角田美代子。 尼崎事件を起こした角田美代子の生い立ちとその後!黒幕が明らかに?

【尼崎事件】角田美代子の生い立ちが壮絶すぎる→ 週刊文春の独占取材

角田美代子

それを知ることで、このような洗脳をかけられることを 防ぐことができます。 苫米地英人博士によると洗脳やマインドコントロールは、 恐怖心をあおることで完成します。 洗脳やマインドコントロール技術の基本を説明します。 脳の偏桃体を刺激することです。 下の説明図をご覧ください。 偏桃体を刺激した時に体験したことは強烈な記憶となって残ります。 苫米地博士の洗脳は恐怖をベースにしていますが、 もう一つ重要な要素がありました。 ここではそのもう一つの要素を解説します。 以前の苗字は「月岡」。 2011年11月の大江和子さんドラム缶事件で発覚した。 角田美代子らは、些細なことに難癖をつけては弱みを見せる相手を脅迫し、 多数の無法者を引き連れて家庭に侵入し、 金品をむしり取ることを生業としており、夜の街で獲物を探し歩いていた。 角田美代子は普段から飲み仲間に、「交通事故に遭ったら金になる」など 当たり屋の指導をするなどし、うっかり隙を見せて食い物になってしまった 家族らのその後は凄惨で、高松市の谷本家は2003年5月頃、 餓死寸前になり、服も着させて貰えず、 父親の谷本誠さんが全裸で長女の茉莉子さんをおんぶして 親族の元に「何か食べさせてほしい」と、助けを求めてきたこともあった。 またある時は谷本夫婦揃って全裸で泣きながら親族に金を借りに来ることもあり、 やがては親族までもが呼び出され、 次女・瑠衣が「お父さん、ごめんね」と泣きながら 両親を顔が腫れるまで殴らせられている光景を目の当たりにし、 「情けなくてつらくて、ノイローゼになるかと思った」とショックを受けた。 2012年12月12日、角田美代子は留置所にて自殺した。 私の結論は、「自分が冷たい人間である」という状況に、 普段から慣れることです 「自分があったかい人だと思い込みたい、人からそう思われたい」という、 そういう「欲望」がこのような事件に巻き込まれる原因です あったかい人間の前に、強い心を持つ必要があると思います 強い心とは、「自分があったかい人だと、 人からそう思われたいという欲望」に気が付くことです 自分があったかい人だと思われたい人は 自分に自信が持てない人です なぜなら「自分で自分を励ますことが出来る人」は そういう他人への期待が無くても、平気だからです なぜ自分に自信が持てないかというと、 幼少期に親からの励ましがなかったことが 原因になったことが多いものです。 幼少期に母親との葛藤を経験した人には、 心の奥に孤独があります。 それは 死への甘い誘いでもあるのです。 なぜか? なぜ自殺したいと思ってしまうかと言うと、 それは「当てつけ」なのです。 愛してくれなかった(と感じる)親に対して 「愛してくれなかったから死んでやる」と当てつけの気持ちです。 「死なせなくなかったら愛してよ!」という心の叫びが なぜ自殺したいと思ってしまうかと言う 本当の気持ちです。 自殺願望はあなたの中の欲望です。 それはあなたの中の動物の本能です。 人間の中にも動物の本能があって、 それが人生の大事な場面 ひとつひとつであなたの人生を決めていたのです。 こういうことを知らずに人生を過ごす人は、大変な 損をしています。 今この瞬間から損する人生とさよならをして もっと得する人生を望まれる方は、下のリンクから メールマガジン 「脳科学で願望実現を可能にする実践講座」 をどうぞ メールマガジン 「脳科学で願望実現を可能にする実践講座」 お金儲けはもちろん、恋愛成就、仕事の成功、対人関係の克服、夢の実現など、脳科学の見地から、正しい実践方法を伝授いたします。 引き寄せの法則や社会的洗脳の仕組みなどを正しく理解し、具体的な実践としての、誰にでも導入できる瞑想方法や自己催眠を詳しく解説します。 毎日1話、第一話から進んでいく無料メール講座です。 早い方は1ヶ月で効果がでます。 登録はとても簡単で下記フォームにメールアドレスを打ち込むだけ。 このご縁をきっかけに皆さまの人生が拓けますことを祈念もうしあげます。 建設会社をリストラされたのを機に、中小建設業生き残り研究会を立ち上げ、建設会社の新規事業開発やマーケティングを研究する。 しかし、中小建設業生き残り研究会のDVDの売れ行きに悩み、瞑想中の啓示により変性意識開発のDVDを製作・販売する。 ネット事業に活路を見出し、瞑想による願望実現のホントとウソの研究にシフトしていく。 宗教色を排した、科学的瞑想の研究を勧める。 ヴィパッサナー瞑想はほとんど知らなかったが、本を一冊読んで「 自分が行っていたのはじつはヴィパッサナー瞑想だった」と気がつく。 四国の山中に在住、時々東京や大阪でセミナーを開催。 お勧め記事 - , , , , , , , , , ,• カテゴリー• 172• 人気記事• 61ビュー• 34ビュー• 28ビュー• 23ビュー• 18ビュー• 16ビュー• 15ビュー• 14ビュー• 13ビュー• 13ビュー• 13ビュー• 12ビュー• 12ビュー• 11ビュー• 11ビュー• 9ビュー• 9ビュー• 9ビュー• 9ビュー• 8ビュー• アーカイブ• 精神工学研究所.

次の

コードギアス?尼崎事件!角田美代子の洗脳「絶対服従」事件!

角田美代子

ルルーシュに見つめられ、命令を受けると、たとえ「死ね」であろうとも、その通りに行動しなければいけない、というものだ。 その能力によって、敵も味方も翻弄するルルーシュの描写は、このアニメをヒットさせる大きな要因となった。 しかし、もしもこの世に本当に「絶対服従のギアス」をもつ人間がいたとしたら・・・そう考えるとゾッとしないだろうか。 もちろん架空の物語である以上、そんな人は存在しない。 だが、まるで「絶対服従のギアス」でも持っているのではないのかと思われてもおかしくない人物がいた。 その者の名は、 角田美代子。 卑劣極まりない「 尼崎事件」の首謀者だ。 一部では「家族喰い」と呼ばれるこの女性はいくつもの家族をも乗っ取り、崩壊させ、全て自分の糧としていった。 1999年。 きっかけは親戚である叔父の妻の葬儀であった。 いつから角田は家族の乗っ取りを企んでいたかはわからないが、その葬儀で角田は恫喝をした。 その内容とは「段取りが悪い」という荒唐無稽なものであった。 初めのうちは相手にしない遺族であったが、角田の剣幕に圧倒されるようになり、いつしか、尼崎にある角田の自宅に集まるようになった。 そして、あっという間に発言力を強くし、最終的には 洗脳し、強制的に集団生活を始めた。 話の展開が飛びすぎと思うかもしれないが、以上のことは全て事実である。 なぜ角田はそんなことができたのか、丁寧に追っていきたい。 まず、角田は遺族側の「油断」を利用した。 所詮相手は角田一人だけと、遺族も高をくくっていたのだ。 角田の自宅に行ったのはそういう油断が影響していること間違いなかった。 しかし、角田にとってはそれが思う壺であった。 次に角田は、遺族間の微妙な「不和」を利用した。 そもそも遺族は、叔父の妻から見たら妹にあたる人物(70代、以後便宜的に「祖母」と表記)とその息子たち、そしてその家族で構成されていた。 となると、老い先短いこの祖母の面倒を誰が見るのかは、揉める材料として十分であった。 おそらく角田はそこを見越して乗っ取れると踏んだのだろう。 自宅に集まった遺族に、角田はすかさずこの不安材料を容赦なくぶつけた。 すると遺族は口をつぐんだ。 それどころか、遺族の一人が借金をしているという情報まで手に入れることができた。 核家族化された現代社会が抱える問題を衝いた、角田の作戦勝ちであった。 ここで角田の策略は次の段階に進む。 それは感情の「緩急」で遺族を安堵させることだ。 多額の借金をしている遺族の一人に、肩代わりを提案するのだ。 おっかないオバサン程度にしか思われていなかった角田の印象がここでガラッと変わったのだ。 以降も、このふと見せる優しさは、ここぞという場面で遺憾なく発揮される角田の得意技となった。 こうして己の地位を上げた角田は、集団生活の提案を行った。 課題山積だった遺族にとっては、その選択肢しかないと思ったのだろう。 それはすんなり通った。 こうして、つい先日まで赤の他人であった角田が家族の主導権を握った。 さて、角田はそこまでして家族を支配下におさめて何をしたかったのだろうか。 それは、各家庭の家計を抑えてお金を得ることだった。 角田は、自分が孤立しない為には手段を選ばなかった。 中でも、息子夫婦の子どもたち、つまり祖母からみて孫にあたる人物を次々と「支配」したことは大きかった。 これでは遺族からしたら人質も同然であった。 「支配」といっても暴力ではなく、「緩急」つまりあえて優しく接することで、自分になつくようにし、親子間の関係にヒビを入れたのだ。 最終的には、息子夫婦は次々と離婚、そして孫の何人かは角田の養子となった。 こうして、若い年齢の人間と養子縁組をすることで、自分の手足となる者を増やしていくことも角田の常套手段となっていった。 角田による共同生活の結果、二人の死者が生まれた。 一人は祖母だった。 衰弱死とのことだが、虐待が行われていた可能性が高い。 もう一人は息子たちの内、長男の子どもであった。 飛び降り自殺であった。 もちろん遺体は角田によって隠された。 そんな暗黒に包まれた共同生活は、角田自身が窃盗罪の容疑で逮捕されたことから崩壊した。 共同生活している遺族の一人が角田に万引きをけしかけ、警察に密告したことから発覚したものだ。 しかし、それでも養子となった孫の一人は角田と行動を共にした。 そして角田も執行猶予つきの釈放にとどまった。 家庭の事情の国家権力は極力介入しない「民事不介入」を警察は徹底した。 ここで一点疑問が残る。 実際に死人まで出ているのに、なぜ警察は「民事不介入」としたのか。 答えは簡単だ。 遺族が黙ったからだ。 ここに、角田の「ギアス」たる所以がある。 すなわち、角田は一切自分の手を汚していないのだ。 角田は一切暴力を振るわずに家族を支配し、家族内で暴力を起こさせたのだ。 つまり、いくら角田が支配してようとも、実際に罪を犯していたのは、遺族の誰かということになる。 となると、警察に死人のことを言うことは自分を含めた家族全体の罪を認めたことになるのだ。 故に、せいぜい角田と離れることくらいしかできなかったのだ。 角田からしたら、誰も自分の罪状を訴える者がいないのだから、この一連の「家族喰い」は大成功だった。 その後も、角田は尼崎を中心に二度も「家族喰い」を行った。 乗っ取りのルーティーンは全く同じであった。 イチャモンをつけた接近、家族間の離間、そして共同生活からの暴力と搾取。 いずれも角田のシナリオ通りに進んだ。 そして、自分の味方となってくれる者も作った。 家族間で暴力が行われるので訴えられることもない。 死体は隠せばよい。 そうして、事態は終始、角田の圧倒的有利で進んだ。 警察が重い腰をあげたのは、一人の女性の訴えであった。 角田に家族を乗っ取られ、自身も暴行を受け、監禁状態にあっていたが、なんとか逃走に成功したのだ。 そして、警察に訴えたのだ。 ここで初めて警察は本格的な捜査へと乗り出したのだ。 そして、2011年11月4日、角田は逮捕された。 この後、角田の全ての罪状が警察の知るところとなったのだが、その結果、死者は8名、逮捕者は角田を含めて11名、書類送検者は17名にも及んだ。 単独犯でないあたりに、角田がいかに家族に罪を犯させ、密告させまいとしていたかがわかる。 コードギアス?尼崎事件!角田美代子の洗脳「絶対服従」事件! 角田美代子の生い立ち 以上、「 尼崎事件」についてざっと纏めたが、 角田美代子の真骨頂は「絶対服従」の仕組みを作ることにあった。 それは単に恐怖で 洗脳するだけでなく、自身の崇拝者を作ること、自分を犯罪者にしないことなど多岐に及んだ。 まさに完全犯罪が成立する一歩手前であった。 そんな角田が「絶対服従」の力を手に入れた背景には何があったのだろうか。 生い立ちから探っていきたい。 角田は、「手配師」という職業を営む父親のもとで育った。 「手配師」とは、人夫に仕事を与え、給与などを差配する仕事だ。 尼崎に集う体力自慢の荒くれた人夫を扱うには、抜群のバランス感覚を要することは想像に難くない。 父親は「手配師」として人夫を扱うだけでなく、自身の懐を利益が多く入るようピンハネする術にも長けていた。 角田の周辺にはゴリゴリの荒くれ者が多くいたと言われているが、初老を過ぎた老婆である角田が従えることができたのは、父親の姿を見ていたことが関係しているのだろう。 そんな裕福な家庭で育った角田の性格は非常にわがままだったという。 しかし、高校卒業後はスナックを経営するなど、人と接する仕事にはある程度の自信があったことがわかる。 意外なことに、わずかな期間ながら結婚生活も行っている。 女性としての幸せも求めていたのだろう。 しかし、あくなき金への渇望が原因なのか、角田は悪辣な性格へと変貌していった。 コードギアス?尼崎事件!角田美代子の洗脳「絶対服従」事件! 角田美代子の可能性 残虐極まりないことをした角田は、けして許されるべきではない。 しかし、この非凡な才能を犯罪に使ってしまったことは非常にもったいないと考える。 なぜならば、この力さえあれば、犯罪に手を染めなくても、富を得ることは十分に可能であったからだ。 角田に足りなかった点を挙げるならば、合法的に生きることをあまり考えなかったこと、そして強かさに欠けていたことだろう。 非合法な手段と取らなければ大金を得られない、とでも思ったのだろうか、卓越した能力の割に、その実行力には粗さが見える。 角田の能力ならば、暴力などなくとも、死人など出ずとも、社会でのしあがる方法はいくらでもあったはずだ。 例えば、宗教団体はどうだろうか。 角田には、教祖がうらやむような才能をいくつも有している。 宗教団体の究極の目的は教義の流布と信仰の拡大であるが、そのためには組織の維持と予算となるお金を集めることが重要となる。 角田はそれをいとも簡単にやってのける才覚を有している。 特に重要なのは、「教義なしで」それを行えることだ。 教義とは、宗教の主張そのもので、いわば大義名分に等しいものだ。 だからこそ教義を信仰する者は拡大に努められるのだろうし、教団にお金を収めることも厭わないのだろう。 しかし角田は、家族にわずかな綻びさえあれば、あっという間に取り入り、支配し、全てを自分のものにすることができるのだ。 この能力を欲しいと思わない教祖は、たとえどんなに清廉潔白であってもいない。 なぜならば、その能力こそが教団を維持するシンプルな方法だからだ。 逆に言うと、角田がとったこの「家族喰い」は、宗教的教義さえあれば、犯罪などという危ない橋を渡らずとも、容易に実行できたのではないか考える。 角田は支配の原動力に家族内の綻びや不和から生じる「後ろめたさ」を用いた。 しかし、それはあくまで消極的なものに過ぎず、隙あらば瓦解しかねないものだった。 だからこそ角田は家族を犯罪に加担させることで「後ろめたさ」のサイクルから抜け出せないようにした。 うまくいっているようにみえるが、いわばデッドオアアライブ、それも破綻するか、破滅するかの選択肢しか家族にはなかった。 それに対して、「教義」を用いた支配となれば、積極的な集金が可能となるし、犯罪に手を染める必要性も格段に下がる。 つまり、角田の「家族喰い」は宗教的活動として行ったほうが、より穏便かつ平和的なのだ。 もっとも、角田が教祖としてふさわしいとは思えない。 基本的に利己的な角田が仮に教義を掲げたところで、それを全うする可能性は低いだろう。 疑問を抱いた信者から脱退していくのがオチだ。 しかし、宗教団体の幹部としてなら、十二分に力を発揮できること間違いない。 特に新興宗教では、教祖の下で実行役となる人間のはたらきで教団の力は大きく変わる。 そういう役割を担った者が、教団内にて出世の足がかりをつかんだり、新しい教団を立ち上げた例はいくつもある。 角田はその持てあます才能を活かしきれず、短絡的な思考に奔り、人心を支配し、お金を求めた。 合法的な手段にこだわってさえいれば、今頃は別の分野で名を馳せていたことだろう。 このことによって「 尼崎事件」は事件の全貌が分からないまま、終焉することとなった。 史上に類のない逮捕者を出した事件の首謀者のあっけない最期だった。 角田のような「ギアス」 洗脳技術を持った悪魔が生まれたのは、偶然かはたまた必然か。 それはまだわからない。 被害者でも加害者でもない我々第三者にできることは、次の悪魔を生み出さないよう努力する以外にない。 故に、角田の人間形成を知ることが非常に重要となる。 人間は学習する生き物だ。 だからこそ、現代社会から何を吸収し、何を編み出したのか、詳しく知る必要があるのだ。 「犯罪しかない」と考えている荒んだ思考をしている者に対して、別の選択肢を与えてあげること、これこそが、第三者である一般市民の役割なのかもしれない。

次の

尼崎事件

角田美代子

アメとムチを巧みに使い分けて周囲を洗脳させ、凶行を重ねたの主犯格・角田美代子被告(64)。 純子さんは今夏の終わりごろ、ある事件で逮捕され、処分保留で釈放されるまでの約2週間、留置場に勾留された。 純子さんによると、1号室から3号室まで、約10畳の3つの女性用の雑居房が並び、各房には3、4人の女性が一緒に生活していたという。 「角田被告とは母親くらい年が離れていたので、オカンと呼んでいたんです。 私たちは真ん中の2号室。 オカンは黒いトレーナー、ベージュのチノパンという地味な服装でした。 読書家で、いつもメガネをかけて新聞や本を読んでいました 捜査の進展と重なったのだろう。 角田被告は、情緒不安定になっていったそうだ。 「取り調べに呼ばれるようになると、いつになく動揺しながらもドスの利いた低い声で、『弁護士を呼べ。 15分以内に来なかったら、解任や! 新しい弁護士を雇う』と担当さんに怒鳴り散らしていました。 1人で『おかしい、なんで今ごろ』、『警察は汚い』とブツブツ言い続け、『共犯の親族が逮捕された』と不安そうな素振りでした 就寝時は全員、頭を廊下側に並べるのが規則で川の字になって寝ていたが、別の同房女性とのトラブルも発生していた。 「就寝中、オカンは隣の女性を起こして、『怖いねん』と、すすり泣いていたそうです。 それに耐えかねた彼女は、オカンに背を向けて、ハンカチを自分の顔に被せて寝ていました。 翌日の夜、就寝中の彼女が気配を感じて目を開けると、布団の上に座ったオカンが、鬼の形相で睨み続けていたそうです。 オカンは彼女の態度が気にいらなかったようですね。 翌朝には『あんた、なんやねん! 気分悪いわ!』と怒鳴っていました 今週半ばにも、角田被告は殺人容疑で再逮捕される見込みだ。 外部サイト.

次の