対応早い お礼。 早急のご対応ありがとうございますは敬語?迅速なご対応/早速のご対応

英語で「素早い対応ありがとうございます」は何て言うの?

対応早い お礼

「早い返事」という言葉はメールや手紙などで使う言葉です。 こちらが何か聞いたり、質問したりして早く返事が返ってきた時、「早く返事をもらったけどなんてお礼をしたらいいんだろう」と思うことがあります。 そういったときに使える「早い返事」の敬語表現についてご紹介します。 ビジネスシーンだけではなく日常生活でも使うので覚えておきましょう。 メールや手紙などを頂いたりした場合は、なるべく早い返事が望ましいとされています。 相手を待たせてしまうと失礼に当たることがあるため、返事ははやくすると良いです。 自分が送った場合に早い返事があると聞きたかったことが早くわかったり、対応が良いなと思えたりします。 「早い返事」の敬語での使い方 「早い返事」はビジネスシーンでも日常生活でも使うことのある言葉です。 そんな「早い返事」の敬語表現はさまざまあります。 よく耳にするのが「早速のお返事」という言葉です。 「早速のお返事」という言葉は敬語として正しい表現です。 「早い返事」をいただいた場合には「早速のお返事ありがとうございます」とお礼を伝えるといいでしょう。 たまに「お早いお返事」という言葉を使う方がいますが、日本語として違和感を感じる方が多いでしょう。 丁寧にするつもりで「お」をつけていますが「はやい」にも「返事」にもついてしまっています。 「早い返事」を敬語で表現する場合には、「早速のお返事」を使うほうが無難でしょう。 敬語の種類 敬語には大きく分けると3種類存在します。 ものごとを丁寧に表現する丁寧語、相手に敬意を表現する尊敬語、自分や自分の身内についてへりくだった表現をするのが謙譲語です。 丁寧語は語尾に「〜ます」や「〜です」をつけるのが特徴です。 それぞれは状況や相手によって使い分けます。 シーンに合った敬語表現を選びましょう。 この3種類の他にも、美化語と丁重語という敬語の種類があります。 美化語は皆さんが日常生活で聞くことが多い「ご飯」や「お酒」など「ご」や「お」が言葉の頭に付くのが特徴です。 「ご祝儀」なども美化語の1つです。 丁重語は「参る」や「申す」など自分の行動について丁寧に表現する敬語です。 使い方 敬語は使い方が難しいと言われています。 間違った使い方をしていると丁寧にしたつもりが逆に失礼になってしまうという場合もあります。 そのため、正しく覚えて上手な使い分けが必要とされます。 しかし、使い慣れてくるとサッと敬語表現が出てくるようになり、普段自分が使っている言葉と同じように使うことができます。 まず、上手に敬語を使うには正しく覚えることが大切です。 敬語の専門書なども多く販売されていますし、こうしてネット上にも敬語を学べるサイトはたくさんあります。 ちょっと手が空いたときや、何かをしながらなど1日のなかの少しの時間を使うだけで覚えることができます。 敬語を使うのが上手な方と会話するのも上達する近道です。 メールでの使い方 敬語はメールでも使うことが多く、メールで敬語を使うときの注意点もあります。 メールで敬語を使うときには誤字や脱字などに注意しなければならないのと、二重敬語にならないようにすることです。 誤字や脱字を防ぐには、メールを全て打ち終わった後に読み直すことが大切です。 脳内で読み直すだけでなく、声に出して音読することで間違いに気付きやすくなります。 二重敬語とは、敬語同士が重なってしまうことです。 丁寧にしようとするあまり、敬語同士が重なってしまい違和感を感じる文章になってしまいます。 二重敬語を防ぐためには正しい敬語の使い方を覚える必要があります。 メールも頻繁に送っていれば慣れてきてうまく使えるようになるので何度もチャレンジすることが大切です。 ビジネスでの使い方 ビジネスシーンでは敬語は無くてはならない言葉です。 敬語を使えないと会話に差し支えたり、失礼になったりします。 そのため、社会人になればほとんどの人が敬語を使えるようになります。 敬語は社会に出て目上の人と接する機会が増えれば聞く機会も増えるので、その分覚える速度が早くなります。 敬語だけでは無く、ビジネスマナーなども徐々に覚えていきます。 例えば「早い返事」ですが、メールや手紙は早く返事をする方が良いとされています。 そういったことも社会に出ると少しづつ覚えていきます。 「早い返事」を敬語表現するときの例文 「早い返事」使った例文を紹介します。 「早い返事」を使う場合はメールや手紙が多く、正しい敬語表現が求められます。 会話が多くメールや手紙をあまり使わない方々は「早い返事」という言葉を使ったことがない方も多いでしょう。 「早い返事」の敬語表現はさまざまあるので、相手や状況について使い分けましょう。 「早い返事」を使うときにはお礼を添えることが多いでしょう。 お礼の言葉も正しい敬語表現を使うことが大切です。 お礼の言葉もさまざまあり、丁寧さのレベルが幅広いので上手に使い分けましょう。 ありがとう 「早い返事」を使うときはありがとうという言葉の敬語を添えることが多いです。 ありがとうという言葉にはさまざまな敬語表現があるため、上手に使い分けましょう。 「ありがとうございます」も「感謝申し上げます」も同じありがとうという意味を持っていますが、丁寧さが違ったり、他の言葉との相性によって使い分ける必要があります。 例えば「早速のお返事、ありがとうございます」という風に使うことがあります。 敬語として正しい表現なのでビジネスシーンや日常生活で使うことができます。 この文章をより丁寧に表現する場合には「早速のご返信、感謝申し上げます」といった文章になります。 このように同じ意味でも違う言葉になるのでさまざま表現を覚えておくと便利です。 「早い返事」の別の敬語表現 「早い返事」にはさまざまな敬語表現があります。 状況や相手に合わせて使い分けます。 「早速のご返信」や「迅速な対応」など言葉もさまざまで、その後に続く言葉も数多くあるので何種類ものパターンがあります。 たくさん覚えておくことでシーンに合った使い分けがサッとできるようになります。 早速のお返事 「早い返事」の敬語表現として多く使われるのが「早速のお返事」という言葉です。 よく聞くこの言葉は使いやすく、敬語初心者にも覚えやすい言葉です。 「お早いお返事ありがとうございます」は日本語として違和感があります。 ですので「早速のお返事ありがとうございます」という風に使います。 「早速のお返事」より丁寧に表現する場合には「早速のご返信、感謝申し上げます」とすると丁寧さが増してより良い印象になります。 相手や状況などで使い分けましょう。 迅速な対応 「早い返事」を敬語表現する場合に「迅速な対応」という言い換えをする場合もあります。 「迅速な対応ありがとうございます」という感じに使います。 「迅速なご対応ありがとうございます」でも使えます。 「ご迅速なご対応ありがとうございます」は日本語として変なので間違わないよう注意してください。 「迅速な対応をしていただき、ありがとうございます」や「迅速な対応に感謝いたします」などという表現もできます。 「迅速な対応」に似た言葉では「素早い対応」などがあり、「素早い対応ありがとうございます」というように使います。 早々は失礼にあたる? 「早い返事」の敬語表現は「早速のお返事」や「迅速な対応」を使うと良いことがわかりましたが、それだけではなくその後に添える言葉にも気遣うとより良い文章となります。 「早い返事」を使うときに多いのが「早い返事」に対してお礼を伝える場合です。 「早速のお返事ありがとうございます」などと使いますが、そういった文章に「お忙しい中」や「ご多用のところ」などをつけるとより良い文章になります。 相手を気遣う気持ちも添えていると返事をしたかたも早く返事をして良かったなと思ってくれるでしょう。 早い返事をお願いするとき 「早い返事」をお願いしなければならない場面もあります。 「早い返事」をお願いするのは非常に難しいことです。 返事の催促をしているので、失礼のないように注意しなければなりません。 「早い返事」をお願いする場合にはまず自分がメールや手紙を送った日時や、内容を話した日時をはっきりさせます。 書類を再送できる場合は「念のため再送いたしますのでご確認お願いいたします」と続けます。 「早い返事」を求める場合は、いつもよりも丁寧に相手を嫌な気分にさせないようにお願いしましょう。 メールでの注意点.

次の

「迅速な対応」の読み方と意味は?目上への敬語表現、類語、英語も紹介

対応早い お礼

Contents• 早い対応のお礼を敬語で表すと? 「早い対応」を丁寧な表現にする場合はどうしたら良いでしょうか。 いくつか似たような表現の仕方がありますが、 「早速のご対応」「早々のご対応」「迅速なご対応」といった言葉を使うのが良いでしょう。 また、最後の迅速の場合には「ご迅速な対応」というように、尊敬語である「ご」を迅速に付けた形の言い方をすることもできます。 相手に応じて適切な言葉を選び、相応しい使い方をする必要がありますので、 きちんと意味や用途を知った上で使えるようにしましょう。 早速と早々と迅速の違いは? 3つの例を出しましたが、 どれも似ていて何が違うのかよく分からないという方も多いと思います。 どの言葉も「早い」「素早い」という意味になりますが、用い方には少しづつ違いがあります。 早々 目上の方に使うのは失礼ですので、 上司や先輩社員、取引相手に対してはあまり使わない方が良いでしょう。 新年早々、ありがとうございました。 早々にご連絡頂きまして感謝申し上げます。 迅速と早速 使い方の注意点 失礼のないようにしたい場合は「迅速」か「早速」を用いれば良いということが分かりましたが、ここで、注意点を示したいと思います。 「迅速なご対応をして頂き、ありがとうございました」というように 「ご~」と「~頂き」は一緒に使うことが出来ません。 「ご~」は「迅速」か「対応」のどちらかにかしか付けることが出来ませんので気をつけましょう。 これは一つ目の「早速」にも同じように当てはまります。

次の

間違いも多い「早速のご対応」の意味と敬語表現・使い方と例文

対応早い お礼

「迅速な対応」の敬語 尊敬語の接頭語「ご」を付けて「迅速なご対応」なら目上・上司に使える 「迅速な対応」だけでは敬語ではありません。 そのため、目上の相手には「ご」を付けて 「迅速なご対応」としましょう。 「ご迅速な対応」より「迅速なご対応」がベター 敬語の接頭語「ご」は、文脈により尊敬語・謙譲語・丁寧語のどれにもなることができます。 「ご迅速な対応」の「ご」は「迅速」をただ丁寧に言ってるだけなので、丁寧語になります。 「迅速なご対応」の「ご」は相手の行為である「対応」の敬語表現なので、尊敬語になります。 よって、「ご迅速な対応」は正しい敬語ですが 「迅速なご対応」の方がより丁寧な敬語(相手を敬っている)になります。 迅速な対応をお願いします 相手にすぐ対応をしてもらいたいときに使います。 「迅速な対応をお願いします」は、対応すべき事項の優先順位がとても高いことを表します。 「お願いします」のより丁寧な言い回しとして「お願いいたします」「お願い申し上げます」があります。 また、「素早い対応をしてください」とお願いするときはクッション言葉をつけましょう。 「大変恐縮ですが」「お忙しいところ恐れ入りますが」「ご多忙の折と存じますが」など、相手を気遣う言葉を心がけましょう。 ただ、 どれだけ丁寧な言葉を使っても、目上の人に「急いでください」といった催促のニュアンスは失礼にあたるため気をつけましょう。 例文 ・大変恐縮ですが、迅速な対応をお願いします。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、期限が迫っておりますため迅速な対応をお願いいたします。 ・ご多忙の折とは存じますが、迅速な対応をよろしくお願い申し上げます。 「迅速な対応」の英語 「迅速な」の英語は「prompt」「swift」「speedy」など 「迅速な」を意味する英語には、 ・promt ・swift ・speedy ・quick などがあります。 ちなみに「迅速な対応」という意味で「fast」を使うのは不自然です。 「fast」は「人や物体が継続的に速い」という意味なので、返信などの一時的な行為に対して使うのは誤りとなります。 感謝の表現は「I appreciate... 」がビジネスシーンでは一般的 感謝・お礼の表現で最も一般的なのは「 Thank you for... 」ですよね。 ビジネスシーンでは「 I appreciate... 」という表現がより一般的です。 「迅速な対応」の英語の例文.

次の