ドラクエ ウォーク フレイム。 【DQウォーク】フレイムのSこころ評価/出現クエスト/ステータス順位/ドラクエウォーク

【DQウォーク】フレイムのSこころ評価/出現クエスト/ステータス順位/ドラクエウォーク

ドラクエ ウォーク フレイム

ドラクエウォークの腕試しクエスト推奨レベル45の「強者の城」ではボス戦含めて5回戦う ドラクエウォークの腕試しクエスト推奨レベル45の「強者の城」ではボス戦含めて5回戦う必要があります。 これはかなり面倒臭いぞ〜。 1戦目はばくだん岩とメトロゴースト2体。 ばくだん岩にメガンテをさせないように気をつければ余裕です。 2戦目はアローインプ4体。 アローインプはさみだれうちでダメージをかなり与えてきます。 仲間も呼んでくるのでちょい面倒です。 3戦目はミニデーモン4体。 こいつらがかなり厄介。 ミニデーモンはメラミで単体に100ダメージ、氷のいきで全体に70ダメージを与えてきます。 4体いる間は強いです。 全員のHPを回復できるスキルの「」は必須ですね。 一体ずつ減らして勝利。 4戦目はベホイミスライム2体とリザードマン2体。 まずはベホイミスライムから倒しましょう。 3戦目に比べると楽でした。 ボスのフレイムは全体回復させながら戦おう! いよいよボスのフレイム4体。 ほのおをまとって転がったてきたり、火炎の息などで全体に70ほどダメージを与えてきます。 いやしのかぜなどで全体回復を行いながら一体ずつ倒していきましょう。 時間はかかりましたがなんとか勝利! 今知りましたがまだこれ一章なんですね…。 クリア報酬はこちら。 まほうのせいすいや回復アイテムなど道具は揃えておこう 腕試しクエスト推奨レベル45「強者の城」では、5回戦わないといけないので結構しんどいです。 まほうのせいすいは10使い切ってしまったので、持てるだけもってほうがいいです。 ボス戦前にスラミチに頼んでパーティのHPとMPを回復させてから戦うのもおすすめです。

次の

【ドラクエウォーク】フレイムのこころと出現場所!図鑑No.111

ドラクエ ウォーク フレイム

フレイムとは? フレイムとは炎をまとったモンスターです。 その体にまとった炎を使って攻撃してくることが多く、全体攻撃を持ちます。 また攻撃力が高いため、全体攻撃をされるとある程度を上げていても被ダメージが増えがちになるので、敵モンスターとして登場されると厄介です。 しかしいざ倒してしまえば見かけやすさは、とてもよく見かけるモンスターになるので、こころを入手するのは比較的簡単です。 特殊効果がコストアップしかないので高レアモンスターに比べると需要は少ないですが、には使えるステータスを持っています。 フレイムの基本情報 図鑑ナンバー 111 みかけやすさ とてもよく見かける こころのタイプ 紫 系統 調査中 とてもよく見かけるタイプのモンスターになるのでこころを入手する事や、図鑑を更新する事は比較的簡単です。 ただ先ほども説明した通り、全体攻撃が厄介なモンスターになるのであまり油断はできません。 しっかりHP回復をした上で挑まないと3体が全体攻撃などをしてくると瀕死になってしまいます。 5章までくると湧きモンスターもかなり強くなるので装備はしっかり整えてないといけません。 攻略ではHP回復が必要になるのでの編成をしてください。 またベホイミやを覚えておく方が勝率が上がるため、装着するやこころも厳選しておくのがおすすめです。 フレイムのこころの効果 さいだいHP 57 さいだい 69 ちから 24 みのまもり 31 こうげき魔力 45 かいふく魔力 18 すばやさ 43 41 特殊効果 こころ最大コスト+4 ちからステータスが低いため、やに装着するのはおすすめしません。 こころの色の相性的にがいいと思います。 こうげき魔力が高く、魔法スキルを使用した際によりダメージを与えやすいです。 しかし特殊効果は最大コストを上げる事しかないので、他の強力なモンスターに比べると装着する優先度は低いと思います。 魔法攻撃力が上がるため、より強力なを入手できるまでのつなぎとして使うには絶好のこころです。

次の

【ドラクエウォーク】うで試しクエストに挑む方法や内容解説!

ドラクエ ウォーク フレイム

今回は現状多くの人が遊んでいるであろう、5章10話のドロップ率について、検証していきたいと思います。 今回は戦闘回数3811回、12607匹のモンスターを討伐しました! その1. 集計のルール ・5章10話に登場するモンスターとの戦闘結果を集計しました。 ・他の章のクエスト、メガモンスター、イベント限定モンスター、こころ高確率、こころ確定ドロップのモンスターについては、集計から除外しています。 ・雨の日については、晴れの日と集計を分けていません。 ですから、雨の日と水辺限定の「つむりんママ」が、どの程度出現するのかについては、正確なデータではありません。 ・ブラッドハンドについては「呼ばれて登場した仲間」も数に入っていますので「とてもよく見かける」枠のモンスターの中でも、出現数が際立って多くなっています。 ・ベホイミスライムについては、5章10話では「仲間を呼ぶ」のみの出現で、統計的にはパーティの火力が高いと出現前に敵を一掃してしまい、全く登場しないので、平均登場率を算出できません。 このため集計データからは除外し「番外」としています。 その2. 戦闘回数辺りのこころドロップ率 戦闘回数3811回、12607匹を討伐して、合計415個のこころをドロップしました。 つまり、1回の戦闘が終わるごとに、10. 89%の確率でこころがドロップされることになります。 戦闘終了後に複数のこころをドロップすることが、まれにありますので、実際は10%程度になりますね。 出現モンスター総数に対する、こころドロップ確率では3. 29%となっています。 なお、1戦闘あたりのモンスター出現数は、平均3. 31体でした。 その3. モンスター別のこころドロップ数 では、個別のモンスターの出現率と、どれだけこころを落としているのかを発表します。 1位:ブラッドハンド/3299体討伐/出現率26. 17%/こころドロップ数92個 2位:フレイム/2207体討伐/出現率17. 51%/こころドロップ数73個 3位:パペットマン/2190体討伐/出現率17. 37%/こころドロップ数56個 4位:ベビーサラマンダ/2134体討伐/出現率16. 93%/こころドロップ数71個 5位:じごくのよろい/1399体討伐/出現率11. 10%/こころドロップ数66個 6位:つむりんママ/688体討伐/出現率5. 46%/こころドロップ数26個 7位:サイおとこ/456体/出現率3. 62%/こころドロップ数22個 8位:キングスライム/166体/出現率1. 32%/こころドロップ数6個 9位:キラーマシン/68体/出現率0. 54%/こころドロップ数3個 番外:ベホイミスライム/90体/仲間呼び時限定/こころドロップ数1個 このうち「とてもよく見かける」枠がブラッドハンド、フレイム、ベビーサラマンダ、パペットマン。 「よく見かける」枠がじごくのよろい、「ときどき見かける」枠がつむりんママとサイおとこ、「あまり見かけない」枠がキングスライム、「めったに見かけない」枠がキラーマシンです。 興味深いのは、同じ枠のモンスターでもこころのドロップ率にかなりの差があることです。 同じ「とてもよく見かける」枠のフレイムはこころ73個、パペットマンはこころ56個とかなりの差があります。 パペットマン(2190体討伐)の56個は、討伐数がパペットマンより791体も少ない、じごくのよろい(1399体討伐)の66個よりも少ないのです。 これは、さすがに確率のゆれの範囲ではないと思います。 また、パペットマン(2190体討伐)と、ほぼ同数出現しているフレイム(2207体討伐)は73個、ベビーサラマンダ(2134体討伐)は71個のこころをドロップしているので、パペットマンのこころは確率が低く設定されているようです(戦闘回数1000~2000回程度の集計でも、全く同じ傾向を示していましたので、確率のゆれではないと思います)。 つまり、モンスターのこころドロップ率は、一律に同じではなく、各モンスターごとに個別に設定されているということが、これでわかります。 その4. こころのドロップ率が高く設定されているモンスターは何!? では、どのモンスターが「同じ数を討伐したときに、こころを落としやすいのか」を比較してみましょう。 これは出現数に対するドロップ個数を比較すれば算出できます。 1位:サイおとこ/456体中22ドロップ/ドロップ率4. 82% 2位:じごくのよろい/1399体中66ドロップ/ドロップ率4. 72% 3位:キラーマシン/68体中3ドロップ/ドロップ率4. 41% 4位:つむりんママ/688体中26ドロップ/ドロップ率3. 78% 5位:キングスライム/166体中6ドロップ/ドロップ率3. 61% 6位:ベビーサラマンダ/2134体中71ドロップ/ドロップ率3. 33% 7位:フレイム/2207体中73ドロップ/ドロップ率3. 31% 8位:ブラッドハンド/3299体中92ドロップ/ドロップ率2. 79% 9位:パペットマン/2190体中56ドロップ/ドロップ率2. 56% 番外:ベホイミスライム/90体中1ドロップ/ドロップ率1. 11% となります。 キラーマシンやキングスライムは討伐数とドロップ数が少なすぎるので、目安にしかなりませんが、一応統計上の目安となる350サンプルを越えた中で、最高ドロップ率のサイおとこは、最下位のパペットマンの2倍近いドロップ率です。 この比率のままドロップし続けるなら、サイおとこをパペットマンと同じ2190体討伐した時点で、こころが「106個」落ちる計算となります。 パペットマンの56個と大差がありますので、モンスターごとのドロップ率にはかなりの開きがあると言えます。 ちなみに、集計中に「同じモンスターのこころ」を複数個ドロップした例が何回かありました。 そして、仲間として呼ばれたベホイミスライムも、こころをドロップした事例を確認しています。 つまり「出現したモンスターごとに、こころのドロップ判定が行われている」ことになります。 しかし、上記では一番登場数が多いブラッドハンドが、ドロップ率で8位となっています。 ブラッドハンドは2527回の戦闘に出現し、3299匹討伐されていますから、平均1. 3匹登場している計算となります。 ちなみに、サイおとこだと443回の戦闘に登場し、456体討伐されていますので、平均1. 03匹登場しているわけです。 ほぼ1匹しか出現しないサイおとこより、約1. 3匹登場するブラッドハンドの方が、ドロップ判定が約1. 3倍多く行われるはずです。 つまり、1. 3倍の数のこころがドロップするはずですが、そうはなってはいないのです。 パペットマンも1782回の戦闘に出現し、2190匹討伐したので、平均1. 23匹登場していますが、ドロップ率はサイおとこの1. 23倍にはなりません。 23倍どころか、すでにお話しした通り、サイおとこのドロップ率4. 82%に対して、パペットマンは2. 56%とむしろ少ないのです。 なぜこうなるのでしょうか。 考えられる理由としては 1. 複数出現した場合、そのモンスターのドロップ率が低くなるマイナス補正がある。 「仲間を呼ぶ」で登場したモンスターのドロップ率は特に低くなっている。 だと思います。 特に「仲間を呼ぶ」のみで登場するベホイミスライムのこころドロップ率は1. 11%と際立って低いため、「仲間を呼ぶ」で出現したモンスターへのマイナス補正は、恐らくあると思います。 つまり「ブラッドハンドのこころが欲しいから、わざと仲間を呼ばせて、ドロップ判定を増やす」というプレイングをしても、あまり効果はないということです。 その5. 「シンボル」となったモンスターのこころドロップ率 次に「シンボル」モンスターはドロップ率が高いのかを検証します。 「シンボル」モンスターとは「フィールドマップ上に現れるモンスターの絵」をそう呼んでいます。 「シンボル」モンスターは、戦闘開始時に一番左のモンスターとして登場します。 もし、「シンボル」となったモンスターのこころドロップ率が、それ以外のモンスターよりも高いなら、積極的にこころを獲得したいモンスターの絵を、見かけ次第タップした方が、欲しいこころが手に入ることになりますよね。 さてどうなるでしょうか。 3811戦闘でこころの総ドロップ数は415個。 そのうち、シンボルとなったこころは179個であり、ドロップ率は43. 13%となりました。 33%となるはずです。 モンスターの平均出現数は3. 31すると30. 21%になるはすですが、43. 13%と、13%も高いのです。 つまり「こころが欲しいモンスターの絵がシンボルとして登場していたら、最優先で狩る」のが正解ということです。 まぁ、キラーマシンが出現しているのに、他のモンスターを優先して狩る人とか、普通はいないと思いますけどね(笑) その6. ランク別こころドロップ率 では、ランク別のこころドロップ率はどうなっているでしょうか。 例えば「Sランクのこころって、こころの中で何%くらい落ちるのか」気になりますよね。 さっそく、落ちたこころ415個が、何のランクだったのかを集計してみました。 Sランク:8個/1. 93% Aランク:23個/5. 54% Bランク:56個/13. 49% Cランク:106個/25. 54% Dランク:220個/53. 01% Sランクの1. 93%って、かなり厳しいですね。 戦闘終了後に10. 98%の確率でこころがドロップし、そこでドロップしたこころの中の1. 93%がSランクのこころということになりますから、相当に狭き関門だと言えます。 では1回戦闘して、いきなりSランクのこころをドロップする確率って、どの程度あるのでしょうか。 各ランクのこころが落ちる確率が、モンスターの種類と関係なく同じなのであれば、例えばフレイムは0. 121%の確率でSが落ちるという計算になります。 Sの直接ドロップ率が0. 121%だと、5章10話で戦闘を平均822回行って、1個Sランクのこころをドロップできるということになります。 同じ条件でキングスライムなら、0. 0091%でSが落ちます。 5章10話で戦闘を平均10937回行うと、1個Sランクのこころを落とすということです。 その7. キラーマシンSをドロップするための必要戦闘数 では、最も出にくいキラーマシンは!? Sランクを直接ドロップする確率は、なんと0. 0037%。 26698回戦闘すれば、1個Sランクのこころを落とす計算となりますが……。 直接Sドロップした人は、もう、とてつもない幸運ですね! では、こころを合成した場合はどうなるでしょうか。 すでに書いたS1. 93%、A5. 54%、B13. 49%、C25. 54%、D53. 01%がドロップ内訳だと仮定します。 合成でキラーマシンのこころSを作るには、D16、C8、B4、A2個。 ざっくり言って計30個が必要です。 その2で「キラーマシンのこころは3811回戦闘して、68体討伐し、3個をドロップ」と申し上げました。 つまり、大雑把な目安ですが、ドロップ率が変わらないとしたら、30個ドロップは10倍の38110回戦闘して、キラーマシン680体を討伐すれば達成できることになりますね。 直接のSドロップが26698回戦闘で1つ。 合成する場合でも38110回戦闘して1つ。 この両者は平行して進められますから、もう少し必要な戦闘数は少なくなると思いますが、それでも、気が遠くなるほど戦う必要がありますね……。 ちなみにこころを30個保持している時点で、直接ドロップしたSを入手している確率は44. 27%です。 こころが30個になる前に、Sを持っている可能性はそれなりにあります。 なお「キラーマシンのこころ確定スポット」を車で回れるなら、上記に書いた何万回ではなく、約30回の戦闘でキラーマシンSを獲得できることになります。 ドラゴンクエスト『ウォーク』ですから、歩くよりも車を使った方が何百倍も有利というのは、さすがに……ちょっと行き過ぎのような気がします。 運営さん、確定レアモンスターのこころが出やすくなるイベントとか、人気の高いこころを落とすモンスターが出やすいクエストというような、格差を減らすイベントをしてはいただけないでしょうか。 上級職でこころの必要数が増えますし、お願いしますっ! その8. モンスター別こころランク仕分け その7は「どのモンスターでは各ランクのドロップ率が同じ」という前提の話です。 「こころドロップ率がモンスターごとに違う設定」なのですから、「高ランクのこころをドロップする確率」も、モンスターごとに違う設定であることも考えられますよね。 サンプル数が少ないので参考ですが、以下の通りです。 1位:ブラッドハンド/S4、A8、B9、C18、D52個(計92個) 2位:じごくのよろい/S2、A3、B10、C17、D33個(計66個) 3位:ベビーサラマンダ/S1、A6、B12、C17、D35個(計71個) 4位:サイおとこ/S1、A2、B8、C3、D8個(計22個) 5位:フレイム/S0、A2、B10、C24、D37個(計73個) 6位:パペットマン/S0、A2、B5、C16、D33個(計56個) 7位:つむりんママ/S0、A0、B1、C7、D18個(計26個) 8位:キングスライム/S0、A0、B1、C2、D3(計6個) 9位:キラーマシン/S0、A0、B0、C2、D1(計3個) なんかブラッドハンドさん絶好調ですいらな(ry さておき、比較のために、特に討伐数が多い「ブラッドハンド」「ベビーサラマンダ」「フレイム」「パペットマン」を、この中から抜き出してみましょう。 ブラッドハンドは討伐数を他の約2200と揃えるために、ドロップ数を67%に減らしています。 ブラッドハンド/S2. 68、A5. 36、B6. 03、C12. 06、D34. 84個(参考/55. 61個) ベビーサラマンダ/S1、A6、B12、C17、D35個(計71個) フレイム/S0、A2、B10、C24、D37個(計73個) パペットマン/S0、A2、B5、C16、D33個(計56個) サンプル数が少ないのが難ですが、かなり偏りがあるようです。 断言はできませんが、モンスターごとに「高ランクのこころをドロップする確率」が異なる設定になっている可能性は否定できません。 その9. 宝箱のドロップ率 『ドラクエウォーク』では、戦闘後に2種類の宝箱をドロップします。 シンボルが輝いていた場合に必ずドロップする「光る宝箱」と、一定確率でランダムに落ちる「普通の宝箱」です。 宝箱は複数個ドロップすることもあり、複数の敵が光っていて、「光る宝箱」が複数落ちることや、「光る宝箱」と「普通の宝箱」の両方がドロップすることもあります。 敵の種類で、ドロップ内容が変化する要素としては「ゴールドの額」「アイテムの種類(低レベルの「上やくそう」が、高レベルだと「特やくそう」になるというような)」です。 3811回戦闘して、落ちた宝箱の総数は402個(ドロップ率10. 55%)でした。 402個のうち、「光る宝箱」は71個(17. 66%)、「普通の宝箱」が331個(82. 34%)でした。 ドロップ内容の内訳は以下の通りです。 39%) 中ぶき強化石:19(ドロップ率26. 76%) 中ぼうぐ強化石:13(ドロップ率18. 31%) 大ぶき強化石:9(ドロップ率12. 68%) 大ぼうぐ強化石:3(ドロップ率4. 23%) 8500ゴールド(つむりんママ):2(ドロップ率2. 82%) せかいじゅの若葉:2(ドロップ率2. 82%) 「光る宝箱」は全宝箱の中で、17. 66%しか出ないレア枠なのですが、サービス開始以来変わっていないので、現在の状況だと、ちょっと……特別感が足りないように思います。 66%も出なくていいので、その代わりドロップ内容を、かなり低確率でも「経験の珠」「ゴールドの珠」「においぶくろ」「討伐てがた」「SPふくびき補助券」「せかいじゅの葉」「心珠ポイント」などにし、現状ゴールドが出ている枠で、ぶき/ぼうぐ強化石をドロップするようにしたなら、もっと宝箱にワクワクできるのではないでしょうか。 64%) 特やくそう:76(22. 82%) まほうのせいすい:35(10. 51%) 2270ゴールド:27(8. 11%) 2140ゴールド:8(2. 40%) 2250ゴールド:1(0. 30%) 中ぼうぐ強化石:1(0. 30%) 「普通の宝箱」では、何と54. 64%も「せかいじゅの若葉」が出ます。 元々5つしか持てないので、ドロップしても「それ以上持てない」が大半になるのが残念ですね。 「普通の宝箱」のドロップ内容もサービス開始以来変わっていませんが、アイテムの最大所持数はそろそろ増やしてもいいと思いますし、「せかいじゅの若葉」のドロップ率を「まほうのせいすい」のそれと入れ替えるだけで、ゲームテンポが飛躍的によくなり、ゲームの印象がよくなるのではないかと思います。 その10. 「!」と「!!! 」の意味(敵のフキダシをアップで) 『ドラクエウォーク』では、敵の頭上に「!」とか「!!! 」のフキダシが出ます。 集計してみても、この二つの違いはよくわかりませんでした。 というのは、出てくるモンスターはほぼ一緒であり、このモンスターが含まれていると「!!! 」になるということはないからです。 出てくる敵が、出現率の低いキラーマシンやキングスライムでも「!」の時はあります。 5章10話をレベル30程度のパーティでプレイすると、敵が3匹でも「!!! 」になりますが、1匹なら「!」ですから、基準がよくわかりませんが、敵の脅威度という基準があり、それによって判断されているのでしょう。 5章10話をレベル50~52程度でプレイした場合は、「!!! 」だと必ず4匹の敵が出現しました。 53レベルより上だと、全ての敵が「!」になるので、見分けがつきませんが、「!!! 」が出現するレベル帯のパーティなら、狙って「!!! 」をタップした方が、経験値を稼ぎやすいと思います。 その11. おわりに 5章10話の集計、いかがでしたか? 今回もリスナーさんのボランティアによるお手伝いのお陰でこの膨大なるデーター収集、貴重な検証結果を得る事が出来ました。 ご協力してくださった皆様本当にありがとうございました! 1人でも多くのウォーカーさん達に届きますよう。 それでは楽しい『ドラクエウォーク』を!.

次の