インフル 予防 接種 体調 不良。 インフルエンザの予防接種で体調不良になる?

予防接種 ケーススタディ

インフル 予防 接種 体調 不良

効果のないインフルエンザ予防接種は危険? インフルエンザは昔から冬になれば起きる感染症です人から人に感染するウィルスなのですが特別危険なウィルスではないのに緊急事態みたいにマスコミは煽ります 政府は緊急体制をして挑みますが・・確かに死者もでますけど・・体力の落ちた高齢者が多いと思います。 基本、体が免疫を作ってウィルスを退治するのに数日発熱して完治することが駄目なのでしょうか? ワクチンは効果無いし・・・ 以前にも書いたのですがそれのおさらいです。 ・インフルが治まったワクチン摂取事例がない!? ・ワクチン接種後の後遺症がインフルエンザワクチンは非常に多く、ワクチン後遺症の7割はインフルワクチンである事 ・絶対に体内に不要な成分・水銀をワクチン増強剤に約51ppb含んでいます 比較になりますが飲料水許容量25000倍の量を含んでいます。 これだけの大きな体に負担をかけて予防接種する必要があるのでしょうか? インフルエンザ・ワクチンは全く効かないし危険な事はお伝えしました なんと、国も認めているのです!? 厚労省とWHOもホームページに記載されています 「インフルエンザワクチンで、感染の予防はできない。 また有効とするデータもない。 」 ・・??? そんなものに国からインフルエンザ予防摂取の補助金出すって いったい・・ 風邪は薬では治らない話の中にウィルスは薬では治らない事がわかっていますがそれと同じ扱いですねしかも、ワクチンの成分には水銀を使っています 水銀使用いしていないものもあるかもしれません ワクチン自体が抵抗力を下げるどころか壊す効果があったとは・・ 水銀が含んでいることでも危険なのに今年のワクチンは一味ちがうみたいです。 下記はアメリカの発信内容を訳したものです。 ある医者は、匿名希望で、「今年のインフル予防注射を受けた、多くの患者が死んでいる」と言い、「これはよくないことだ、ビッグ・ファーマ(大製薬企業)がそれを隠している」とつけ加えた。 theneonnettle. いくつかの報告によると、インフル接種を受けた、7 人のサンタバーバラ郡の住人が、2 週間後に死んだ。 これは、不気味にも、明らかになりつつあるパターンだという。 こういう数字があり、10%しか効果がないとすでに認めているにもかかわらず、保険職員たちはいまだに、インフル接種を受けるように人々に勧めている。 ドナルド・トランプは最近、市民に対し、「恐ろしい」インフル予防接種を受けることについては用心するように警告し、アメリカ国民は「何としてでもそれは避けるように」奨励した。 トランプ自身は、一度もワクチンを受けたことがないために、インフルエンザに罹ったことはない、と言っている。 theneonnettle. 大製薬会社は、実は、研究よりも広告に、はるかにより多くのカネを使っている。 ここで言っているのは、何兆ドルという額の話である。 ビッグファーマのドルが効果的に働いて、主流メディアは沈黙を守っている。 現在知られている事実は、インフルエンザ・ワクチンには、水銀、すなわち人間の健康に害のあることがわかっている重金属が、含まれていることである。 水銀の毒性は、鬱病、記憶喪失、循環器疾患、呼吸器問題、ADD(注意欠陥障害)、口腔の健康問題、消化インバランス、その他の深刻な健康問題を引き起こすことがある。 これまでに、文字通り何千という医学論文が発表され、ワクチンを注射することは、有害な免疫反応や、多くの他の感染症につながることが、立証されている。 その上、弱められた免疫反応は、ワクチンがそもそもそれを退けるはずだった、当の病気と闘う人の能力を、弱体化させるだけである。 今、証拠によって、インフル・ワクチン注射の成分が、現実に、深刻な神経学的不調を招いていることが、示されている。 これは永久的な神経の損傷で、麻痺と言ってもよい。 引用先 シャンティ・フローラ アメリカの製薬会社が儲かるためだけの予防接種をする必要はないのです!! 間違ったこともアメリカの圧力で日本は拒否できないままですし、医療関係は儲かるので昔から必要性を唄うと思います。 今の時代は国、政府、企業が正しいことを言っている・行っているのかは我々個人が確認して利用する時代になりました。 麻の成分CBD、THCは有用だと言う研究発表は多く有るのにもかかわらず国際的にTHCは規制されています 未だに麻は麻薬の扱いです。 今の常識が正しいのではないことをネットで調べられる時代になっています 正しいことを確認しながらこれからの人生を生きていきたいものです。 ・現在、多くの方が起こしている体調不良に関して、私が思うに多くの化学合成成分を取り込み過ぎることに原因が有るのでは? ・・・・ 思っています。 私が思うに普段から石油化学合成物質を食事や日用品等で摂取し過ぎ抵抗力が下がりすぎているのが現代の人達だと思います。 抵抗力の下がった体では薬の副作用も出やすいのではないでしょうか? 体の弱い状態を変えていくことが大切だと思います 出来る限り、食事は手料理を食べ、日頃から化学合成添加物の少ない生活をすることをお勧めします。 体の抵抗力をサポートしてくれる麻の成分CBDは海外の研究で効果があることを確認されています。 麻成分ですがオリンピックのドーピング検査で成分が除外され、アスリート選手が体のケア目的で使われ始めた成分CBD 興奮する精神的作用の無い成分、陶酔・暴力・幻覚等起きません 気分が落ち着き穏やかな状態になることが海外の研究で確認されています。 私生活でも体のケア目的で利用する方も増えています CBDヘンプオイルを使った体のケア、ご自分で体験してみてはいかがでしょうか? 主に石油化学合成成分は抵抗力を下げたり体のバランスを崩します。 例えば 化粧品、液体洗剤、液体石鹸に使われている「プロピルアルコール」 水道水に必要以上入っている「カルキ」 長期間使い続けることで体のバランスを崩す毒物として解釈しても良い成分です。 多くの化学合成成分 化粧を使うことで皮膚からの吸収、食事の添加物の口からの摂取、シャンプー、洗剤等の皮膚からの化学合成の吸収、他にも多くの不要な化学合成成分が代謝、抵抗力を徐々に下げて機能不全になると考えられます 体の浄化能力は限界があります不要な化学合成成分を断捨離、体の機能調整のためにCBDの摂取することをお勧めします。 予防としてヘンプ 麻 の茎から抽出したCBD カンナビジオール を利用していただくことで体調不良のバランスを調整、補助します。

次の

#19 予防接種((( ;゚Д゚)))

インフル 予防 接種 体調 不良

注射跡の晴れが広範囲 腫れが肘や肩を超える場合はワクチンに対して 過剰なアレルギー反応の可能性があるのですぐに病院に行ってください。 呼吸が苦しくなった その場合は アナフィラキシーショックの可能性があります。 また、アナフィラキシーショックはインフルエンザワクチンだけでなくほとんどの薬にあります。 特に危険なのが卵アレルギーの方です。 ワクチンを作る際鳥の卵を使うので成分が残ってしまいます。 両手、両足に力が入らない 手足に力が入らなかったり呼吸が苦しくなったら ギランバレー症候群の可能性があります。 時間をかければ治る病気ですが神経内科などの専門医に見てもらってください。 3) インフルエンザ予防接種の注意点とは?! 注意点は色々ありますが特に以下に該当する人は インフルエンザの予防接種は受けない方が良いでしょう。 心臓血管系疾患、腎疾患、血液疾患など基礎疾患のある方• 薬の投与、または食事(鶏卵、鶏肉など)で湿疹が出たり異常をきたした方• 過去にけいれん(ひきつけ)の既往症がある方• 過去にインフルエンザを受けた時2日以内に全身の発疹、発熱、じんましんなどのアレルギーを疑う症状の見られた方• 過去に免疫状態の異常を指摘されたことのある方、近親者に先天性免疫不全症がいる方• 気管支ぜんそくがある方• 妊娠している方• 出産時に未熟児で発育の悪い方 接種さる方がお子さんの場合• 発育が悪く、医師、保健師の指導を受けている方(接種される方がお子さんの場合) 4) 接種後の注意点とは?! インフルエンザの予防接種後は医師に言われた 注意点などしっかり守ってくださいね。 医師によって注意する内容が違う事がありますが、一般的な注意点を上げておきますね。 参考にしてみてください。 接種後30分間はアレルギー反応(息苦しさ、じんましん、咳など)が起こることがあるので医師とすぐ連絡がつくようにしましょう。 副反応(発熱、頭痛、けいれんなど)のおおくは24時間院内に現れやすいので摂取後1日は体調に注意しましょう。 万が一高熱やけいれんなどの異常が出現した場合は速やかに医師の診察を受けてください。 接種後に接種部位があかく腫れて痛む場合がりますが通常4~5日以内に治ります。 なお、体調に変化があれば速やかに医師の診察を受けてください。 接種後の入浴は問題ありませんが接種部位を擦らないでください。 接種当日はいつも通りの生活をしてください。 ただし、接種後は接種部位を清潔に保ち、接種当日は激しい運動やと医療の飲酒は避けてください。 まとめ 私はインフルエンザの予防接種で副作用が出たことがありませんし、周りにもいませんでしたが副作用が起きたらと考えるだけでも本当に怖いなと思います。 まずは しっかり医師と相談して予防接種を受けるこれにつきますね。

次の

インフルエンザワクチンの予防接種を受けられる方へ

インフル 予防 接種 体調 不良

11月に入り、インフルエンザの予防接種を受けた人が どんどん増えているのではないでしょうか? インフルエンザウィルスが猛威を振るう前に打っておかないと!と こぞって皆さん受けられていますね。 私が勤務する皮膚科でもインフルエンザの予防接種を実施していますが 皮ふ科なのに、結構たくさん受けに来られます。 皮膚の受診のついでなら何となくわかりますが、 わざわざインフルエンザの予防接種のみを受けに来られるので ビックリしています。 (たぶん皮膚科ならワクチン余ってるだろう的な、 逆に入荷数に限りありますから!) でも、せっかくインフルエンザの予防接種を受けたのに その後、体調がすぐれない事ってありませんか? 私は2年程前から、 毎回受けたインフルエンザの予防接種後は すべて体調不良になり、風邪の症状が出ていました。 案の定、今回もバッチリ風邪の症状が出てるのですが、 気になって調べて見たら、以外に同じ悩みで悩んでる人が多くいました。 かかりつけの先生に症状の経緯を話すと、 どうも 2年前からインフルエンザの株の培養工程が変わったらしいと言っておられました。 もしかしたらそういった事も、関係かるかもしれませんね。 実際に2年以上以前に打ったインフルエンザワクチンでは何の症状もありませんでしたから。 インフルエンザにかからないように、 予防の為に打ったワクチンで風邪の症状に苦しまされるのは本末転倒ですね。 しかしこの風邪の症状が、本当に インフルエンザ予防接種後の 副反応や副作用 なのでしょうか?気になったので調べてみました。 もくじ• インフルエンザ予防接種後の副反応・副作用は接種から何日程度で終息? インフルエンザの予防接種後に色んな副反応・副作用を経験している方も多いと思います。 患部の腫れや、痒み、痛みなどは良くある話ですよね。 また、インフルエンザの予防接種をしてから体調が悪くなった! という話もよく聞きます。 実は私もその一人です。 インフルエンザの症状の特徴は、発熱・悪寒・頭痛に急に襲われ 筋肉痛や関節痛と共に40度近い高熱が出るのが特徴ですよね。 私の場合は、木曜日にインフルエンザの予防接種を受けてから、 翌週の月曜日から急に 頭痛がして、 喉の痛みがありました。 鼻水・鼻づまりの症状、そして 微熱。 さらに 咳が出てきました。 月曜日から市販の薬を飲みだして木曜日に病院へ行きました。 その間およそ3日間服用した市販の風邪薬も効果を感じられなかったので、 私はてっきり インフルエンザの副反応・副作用だと思い込んでいました。 急な風邪の症状に襲われたし、市販の風邪薬も効果がない。 高熱や関節痛が無いのはインフルエンザの副反応・副作用だから!と・・・ きっとそうに違いない!と思いながら、かかりつけのお医者さんに質問してみました。 かかりつけ医の先生の回答はというと・・・ 「 インフルエンザの副反応・副作用にしては症状がダラダラと続きすぎているので、 おそらく風邪ですね。 もしインフルエンザの副反応・副作用なら私の経験上、およそ2日程度で風邪の症状が終息するはず。 」 「インフルエンザのワクチンは軽いインフルエンザにかかったような症状にすることで 免疫抗体を作るんだけど、まぁ簡単にいうと免疫が落ちて体が弱っている時に(免疫抗体を作っている時に)運悪く風邪のウィルスをもらったんだろうね。 」 との回答でした・・・ え!! 私、風邪なの!? インフルエンザの予防接種後の副反応・副作用は、 ワクチンを打った患部の症状とは違い、2日程度で風邪の症状は終息するとのこと。 もちろん個人差はありますので一概に言えませんが、 大多数は2日程度で収まるとのことでした。 結果、5日分の抗生剤を頂いて様子を見ることになりました。 この内服している間に38.5以上の高熱が出ればもう今度は検査の為に受診します。 スポンサーリンク インフルエンザの症状は高熱が出るはウソ!? さて、 インフルエンザと言えば高熱のイメージがあると思います。 38.5度以上の高熱が3~4日続いて・・・とイメージしてませんか? 高い熱が出ると思い込んでいるインフルエンザですが、 高熱が出ないインフルエンザもあるというのです。 私たちの体は病気のときに、 ウイルスと戦うために自分の体温を上げる力(発熱力)を持っています。 体内に入った細菌と戦うリンパ球は、体温が37度のときは活発に動き、 体温が35度に下がると活動が鈍くなります。 熱が上がるからこそ、リンパ球が細菌と戦いやすい状態になって 細菌をやっつけてくれるのです。 そんな発熱力ですが、残念なことに加齢とともに熱を出す発熱力が弱まっていきます。 実は風邪なのに、成人の2割、高齢者の5割の人は38度以上まで熱が出ないことがあるそうです。 また発熱力が弱っていなくても、高熱が出ないインフルエンザの場合もあります。 それには2つの理由が考えられます。 インフルエンザの予防接種を受けている場合 インフルエンザの予防接種をすでに受けている場合、 症状の軽いまま治ってしまうことがあるといいます。 インフルエンザの予防接種を受けていると軽い症状で済む、 とうのはこのことですね。 市販の風邪薬を服用している場合 市販薬といえども、風邪の症状を軽減させますから 風邪薬の効能で一時的に熱や頭痛の症状を抑えている、と考えられます。 私は上記の2点とも当てはまりました! インフルエンザにかかってしまっている!? もしかしてインフルエンザ予防接種後の副反応・副作用どころじゃなくて 正真正銘のインフルエンザなんじゃ!・・・ヤバい・・・ 万が一不安な場合でも、 インフルエンザかどうか、いくつか見分けるポイントがあります。 筋肉痛や関節痛の症状がある場合は、熱が出なくてもインフルエンザを疑いましょう。 また あまり熱が高くないのに脈の速い場合も、インフルエンザであることが多いようです。 あくまで目安です。 自己判断せず、一番いいのはお医者さんで診てもらうことです。 インフルエンザの症状と風邪症状との違いは? さて、インフルエンザと一般的な風邪の症状との違いはなんでしょうか? 症状を時系列で確認することも可能です。 インフルエンザは感染してからおよそ10日程度で治る インフルエンザウィルスに感染すると潜伏期間が1日~3日あり、 その後インフルエンザに発症します。 発症してから3日間程度は38.5度以上の高熱が続き、 咳、喉の痛み、鼻水、食欲不振、関節痛、筋肉痛、頭痛、吐き気など、 体のいたるところに症状が現れます。 症状の進行は、 風邪とは違い 急激に悪化します。 風邪は感染してから3~7日程度で治る 風邪は、そ のときの体調や体力にもよりますが早ければ3日、 遅くても7週間程度で回復します。 喉がムズムズするなと感じたときが、風邪ウイルスに感染したときで初期症状です。 鼻水、鼻づまり、喉の痛みの症状が現れ、その後、寒気、頭痛、発熱と悪化し 37~38度の微熱が続きます。 しかし、そ れぞれの症状は1日から2日程度で治まります。 症状の進行は、 インフルエンザとは違い 緩やかに悪化します。 インフルエンザ予防接種後の体調不良のまとめ あくまで私の経験上、と私のかかりつけのお医者様の話ではありますが やっぱりインフルエンザの予防接種はしないよりはした方が良いとのこと。 確かに、インフルエンザの予防接種をしてもインフルエンザにかかってしまう人もいます。 そして、インフルエンザにかかる人の中でも、 症状の軽い人もいればヒドイ人もいます。 しかし、 確率的には症状が軽度で済むことの方が多いとのことです。 その人の、その時の環境や健康状態、精神状態で症状は左右されますが 割合でいえばインフルエンザの予防接種をした方のほうが 症状は軽度で済む方が多いと言われていました。 どんな型のインフルエンザにかかるかは分かりません。 前もって予防をしておくことが賢明です。 風邪でもインフルエンザでも、体が思うように動かなくて辛い時は 何もする気になれないし、食事も美味しくないですね。 健康のありがたみを感じてしまう季節でもありますね。 このブログを読んでいるあなた。 きっと今お辛いのでしょう。 お大事になさってください・・・.

次の