喪中メール 返信。 喪中はがきが届いた!返信をメールで返事するときのマナーと文例

喪中見舞いをいただいた時の返事やお礼状の文例は?メールじゃダメ?

喪中メール 返信

喪中はがきが10月・11月・12月の届きますが、届いたときの返事をするときにメールを使って返信をしても良いのでしょうか?年賀状での年始の挨拶は、年賀はがきを使うことが少なくなり、メールやLINE、SNSなどで挨拶することが多くなりました。 喪中はがきが届いたときに、喪中見舞いや寒中見舞いを出すよりも、メールやLINE、SNSを使って、お悔やみを伝えるときのマナーについてまとめました。 それを前提として、メールやLINE、SNSなどのツールを使って返信するときは、相手によって対応を変えるようにします。 先輩や上司、年配者から届いた喪中はがきの返事は、喪中はがきを使って返信を行ない、親しい友人・友達またはあまり交友関係の少ない後輩のときには、メールやLINE、SNSなどを使ってお悔やみを伝えても違和感はありません。 メールなどは手軽に伝えられるので、喪中はがきが到着してすぐお悔やみの言葉を伝えたいときは便利です。 手の空いたときに見られるメールは、電話連絡より相手に迷惑を掛けることが少ないですし、時間を取らせることもありませんが、メールを送ったあとに喪中見舞いや寒中見舞いのはがきを改めて送るのがマナーにかなっていると言えます。 喪中はがきが送られてきた相手によって返信方法を使い分けよう! ・先輩や上司、年配者から届いた喪中はがきの返信は、喪中見舞いや寒中見舞いとしてハガキで返信する。 ・親しい友人・友達またはあまり交友関係の少ない後輩から届いた喪中はがきの返信は、メールやLINE、SNSなどでお悔やみを返信する。 ・メールやLINE、SNSなどで喪中の知らせが来たときは、メールやLINE、SNSなどで返信する。 親しい友人・友達またはあまり交友関係の少ない後輩だからと言って、必ずしもメールやLINE、SNSなどで返信をするということではありません。 基本的なマナーは、喪中見舞いや寒中見舞いとしてハガキで返信するのがマナーですが、取り急ぎ、メールやLINE、SNSなどでお悔やみを伝えることはマナー違反ではありません。 今後は、メールやLINE、SNSなどでやり取りすることが常識になってくるかも知れません。 それなのでわかりやすく簡潔に伝えることが必要になります。 伝えたいことがたくさんあって長文になると読み手が大変です。 募る想いもたくさんあると思いますが、会ってから話すようにするか、改めて落ち着いた頃に返信するようにしましょう。 メールで送るときの件名は、一目見てお悔やみメールだと分かるようなタイトルにします。 件名は「お悔やみ申し上げます(山田太郎)」といったように、自分の名前を入れて誰から来たのか、どんな内容のメールなのか分かりやすくします。 メール内容は、友人に送信するときや会社の先輩・上司、ビジネスでのお付き合いがある取引先・得意先、親戚関係への返事の内容は違ってきます。 職場の上司に送信するときに、砕けた文面は不適切です。 砕けた言い方をするのであれば、友人・友達関係にし、「略儀ながらメールでのご挨拶失礼いたします」と固い言葉は職場関係に使うようにしたりします。 送る相手との距離感によって使い分けが必要ですので、それぞれの例文を紹介しますので、ご参考ください。 友達・友人に送るときのメール例文 友達・友人に返事をするときのメールは砕けた言い回しでも大丈夫で、自分の気持ちを正直に伝えるようにします。 あまり固い文面にするとビジネスみたいに思われてしまいます。 固すぎなお悔やみの長文メールが送られてきても、言い回しが難しかったり、何言っているのか分からないといったことになり兼ねませんし、どこからかコピペしたのを使っているのではと思われるかも知れません。 簡単にお悔やみと挨拶、相手を気遣う言葉を入れれば十分です。 詳しい話は落ち着いたときに会って話せばよいことなので簡潔にまとめましょう。 喪中はがきのメール例文 件名: お悔やみ申し上げます(山田太郎) 本文: ご連絡ありがとうございます。 お父様がご逝去されたとのことで、とても寂しい日々を送っていることと思います。 心よりお父さんへのお悔やみを申し上げます。 お父さんが大好きだったあなたのことですから、無理をしていないか心配です。 落ち着いたらまたお会いしましょう。 忙しい時でしょうから返信は不要です。 職場の上司・先輩に送るときのメール例文 喪中はがきは身内に不幸がありお祝いする気になれませんので年始のご挨拶を控えさせていただきますという意味があります。 ごく個人的なことなのでビジネス上の付き合いだけですとあえて喪中はがきを送らないで、いつも通り年賀状で挨拶することが多いですが、ビジネス上の相手でも喪中はがきが送られてきたときに、メールでお悔やみを伝えるときの文例を紹介します。 喪中はがきのメール例文 【例文1】 件名: お悔やみ申し上げます(山田太郎) 本文: 佐藤課長 丁寧なご連絡をいただきありがとうございます。 このたびは、ご尊父様に不幸があったと伺いご連絡いたしました。 ご尊父様のご冥福をお祈り申し上げます。 本来でしたら弔問に伺うべきところですが、略儀ながらメールで失礼いたします。 【例文2】 件名: お悔やみ申し上げます(山田太郎) 本文: 佐藤課長 ご連絡ありがとうございました。 喪中とのことで新年のご挨拶を控えさせていただいたこと、大変失礼いたしました。 遅ればせながら岳父様のご冥福をお祈り申し上げます。 寒い季節ですのでお身体を大切にお過ごしくださいませ。 注意!もし、喪中はがきで故人の名前が記載されていないときは言及しないようにします。 なにか事情があるかもしれませんので、相手から言ってくるまでは聞かないのがマナーです。 親戚に送るときのメール例文 近くに住んでいる親戚なら、簡単なメールの内容で構いませんし、葬儀に参加できなかったときの例文を紹介します。 喪中はがきのメール例文 【近くの親戚への文面】 件名: お悔やみ申し上げます(山田太郎) 本文: ご連絡ありがとうございます。 心よりお悔やみ申し上げます。 何かお手伝いできることがあれば何なりとお申し付けください。 【葬儀に参加できなかったときの文面】 件名: お悔やみ申し上げます(山田太郎) 本文: 思いがけない訃報に驚いております。 葬儀に駆け付けることができずに大変申し訳ありません。 体を壊されないようご自愛ください。 ご冥福を心よりお祈りしております。 ご冥福をお祈りする言葉と喪中はがきが来たお礼を述べ、相手の気持ちに寄り添った一言を添えると良いです。 「家族が欠け、大変寂しいときを過ごしていることと存じます。 出来ることがあれば遠慮なく言いつけてくださいませ。 」などと、文例を組み合わせたり、相手に合うように変えて利用してください。 はがきと違って、すぐ返事をできるツールなので、喪中はがきが来てすぐお悔やみを申し上げたいときに利用するのが良いです。 時間が開くときは、葉書で寒中見舞いや喪中見舞い、年始状を出すほうが印象がいいです。 手紙と一緒に線香や香典などをお供えしてくださいと送る人も増えています。 はがきを送るのは面倒と思われる人もいるかもしれませんが、喪中見舞いや寒中見舞いのテンプレート、文例が無料でダウンロードできますので、自分で簡単に作成することが出来ます。 郵便局でも取り扱っていますし、切手やはがきも弔事用が販売されています。 弔事と引越しや結婚、出産報告などの慶事を一緒に記載するのは良くないとされていますので、弔事は喪中見舞いを出し、慶事の報告は寒中見舞いにするのがいいです。

次の

喪中に年賀状が来たらどうする?メールで返信はアリ?文例ってある?

喪中メール 返信

喪中メールが友達から届いたらどうすればいい? まずは「喪中ハガキ」が届いた場合を参考にして考えてみましょう。 喪中ハガキの場合 喪中ハガキが届いた場合、基本的に返事を出す必要はありません。 なぜなら、喪中ハガキというのは「喪中を知らせるため」のもので、送り主も返事を期待していないからです。 しかし、送り主と親しい場合には、返事をしたいという方もいるかもしれません。 その場合は、年が明けてから「寒中見舞い」としてハガキを出します。 もしくは、「電話でお悔やみの言葉を伝える」という方法があります。 喪中メールの場合 喪中メールを出す人が増えてきたとはいえ、まだまだフォーマルな手段ではありません。 おそらく、職場関係の方に喪中ハガキではなく喪中メールを出すという人は少ないと思います。 喪中メールは、親しい人にのみ送られるもの。 あなたに喪中メールが届いたということは、きっとあなたにとっても大切な友人のはずです。 そんな友人の不幸ですから、一言お悔やみの言葉を返信すると、友人は喜んでくれると思いますよ。 喪中メールをくれた友達に返信するのは失礼なの?失敗しないためには 喪中ハガキは年明けに寒中見舞いを出すのがマナー。 喪中メールにすぐに返信するのは失礼? と考える人もいるかもしれませんね。 私の経験からいうと・・・できれば返事はすぐに欲しい! 私が喪中メールを送った時、友人からの返信がなかったことがありました。 その時はすっごく不安になりました・・・。 「もしかして届いてない!?」って。 「アドレス間違えたのかな・・・? 明日返信なかったら、もう一度送ってみよう!」 と思っていた矢先、友人から返信がありました(笑) その友達いわく、普段LINEしか使わないので、メールをチェックしていなかったそうです。 こんなふうに、返信がないことで相手が不安になる可能性があるので、喪中メールへの返信はできるだけ早めにした方が良いですね。 【例文1】 大変な時に、連絡ありがとう。 謹んでお悔やみ申し上げます。 手伝えることがあったら、何でも言ってね。 来年が、〇〇にとって良い年になりますように。 【例文2】 メールでの連絡、ありがとう。 大変な一年だったんだね。 謹んでお悔やみ申し上げます。 落ち着いたらまた一緒にご飯でも行こうね。 よいお年をお迎えください。 友人の喪中メールがフォーマルな文章ならフォーマルで、くだけた文章ならくだけた文章で返信すると良いですね。 まとめ 今回は、喪中メールが友達から届いた場合の返信マナーについてご紹介しました。 喪中メールへの返信はできるだけ早くする• NGワードを使わない• 「メールのお礼」「お悔やみの言葉」「慰めや励まし」を入れる 私が祖父が亡くなった時にどんな喪中メールを送ったかというと・・・ 絵文字も記号も使いまくりの普通のメールのような文章でした(笑) 改まったフォーマルな感じの文章を送っても、気を遣わせるだけかなぁ・・・なんて思ったので(マジメに) なので、喪中メールの返信は基本的には、相手の文体に合わせるといいと思います。

次の

喪中の時はLINEでどう返事する?ひとことやスタンプについて

喪中メール 返信

この記事の目次• 喪中はがきの返事マナー!喪中はがきに返信するべき? 喪中はがきとは、故人の訃報を知らせるのとともに、「故人を偲んで悲しい気持ちの今は、お祝い事や新年をめでたく祝う気分になれないので年賀状は控えさせてもらいます」ということを伝えるためのものです。 多くの人は返事 返信 をすることはありませんし、返事を出さないからと言って失礼には当たりません。 私もほとんど返事を返すことはありません。 ですが、自分が面識のある人の場合は一言お悔やみの言葉を伝えたいのでメールや寒中見舞いで返信することがあります。 喪中はがきの返事をメールで行う場合のマナーと文例 本来、親しい人には手紙やはがきに自分で書いた文字で気持ちを伝えたいところですが、寒中見舞いのはがきを出すまで期間がある場合やすぐに気持ちを伝えたい時はメールを利用するのがいいですね。 私も昨年、親しい人の父親が他界しました。 ちょうど夏頃に喪中はがきが届き、訃報にショックを受けながらも早くお悔やみの言葉や励ましの言葉を掛けたく思いすぐメールを送りその後に直接電話で話し、メールでのお悔やみになってしまったことを詫びてから早く伝えたかったことを話しました。 喪中はがきの返事をメールでする場合の文例 この度はご丁寧なご挨拶を頂き恐れ入ります。 寒さが身に染みる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか? まだまだ、ご家族の方も心中深い思いのこととお察しいたします。 体調にはくれぐれも気をつけご自愛いただき、心穏やかに過ごせますことをお祈り申し上げます。 「あけましておめでとう」「本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます」などの言葉はお祝いや新年の言葉なので避けましょう。 また、「去る」「死ぬ」「再び」「重ね重ね」「しばしば」などの忌みの言葉も使わないようにします。 まとめ 喪中はがきの返信文には他にもたくさんあります! 相手のことを思いその人にあった文を選びましょう。 お悔やみの気持ちを持って言葉を選ぶと相手にもちゃんと伝わりますよ。

次の