シージ アーク ナイツ。 シージ

└▒6енеуещепе┐б╝░ь═ў

シージ アーク ナイツ

コスト:12• 攻撃速度:普通• ブロック:2• 再配置:遅い• コストは12と先鋒の中では1番の多さを誇ります。 といっても全体で見れば安い方なんですけどね。 ブロックは2と序盤足止めしやすい反面、多くの敵を抱えることでダメージもより貰うことになります。 医療キャラと合わせて運用するか、コストが十分であれば重装や前衛に変えるといったことをしましょう。 シージの特性について 敵を2体までブロック 先鋒としては標準的な特性といったところか。 この効果に関しては1ブロックの先鋒キャラに言えることですが、スキルでのコスト回復がないといった特徴があります。 2ブロックの先鋒は敵を倒してもコスト回復はしないですが、スキルで大きく回復できるといった感じですね。 先鋒は序盤に2体配置することも多いですのでこの素質効果は素直に嬉しい。 昇進2で新しく追加される素質については敵を倒す度にSP(スキルポイント)が回復する効果です。 スキルポイントというのはその名の通りスキルを使用するために用いる。 スキルによってポイント獲得方法が違います。 自動回復と呼ばれるものは1秒に1SP回復。 攻撃回復と呼ばれれるものは攻撃する度に1SP回復。 被弾回復と呼ばれるものは攻撃を受ける度に1SP回復。 となります。 昇進2粉砕は自身のスキル回転率を上げてくれるような内容というわけですね。 5秒間スタンさせる SP30・自動回復・手動発動・15秒効果 スキル1に関してはCOST回復の効果ですね。 (といってもコスト1差だけですが・・・) スキル2はCOST回復しつつ、敵を殲滅できると。 回転率もSP12と短いですので嬉しいですね。 自動回復となっていますので12秒に1回。 昇進2の素質効果を合わせれば更に回転率が良くなるというわけですね。 スキル3についてはCOST回復という要素はなくなりますが、火力がありアークナイツにおいて強力なステータス異常効果であるスタンを付与することができます。 40%の確率と数値自体はやや高いですが少しピーキーな感じですね。 回転率も良いですのでハマるマップではかなり優秀なんではないでしょうか。 昇進2では体力回復量があがります。 やっぱりスキル2がいいなぁと思うのは自分だけでしょうか。 できれば昇進1まで頑張って育てたい。 もちろん初期でも優秀なのは変わりないのですが。 先鋒というジョブはほぼどのマップでも使われると思いますので、是非ともシージを入手した方は様々な箇所で使ってみてはいかがでしょうか。

次の

└▒6енеуещепе┐б╝░ь═ў

シージ アーク ナイツ

客観的経歴 名前はヴィーナ、コードネームはシージ。 ヴィクトリア公民。 ほとんどの履歴情報は欠落しており、立証されてない申し立ても数件存在している。 殲滅戦や要点攻め、強敵路の戦闘などの任務で活躍している。 様々なテストで一貫して良い成績を収め、ロドスへ加入した。 現在は先鋒オペレーターとして小隊の隊長を務めている。 基本ステータス ブロック数 2 攻撃速度 普通 1. 循環器系源石顆粒検査においても、同じく鉱石病の兆候は認められない。 以上の結果から、現時点では鉱石病未感染と判定。 【源石融合率】0% シージさんに鉱石病の兆候は見られません。 【血液中源石密度】0. ですから、医療部はそれ相応の措置を取らないといけません… シージさんの身体状況は、非常に良好と言えます。 ストイックに鍛え上げた身体と恵まれた体格で、ロドスの多くの任務をこなしてくれています。 ですが、彼女の勇敢で自分の身の危険を顧みない戦い方と、感染者との接触の多さが心配です……はい、医療オペレーターみんなが心配しています。 彼女がロドスに加わった直後は、ロンディニウムのストリートギャングという名ばかりが先行して、ロドスのオペレーターたちは、きっと何か事情があってロドスに加入しただけだろうとその実力には期待していなかった。 しかし彼女とその部下たちが体力テストに参加すると、彼女たちはただのストリートギャングなどではなく、正真正銘の戦士だということを知った。 その結果を見て、医療オペレーターたちは彼女たちの正体に疑念を抱いた。 どれだけ苦しくて残酷な環境で生きれば、これだけ完璧な戦闘技術、豊富な戦闘経験、そして身体能力を身につけられるのだろう、と。 しかし彼女はきっぱりと私たちはロンディニウムで普通に暮らしていただけだと明言した。 あの誠実な表情を疑う余地はない。 信頼し合うことが友情を築く第一歩になると、その場にいた者たちはみな彼女の言葉を信じた。 信頼、それはロドスをロドスたらしめているものであり、これまでも、そのおかげで数々の優秀なオペレーターを迎え入れてこられたのである。 資料2 グラスゴーのメンバーたちは、シージは故意に他のオペレーターと距離を置こうとしているわけではないと口を揃えた。 彼女は人間関係にあまり興味がなく、少し面倒くさがりのところもあり、他人と積極的にコミュニケーションを取らないため自然とそうなっているらしい。 彼女たちはその後も饒舌にシージに関する情報を語った。 実はポテトが嫌い、睡眠時間が他の者達より長い、いつも酸っぱいロリポップを持ち歩いている……などだ。 しかし彼女たちは、たとえ過去の生活に関する雑談であっても「ロンディニウムの現状」に関する話題を巧妙に避けているようだった。 シージとの出会いに関しても、同様にあまり語ろうとしなかった。 しかしシージはそれとは相反する様子で、当時インドラを破った時のことも昨日のように思い出せるし、出会った人たちの話や仕草もはっきりと覚えており、絶対に忘れることはないと語った。 そんな彼女だからこそ、組織を統べるトップの座についているのだとロドスのオペレーターたちは考えている。 彼女のことをもっと深く知るためには、まだまだ時間も手間も掛かりそうだ。 資料4 彼女たちがロドスを訪ねてきた。 グラスゴー……ロンディニウムからの来訪客だ。 ヴィーナと名乗ったリーダーはまだ若く、爪の隠し方も分かっていないようだ。 路地に舞い上がる砂埃で煙に巻こうとしても、その本質までは覆い隠せていない。 私がひと目で彼女が「誰」か、あるいは「何」なのかを見抜いたことに、彼女自身も気づいてはいないだろう。 他の深謀遠慮に長けた者たちにも、彼女は間違いなく目をつけられているはずだ。 巨大なヴィクトリアが崩れ始めているにも関わらず、各都市はロンディニウムの上空に立ち込めた暗雲から目を背けているのが現状だ。 とは言え、今のロンディニウムが誰の手中にあるか、打大方予想は出来ているがな。 歯車は回り始めた。 腐朽の大時計も間もなくその鐘を鳴らすことだろう。 アーミヤはまだ、準備ができていない。 会話1 冷静に前へ進め。 会話2 以前はもっとよい食事にありつけていたのだが……。 インドラ達と出会ってからは酷いものだ。 会話3 夢を見た……太陽が昇る夢を。 そして、その地平線の彼方にある……私の故郷。 もう二度と帰ることは叶わんかもしれん。 昇進後会話1 いつの間にか根なし草の生活にも慣れてしまった。 不思議なものだ。 昔の私からすれば、考えられないな。 昇進後会話2 ガウェインたちとは……出会ったというより拾われたというべきか。 信頼上昇後会話1 インドラ達とはヴィクトリアの街で肩を並べて戦ったものだ。 考えてみればこれも私の大切な思い出の一つかもしれんな。 信頼上昇後会話2 警戒を解くな……!十分に気をつけているのはわかっているが我々数人の力だけではどうにもならんこともある。 信頼上昇後会話3 逃げ場のない難題にぶつかったなら……私にも考えがある。 その時はドクター、貴様も私の……いや、何でもない。 放置 ……おっと、寝たのか?ドクター、貴様も故郷の夢を見ることはあるのか。 入職会話 テストには合格したのだろう?ならば任務を与えてくれ。 このハンマーは休ませて置くには惜しい得物だ。 コードネーム?皆、私のことはシージと呼ぶ。 覚えにくいが、悪くないだろう? 経験値上昇 いい感触だ。 昇進I 昇進?ほう? 昇進2 また昇進だと?そうか、感謝する。 考えてみれば妙なものだ……。 昔は私も階級を与える側の人間だったのだからな。 編成時 これは、やらねばならない戦いなのか? 隊長任命 この私の戦い方、よく覚えておけ。 作戦準備 一本の釘の欠落が……一国の王を殺すこともある。 戦闘開始 逃げるがいい。 死ぬよりは、腰抜けと呼ばれる方がまだマシだろうからな。 配置2 お? 選択2 準備はできたか? 配置2 面倒だな。 配置2 一気に片を付ける。 作戦中1 私の武器は誰にでも扱えるわけではない。 作戦中2 退け。 作戦中3 戦場に出たからには死ぬ覚悟を決めろ! 作戦中4 貴様の生死は私が決める。 星3で戦闘終了 張りぼての戦術では私の一撃を受け止めることはできん。 星3で戦闘終了 投降を拒む者には容赦はできん。 星2以下で戦闘終了 これで終わりか? 任務失敗 思った以上に……疲労が溜まっていたようだ……すまない。 基地配属 少しこの部屋で寝てもいいか? タッチ ちっ 信頼タッチ 外はうるさくて敵わん……それに比べて、ドクターの執務室は静かでいいな。 しばらく居させてくれ。 タイトル アークナイツ 挨拶 あっ、ドクターか。

次の

シージ

シージ アーク ナイツ

シージの性能 基本ステータス ブロック数 2 攻撃速度 普通 1. むしろステータスのことを考えると配置コストは低い位で、先鋒の中でも非常にコスパの良いオペレーターとなっています。 次点の性能として比較されることが多いテキサスとは攻撃力は信頼度込みで5しか変わりませんが、HPは299、防御力は66、シージのほうが高くなっているにも関わらず、コストの差は1しか無いあたり、いかにシージのコストパフォーマンスが優れているかが分かるかと思います。 攻撃範囲 初期 昇進I 昇進2 攻撃範囲 スキル2攻撃範囲 通常の攻撃範囲は自身のいるマスと前方1マスのみで至って普通の前衛オペレーターの攻撃範囲となっている一方でスキル2はシージのいるマスの上下左右4マスに範囲攻撃をするというスキルとなっています。 攻撃範囲自体はそれほど広くはありませんが、自身の後方にも攻撃できるためラッシュ時にも対応しやすい攻撃範囲と言えるでしょう。 ブロック2の先鋒は前衛やブロック1の先鋒と比べると非力なのにも関わらず、初動は医療がいないという場合が多く自力でどうにかしないといけないという場面が多々あるため、攻撃力と防御力が上昇するこの素質は耐久力と殲滅力を上げるという点では非常に嬉しい素質でシージが強いとされている一つの理由でもあります。 この撃破された敵というのはシージが撃破しなくても対象となるため、ラッシュ時はほぼ発動しっぱなしということが多く起こります。 また、効果範囲の関係上、スキル2「スカイスマッシュ」と非常に相性が良く、「スカイスマッシュ」を発動することで次の「スカイスマッシュ」の発動までの時間が短くなりやすいという良い相乗効果を生み出す素質となっています。 あくまでも昇進1までの繋ぎとなるスキルと言えるでしょう。 スカイスマッシュ コスト回復と攻撃の両方を兼ね備えたスキル。 シージを運用する場合においては基本的にはこのスキルをセットして使用することなります。 攻撃範囲はシージのいる上下左右4マスとあまり広くはありませんが、攻撃は範囲攻撃となっており、ラッシュにも対応出来る点が魅力的。 また、攻撃倍率も高めに設定されており、序盤に出てくるザコ敵程度であればスカイスマッシュだけでも片付けることが可能となっています。 素質2「粉砕」とも非常に相性が良く、スカイスマッシュの攻撃範囲と粉砕の効果範囲が全く同じなため、敵を倒せば倒すほどスカイスマッシュの回転率が上がっていきます。 また、スキルをチャージしておくことも出来るので無駄撃ちすることもありません。 問題点を挙げるとするのであれば敵が来なければスキルを発動してくれないため、自動でコストを回復してくれるスキルと比べるとコストの回復速度は遅めになっているということ。 そういった取り回しの面では任意のタイミングでスキルを空打ちさせてコストを回復することが出来るテキサスの「剣雨」等には劣っている点があるということには注意が必要です。 スキル発動中は攻撃速度が低下するものの、攻撃力が大幅に上昇し、更には確率で相手をスタンさせるというものとなっています。 感覚としてはシージを先鋒オペレーターというよりも先鋒のサポートをしてくれる前衛オペレーターとして使用するような形となり、正直なところで言えば、シージの本来の運用方法とは外れてしまうものとなってしまいます。 そのため、このスキルをセットしてシージを運用するのであれば、最低でもシージを除いて他にコスト回復系のスキルや素質を持つ先鋒オペレーターを2体は編成しておきたいところ。 また、スタンに関しても攻撃速度が下がる割にはそこまで高い確率でも無く、自動戦闘の際には事故になりがちな要因の一つにもなっているので、自動戦闘を前提として使用するのは控えたほうが良いかもしれません。 まとめ シージは序盤という使える手が少なくなりがちなシーンにおいて大きな活躍を見込むことが出来るオペレーターの一人で、明らかに他のブロック2の先鋒オペレーターとは一線を画する性能を持っています。 特にスキル2「スカイスマッシュ」をセットしたシージはコスト回復と攻撃の両立が出来ている先鋒と言え、先鋒オペレーターとして運用していくのであればシージが編成から外れることはまず無いでしょう。 また、持ち前のスキルの火力とステータスの高さから中盤以降も一定の活躍が見込めるため、前衛の代わりに配置し続けるということも十分可能。 流石に高コストの前衛やブロック1の先鋒等と比べると性能は劣ってはしまいますが、あらゆる面において先鋒の基準以上の働きを見せてくれるのがシージの優秀な面と言えます。 DPS計算 スキル2 シージ スキル攻撃力 2111 スキル周期 10. 90、潜在1、スキルレベル10、攻撃対象は1体のものを参照。 90、潜在1、スキルレベル10、攻撃対象は1体のものを参照。

次の