ポケモン go カーブ ボール 練習。 サークル固定法のやり方

【ポケモンGO】ゼクロムにエクセレントスローを当てるコツは? 遠くに思い切りボールを投げるべし!

ポケモン go カーブ ボール 練習

そこで、この記事では、モンスターボールの基本的な投げ方や、ポケモンにうまく当てるコツをご紹介することにしました。 基本:ARモードをオフにしよう 「現実世界にポケモンが現れた」感じを楽しむには、ARモードをオンにしていないといけません。 しかし、「効率的にポケモンを捕まえる」ためにはARモードをオフにしておくほうが良いでしょう。 そうすれば、スマートフォンをどの方向に向けていても、ポケモンが画面の真ん中にいるので断然ボールを当てやすくなります。 また、ARモードがオンだとポケモンを捕まえる時に人にスマホを向けることあったりと不審者と思われがちになりますが、ARをオフにすると人にスマホを向けなくなるので疑われる心配もなくなりますね(笑) 初級:「時計狙いスワイプ」でキホンを習得 モンスターボールをうまく当てられるようになるには、慣れも必要。 そこで、最初は、まっすぐ飛ばすことに集中するため、画面上部に表示される時計まで指を滑らせるつもりで投げるのがおすすめ。 これで、しっかりとストレートなボールが投げられるようになります。 また、投げる際は指で「ピンッ!」と弾いたり「ズズー」と遅すぎる動きで操作するのはNG。 「スーッ」と滑らかに動かしましょう。 ちなみに、序盤のポケモンはボールをはずしても逃げ出すことはありませんし、「攻撃のような動作」をしてきますが、プレイヤーにダメージを与えることもありません。 落ちついて、狙いをつけてボールを投げる感覚をつかみましょう。 中級(裏技):「ベゼル投げ」で命中率アップ これは、インターネットで話題になっていた小技です。 モンスターボールは投げ始めの位置を自由に変えられるので、画面の端から投げると、なぜか自動で補正が効きポケモン向かってボールが飛びます。 急いでいる時に、サクッと捕まえておきたいときはこの技が便利ですよ。 ただし、ポッポなどの小さいポケモンに当てるのは少し難しく、ポケモンの中心にボールを当てることはできないため「グレートスロー」や「エクセレントスロー」などのボーナスは期待できません。 上級:「カーブボール」で経験値を増やす モンスターボールをクルクルと回してから当てるだけで、もらえる経験値がアップします。 また、レベル上げが単純作業化して飽きてきたときなどに、カーブボールでのゲットを狙ってみる、という気分転換の小技としてもおすすめです! というわけで、この記事ではでモンスターボールの投げ方の基礎や、うまく当てるコツ、裏技などをご紹介しました。

次の

捕獲率爆上げなサークル固定投法を改めて解説!【ポケモンGO 秋田局】

ポケモン go カーブ ボール 練習

Contents• カーブに慣れていないという方は、まずは自由にカーブを投げられるようにしましょう。 右親指を使ってよく投げている自分は画面左側からカーブで投げると中心に当たりやすいことが判明したので、いつも左側から投げています。 ポケストップなどで沢山ストックしておきましょう。 ポケモンのサイズが大きいと、エクセレントの判定も大きくなります。 イワークやバンギラスなどはサークルが大きいのでその分エクセレントの判定も大きい。 でもバンギラスなんてそう簡単に出ないよ!という方、そうです失礼しました。 タスクで出さないとバンギラスなんて厳しい。 なるべく普段のプレイで出現しやすく、サークルが大きいポケモンに狙いを定めましょう。 おすすめはポニータです。 バンギラスほどではありませんがそこそこのサークルの大きさ、そしてナナの実を使えばあまり動きません。 比較的普段のプレイでも出やすいので、一番おすすめ。 カーブボールのエクセレントスローを1回投げる、とても難しいタスクですが以上のコツを踏まえれば比較的すぐに達成できるかと思います。 ミュウ、セレビィ、ジラーチゲットのために誰しも通る道。 皆さん是非実践してみてください。

次の

捕獲率爆上げなサークル固定投法を改めて解説!【ポケモンGO 秋田局】

ポケモン go カーブ ボール 練習

エクセレントスローの出し方 固定投法で投げるのが最も確実 固定投法でボールを投げる方法が最もエクセレントスローを出しやすいです。 固定投法とはポケモンのサークルを固定して、威嚇が終わる瞬間に投げる方法のことです。 レイドボスのゲットチャンスで非常に有効な投げ方なので、ぜひチャレンジしてください。 エクセレントスローの判定を把握する エクセレントスローはポケモンごとに範囲が違いますが、 サークル全体の30%未満で統一されています。 「グラードン」や「ルギア」などの 体が大きいポケモンはサークルが大きいため、相対的にエクセレントの範囲も広いです。 逆に「キャタピー」や「ケムッソ」のような サークルが小さいポケモンはエクセレントになる判定が狭いです。 慣れてくるとポケモンのサークルを見るだけでエクセレントスローになる範囲がわかるようになるので、始めたての方はたくさん投げて練習しましょう。 ナナのみを使うと動きを鈍くできる 道具 効果 ポケモンに与えると動きが遅くなるきのみ。 ナナのみを使うことでポケモンの動きを鈍くして捕まえやすくできます。 「動きが鈍くなる」とはポケモンが 上下左右に移動したり威嚇するなどの動きが少なくなることです。 動きが鈍くなるので、自分のタイミングで投げやすいのがポイントです。 固定投法の具体的な投げ方 エクセレントの範囲でサークルを止める 固定投法は最初にエクセレントスローの判定になる範囲でサークルを止めます。 エクセレントスローになる判定はサークル全体の30%未満なので、ポケモンごとで見極めましょう。 ポケモンの威嚇モーションを把握 固定投法はポケモンの威嚇が終わった瞬間に投げる方法なので、ポケモンごとの威嚇モーションを把握する必要があります。 「グラードン」や「レックウザ」は威嚇し終わった後に少しラグがあるので、投げるタイミングをずらさないといけません。 威嚇モーションを把握するのは固定投法を行うにあたって非常に重要なので、じっくり観察してからボールを投げましょう。 威嚇が終わる瞬間にボールを投げる ポケモンの威嚇モーションを把握し終わった後はいよいよボールをエクセレントの範囲内に投げるだけです。 ボールの投げ方は練習するのみですが、 ポケモンごとの遠近感を掴むのもエクセレントスローをを投げるコツと言えます。 エクセレントスローのメリット ポケモンの捕獲率が上昇する スローの種類 捕獲率 エクセレントスロー 1. 7倍〜2倍の間 グレートスロー 1. 3倍〜1. 7倍の間 ナイススロー 1倍〜1. 3倍の間 カーブスロー 1. 7倍 エクセレントスローを投げることでポケモンの捕獲率が飛躍的に上昇します。 伝説レイドのポケモンはエクセレントスローがほぼ必須になってきます。 注目記事• 掲示板• バトルリーグ バトルリーグ別の最強ポケモン• レイドバトル 難易度別のレイドボス対策• ロケット団• ランキング• フィールドリサーチ タスク• 初心者向け!お役立ち記事 序盤のトレーナー向け• 知っておくと便利• ポケモン図鑑• 地方別• タイプ別の技一覧• Game8公式Twitter ゲームライター募集•

次の