて混ぜ合わせます。 ビニール袋の口を縛り冷蔵庫でギンギンに冷やします。 盛り付ける器と一緒に冷やせば一石二鳥ですね。 食べる直前に器に盛り付けて ゴーヤの中華風ピリ辛酢の物の完成です。 クリックで拡大.

次の