スポーツ選手 飲食店 評判。 スポーツクラブNASの口コミ・評判 3ページ目 | みん評

十文字貴信のラーメン屋『白河屋』の場所や評判・口コミは?

スポーツ選手 飲食店 評判

スポーツデポの会社概要について スポーツデポは、スキー、キャンプ用品などを扱うアルペングループに属しています。 グループ内には、ゴルフ5があり、そのほか、自社ブランドとして、スノーボード用品の企画、販売を主としたキスマーク、スキー用品からゴルフまでを企画、販売するジャパーナなどがあります。 アウトドア用品の企画製造から販売を行う一大企業となっており、その中でスポーツデポは、アルペンがスキーやキャンプなどシーズン型のスポーツ用品を取り扱うのに対し、サッカーや野球といった通年型のスポーツを取り扱っており、店舗内にはスポーツ用品の修理や加工などを行えるワークショップや、バット、ラケット、ゴルフクラブなどを実際に試打できるスペースを設けている店舗もあります。 また、スポーツ、アウトドア用品を扱うお店なので、活発、元気のよさは必要でしょう。 商品知識として、あとからついてくる部分ですが、得意分野を掘り下げていく上で、好きなスポーツや、得意なスポーツがあった方が優位かもしれません。 特にオープニングスタッフは、高くなるようです。 またアルバイトの中でも週4日以上、1日7~8時間勤務をするキャプテンは、時給1000円程度(研修期間あり)となります。 そのほか、残業手当がつきます。 【昇給】1年で時給10円アップし、時給50円までは自動的に昇給します。 有給休暇・社会保険もあります。 交通費は規定に沿って支給されます。 商品購入割引制度あり <メリット>商品の割引購入ができるので、実際にスポーツをやられる方にはありがたいのではないでしょうか。 また、共通のスポーツが好きな仲間ができるので、休日に仕事仲間同士でスポーツを楽しんだりできるのもメリットだと思います。 <デメリット>シーズンの切り替わり時期に、商品棚の移動などで残業が続くことがあるようです。 商品知識は自然と増えていくと思いますが、新しい商品も常に出てきますので、向上心をもって、商品知識についてある程度勉強は必要です。 接客や商品管理など店舗スタッフとしての経験を活かし、さらに成長したい方を求めています。 接客販売となるので清潔感のある服装、身だしなみは大切です。 お客様は、アルバイトでも正社員と変わらない対応を求められます。 その際にしっかりとした挨拶、敬語なども使用できることも重要です。 商品陳列・補充、試着のご案内やレジ打ちなどがメインの業務ですが、同時に試打の際のアドバイスや用具の修理なども行います。 商品陳列には、スキー、スノーボードなどシーズンごと売り場のレイアウト変更などもあり、店舗什器など重量物などもあるので大変かもしれませんが、店舗スタッフとして成長したい方にはお勧めです。 スポーツ用品店でアルバイトから長く仕事をして、独立されている人もいるようです。 仕入れのルートや、店舗のレイアウト、商品の見せ方などのノウハウには長けているので、将来自分のお店を持ちたいという人にも経験しておいた方がよいと言えます。 経験が長くなると各商品メーカーさんとの打ち合わせなどの機会も増えてきます。 その際に社会人としての一般常識、マナーが必要になってきます。 また、店舗によって異なりますが、ゴルフやスノーボードなど各種測定機器や修理ツールなども充実しており、それら利用できるのもメリットかもしれません。 時々、契約しているプロスポーツ選手なども来店することがあるようなので、もしかしたらアドバイスなどもらえるかもしれません。 そういった点からも、スポーツが好きな人からは正に天職と言えるような職場かもしれません。 よって、職場全体にエネルギッシュな雰囲気が漂っていましたので、精力的に働くことが出来ました。 男性 アルペングループ(スポーツデポ)のバイトは結構若い人が多く、学生やフリーターが大変を占めています。 スポーツ用品を扱っているので、若い人の方がフレッシュというイメージが強いので、お店のイメージに合うという印象があります。 アルバイトEX-Press編集部 アルバイトEX-Press編集部です。 皆様のお役に立つアルバイト情報をお届けすることライフミッションにしております。

次の

十文字貴信のラーメン屋『白河屋』の場所や評判・口コミは?

スポーツ選手 飲食店 評判

携帯には常連客から「営業再開を待っています」というメールが届くが、今も返事が書けずにいるという(筆者撮影) 現代の日本は、非正規雇用の拡大により、所得格差が急速に広がっている。 そこにあるのは、いったん貧困のワナに陥ると抜け出すことが困難な「貧困強制社会」である。 本連載では「ボクらの貧困」、つまり男性の貧困の個別ケースにフォーカスしてリポートしていく。 勤め先は「刺身が安くてうまい」と評判の店 「電車通勤の人はコロナ感染のリスクが高いから」 18年間働いた職場をクビになる理由としては、あまりに軽く感じた。 ユウスケさん 仮名、40歳 の勤め先は都内の和食店。 元妻の親の葬式に参列した日以外、1日も休まず厨房に立ったのに……。 どうして俺が? ショックで言葉が出ないユウスケさんに対し、料理人でもある社長は「後は自分で仕事を探してくれないか」と言って追い打ちをかけた。 店がのれんを張っていたのは、都内でも有数の飲食店激戦地。 刺身が安くてうまいと評判の店で、芸能人やスポーツ選手もよく訪れた。 ユウスケさんは焼き物と揚げ物を担当。 カウンター越しに常連客と話すのは楽しかったという。 「リーマンショックのときもほとんど影響はありませんでした。 東日本大震災のときもボトルも皿も、1枚も割れなかったんです」 恐慌や天災を乗り切ってきた店だったが、今回ばかりは無事では済まなかった。 新型コロナウイルスの感染拡大が続く3月半ばごろから客足が鈍り始め、週末の予約がキャンセルされるようになったという。 緊急事態宣言が出される直前の4月初め、店はいったんのれんを下ろした。 1カ月後、休業中の給料を渡すからと、従業員全員が店に呼ばれたが、まさかその場でクビを伝えられるとは思わなかったと、ユウスケさんは振り返る。 ユウスケさんによると、店の従業員はアルバイトの女性が2人と、正社員の男性が3人の合わせて5人。 このうちアルバイトの女性2人とユウスケさんの3人が解雇された。 「まずバイトの2人が社長から『辞めてほしい』と言われて。 このうちの 1人は独身で生活がかかっていたみたいで『今辞めても働くところなんてないのに……』と言って困っていました。 『かわいそうだな』と思ったけど、この後自分までクビになるなんて……」 結局、正社員男性3人のうちクビになったのはユウスケさん1人。 ユウスケさんだけが電車通勤をしているからというのが、その理由だった。 「なんだそれ?と思いました。 感染リスクと言うなら、お客さんからのリスクのほうがよほど高いですよね」 ユウスケさんによると、店の売りの1つ「安くてうまい刺身」は社長の目利きによるところが大きかった。 社長は穏やかな人柄で、職人気質にありがちな気難しいところはなかった。 クビを言い渡すときも、心から申し訳なく思っているように見えたという。 20年近く世話になったという遠慮も働き、ユウスケさんはその場では何も言い返せなかった。 しかし、どうしても納得ができず、翌日、電話で「解雇理由を書面にして送ってほしい」と頼んだ。 すると、数日後、何事もなかったかのように社長から「ランチをやろうと思うんだけど朝から来れる? それでも給料は半分以下しか出せないけど」というショートメールが送られてきたという。 ユウスケさんはこのショートメールの軽薄さにいちばん腹が立ったという。 「クビにしておいてなんなんだ、冗談じゃねえよと思いました。 『書面がほしい』と言われ、電車通勤だからというのがまともな理由になってないことに気がついたんでしょ」。 社会保険にいっさい加入させていなかった 解雇理由をめぐるいい加減さもさることながら、社長は従業員を雇用保険や健康保険、厚生年金などの社会保険にいっさい加入させていなかった。 そして私が驚いたのは、18年間正社員として働きながら、ユウスケさん自身はもちろんほかの従業員たちからもこうした無保険状態に対し、不満や疑問の声が上がったことが一度としてなかったということだ。 ユウスケさんは自分を正社員だというが、雇用契約書を交わしていたわけではない。 源泉徴収はされていたというから、雇用関係にはあったのだろう。 毎月の給与は約30万円だったが、健康保険や都民税などは自分で払っていたので手取りは25万円ほど。 9万円の家賃を支払うと、家計に余裕はなく、国民年金はほとんど払えていないという。 私がそう指摘すると、ユウスケさんは「たしかにそうなんですけど……。 でも、本当に居心地のいい職場で。 どこかで自分とは関係ない話だと思っていました」と言う。 結局、ユウスケさんは個人加入できる飲食店ユニオン 東京 に相談。 ここで初めて無保険状態が違法であることに加え、毎月30時間ほどの残業代が未払いだったことや、雇用保険は2年間さかのぼって加入することができることなどを知った。 現在は同ユニオンを通し、未払い残業代や退職金の支払いを求めて話し合いをしているという。 今思うと、社長は店舗のほかに自社ビルも所有。 車は最新のクラウンに乗っていたという。 「 高級車に乗っていたのは 節税のためもあったかもしれませんが、従業員を数カ月食わせていくだけのお金は持っていたはず。 売り上げが落ちてきたとき、よく『困った』『もうダメだ』と言っていたけど、いきなり解雇された僕らほどには困っていなかったと思います」とユウスケさんは言う。 労働者も自らの権利についてある程度は知っておくべきだと、私は思う。 ただそれ以上に思うのは、経営者のろくでもなさである。 コロナウイルスの感染拡大が続く中、私は解雇や雇い止め、休業手当が出ないといった問題に直面した人々に何人も出会った。 「明日から来なくていい」といった乱暴な物言いや、「休業中は有給休暇を消化して」「休業中の店のスタッフには有休は与えない」など違法な説明をされたという事例も数多く耳にした。 最近の経営者は労働関連の法律を知らないのだろうか。 即日解雇は論外として。 労働基準法は会社の都合で働き手を休ませた場合、平均賃金の6割以上を休業手当として支払うことを会社に義務付けている。 なかには「休業はコロナによる不可抗力」と強弁する経営者や雇用主もいるが、今回の休業要請はあくまでも「要請」であり、強制力はない。 法的には休業は「会社の都合」とみなすべきだ。 それでは会社がもたないといわれるかもしれないが、そんなことはない。 雇用調整助成金を利用すればいい。 雇用調整助成金は、休業手当の費用を会社に助成する制度である。 支給までの資金繰りが厳しい、書類をそろえるのが大変といった声もあるが、感染拡大が続く中、支給要件や手続きはずいぶんと緩和・簡素化されたはずだ。 厚生労働省も「制度を活用して雇用を維持するよう努力するべきだ」との旨の見解を示している。 働き手にとっては「コロナが一段落したら、また雇うから」などというお気楽な言い訳はなんの慰めにもならない。 コロナ禍における社会不安を最小限に抑えるという意味でも、会社にはできるだけ雇用を維持するという社会的な役割がある。 解雇はNGだなどというつもりはない。 ただ目の前にある支援・助成制度を活用する努力もしない無責任な経営者や雇用主に、そもそも会社を起こす資格などない。 「すっかりきれいな手になっちゃいました」 話をユウスケさんに戻そう。 東京都内で飲食店を経営する両親のもとで育ったユウスケさんは地元の高校を卒業後、ずっと飲食業界で働いてきた。 ただ、今後しばらくは飲食店では働きたくないという。 長年、まじめに働いてきた職場を追われたショックはそれだけ大きかった。 「まずは失業保険で一息ついて。 その後は配送ドライバーをやってお金を貯めます。 小さくてもいいので、いつか自分の店を持ちたいんです。 そのときは、人を雇う側になるので雇用のことも、保険のこともちゃんと勉強しますよ」 話を聞いたファミリーレストランを出て、駅に続くコンコースを歩いていたとき、両手を握っては開くという動作を繰り返していたユウスケさんがふいに「手がすっかりぼけちゃって」と言った。 この2カ月間、仕事をしていないのですっかり手がなまってしまったのだという。 「料理人の手はグローブみたいなんです。 モミジみたいになるんです。 布巾を絞ったり、包丁を握って大きな魚をさばいたり、重い鍋を持ったりするから。 僕のはまだまだだけど……。 電車の中なんかでは、料理人の手だなって、わかる人いますよ」 つねに指をうごかしたり、物を握ったりするので、料理人と言われる人の手のひらはグローブのように分厚くなり、指はモミジのように付け根にかけて太くなるのだと、ユウスケさんが誇らしげに教えてくれた。 ユウスケさんは手のひらをかざすと、少し寂しそうにこう言った。 「すっかりきれいな手になっちゃいました」。 本連載「ボクらは『貧困強制社会』を生きている」では生活苦でお悩みの男性の方からの情報・相談をお待ちしております 詳細は個別に取材させていただきます。 こちらのフォームにご記入ください。

次の

40歳料理人をクビにした社長の酷すぎる言い分(東洋経済オンライン)

スポーツ選手 飲食店 評判

スポーツデポの会社概要について スポーツデポは、スキー、キャンプ用品などを扱うアルペングループに属しています。 グループ内には、ゴルフ5があり、そのほか、自社ブランドとして、スノーボード用品の企画、販売を主としたキスマーク、スキー用品からゴルフまでを企画、販売するジャパーナなどがあります。 アウトドア用品の企画製造から販売を行う一大企業となっており、その中でスポーツデポは、アルペンがスキーやキャンプなどシーズン型のスポーツ用品を取り扱うのに対し、サッカーや野球といった通年型のスポーツを取り扱っており、店舗内にはスポーツ用品の修理や加工などを行えるワークショップや、バット、ラケット、ゴルフクラブなどを実際に試打できるスペースを設けている店舗もあります。 また、スポーツ、アウトドア用品を扱うお店なので、活発、元気のよさは必要でしょう。 商品知識として、あとからついてくる部分ですが、得意分野を掘り下げていく上で、好きなスポーツや、得意なスポーツがあった方が優位かもしれません。 特にオープニングスタッフは、高くなるようです。 またアルバイトの中でも週4日以上、1日7~8時間勤務をするキャプテンは、時給1000円程度(研修期間あり)となります。 そのほか、残業手当がつきます。 【昇給】1年で時給10円アップし、時給50円までは自動的に昇給します。 有給休暇・社会保険もあります。 交通費は規定に沿って支給されます。 商品購入割引制度あり <メリット>商品の割引購入ができるので、実際にスポーツをやられる方にはありがたいのではないでしょうか。 また、共通のスポーツが好きな仲間ができるので、休日に仕事仲間同士でスポーツを楽しんだりできるのもメリットだと思います。 <デメリット>シーズンの切り替わり時期に、商品棚の移動などで残業が続くことがあるようです。 商品知識は自然と増えていくと思いますが、新しい商品も常に出てきますので、向上心をもって、商品知識についてある程度勉強は必要です。 接客や商品管理など店舗スタッフとしての経験を活かし、さらに成長したい方を求めています。 接客販売となるので清潔感のある服装、身だしなみは大切です。 お客様は、アルバイトでも正社員と変わらない対応を求められます。 その際にしっかりとした挨拶、敬語なども使用できることも重要です。 商品陳列・補充、試着のご案内やレジ打ちなどがメインの業務ですが、同時に試打の際のアドバイスや用具の修理なども行います。 商品陳列には、スキー、スノーボードなどシーズンごと売り場のレイアウト変更などもあり、店舗什器など重量物などもあるので大変かもしれませんが、店舗スタッフとして成長したい方にはお勧めです。 スポーツ用品店でアルバイトから長く仕事をして、独立されている人もいるようです。 仕入れのルートや、店舗のレイアウト、商品の見せ方などのノウハウには長けているので、将来自分のお店を持ちたいという人にも経験しておいた方がよいと言えます。 経験が長くなると各商品メーカーさんとの打ち合わせなどの機会も増えてきます。 その際に社会人としての一般常識、マナーが必要になってきます。 また、店舗によって異なりますが、ゴルフやスノーボードなど各種測定機器や修理ツールなども充実しており、それら利用できるのもメリットかもしれません。 時々、契約しているプロスポーツ選手なども来店することがあるようなので、もしかしたらアドバイスなどもらえるかもしれません。 そういった点からも、スポーツが好きな人からは正に天職と言えるような職場かもしれません。 よって、職場全体にエネルギッシュな雰囲気が漂っていましたので、精力的に働くことが出来ました。 男性 アルペングループ(スポーツデポ)のバイトは結構若い人が多く、学生やフリーターが大変を占めています。 スポーツ用品を扱っているので、若い人の方がフレッシュというイメージが強いので、お店のイメージに合うという印象があります。 アルバイトEX-Press編集部 アルバイトEX-Press編集部です。 皆様のお役に立つアルバイト情報をお届けすることライフミッションにしております。

次の