警視庁。 テレ朝「警視庁・捜査一課長」 第8話も安定の12・6%(2020年6月26日)|BIGLOBEニュース

「かかってこいよ警視庁」 無免許運転で衝突・炎上…“ルーレット族”の男を逮捕

警視庁

前史 [ ] 警視庁創設まで [ ] (元年)、はを廃してを設置し、武術指導者としては磯又右衛門、同谷虎雄、戸塚英美らを、は、桃井直行ら数名を採用した。 翌(明治2年)、により刑法官は逮部司となる。 (明治4年)、刑部省はと合併しに改組された。 このとき武術指導者はいずれも解雇された。 (明治7年)、に本格的な組織が創設された。 警視隊抜刀隊 [ ] (明治10年)、が起こった。 警視庁(東京警視本署)は賊徒鎮定と治安維持のため、9500名からなる(別働第三)を編成し、大警視()がを兼任して旅団長を務めた。 警視隊はの支援を行い、激戦となったの戦いでは警視隊からに秀でた者100余名が選抜され、として戦った。 抜刀隊の奮戦は、維新後廃れていた剣術が再評価される転機となった。 川路大警視訓示 [ ] 大警視()は『撃剣再興論』を著し、(明治12年)、(現)において次のように訓示した。 武術について私の所見を述べて置く。 諸君は学問だけでなく、武術の方でも選抜された人々である。 武術を知らぬ警察官ほど物足りないものはあるまい。 何となれば、有事の際に一人前以上の腕力があって凶徒を制圧し得てこそ国民信頼の警察官である。 その力の足りない人は何をおいても武術を錬ることが肝心じや、私も若い時から武術をやっているが、警察武術というものを打建てねばならぬと考えている。 警察官は兇賊を相手としてもそれを傷つけることなく取押えることが上乗である。 兇賊の暴力を巧みに避けて倒す、縛るという武術が必要と思う。 逆手もまた正手とせねばならぬ。 故に武術の練習にしても常にそうした心を心として修練せねばならんのである。 ほんとうをいえば、一人で剣術も柔術も心得て居らねば実際の役に立たんのである。 昔の武士は剣術に優れて居るだけでなく、柔術も相当に心得て居た。 私は若い頃素面素小手の稽古を受けたこともある。 又、後進にその稽古をつけたこともあるが、実に真剣な態度の練習であった。 だからその技倆が実戦に役立って来たのである。 諸君の中で目録以上の人は、素面素小手で後進に教えてやって貰いたい。 ガチャンガチャンのなれ合いげい古だけでは見せものの約束剣術になる。 兇賊と戦うのには面とか胴とかに捉われた約束はない。 諸君『剣術使いになるな』『やわらとりになるな』と私は力説しておく。 その内に私も道場に出て諸君とたたかって見よう、今日はこれまで 撃剣世話掛 [ ] 警視局(庁)は(撃剣)を巡査の必修科目とし、指導者の採用審査を当時の剣術界の権威者に委嘱した。 (明治12年)、榊原の審査を経て、、、が最初の撃剣世話掛に採用された。 明治16年までに、、、、、、等の剣客が採用され、これらの剣客によって撃剣の形が制定される。 (明治18年)に警視庁がは、剣術史上初の全国大会となった。 翌(明治18年)、第5代に就任したは武術を振興し、三島が在任中に死去するまでの2年10か月間に警視庁武術は大きく飛躍した。 他府県の剣客(、等)やの剣客との試合、試合への出場等、警視庁剣術のであったといわれる。 警視庁の剣術稽古は稽古など非常に荒いことで知られ、警視庁の朝稽古に参加して無事に朝飯を食べて帰れたら一人前であるといわれていた。 稽古が終わるころには数えるほどの人物しか残っていなかった。 当時撃剣世話掛の若手であった、、、、らはから初期の界に大きな影響力を持った。 柔術世話掛 [ ] 世話掛は撃剣世話掛より4年遅れ、(明治16年)に発足した。 (明治15年)秋、警視庁はの柔術家下坂才蔵に初代柔術指南役(世話掛)招聘依嘱の書簡を送り、下坂から推薦された久富鉄太郎()、仲段蔵()、上原庄吾()、(良移心頭流)が翌年3月に上京したのが最初である。 その年の1月、各へ「巡査一同は撃剣同様、柔術を修業するように」との内達が出された。 柔術世話掛によって柔術の形が制定される。 当時柔術界の新興勢力であったがに出場したことは小説『』などでも知られる。 講道館からは、、、、、岩崎法賢、川合慶次郎、宗像逸郎、竿代文蔵、大坪克和、小田勝太郎、吉村新六らが出場し、主にの門人と試合をした。 この大会で2、3のの他は講道館が勝ったことから、講道館柔道が警視庁に採用されることとなった。 山下義韶は時代に「警視庁」制定に尽力し、より犯人を捕らえることに適した技法を編み出した。 名称の変遷 [ ]• (明治43年)、「 」の呼称が設けられる。 (大正元年)、警視庁では「撃剣」が「 」に改称された。 同じころ「柔術」も「 」に改称された。 (大正5年)、「 」の制度が設けられ、各の署員の中から柔剣道に秀でた者を1名ずつ選抜して助手に任命し、柔剣道に専従させた。 (大正15年)、「 」の制度が設けられた。 (昭和8年)、助教を「 」に改称。 (昭和14年)、助手を「 」に改称。 これらの名称は現在のに受け継がれ、主席師範から助教までの職階が設けられている。

次の

10万円給付金に関する詐欺メールに注意 タイトルは「お客様の所在確認」 警視庁などが注意喚起

警視庁

18 09. 04 03. 17 10. 25 10. 23 〜零〜放送終了! 10. 23 10. 23 10. 22 10. 17 09. 30 09. 30 08. 13 08. 13 08. 13 08. 13 08. 13 08. 13 08. 12 03. 19 12. 27 06. 21 05. 16 04. 26 04. 26 04. 11 04. 09 04. 01 〜翔〜放送終了! 04. 01 04. 01 04. 01 04. 01 04. 01 03. 30 03. 29 03. 28 03. 22 03. 19 03. 16 03. 15 03. 12 03. 09 03. 07 03. 02 02. 27 02. 27 02. 13 〜翔〜 放送日決定! 02. 03 02. 01 11. 17 11. 04 08. 23 07. 08 07. 08 07. 08 07. 08 03. 31 03. 30 03. 30 03. 29 03. 28 03. 25 03. 23 03. 22 12. 23 12. 22 12. 21 12. 17 12. 17 12. 17 12. 17 12. 17 12. 17 12. 17 12. 16 12. 15 12. 15 12. 14 12. 13 12. 10 12. 10 12. 10 11. 26 11. 26 11. 26 11. 19 11. 05 11. 04 10. 22 10. 08 10. 02 10. 01 10. 01 09.

次の

『警視庁・捜査一課長』第8話“えなこ”出演回 個人6.7%、世帯12.6%(2020年6月26日)|BIGLOBEニュース

警視庁

()方面から望む警視庁本部庁舎遠景 警視庁の名称 法律では、「都警察の本部として警視庁を置く」(47条1項抜粋)と定められている。 法律上は東京都の警察は都警察(同法36条1項参照)であり、警視庁はその本部に当たる。 の管理の下、がそのを統括するが(警察法48条2項)、支払者はである。 府県警察のようにの管理下に置かれておらず 、広大なを有すると同じく、の直接の監督下にある。 本部の所在地 は二丁目1番1号。 本部の所在地付近の旧称「外桜田門」から、あるいはとして「 」と呼ばれることもある。 (地上18階、地下4階)の高さは塔部込みで123. 85m で、警察庁と警視庁が使用する、警察庁本庁が置かれていると隣接している。 警視庁は本部名として道府県警察とは異なる名称が法律で定められており(警察法47条1項)、また政令により本部以外の警察署も警視庁の呼称を冠する事になっている(警察法施行令5条1項)。 一般的には都警察全体を警視庁と呼称することが多い。 のステッカーが「xx県(府・道)警(察)」「警視庁」となっていることや、での「xx県(府・道)警と警視庁が合同捜査本部を設置」といった表現などが例として挙げられる。 戦後、日本の占領統治を担った(GHQ)の公安課は、を頂点とする日本警察の一元的な体制に否定的であり、警察制度改革の一環として首都警察である警視庁の特権的地位を剥奪するために、(昭和22年)9月30日付覚書でをにすべきと指示した。 (昭和23年)3月7日、警視庁 内務省 は解体され、であると、東京23区を管轄する自治体警察である、に代表される市町村自治体警察が発足した。 国家地方警察本部長官によれば、警視庁 旧警察法 の名称変更を諮ったところ、従来通りとの意見が多かったため、「警視庁」のままにしたという。 この際、GHQは警視庁 旧警察法 に「警視庁」の名称を認めたが、「警視庁の名称については東京のみが違う名称を使うことは好ましくなく、他の都市も同じ名称にすることに反対しないという条件で東京に警視庁の名称を残すことを許した経緯があるから(GHQ)公安課としては警視庁という名を各都市(七大都市)で使うことを希望する」という方針であった。 そのため、GHQの強い後押しでが設立されている。 しかしその後、GHQの占領統治が終結に向かう中、日本政府は数度に及ぶ警察法の改正を行い、住民投票により自治警を廃止できるようにし、その結果、自治警は402まで激減していた。 最終的には1954年の警察法全部改正により、GHQ肝いりの自治体警察は消滅し、大都市の自治警は1年後に全て廃止されることになった。 (昭和29年)7月1日に本部が発足したのに伴い、大阪市警視庁は大阪市警察本部に改称され、1年後の(昭和30年)7月1日に大阪府警察に吸収されて消滅した。 以降、警視庁の名称は、新警察法により国家地方警察東京都本部に、警視庁 旧警察法)と市町村自治体警察を吸収する形で発足した、現在の警視庁のみが使用することを許されている。 110番通報の接続先 発信元 接続先 が03の地域の固定電話 の本部指令センター(本部庁舎) 市外局番が044の地域の固定電話 市外局番が048の地域の固定電話 市外局番03ではないの固定電話 の多摩指令センター(多摩総合庁舎) ・の固定電話 本部指令センター 電波を受信したの固定電話と同じ接続先 沿革 1931年(昭和6年)から1977年(昭和52年)まで使用された建て替え前の旧本部庁舎。 1980年(昭和55年)からは同じ場所に現本部庁舎が竣工。 1868年(元年)4月16日:が江戸市中取締り強化のために、ほか11藩から藩兵を拠出させる。 藩兵は後に府兵に改称される。 1871年(明治4年)10月:府兵が廃止され、が邏卒3,000人による取締組を編成。 邏卒には薩摩藩、、、、旧出身のが採用された が、その内訳は薩摩藩出身者が2,000人、他が1,000人であり、日本警察に薩摩閥が形成される契機となった。 1872年(明治5年):従来の取締組組子は、「邏卒」と改称される。 1872年(明治5年)5月:薩摩藩出身のが邏卒総長(第5大区)に任命される。 1872年(明治5年)8月:全国の警察事務を中央が掌握することになり、東京府邏卒は司法省に移管。 川路利良は司法省警保寮警保助兼大警視に任命される。 1873年(明治6年):東京府は市中取締りのために、番人を1180人採用。 同年巡査制度が制定され、巡査は番人を監督した。 1873年(明治6年)9月:川路利良が政府に対し「警察制度改革の建議書」を提出。 1873年(明治6年)11月10日:が設置される。 1874年(明治7年)1月9日:司法省警保寮が内務省に移管される。 1874年(明治7年)1月15日:川路利良の建議書が採用され、首都警保のために管轄の が設置される。 これにより日本初の近代的警察制度が発足する。 1874年(明治7年)1月27日:特達により日本初の行政警察規則である「東京警視庁職制並びに事務章程」が制定され、警視庁の長たる警視長には川路大警視が任命される。 同章程により国事犯については全て警視庁の長に執行権限が与えられ、これにより全国各地のに際して、警視庁の警察官が各地に派遣されて、反乱の鎮圧と警戒警備にあたった。 その権限は、1906年(明治39年)の警視庁官制改正まで全国におよんでいた。 1877年(明治10年):士族反乱に対処するため、東京警視庁を廃止し、内務省直轄の東京警視本署へと改編。 1877年(明治10年):が勃発。 東京警視本署にとを編成し、征討に参加。 1881年(明治14年)1月14日:を再設置。 1931年(6年):警視庁旧本部庁舎竣工。 1932年(昭和7年): 武装した海軍青年将校によってが発生し、、警視庁、、変電所などを襲撃。 これにより警視庁の警察官複数人が死傷。 警視庁では警察官1万人を動員して徹夜で警戒。 1936年(昭和11年): が発生し反乱軍によって警視庁や総理大臣官邸などが襲撃・占拠された。 これによりが警視庁本部の代わりに機能する。 また、神田錦町警察署(現 )に「非常警備総司令部」を設置する。 1946年(昭和21年)1月24日:警視庁防護隊を設立。 1946年(昭和21年)3月18日:警視庁は全国に先駆けて婦人警察官(現在の)を63名採用した。 婦人警察官第1期生は制服が間に合わず、モンペ姿で訓練していた。 1946年(昭和21年)4月27日:婦人警察官第1期卒業式が田村町警察練習所で行われ、前警視総監のルイス・ヴァレンタインによる査閲が行われた。 1948年(昭和23年)3月7日:が施行され、は、、特別区()を管轄する、市町村自治体警察に解体・廃止される。 1948年(昭和23年)5月25日:警視庁防護隊が拡充され、警視庁予備隊に改編される。 1949年(昭和24年)5月30日:反対のデモ隊が東京都庁に押しかけ、警視庁予備隊が出動。 1950年(昭和25年)9月16日:警視庁 旧警察法 に、警ら部と交通部を新設。 監察官を廃止して第1~第7方面本部を設置し、各方面本部に方面予備隊を設置。 1952年(昭和27年)8月:旧警察法の部分改正により、内閣総理大臣の権限強化や、警視庁 旧警察法 の経費の一部が国庫負担となる。 1954年(昭和29年)7月1日:の制定により、国家地方警察と自治体警察が廃止され、とに再編成される。 これにより、国家地方警察東京都本部(15署)と警視庁 旧警察法 、などの4市警が廃止され、現在の警視庁に再編成される。 新警察法案の審議は国会乱闘事件となり、警視庁 旧警察法 の警察官が院内出動する事態となった。 1957年(昭和32年)4月1日:予備隊をに改称。 1977年(昭和52年):本部庁舎立替にあたり、を仮庁舎として使用(1980年まで)。 1980年(昭和55年):警視庁現本部庁舎竣工。 2007年(平成19年):のデザインを52年振りに「POLICE」のロゴ入りのものに変更。 より使用され、その後、地域課や等のパトカーを順次新デザインに変更している。 予算 警視庁の運営費用は、道府県警察と同様に、第37条や警察法施行令第2条、第3条の規定にあるものはが支弁し補助し、それ以外のものについてはが支弁する。 人事 警視庁における以上の階級の警察官()の任免はの規定によりがの同意を得て行う(が補佐する)。 の任免については、国家公安委員会が東京都公安委員会の同意を得るとともに、の承認が必要である。 以下の階級の警察官および警察官以外の警察職員については、警視総監が東京都公安委員会の意見を聞いて任免する。 以上の人事は人事第一課で、以下の者は人事第二課が担当している。 警察職員 より1,000km離れた太平洋上にある島々を管轄する 警察職員数(平成29年度)• 43,566人• 警察行政職員(旧一般職員) 3,015人• 一般職非常勤職員(旧専務的非常勤職員) 3,120人 出向者 警視庁は東京都の警察機関であるが、主要課長および部長級以上の幹部の多くが、に合格しに警察官として採用された、いわゆる「」によって占められる。 この「キャリア組」は警察庁からの者であり、その絶対数は日本のの中でもである警視庁が最多である。 本部組織 警視庁本部には、、副総監の監督の下、9つの部が置かれている。 各のは、総務・警務・警備・公安・刑事の5部では必ずキャリアが就き、それら以外の4部(交通・地域・生活安全・組織犯罪対策)では2名がキャリアの警視監、残り2名が警視庁採用組のが就く慣例となっている。 なお、「副総監」は階級ではなく、大阪府警察本部での「副本部長」に相当する職名(階級は警視監)。 総務部 詳細は「」を参照 警視庁警察学校 は、警視庁警察職員の教育・訓練を行う機関。 1879年に(当時)に開学し、その後、、と移転した後、2001年8月6日にへ移転し現在に至る。 上級教育を行う警察庁が隣接する。 自動車試験場 府中運転免許試験場 3-1-1 全ての学科試験及び技能試験を実施している。 警視庁の筆頭試験場で、場長には署長経験者の警視が就く(他の試験場では理事官級の警視)。 鮫洲運転免許試験場 1-12-5 大型・中型・大特・けん引の一種及び二種の技能試験は、実施していない。 江東運転免許試験場 1-7-24 技能試験は、実施していない。 犯罪抑止対策本部 人身安全関連事案総合対策本部 サイバーセキュリティ対策本部 オリンピック・パラリンピック競技大会総合対策本部 方面本部 第一 - 第十方面まで、計10のが置かれており、本部と所轄の中間的立場として、各所轄の連携と広域対応及び所轄警察署への監察業務を行っている。 旧来は第九方面までの計9方面本部体制であったが、2002年に・・の各区域を分離独立した第十方面が新設され、現行の計10方面本部体制となった。 各の階級は、第一・四・八の各方面が、それら以外は。 第一方面本部 - 千代田区霞が関二丁目1番1号(警視庁本部庁舎)• 担当区:・・・及び・・の管轄区域• 識別章所属表示はLA• 第二方面本部 - 品川区勝島一丁目3番12号• 担当区:・(東京湾岸署管轄区域を除く)• 識別章所属表示はLB• 第三方面本部 - 目黒区大橋二丁目21番6号• 担当区:・・• 識別章所属表示はLC• 第四方面本部 - 中野区中野四丁目12番2号• 担当区:・・• 識別章所属表示はLE• 第五方面本部 - 文京区春日一丁目5番12号• 担当区:・• 識別章所属表示はLF• 第六方面本部 - 台東区東浅草二丁目27番11号• 担当区:・・• 識別章所属表示はLH• 第七方面本部 - 江東区新木場四丁目2番31号• 担当区: 東京湾岸署管轄区域を除く ・・・• 識別章所属表示はLJ• 第八方面本部 - 立川市緑町3,280番地(警視庁多摩総合庁舎)• 担当区:・・・・・・ ・・・・・・・・・• 識別章所属表示はLK• 第九方面本部 - 八王子市大横町14番20号• 担当区:・・・・・・・・・• 識別章所属表示はLL• 第十方面本部 - 北区西が丘三丁目4番7号• 担当区:・・• 識別章所属表示はLG 警察署 102のを有する。 各の階級は、大規模19署(・・・・・・・・・・・・・・・・・・)が、それら以外の各署は。 第一方面• 警察署数は19。 警察車両のは・・・が「品川」、が「江東」となる。 警察署名称 所在地 管轄区域 千代田区:の一部、、の一部、の一部、・・・・・・・・・・・・・・ 千代田区:の一部、・・・・・、の一部 千代田区:、の一部、・・・・・・・・・、の一部 千代田区:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・、の一部 中央区:・・・・・・・・・・・・・ 中央区:・・・・・・・・・・ 中央区:・・・・・・ 中央区:・・・・ 港区:・・、の一部、・・・、の一部 港区:・・、の一部 港区:・・、の一部 :の一部 港区:の一部、・・・・・・・ 港区:・・・、の一部、の一部 港区:、の一部 :・・・・・・・・の一部 :の一部、の一部、 :、の一部・ 以南のとその支流、以南の・、以東の 京浜港東京区・東京東航路・東京西航路 大島町、 本村 新島村、 伊豆 三宅村、 三根 八丈町、、、、、 字西町 小笠原村 第二方面• 警察署数は9。 警察車両ナンバー地名は「品川」。 警察署名称 所在地 管轄区域 品川区:の一部、・、の一部、の一部、の一部、の一部、の一部 品川区:・・、の一部、の一部、の一部、の一部 品川区:・・、の一部、の一部、の一部 品川区:・・・・・、の一部、の一部、の一部、の一部、の一部、の一部、の一部 大田区:・・・・、の一部、の一部、の一部、の一部、の一部、・・、の一部、 大田区:・・・、の一部、の一部、の一部、・・・・・・・・、の一部 :の一部 大田区:・・・、の一部、の一部、の一部、・・・・・・・・・・、の一部、の一部 大田区:・・・、の一部、の一部、の一部、の一部、の一部、の一部、・・・・、の一部、の一部、の一部 大田区: 第三方面• 警察署数は9。 警察車両ナンバー地名は世田谷区以外は「品川」、世田谷区は「世田谷」となる。 警察署名称 所在地 管轄区域 世田谷区:の一部、・・・・・・・・・、の一部、 目黒区:の一部 世田谷区:・・・・・・・・・・、の一部 世田谷区:、の一部、・・・・・・・・・・・・・・・・ 大田区:の一部 世田谷区:・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 目黒区:・、の一部、・・・・・・・、の一部、の一部 目黒区:・、の一部、の一部、・・・・・・・・・・、の一部 渋谷区:・・・・・・・・・・・・・・・・・、の一部、の一部 渋谷区:の一部、、の一部 渋谷区:の一部、・・・・・・・・、の一部、 第四方面• 警察署数は9。 警察車両ナンバー地名は杉並区以外は「練馬」、杉並区は「杉並」となる。 警察署名称 所在地 管轄区域 新宿区:・・・・・・・・・・・・・・、の一部、、の一部、の一部 新宿区:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・、の一部、・・・・・、の一部、・・・・、の一部、・・・・・・ ・・・・・・、の一部、・・・・ 新宿区:の一部、の一部、・、の一部、、の一部 新宿区:、の一部、の一部、、の一部、、の一部、・・ 中野区:の一部 中野区:の一部、の一部、の一部、の一部、・・・ 新宿区:の一部 中野区:の一部、の一部、・、の一部、 ・・、の一部、・・・・ 杉並区:、の一部、・・・、の一部、・・・ 杉並区:・・・・・・・・・・、の一部、、の一部 杉並区:の一部、・・・・・・・・・・、の一部、 第五方面• 警察署数は7。 警察車両ナンバー地名は「練馬」。 警察署名称 所在地 管轄区域 文京区:の一部、、の一部、の一部、の一部、の一部、の一部、・、の一部 文京区:の一部、の一部、の一部、の一部、の一部、・・ 文京区:、の一部、・・、の一部 :の一部 文京区:の一部、、の一部 豊島区:の一部 豊島区:、の一部、・・、の一部、の一部 文京区:の一部 豊島区:の一部、の一部、の一部、の一部、、の一部、の一部 豊島区:の一部、の一部、・、の一部、の一部、の一部、・・・・・ 第六方面• 警察署数は11。 警察車両ナンバー地名は「足立」。 警察署名称 所在地 管轄区域 台東区:の一部、・、の一部、、の一部、の一部 台東区:・・、の一部、の一部、の一部、、の一部、、の一部、・、の一部 台東区:・・、の一部、の一部、、の一部、・・ 台東区:・・・・・・・・、の一部、の一部、の一部 荒川区:・、の一部 荒川区:、の一部、、の一部 荒川区:、の一部 足立区:・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 足立区:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 足立区:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 足立区:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 第七方面• 警察署数は9。 警察車両ナンバー地名は江戸川区・墨田区は「足立」、葛飾区は「葛飾」、江東区は「江東」となる。 警察署名称 所在地 管轄区域 江東区:・・・・・・・・・・・・・・・、の一部、の一部、・・・・・・・・・・・・・・・ 江東区:・・・、の一部、の一部 墨田区:・・・・・・・、の一部、の一部、・・・・・・・ 墨田区:・・・・・・・、の一部、の一部 葛飾区:・・・・・・・・・、の一部、の一部、・・・・、の一部、 葛飾区:の一部、・・・・、の一部、の一部、・・・・・ 江戸川区:・・・・・・、の一部、の一部、の一部、・・・・・・ 江戸川区:・・・・・、の一部、、の一部、・・、の一部、・・・、の一部、、の一部、の一部、 江戸川区:・、、の一部、の一部、の一部、・・・・・・・・ 第八方面• 警察署数は11。 警察車両ナンバー地名は「多摩」。 警察署名称 所在地 管轄区域 立川市 (の一部を除く)、 武蔵野市 三鷹市 府中市府中町 昭島市上川原町 調布市国領町 、 小金井市 、 小平市 東村山市本町 、 西東京市 (東町の一部を除く)、 東大和市芋窪 、、立川市(上砂町の一部) 第九方面• 警察署数は9。 警察車両ナンバー地名は・・地域が「八王子」、・・が「多摩」となる。 警察署名称 所在地 管轄区域 野上町 青梅市、 福生市、、西多摩郡 あきる野市:秋川、秋留、油平、雨間、牛沼、小川、小川東、上代継、切欠、草花、下代継、菅生、瀬戸岡、二宮、二宮東、野辺、原小宮、引田、平沢、平沢東、渕上(旧域) 五日市町 あきる野市:網代、五日市、伊奈、入野、上ノ台、乙津、小中野、小峰台、小和田、三内、高尾、舘谷、舘谷台、戸倉、留原、深沢、山田、養沢、横沢(旧域) 西多摩郡、 八王子市:、、、、、上野町、宇津木町、梅坪町、、、大横町、、、尾崎町、加住町、上川町、、、、、、、新町、、平町、、、、、、、寺町、天神町、、中町、、、中野町、、、、平岡町、富士見町、、本郷町、丸山町、三崎町、みつい台、、南新町、南町、宮下町、、、、元横山町、八木町、谷野町、、、 八王子市:、、、、、東浅川町、、、城山手、、、、、、、、、、、、上壱分方町、川町、、、弐分方町、、、、、、、 八王子市:、、、、、、、、南大沢、、、、、、、、、、西片倉、兵衛、、、北野台、、、 町田市:、、 町田市(相原町、小山町、小山ヶ丘を除く) 多摩市、 日野 日野市 第十方面• 警察署数は9。 警察車両ナンバー地名は北区・練馬区は「練馬」、板橋区は「板橋」となる。 43,566人• 警察行政(旧一般) 3,015人• 一般職(旧専務的)非常勤職員 3,120人• 102署• 826か所• 258か所• 地域安全センター 82か所• 1,292台• 958台• 22隻• 14機• 35頭• 16頭• 資材運搬車 訓練・教育• 警視庁災害警備総合訓練• 年頭部隊出動訓練 - で行われる。 これこそテロの標的となるのを防ぐため日時は発表しないが、一般公開されているので見学できる。 また、動画等を警視庁のホームページ上やYouTube公式アカウントで公開している。 警視庁主催・訓練 - 警察官限定の内部訓練。 広報・運動 施設• マスコットキャラクター• 追放キャラクター - 2007年に一般公募され、1,692の応募名称の中から「」に決定した。 主な式典・イベント・運動• 警視庁主催水曜 - 演奏はが務める。 パレード• による・の一日通信指令本部長• 全国交通安全運動• 特別警戒運動• 強化運動• 追放運動• 交通安全教室 - 管内のに警察官を派遣し、交通安全指導を行う。 常時運動• - で行われる。 日時は発表しないが、一般公開されているので見学できる。 警視庁主催納涼大会 - 警察と市民の交流活動。 警察署で開催される。 使用ドライバー摘発取締最強化警戒運動• 警視庁主催・大会 - 警察官限定の内部イベント。 柔道の腕を各署対抗という形で競う。 一日署長大会 - 一日署長イベントが冬季に行われる場合のみ実施される。 見学のみできる。 警視庁主催・歌謡大会 - 警視庁幹部主導で行われる。 歌手を招いての親睦イベント。 警視庁パレード - 交通パレードと併合して開催する。 警視庁見学ツアー• 警視庁安全運転競技大会• - 者を偲んで慰霊するために実施する。 全国的に実施されており、・・警視総監も出席する。 給与・手当 2015年4月1日現在• 初任給 1類採用者 - 約217,000円 2類採用者 - 約218,000円 3類採用者 - 約171,000円 一定の勤務経験のある者は左記の額に所定額が加算される。 諸手当等 扶養手当、住居手当、通勤手当、また、勤務に応じた特殊勤務手当等が支給され、期末・勤勉手当として、年間を通じ給料月額の4. 20か月分が支給される。 警察官の不祥事・出来事 所属警察官の人数が多いため、相当数の不祥事がみられるが、以下では、代表的な例のみ記載する。 1978年1月。 外勤課(現・地域課)の巡査が勤務中、先での学生をし抵抗されたため殺害。 警視総監が引責辞任。 2001年1月 副署長や国際組織犯罪特別捜査隊長を務めた警視正を漏洩容疑で書類送検(事件)。 2006年5月 公安第二課長の警視が、5月27日にホームセンターで万引きをした。 同庁は警視を停職1ヶ月としたが、事件から2日経つまで発表しなかった。 警視は29日付で依願退職。 2007年8月 地域課のが知人女性をで射殺後自らも拳銃で胸を撃ち自殺。 当初とみていたが後の調べで被害者の女性に行為をしていたことが判明した。 2008年11月 総務部施設課管理官の警視が市内で道路交通法違反(酒酔い運転)の現行犯で逮捕された。 後に懲戒免職。 2008年12月 留置係の巡査長が、同署に中の男に携帯電話で通話をさせるなどの不正な便宜を図った上、男から「ばれたらクビだ」などと脅迫され、現金を渡していた。 2008年から2009年にかけ、当時八王子署刑事組織犯罪対策課に勤務していた男性(その後本部刑事総務課に転属)が、自らが担当したや事件などの書類を7件にわたり放置していたことが判明し、警視庁は2013年3月15日付で3か月の処分とし、当時の上司2人も所属長注意などとなった。 2009年5月、第10方面交通機動隊白バイ隊員の巡査部長が、実際の速度より速い速度の違反切符を捏造して交付し、虚偽有印公文書作成・同行使などの容疑で東京地検に書類送検された。 2009年6月 - 警視庁航空隊のヘリコプターの窓が飛行中に落下した。 2010年2月13日 - 玉川警察署内で、刑事組織犯罪対策課のが傷害の疑いで逮捕した被疑者にを奪われた。 被疑者は発砲し、弾が巡査部長に当たり軽傷を負った。 2010年3月15日 - 中央大学教授殺害事件や事件などを指揮した長の警視正が、長当時から女性警察官(退職)と関係にあり、トラブルになっていたことが発覚し、警務部付に更迭。 後に交通局付に出向し安全運転中央研修所研修部長に就任。 後任は鑑識課長・若松敏弘警視(長、交通捜査課長を歴任。 この人事にあたり警視正に昇任)。 から名誉毀損で提訴され、2013年1月、東京地裁から賠償命令。 2010年7月2日 - 第4方面本部長(警視長)が割引価格でを利用していたとして減給1か月の処分。 8日付で依願退職。 10日には総務部理事官(聴聞官)の男性警視が男性を殴り軽傷を負わせたとしてに逮捕された。 2010年10月 - 国際テロの捜査情報などが記載された大量の形式での文書が、インターネット上に流出した()。 また、文書には、公安部外事第三課や警察外部の個人情報も含まれていた。 を通じ、故意に流した可能性が高まった。 また、海外のサーバーを経由している為に流出元を辿るのは困難になった。 アレフ名誉毀損事件と本件は、共に青木五郎(現在 [ ]国際警察センター所長)が公安部長を務めた当時に起きている。 2010年12月 - 公安第二課の巡査部長が捜査協力者との接触を装い、受け取った捜査費を女性との交際や深夜帰宅の際のタクシー代などに費消していた事が判明。 懲戒免職処分と共に詐欺と業務上横領の容疑で書類送検される。 2011年6月 - 葛飾警察署刑事組織犯罪対策課長の警部が当直勤務中に署を抜け出して、女性と飲食店でデート。 17日、警部補に降格処分。 2011年7月 - 品川美容外科の医療過誤事件の捜査を担当していた捜査第一課の警部が同院に再就職していたOBに捜査資料のコピーを渡していた疑いでOB2名とともにされた。 直属上司の一課調査担当(警視)、特殊犯罪対策官(警視)と一課長・若松警視正も監督責任を問われ9月に減給や戒告の処分。 2011年12月 - でされていたが、警視庁本部に「平田信です」と名乗った上で出頭してきたが、出頭に応対した警備の員は、と判断し、に出頭するよう案内していた。 再逃亡される恐れがあったなどとして、の対応が批判の対象となった。 2012年3月21日 - 地域課所属の男性巡査部長が、世田谷区内ので右折しようとした際、女性の運転すると接触し、女性はなどを負った。 事故を起こした巡査部長は、女性に虚偽の電話番号を伝えた上、事故を通報せず立ち去った。 警視庁はの疑いで事情を聴いている状況である。 2012年10月11日 - と両署の刑事課長をつとめた男性が、捜査費を流用して、部下や同僚と飲食していた疑いで、で捜査していることが明らかになった。 2013年4月から5月にかけ、の51歳の男性巡査部長が、内で複数のを、部下に指示して持ち去らせた上、修理して別の場所に置き、別の者が持ち去るのを待った。 実際に持ち去られた自転車も1台あった模様である。 警視庁はこの巡査部長を停職処分とした上、巡査部長の指示に従った部下の・巡査長計4人を所属長訓戒とした。 また、関わった警察官はいずれも容疑で書類送検された。 2012年12月から2013年3月にかけ、渋谷警察署組織犯罪対策課の46歳の男性警部補が、事件と無関係の男性について、署長名で「捜査関係事項照会書」を作成し、自治体や携帯電話会社に送り個人情報を調べていたことが、その後2013年11月に判明。 被害に遭った男性は、当該の警部補と知り合い一時交際していた女性が、その後交際するようになっていた。 警視庁はこの警部補を、や容疑で書類送検した。 2013年10月15日 - 綾瀬警察署の24歳の男性巡査長が、「騒音の苦情処理に行く」と言い残して、拳銃を所持したまま、勤務する交番を出てそのまま行方不明となった。 その後、の便所からこの巡査長の制服が発見された。 この巡査長は東京駅からまでを利用していたことが明らかとなり、警視庁は同月18日に、この巡査長を宿泊していた内のホテルで逮捕した。 2014年2月、蒲田警察署地域課の男性巡査長が、署内のトイレで拳銃で自殺した。 警視庁の調べで、この巡査長の上司に当たる男性警部補が、この巡査長を含む数名の部下の警察官に対し、「身の振り方を考えろ」などの暴言を吐くなどして辞職を強要していたことが明らかとなり、警視庁は同年4月に、この警部補を減給処分としたほか、当時の地域課長や署長についても訓戒や口頭注意の処分とした。 2014年4月、蔵前警察署の24歳男性巡査がのマンションから飛び降り自殺した。 マンションの巡査の部屋からは警視庁田無警察署の24歳女性巡査が殺されているのが発見。 男性巡査が交際していた女性巡査を殺した後、自殺した無理心中事件とみられる。 2014年9月、警視庁が捜査した事件のうち、を迎えた事件の品や捜査書類など約1万点が、に送致されていないことが明らかになった。 に違反するが、警視庁は、捜査は適切に行われてきたとして、関係者の処分は実施しないとしている。 2015年1月、内偵捜査を行っているように装う形で捜査費計約15万円を騙し取ったり着服したりしたとして、警視庁は生活安全特別捜査隊の53歳の男性警部補をと業務上横領罪でした上、処分とした。 また、これ以外にも捜査費を捜査と無関係な駐車料金などに充てていた男性警部補らもなどの処分となっている。 2015年4月23日、路上で女子高校生の体を触ったとして、埼玉県警は22日、警視庁駒込警察署の巡査長を強制わいせつの疑いで緊急逮捕した。 2015年6月19日、女性を盗撮したとして、警視庁は、東京都迷惑防止条例違反の疑いで、大崎警察署の刑事組織犯罪対策課の男性巡査部長を書類送検し、停職1カ月の懲戒処分とした。 巡査部長は同日、辞職した。 2015年10月と2016年2月に、田園調布警察署地域課の男性警部補2人が相次いで自殺した。 2人の制服のポケットから、同一の上司を名指しするメモが見付かり、警視庁が調査した結果、この上司が仕事上のトラブルについて、自殺した2人の警部補を厳しく叱責していたことが確認された。 警視庁としては、行為は無かったものの、品位に欠ける言動が見られたとして、2016年6月に当該の上司を訓戒処分とし、上司は処分後に退職。 新宿警察署留置管理課の23歳の女性巡査が、交際していた暴力団組員に捜査情報を漏洩したとして、違反容疑で書類送検の上、停職3か月の処分となった。 2018年5月29日、世田谷警察署交通官の58歳の男性が、東京都渋谷区の路上で女性の体を触ったとして、7月13日に東京都違反容疑で書類送検された。 2018年11月30日、刑事部所属の51歳の男性警部と、その部下の33歳と29歳の男性巡査部長ら捜査員3人が、事件の捜査に当たり端末を使用していたにもかかわらず、裁判で「使用していない」との虚偽の証言を行ったとして、警視庁は4人をで書類送検した上、停職などの処分とした。 冤罪事件 ここでは警視庁が関わった冤罪が確定(一部も含む)した事件について扱う• 1954年(昭和29年)制定の「警視庁の設置に関する条例」 東京都 昭和29年6月30日条例第52号 、「警察法」 昭和29年6月8日法律第162号 第47条2、「警察法施行令」 昭和29年6月19日政令第169号 第5条一を参照。 道府県警察で都警察の本部である警視庁に対応するものは、道府県警察本部(例えば神奈川県警察本部)となる。 警察法30条には、東京都(及び北海道)の記述はない。 警察法16条より。 警察法30条には、 府県警察について所掌事務が管区警察局に分掌される旨の規定があるが、東京都警察である警視庁はこの適用対象にならないため、府県警察のように各管区警察局によって監督(警察法31条2項)されることなく、警察法16条2項によって警察庁長官から直接に監督されることになる。 なお、警察通信等については警察法33条1項より、警察庁の地方機関である東京都警察情報通信部により分掌される。 東京都警察情報通信部の位置は155条により東京都千代田区と定められているが、現在は警視庁庁舎内に所在している。 警察法47条1項では、警視庁は特別区の区域内に置くことを定めている。 塔部込みでは本部庁舎の110mを上回る。 具体的な警察署の名称については(昭和29年6月30日東京都条例第52号)13条及び別表第1参照• 319-333• 2012年11月までは、各島を管轄する警察署・駐在所で受理していた。 333• 警察政策学会 『警察政策』 第20巻(2018) p. 274• 警視庁創立100年記念行事運営委員会(編) 『警視庁百年の歩み』 p. 283• 前掲、『警視庁百年の歩み』 p. 306• 警視庁. 2015年9月2日閲覧。 警視庁. 2015年9月2日閲覧。 警視庁. 2015年9月2日閲覧。 2003年12月4日. 2010年4月30日閲覧。 「拘置中の男が巡査長を恐喝、500万円脅し取る・警視庁玉川署」読売新聞• 読売新聞 2013年3月15日• 2009年9月2日. 2010年4月30日閲覧。 2010年3月30日• 時事通信2013年1月15日• 国際テロ情報ネット流出=内部文書か、交換ソフトで拡散• 警視庁:テロ捜査資料流出 海外サーバーを経由 流出元の捜査困難に• 2010年12月17日• 読売新聞 2012年4月12日• - スポーツニッポン 2012年10月11日• 読売新聞 2013年11月23日• NHKニュース 2013年11月27日• 毎日新聞 2013年10月19日• 毎日新聞 2014年4月22日• - 2014年4月12日日本経済新聞• 毎日新聞 2014年9月26日• 毎日新聞 2015年1月24日• 朝日新聞 2015年4月23日• 産経新聞 2015年6月19日• 毎日新聞 2016年7月8日• 毎日新聞 2018年3月19日• NHKニュース 2018年7月13日• NHKニュース 2018年11月30日 参考文献• 『警視庁百年の歩み』、警視庁創立100年記念行事運営委員会 関連項目 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (1947年-1948年)• - 東京都の• 外部リンク•

次の