メニエール 病 漢方。 めまいを和らげる五苓散の効果とは?

メニエール病の薬の種類や副作用【アデホス・ステロイド等】

メニエール 病 漢方

メニエール病の原因 の原因は 内リンパ水腫(ないリンパすいしゅ)という状態です。 内リンパ水腫とは、 内耳にあるリンパ液が増えすぎることです。 内耳には 前庭・ 三半規管・蝸牛という部分が含まれます。 これらの内部にはリンパ液が満たされていて、正常な機能のために役立っています。 しかし、リンパ液が増えすぎることでの症状が現れます。 内耳のリンパ液は内耳の機能に関わっています。 内耳にはふたつの役割があります。 頭の傾きや平衡を感じる(前庭の機能)• 音を感じる(蝸牛の機能) 内耳の中にはリンパ液が満たされています。 リンパ液が流れたり音で振動したりすることによって、内耳の細胞が刺激されます。 リンパ液の流れによって内耳の細胞は傾きや音を感じます。 ところが内リンパ水腫ではリンパ液が正常に流れなくなります。 すると、内耳の細胞は傾きや音を間違って認識してしまいます。 このようにして、以下のようなの症状が現れると考えられます。 グルグル回転するようなめまい(回転性めまい)• 内耳が体の傾きを間違って認識することで起こります。 耳鳴り• 鳴っていないはずの音を内耳が間違って認識することで耳鳴りが聞こえます。 内耳が音を認識できなくなることでになります。 メニエール病の症状 の主な症状を挙げます。 激しいめまい• 耳鳴り• 耳が詰まった感じ(耳閉感) で起こるめまいは、以下の特徴があることが典型的とされます。 突然始まる• 10分から数時間で治まる• 目の前がぐるぐると回るような感じ(回転性めまい) めまいが起こると、立つときや歩くときにふらつくこともあります。 によるでは低音が聴こえにくくなることが多く、耳鳴りもザー、ゴーといった低音のものが多いです。 耳が詰まった感じは、耳に水が入ったように感じられることもあります。 耳閉感(じへいかん)と呼ばれています。 の特徴は、以上の症状を 何回も繰り返すことです。 耳の症状は、通常は左右片側の耳に起こります。 耳の症状はめまいの発作に伴ってあらわれます。 多くの場合はめまいと一緒に耳鳴りなども治まっていきます。 しかし、や耳鳴りは、めまいの発作が収まった後も数ヶ月や数年にわたって残ることがあります。 ほかの症状としては、めまいと同時にあらわれる吐き気や嘔吐もあります。 吐き気はめまいの症状とともに治まっていきます。 ただし、症状はいつも典型的なものとは限りません。 たとえば、の典型的な症状のうち、一部だけが現れる場合があります。 前庭症状(めまい)がない場合を蝸牛型とも呼びます。 蝸牛症状()がない場合を前庭型と呼ぶこともあります。 以上のような症状の特徴が知られていますが、いくつかに当てはまったとしても、ほかの病気ではないかを見分ける必要があります。 似た症状を表す病気の例として以下のものが考えられます。 症状はと似ています。 通常は繰り返す発作はありません。 治療には ステロイド薬などが使われます。 三半規管の中に入っている 耳石(じせき)というものが原因で起こるめまいです。 頭を特定の向きにしたときや、頭を動かそうとしたときにグルグル回転する感じがします。 通常、音の聞こえに異常は現れません。 自然に治ることが多く、頭を動かす治療法が使われることもあります。 全身に多様な症状があります。 肩こり、頭痛、 動悸、生理不順、だるさなどを伴うこともあります。 顔から耳の痛み・水ぶくれが特徴です。 顔の左右片側をうまく動かせなくなる症状()が出ることもあります。 後遺症を残しやすく、早期治療が大切です。 症状はゆっくり進行することが多いです。 治療法に手術などがあります。 身体を動かしにくい、感覚がおかしいなどの症状をともなうことがあります。 緊急で治療が必要です。 脳の血管に詰まった 血栓を除くなどの治療ができる場合があります。 病院ではこのような病気の可能性を考えながら、検査などを使ってを見分けます。 であることがわかれば、対応する治療を選ぶことができます。 メニエール病の治療 イソソルビド製剤 イソソルビド製剤は、内耳にたまりすぎている 水分を移動させて尿にする作用があります。 めまい・耳鳴りの改善が期待できます。 液体の飲み薬(シロップ剤)となっています。 イソソルビド製剤は まずいと言われます。 確かにお世辞にも美味しいとは言えません。 甘味と酸味の後に苦味があらわれます。 飲みやすくするには、 冷たい水で2倍くらいに薄めて飲むと多少は味が紛れるかもしれません。 薄めすぎないようにしてください。 薄めすぎると薬の吸収が低下する可能性もあります。 薄めても味が気になるときは、 柑橘系の果汁などを少し加えるとよいでしょう。 たとえばレモン汁はお勧めできます。 ただし、何でも混ぜるのはやめてください。 牛乳などの乳製品とイソソルビド製剤を一緒に飲むと吸収が低下する可能性もあります。 また、イソソルビド製剤の中にも種類があります。 ステロイド薬 ステロイド薬は 炎症を和らげる作用などがあります。 に対しては主に内耳や神経の炎症を抑える目的で使われます。 ステロイド薬は、のほかにも アレルギー性疾患や 自己免疫疾患などに使われています。 ステロイド薬は健康な体の中で副腎(ふくじん)という臓器から自然に分泌されている、コルチゾールという ホルモンを元に造られたものです。 一般的には最初の使用量から1~2週間程度かけて徐々に薬の量を減らします。 この使い方を漸減(ぜんげん)またはテーパリングと言います。 漸減しながら使っているときは用量を守ることがとても大切になります。 ステロイド薬は高い有効性をもつ一方で、 高血糖などの副作用にも注意しなくてはいけません。 で ステロイドの内服薬を長期間飲み続けると、 太る、 皮膚が薄くなるなどの副作用が出ることも考えられます。 ステロイド内服薬の代表的な副作用を挙げます。 易感染性( 感染症にかかりやすくなる)• 高血糖( 血糖値が上がる、が悪化する)• 皮膚が薄くなる• 筋力低下• の進行• 動脈硬化の進行• 中心性(手足は変わらず主に胴体が太る)• 満月様顔貌(ムーンフェイス、まん丸い顔)• 消化性 潰瘍(など)• 高血圧• また、ステロイド内服薬を飲むときは 授乳ができません。 副作用が心配でも、自己判断で中止したり量を変えて飲んだりすることは絶対にしないでください。 非常に危険です。 これはの治療に限ったことではなく、他の病気でも同様です。 かえって病気が悪化したり、症状がぶり返したり、治りが遅くなる場合もあります。 使用期間や使用中の注意点、副作用が出たときの対処など、処方医や薬剤師からよく話を聞いておき、適切に使って治療していくことが大切です。 吐き気を抑える薬 では、めまいに伴って吐き気・嘔吐の症状が出ることが多く、吐き気を抑える薬も使われます。 飲み薬がよく使われていますが、注射剤もあります。 注意する点として、ナウゼリンは妊娠中には使うことができません。 また、プリンペラン、トラベルミンを使うときは授乳ができません。 妊娠したとわかっているときはもちろん、近い将来妊娠する計画があるときにの治療をすることになったら、医師に伝えて妊娠中にも適した薬を選んでもらってください。 抗不安薬 抗不安薬によって 不安や緊張を和らげることで、による耳鳴りやめまいなどの改善効果が期待できます。 抗不安薬には作用の持続時間などが違う多くの種類があり、個々人の状態などに応じて使い分けられます。 いくつかの例を挙げます。 ロフラゼプ酸エチルは、作用の持続時間が比較的長めの抗不安薬です。 アルプラゾラムは、ロフラゼプ酸エチルに比べると作用の持続時間が短いタイプの抗不安薬です。 比較的速やかに効果があらわれる特徴もあり、耳鳴りやめまいの症状が出たときに飲む頓服薬(とんぷくやく)としても使われています。 クロチアゼパムは、抗不安薬の中でも比較的速やかに効果があらわれ、体内で分解されるのも速く、あとに残りにくい特徴があります。 抗不安薬の使用中に気をつけるべき副作用として、抗不安薬の多くが 眠気を現すことがあります。 眠気による転倒や車の運転などの危険を伴う作業に対して、特に高齢者などは注意が必要です。 また、上に挙げた抗不安薬を使うときは 授乳ができません。 漢方薬 の治療で漢方薬が処方されることもあります。 五苓散(ゴレイサン)• 口の渇きや尿量の減少などを伴うような体質・症状に適するとされます。 柴苓湯(サイレイトウ)• 五苓散に類似した効果に加えステロイドのような作用をあらわすため、めまいに対しても使われています。 半夏白朮天麻湯(ハンゲビャクジュツテンマトウ)• めまいだけでなく耳鳴りにも効果が期待できる漢方薬です。 一般的に漢方薬は副作用が少ないのですが、体質や症状に合わないものを使ってしまった場合や、適正量を超えて飲んだ場合などでは副作用も考えられます。 たとえば漢方薬の約7割に含まれる甘草(カンゾウ)は、偽 アルドステロン症()による高血圧、筋力低下といった副作用に注意が必要です。 漢方薬を使うときは自分の体質・症状などをしっかりと医師や薬剤師に伝えてください。 メニエール病と生活上の注意 生活の中でのストレスや睡眠不足はに関係する可能性があります。 ストレスを避けることも治療の一環になります。 と食事との関係ははっきりわかっていません。 減塩が良いという意見もありますが、違う意見もあります。 飲酒やコーヒーを控える、体重の減量などでが改善したという明らかな報告はありません。 生活習慣として、規則正しい生活は効果的です。 夜遅い食事は熟眠を妨げることがあります。 規則正しい食事生活を送ることは、めまい発作がある人にとっても良いことと考えられます。 は発作を繰り返す病気で、発作の間(間欠期)には症状が改善するため、症状がなくなってもまた発作があるどうかを見極めにくい病気です。 治療期間が何年も続く人もいます。 しかし、治療で発作の頻度を減らしたり、症状を軽くしたりすることができます。 前向きに考えて治療を続けてください。 治療が効かないと感じたときは、ほかの治療法を試せないか相談してみるのもひとつの考えです。 の治療には薬をはじめ多くの方法があります。 遠慮しないで最初の薬を処方したお医者さんに相談してください。 「効いた、効かない」という情報が本人から返ってくることで、より一人ひとりに合った治療を選ぶ手掛かりになります。

次の

めまいを和らげる五苓散の効果とは?

メニエール 病 漢方

眩暈(めまい)・メニエール病と漢方薬 めまいの背景には意外な病気も? めまいにもいろいろな症状や原因疾患があります。 多くは耳鼻科領域の異常ですが、1割程度は中枢神経系の詳しい検査治療が必要なものであり、時には脳の血流変化を生じる循環器や血管異常に起因するものなど、見過ごしてはいけない情報が隠れていることもあります。 これまでに詳しい検査を受けたことの無い方は、耳鼻科から循環器科まで広い範囲の専門診療科の先生のご判断を頂けるような環境で、きちんと精査することが第一選択です。 しかし一部ではありますが西洋医学ではどれだけ調べても原因不明とされたり、原因となる変化はわかっても治療方法が不明だったり治療薬の効果がでにくい患者様もおられます。 ここでは症状のタイプごとに詳しく調べるべき基礎疾患と、漢方薬での治療方法についてご紹介いたします。 詳しくなりすぎないようにいたしますが、一部用いるカッコ内の言葉は中医学の専門用語です。 1 回転性めまい:グルグル回る感覚 耳の奥にある三半規管の機能異常による症状です。 メニエール病(メニエル病)や前庭神経炎、良性発作性頭位めまい症(BPPV)、突発性難聴など、めまいの原因の多くの割合を占める耳鼻科領域の疾患が主な原因となります。 例外もありますがまずは耳鼻科で詳しい検査を受けましょう。 中医学では、「水(すい)」「津液(しんえき)」という体の中のさらさらした液状のものが滞って老廃物である「痰」になり、「風邪(ふうじゃ)」という体の上部や表面で素早く移り変わる特徴のある悪影響と結びついて、「風痰」となり身体機能の秩序をかき乱す状態が代表例です。 半夏白朮天麻湯や釣藤散などが「痰」「風邪」に対応する代表方剤ですが、慢性的に不調が続く患者様では、「津液」の処理能力低下や、体の中からコントロール異常が生じる「内風」などの原因がベースになっていることもあり、複数の要素を総合的に治療できる煎じ薬での治療が有利です。 2 浮動性めまい:ふらつく・失神しそうになる 前庭障害などのほかに中枢神経系の原因も考えられる症状です。 耳鼻科領域の疾患、小脳・脊髄・末梢神経の障害、ほかにも全身的には薬剤の副作用や心因性のものまで多岐にわたります。 耳鼻科以外の診療科目もあるある程度の規模の病院で詳しい検査を受けましょう。 中医学では、「気」「陽」というエネルギーの不足・「血」「陰」という物質的な不足から生じる症状で、いわゆる虚弱体質に伴うめまいです。 「血虚」には当帰芍薬散、「陽虚」には真武湯などが代表方剤ですが、補う治療だけでは追い付かない場合や投薬を中断するとまた虚弱な状態が現れる場合には、ご自身でエネルギーや栄養を産生する力そのものを底上げする治療も必要になります。 柔軟性のある治療が多様な病態に対応 上で例に挙げた以外にも多くの基礎疾患の可能性があるめまい。 原因不明とされている患者様の中には非常にまれな難病などが診断を付け切れていない方もおられるかもしれません。 そして一方では病名が確定しても、体質の面からみれば実は様々な問題点が複雑に絡み合っていることもありますので、専門的な知識のある医師が処方する漢方薬という選択肢も検討していただければと思います。

次の

メニエール病の漢方治療【百花園漢方薬局】

メニエール 病 漢方

メニエール病とは メニエール病とは、めまいや難聴などの症状を繰り返し起こす耳の病気です。 周囲がグルグル回るような回転性のめまいを発作的に繰り返すのが特徴で、難聴や耳鳴りなどの症状を伴うものをいいますが、症状の現れ方には個人差があります。 自律神経の乱れによる吐き気や嘔吐などを伴うこともあります。 メニエール病の原因 耳の奥には内耳という、聴覚や平衡感覚をつかさどる部分があり、内リンパ液で満たされています。 何らかの原因で内リンパ液が過剰になり、内リンパ水腫(内耳が水ぶくれになった状態)が起こるのがメニエール病です。 メニエール病の原因ははっきりしていませんが、ストレスや過労・睡眠不足・生活習慣などが関係すると考えられています。 メニエール病の症状 メニエール病の症状は、内リンパ水腫の程度や場所により異なります。 内耳の平衡感覚を司る部分(三半規管、自石器)の内リンパ水が過剰になることで、めまいの症状を自覚しやすくなります。 グルグルと激しく回転するような強いめまい(回転性)から、体がふわふわする感じがする(浮動性)程度のものまで個人差があります。 また聴覚に関わる部分(蝸牛)の内リンパ水が過剰になると、難聴や耳鳴り・耳が塞がるような感じなどの自覚症状が起こりますが、こちらも個人差があります。 めまいの発作は10数分~数時間続き、発作の頻度は毎日~年数回など人それぞれです。 症状を繰り返すことで難聴などが悪化することがあるので注意が必要です。 メニエール病の診断 メニエール病は診断基準があり、他の似た症状の病気と区別されます。 めまい、もしくは聴覚障害のみを繰り返す「メニエール病非定型例」と診断されるものもあります。 診断基準としては、 ・回転性(または浮動性)のめまいを発作的に繰り返す ・発作が10数分~持続するもの。 数秒・数分程度のめまいはメニエール病とは考えにくい ・めまいに難聴や耳鳴りなどの症状を伴う(自覚の有無に関わらない) ・聴力検査でメニエール病に特徴的な難聴(低音が聞こえにくい)が認められる ・他にめまいや難聴を起こす明らかな原因が見つからない などの症状があります。 問診や検査(聴力、平衡機能、眼振、等)の結果を診断基準と照らし合わせ、他の病気の可能性を除外することで診断が確定されます。 メニエール病の治療 メニエール病の根本的な治療は今のところなく、症状を軽減し発作を予防するための治療を行ないます。 薬物療法としては、過剰な内リンパ液を排出するための利尿剤、抗めまい薬、吐き気止め、内耳の循環を改善する薬、発作への不安感に用いる抗不安薬、末梢神経障害を改善するビタミン剤、聴力低下例にはステロイドホルモン、などが症状に合わせて使用されます。 薬物療法でめまいが改善されず発作が頻回に起こる場合は、手術で内リンパ液を除いたり、平衡感覚に関わる神経を切断したりすることもあります。 メニエール病にはストレスや過労が関係すると言われるため、生活習慣を見直して睡眠不足などにならないよう気を付けることも必要です。 メニエール病で使用される漢方薬治療と対策 漢方ではメニエール病は、余分な水(内リンパ液)による「水毒」や、「お血(血流の滞り)」により内耳の循環が悪いことが原因と考えます。 そのため、体内の余分な水を排出して水毒を改善したり、血液循環を良くしたりする漢方薬が中心に用いられます。 またメニエール病に良くない影響を与えるストレスが強い人には、不安感などを和らげ神経を落ち着かせる漢方薬も効果的とされます。 ・・・・体を温め、消化吸収を良くし、体内の余分な水を利尿する作用があります。 メニエール病など水毒による回転性のめまいによく用いられています。 体力があまりなく、冷えがあり、めまいやふらつき・頭痛・動悸・不安感などがある人に向いています。 ・・・・水毒に使う代表的な漢方薬です。 水分代謝のバランスを良くする作用があり、年齢・体力を問わず広く服用することができます。 体に冷えがなく、口が渇いて水分を多く摂る割に尿量が少なかったり、むくみがあるような場合に効果的です。 ・・・・胃腸の働きを整え、体内の余分な水分を排出し、めまいや頭痛・吐き気などを改善する作用があります。 体力があまりなく、日頃から胃腸虚弱や冷えがあり、めまいに吐き気や頭痛などを伴うような人に効果的です。 ・・・・全身を栄養する「血」を補い、血行を良くして体を温め、水分の代謝を良くする作用があります。 体力が弱く冷えがあり、水毒によるむくみやお血による頭痛・肩こりなどがある人のめまいに効果的です。 ・・・・自律神経に関係がある「肝」の機能を高め、ストレスによるイライラや不安感・不眠などを改善する作用があります。 比較的体力があり、水の停滞やみぞおち辺りの張った感じなどがある人に向いています。 種類・症状・病名別で漢方薬を解説しています 下記メニューよりご希望の項目をお選びください。 項目別で漢方の詳しい情報をご覧いただけます。 当サイトは、漢方に関わる医療従事者の手により執筆・監修させていただいております。 そして内科医師である管理人が監修しています。 ただしあくまで内容は総論的なことであり、個々の患者さんに対しては、実際の医療行為にあたる医療従事者との対話が重要であり、その点では当サイトはその役割を担えません。 あくまで参考にしていただくサイトであることをご承知下さい。 理想とするところは、このような漢方薬があるのだということを知っていただき、治療の選択肢を知っていただき、処方してもらう場で対話していただくことです。 よって、利用者が当サイトに掲載されている情報を利用した際に生じた損害等について、当サイトの管理者は一切の責任を負いません。 また、当サイトの情報は、あくまでも目安としてご利用いただくものであり、医療行為は自己責任で行ってください。

次の