好き な 女子 アナ ランキング 2019。 第16回 好きな女性アナウンサーランキング

NHK女子アナウンサーランキング2020!かわいい美人人気アナ

好き な 女子 アナ ランキング 2019

12月になり、今年1年を振り返るシーンも増えてくる頃。 ORICON NEWSでは、年末の恒例企画『好きなアナウンサーランキング』を今年も発表。 16回目を迎える<女性アナウンサー編>では、昨年初ランクインでTOP3入りしたテレビ朝日の【弘中綾香】アナが、さらに順位を上げ、テレビ朝日のアナウンサーとして初めて首位に輝いた。 視聴者だけでなく大物タレント、制作者側からも信頼される話術で初首位• 昨年2位からトップへに躍り出た弘中綾香アナウンサー(C テレビ朝日 昨年初登場で2位だったテレビ朝日の 【】アナが同局初の首位を戴冠。 昨年の同ランキング順位に触れた1月26日放送の『GOMI IS MONEY』で、本人は「お給料は変わらないんで、意味ないんですって」とバッサリ言い切った潔さも話題に。 その後、4月には研究助手として出演の『激レアさんを連れてきた。 』が土曜22時枠に昇格。 その宣伝も兼ねて公式Instagramを開設し日々の情報発信もスタートさせた。 4月20日にはテレ朝アナとして異例の『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にゲスト出演。 そこで「ラジオをやりたい」と話したことから、2019年7月に『ひろなかラジオ』(AbemaTV)を開始。 すっぴんからギャルメイクになる過程を見せるなど新たな一面を披露。 そんな個性を発揮した弘中アナについて「可愛らしく、頭の回転も早いので」(東京都/10代・女性)、「面白い。 身近にいるとへこみそうだが、テレビで見るうえでは最高のキャラクター」(愛媛県/30代・男性)、「天然なのかあざといのか判らない、ちょっと奥が深そうなところ」(愛媛県/50代・女性)と老若男女から絶賛の声が集まった。 一般ユーザーからだけではなく、制作者側からの信頼も厚く、『アメトーーク! 』の加地倫三プロデューサーは採用面接時から「フリートークは、図抜けてすごかった」と称賛。 『お願い!ランキング』内の企画「太田松之丞」では進行役を務める弘中アナ。 今回のテレ朝アナから初の1位を飾り、彼女がどんなコメントを残すのかも期待したい。 支持層の男女比率が逆転!? 昨年10位から大幅ランクアップしたフリーの 【】アナ。 TBSアナから2014年のフリー転身後は、バラエティが中心だったが、今年は大胆に女優業を開始したことでも注目された。 デビュー作となったドラマ『絶対正義』(フジテレビ系)でいきなりベッドシーンに挑戦。 Webドラマ『奪い愛、夏』(AbemaTV)に続き、現在放送中の『モトカレマニア』(同局系)にも出演して華を添えている。 多方面で活躍する姿に「なんでも挑戦して努力をしているのが凄いと思います」(埼玉県/30代・女性)、「タレント活動も多くなり美を追求しているのに、本職のアナウンサーとしての力量を維持しているから。 またストイックな姿に女の私も惚れました」(青森県/20代・女性)など女性からも支持が増え、これまでの支持層の男女比率が逆転しているかのようだ。 11月25日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)では毎日水を3リットル飲み、「顔の保湿をする時に顔、デコルテ、おっぱいまで一緒にケアします。 おっぱいまでが顔です」と徹頭徹尾のこだわりを明かした。 「ぶりっ子キャラから脱却して、今、凄くいい感じなので」(千葉県/30代・男性)とかねてから獲得していた男性ファンも引き続き増やしている。 飾らない素の姿とアナウンス技術の安定感に支持• 視聴者の期待に見事応えた有働由美子アナ 昨年首位を飾ったフリーの 【】アナが3位に。 2018年3月31日、27年間在職したNHKを退職し、2018年10月から『news zero』(日本テレビ系)のメインキャスターを務めて1年が経過。 その一方、安定したトーク力も評価されており、2019年11月9日 天皇陛下のご即位を祝う「国民祭典」の祝賀式典の司会を俳優・谷原章介と共に務めた。 目の前の職務に合わせて硬軟自在に才能を発揮する有働アナに「聴きやすい。 決める時は決めるし感情も上手く出している」(神奈川県/50代・女性)というように、彼女の飾らない人柄と、NHK時代に培ったアナウンス力を支持する声が集まった。 人気情報番組のキャスター&アシスタントが続々ランクイン 今年は、情報番組のキャスターやアシスタントを務めるアナウンサーが並ぶ結果に。 昨年はフジテレビのアナウンサーのTOP10入りがなかったが、今年はフジテレビ 【】アナが6位に登場。 今年4月より『Mr. サンデー』の第3代アシスタントキャスターを担当している三田アナ。 「綺麗で話が上手い、自分の意見をしっかり持ってる」(栃木県/50代・男性)、「言葉の発信力の重みを知っているアナウンサー」(埼玉県/40代・女性)と、キャスターとしての姿勢を評価する声が高かった。 『ヒルナンデス! 』視聴者から支持集中、初登場の滝菜月アナ(C 日本テレビ 初登場は、日本テレビの 【】アナ(9位)。 水卜麻美アナの後継として、わずか入社2年目にして2017年10月より『ヒルナンデス!』のアシスタントに抜擢。 北海道出身らしいおっとりとした雰囲気での進行も好感がある。 「飾らない性格が何となく好感」(東京都/20代・女性)と、20代からの支持で2位となり、女性視聴者からの支持が寄せられた。 上記2人以外にも、4位に『大下容子ワイド! スクランブル』(テレビ朝日)の冠番組を持つ 【】アナ、5位に『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京)の 【】アナらも堂々のランクイン。 バラエティ方面ではなく、アナウンサー業を中心にキャリアを積んできた面々がTOP10内に並んだ。 今回のTOP10のうち8名がオフィシャルでSNSアカウントを持ち、情報発信を行なっている。 局アナであっても、番組以外の部分で趣味やこだわり、個性を自己発信していくことで、共感を呼び、人気を獲得する流れが今後も続きそうだ。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

第16回 好きな女性アナウンサーランキング

好き な 女子 アナ ランキング 2019

12月になり、今年1年を振り返るシーンも増えてくる頃。 ORICON NEWSでは、年末の恒例企画『好きなアナウンサーランキング』を今年も発表。 16回目を迎える<女性アナウンサー編>では、昨年初ランクインでTOP3入りしたテレビ朝日の【弘中綾香】アナが、さらに順位を上げ、テレビ朝日のアナウンサーとして初めて首位に輝いた。 視聴者だけでなく大物タレント、制作者側からも信頼される話術で初首位• 昨年2位からトップへに躍り出た弘中綾香アナウンサー(C テレビ朝日 昨年初登場で2位だったテレビ朝日の 【】アナが同局初の首位を戴冠。 昨年の同ランキング順位に触れた1月26日放送の『GOMI IS MONEY』で、本人は「お給料は変わらないんで、意味ないんですって」とバッサリ言い切った潔さも話題に。 その後、4月には研究助手として出演の『激レアさんを連れてきた。 』が土曜22時枠に昇格。 その宣伝も兼ねて公式Instagramを開設し日々の情報発信もスタートさせた。 4月20日にはテレ朝アナとして異例の『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)にゲスト出演。 そこで「ラジオをやりたい」と話したことから、2019年7月に『ひろなかラジオ』(AbemaTV)を開始。 すっぴんからギャルメイクになる過程を見せるなど新たな一面を披露。 そんな個性を発揮した弘中アナについて「可愛らしく、頭の回転も早いので」(東京都/10代・女性)、「面白い。 身近にいるとへこみそうだが、テレビで見るうえでは最高のキャラクター」(愛媛県/30代・男性)、「天然なのかあざといのか判らない、ちょっと奥が深そうなところ」(愛媛県/50代・女性)と老若男女から絶賛の声が集まった。 一般ユーザーからだけではなく、制作者側からの信頼も厚く、『アメトーーク! 』の加地倫三プロデューサーは採用面接時から「フリートークは、図抜けてすごかった」と称賛。 『お願い!ランキング』内の企画「太田松之丞」では進行役を務める弘中アナ。 今回のテレ朝アナから初の1位を飾り、彼女がどんなコメントを残すのかも期待したい。 支持層の男女比率が逆転!? 昨年10位から大幅ランクアップしたフリーの 【】アナ。 TBSアナから2014年のフリー転身後は、バラエティが中心だったが、今年は大胆に女優業を開始したことでも注目された。 デビュー作となったドラマ『絶対正義』(フジテレビ系)でいきなりベッドシーンに挑戦。 Webドラマ『奪い愛、夏』(AbemaTV)に続き、現在放送中の『モトカレマニア』(同局系)にも出演して華を添えている。 多方面で活躍する姿に「なんでも挑戦して努力をしているのが凄いと思います」(埼玉県/30代・女性)、「タレント活動も多くなり美を追求しているのに、本職のアナウンサーとしての力量を維持しているから。 またストイックな姿に女の私も惚れました」(青森県/20代・女性)など女性からも支持が増え、これまでの支持層の男女比率が逆転しているかのようだ。 11月25日放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)では毎日水を3リットル飲み、「顔の保湿をする時に顔、デコルテ、おっぱいまで一緒にケアします。 おっぱいまでが顔です」と徹頭徹尾のこだわりを明かした。 「ぶりっ子キャラから脱却して、今、凄くいい感じなので」(千葉県/30代・男性)とかねてから獲得していた男性ファンも引き続き増やしている。 飾らない素の姿とアナウンス技術の安定感に支持• 視聴者の期待に見事応えた有働由美子アナ 昨年首位を飾ったフリーの 【】アナが3位に。 2018年3月31日、27年間在職したNHKを退職し、2018年10月から『news zero』(日本テレビ系)のメインキャスターを務めて1年が経過。 その一方、安定したトーク力も評価されており、2019年11月9日 天皇陛下のご即位を祝う「国民祭典」の祝賀式典の司会を俳優・谷原章介と共に務めた。 目の前の職務に合わせて硬軟自在に才能を発揮する有働アナに「聴きやすい。 決める時は決めるし感情も上手く出している」(神奈川県/50代・女性)というように、彼女の飾らない人柄と、NHK時代に培ったアナウンス力を支持する声が集まった。 人気情報番組のキャスター&アシスタントが続々ランクイン 今年は、情報番組のキャスターやアシスタントを務めるアナウンサーが並ぶ結果に。 昨年はフジテレビのアナウンサーのTOP10入りがなかったが、今年はフジテレビ 【】アナが6位に登場。 今年4月より『Mr. サンデー』の第3代アシスタントキャスターを担当している三田アナ。 「綺麗で話が上手い、自分の意見をしっかり持ってる」(栃木県/50代・男性)、「言葉の発信力の重みを知っているアナウンサー」(埼玉県/40代・女性)と、キャスターとしての姿勢を評価する声が高かった。 『ヒルナンデス! 』視聴者から支持集中、初登場の滝菜月アナ(C 日本テレビ 初登場は、日本テレビの 【】アナ(9位)。 水卜麻美アナの後継として、わずか入社2年目にして2017年10月より『ヒルナンデス!』のアシスタントに抜擢。 北海道出身らしいおっとりとした雰囲気での進行も好感がある。 「飾らない性格が何となく好感」(東京都/20代・女性)と、20代からの支持で2位となり、女性視聴者からの支持が寄せられた。 上記2人以外にも、4位に『大下容子ワイド! スクランブル』(テレビ朝日)の冠番組を持つ 【】アナ、5位に『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京)の 【】アナらも堂々のランクイン。 バラエティ方面ではなく、アナウンサー業を中心にキャリアを積んできた面々がTOP10内に並んだ。 今回のTOP10のうち8名がオフィシャルでSNSアカウントを持ち、情報発信を行なっている。 局アナであっても、番組以外の部分で趣味やこだわり、個性を自己発信していくことで、共感を呼び、人気を獲得する流れが今後も続きそうだ。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

安住紳一郎も苦言……「好きなアナウンサーランキング」は、なぜ女子アナの首を絞めるのか?(2019/12/19 21:00)|サイゾーウーマン

好き な 女子 アナ ランキング 2019

NHK女子アナウンサーランキング2020! かわいい美人人気アナ 第1位:井上あさひアナウンサー。 井上あさひアナウンサーは、1981年7月17日生まれの現在38歳。 身長166㎝。 岡山県玉野市出身、玉野市立荘内中学校、私立岡山高等学校を経て、東京のお茶の水女子大学文教育学部を卒業後、2004年4月にNHKに入局。 鳥取局、広島局を経て2009年から東京に勤務。 2011年からNHKの看板番組のひとつである『ニュースウオッチ9』のキャスターを5年間務め人気に。 一見クールビューティーだが時折見せる優しい微笑みで世の男性視聴者を悩殺。 2015年度の人事で京都局勤務に異動が発表された時には熱烈な男性ファン達から苦情が殺到。 その現象をメディアでは「あさひロス」などと報じ話題に。 2017年春の人事で東京アナウンス室に2年ぶりに復帰。 ネットでは、エースアナながら私服がその辺の女子大生みたいだったり台風中継にヘルメット姿で登場したりジェットコースターに乗ったりギャップ萌えシーンでも話題に。 最近では神々しささえ感じる。 井上あさひアナについてくわしく 第2位:和久田麻由子アナウンサー。 和久田麻由子アナウンサーは、1988年11月25日生まれの現在31歳。 身長163㎝ 推定。 祖父はフランス人でクウォーター。 2歳から5歳までにはテキサス州のヒューストンで過ごした帰国子女。 名門・女子学院中等学校、高等学校を経て、東京大学経済学部を卒業後、2011年にNHKに入局。 岡山局を経て2014年春から東京アナウンス室勤務に。 『NHKおはよう日本』 土日祝 のキャスターに異例の大抜擢。 翌2015年春からは、平日朝の看板番組『NHKおはよう日本』のメインキャスターを務めている。 その汚れなき美貌とアナウンス力の高さから1部では「女子アナ史上ナンバー1の逸材」と称されているまさに才色兼備の女子アナ。 「わくまゆ」の愛称で親しまれている。 2019年3月に結婚報道。 和久田麻由子アナについてくわしく 第3位:桑子真帆アナウンサー。 桑子真帆アナウンサーは、1987年5月30日生まれの33歳。 身長158. 神奈川県川崎市出身、鴎友学園女子高等学校を経て、東京外国語大学ロシア・東欧課程 チェコ語専攻 を卒業後、2010年4月にNHKに入局。 長野局、広島局を経て、2015年より東京アナウンス室勤務。 広島時代の2013年10月からNHK-BSプレミアムで放送されている子供向け番組『夜のワラッチャオ! 』のお姉さん役を務め月一で東京に通った。 2015年春から人気番組『ブラタモリ』の3代目アシスタントに起用され癒し系キャラで人気に。 オリコン調べ『好きな女性アナウンサーランキング2015』で初登場でいきなり5位となり人気アナの仲間入りを果たした。 『ブラタモリ』卒業後、2016年度から平日夜の新報道番組『ニュースチェック11』のメインキャスターに就任。 従来のNHKの報道番組とかけ離れた「ゆるいスタイル」の番組で話題に。 翌2017年春からは、「桑子人気」に便乗し看板番組『ニュースウオッチ9』のメインキャスターに起用される。 さらに2017年から2年連続で『NHK紅白歌合戦』の総合司会を務め、現在のNHK女子アナの中でエース的存在となる。 プライベートでは2017年5月にフジテレビの谷岡慎一アナウンサーと結婚したが、2018年6月3日に離婚している。 桑子真帆アナについてくわしく 第4位:鈴木奈穂子アナウンサー。 鈴木奈穂子アナウンサーは、1982年1月29日生まれの現在38歳。 身長158㎝。 神奈川県横浜市出身、法政大学女子高等学校を経て、法政大学社会学部を卒業後、2004年にNHKに入局。 高松局、松山局を経て、2008年より東京アナウンス室に勤務。 平日夕方の『首都圏ネットワーク』を経て、2010年度から平日朝の『NHKニュースおはよう日本』のキャスターに抜擢。 2015年春からは『ニュースウオッチ9』のメインキャスターに就任。 髪をショートにし爽やかな朝の顔から一転バリっとした「女性キャスター」に変貌を遂げる。 2017年度からは『NHKニュース7』 平日 のキャスターを務めている。 プライベートでは2012年にTBS局員 ディレクター職 と結婚している。 鈴木奈穂子アナについてくわしく 第5位:杉浦友紀アナウンサー。 杉浦友紀アナウンサーは、1983年5月14日生まれの現在37歳。 身長158㎝。 愛知県名古屋市生まれの岡崎市育ち。 南山国際中学、高等学校を経て上智大学文学部新聞学科を卒業後、2006年にNHKに入局。 大学時代の2003年にミスソフィア、大学日本一を決める『Miss of Miss Campus Queen Contest』で準グランプリに輝く。 福井局、名古屋局を経て、2012年度より東京アナウンス室に勤務。 『おはよう日本』のスポーツ担当を経て『NHKサタデースポーツ・サンデースポーツ』のメインキャスターとなりNHKを代表するスポーツアナに。 その愛らしいルックスと推定Gカップと言われる抜群のスタイルで人気を得る。 プライベートでは、2015年2月にNHK美術部の同期局員と結婚。 多くの男性ファンを悲しませた。 杉浦友紀アナについてくわしく 第6位:寺門亜衣子アナウンサー。 寺門亜衣子アナウンサーは、 1985年8月19日生まれの現在34歳。 茨城県水戸市出身。 水戸市立第二中学校、茨城高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部卒業後、2008年に入局。 山形局、札幌局を経て、2013年度より東京アナウンス室勤務。 『あさイチ』のリポーター、『おはよう日本』早朝パートのキャスターを務め、身長153㎝の小柄でアイドル的なルックスで人気に。 2015年度より平日夕方の帯番組『ニュースシブ5時』のキャスターに就任。 これまでのお嬢様風なロングヘアーからショートカットに。 結構気が強そう。 愛称はジモたん。 プライベートでは、2017年夏に報道局の先輩職員と結婚。 2018年9月で『ニュースシブ5時』を卒業。 正式には公表されていないが産休に入ったとみられる。 寺門亜衣子アナについてくわしく 第7位:近江友里恵アナウンサー。 近江友里恵アナウンサーは、1988年夏生まれの現在32歳?。 身長156㎝。 高知県生まれの東京育ち。 昭和女子大学附属中学校・高等学校を経て、早稲田大学政治経済学部を卒業後、2012年にNHKに入局。 熊本局、福岡局を経て、2016年度より東京アナウンス室に勤務。 早朝5時台の『おはよう日本』のキャスター、バラエティー番組『ブラタモリ』の4代目アシスタントに起用され知名度が上がる。 2018年度からは、NHKを退職した有働由美子の後任として『あさイチ』のメイン司会に大抜擢。 衣装を後ろ前逆に着て番組に出演したりするなど、癒し系の天然キャラであり、笑うとかわいいエクボが出来る。 現在独身。 愛称は近江ちゃん。 近江友里恵アナについてくわしく 第8位:上原光紀アナウンサー。 上原光紀アナウンサーは、1991年3月31日生まれの現在29歳。 身長156㎝。 宮崎県生まれの神奈川県横浜市育ち。 慶應義塾女子高等学校を経て慶應義塾大学法学部政治学科を経て、2013年にNHKに入局。 新潟局、広島局を経て、2017年度より東京アナウンス室に勤務。 2016年にはリオデジャネイロ五輪のキャスターを務め卓球女子団体で涙の銅メダルを獲得した福原愛のインタビューにもらい泣きし、グシャグシャに丸めたティッシュで鼻を拭く姿が放送されてしまうがそのリアルな姿に好感度が上昇。 東京でも『おはよう日本』のスポーツキャスターに起用され知名度も上がる。 小柄ながらしっかりとした顔立ちで超美人とも言われている。 上原光紀アナについてくわしく 第9位:赤木野々花アナウンサー。 赤木野々花アナウンサーは、1990年8月8日生まれの現在29歳。 身長158㎝。 岡山県岡山市出身、岡山市立京山中学校、岡山県立岡山城東高等学校を経て、慶應義塾大学総合政策学部卒業後、2013年にNHKに入局。 徳島局、大阪局を経て、2016年度より東京アナウンス室に勤務。 早朝5時台の『おはよう日本』のキャスター、バラエティー番組『日本人のおなまえっ』に起用され知名度が上がる。 清楚なお嬢様風の可愛らしいルックスで将来のエース候補。 現在独身。 赤木野々花アナについてくわしく 第10位:副島萌生アナウンサー。 副島萌生アナウンサーは、1991年12月28日生まれの現在28歳。 青森県弘前市出身、青森県立弘前高等学校を経て慶應義塾大学 SFC を卒業後、2015年に入局。 大分局を経て、2017年度より名古屋局に勤務。 『おはよう東海』のキャスターに抜擢、全国放送のバラエティー番組『超絶 凄ワザ! 』のアシスタントに起用される。 学生時代にはNHK杯全国高校放送コンテスト、2009年春の第81回選抜高等学校野球大会にて開会式・閉会式の司会を担当した経歴をもつ実力派ながらフレッシュで可愛らしいルックス。 特に笑顔が素敵。 意外に巨乳でもある。 2018年度から東京アナウンス室に配属され、杉浦友紀の後任で『サタデー・サンデースポーツ』のキャスターに大抜擢されている。 将来のエース候補。 現在独身。 副島萌生アナについてくわしく あくまでも個人的主観で話題性、将来性などを勝手に考慮したランキングになるのでクレームは無しで。 他にもNHKには、絶対エースと呼ばれる有働由美子アナなど魅力的な女子アナ達が多数在籍しており今後もNHKの女子アナに注目ですね。 関連記事.

次の