北村 大臣。 北村内閣府特命担当大臣(地方創生、規制改革)、まち・ひと・しごと創生担当

官僚用意の答弁を棒読みし続けの北村大臣

北村 大臣

2020年2月7日、衆院予算委員会は途中で散会となった。 なぜかと言うと、内閣地方創生担当大臣の北村誠吾氏の答弁ひどく、議論が続行不可能と判断されたからだ。 北村大臣については、すでに1月31日の山添議員の質疑の時に、やらかしているので、早晩こういう日が来るとは思ったが、想像より早かった、そして酷かった。 その時の情景は下の記事の後半部にある。 黒岩議員の質疑、冒頭はコロナウィルスの対応について加藤厚生労働大臣に約4分、次は海上自衛隊の幹部が風俗店を経営していた不祥事について、河野防衛大臣に4分ほど質疑、そのあと、内閣府に対して「桜を見る会」の招待者名簿の保存期間のあり方について追及を始めた。 まずは、スガ官房長官とやり取り、その後、大塚官房長とやり取りしているわけだが、その後ろの大臣席で、文書担当大臣がうつらうつらしているのが目に入った。 首がガクンとなり、慌てて身を整えた。 まさか・・・寝ていた?? 北村大臣の答弁の番が回ってきて、おそらく昨日練習しているのだろう、ペーパーを持って勇ましく出来たのだが、正しく答弁できない。 文書管理法の、とある特定の法の何条何項に基づいて・・と答えなければならないところ、彼にはそれが出来ない。 「条」を言い忘れたり、違う「項」を指して見たり、議論の入り口の予定調和の部分で議事の進行は激しく妨げられた。 酷いのは、カンペを渡されても正しく答弁できない大臣が、官僚のお助けに異常な時間がかかったり、答弁の台上を見つめたまま黙り込んでしまうシーンもあったのだが、これを以って「休憩はしません、議論を続行します。 」と、野党理事の提案をはねつけた棚橋委員長も相当ひどい。 あれでは、議論どころか、「会話」にすらならない。 想像を超えているので映像を見ないと実感できないと思うので、国会中継の動画のリンクを置いておく。 () 棚橋委員長の「議会続行」のあまりのひどい判断に、野党議員は次々と議場を去りはじめ、理事たちとの話し合いで、結局散会となった。 このあと、馬淵澄夫氏 穀田恵二氏、串田 誠一氏の質疑も控えていたが、週明けに繰り越された。 私には、あの状況で「議論を続けろ」と判断した、棚橋委員長は、正気の沙汰ではないと思った。 和泉補佐官と大坪寛子次官の公私混同出張問題に関して 時間は少し戻って、同日少し前の質疑に早稲田夕季(立憲)氏が質疑に立った。 出席を要求した和泉補佐官が、なぜ来られないのか、委員長に質問する。 棚橋委員長「理事会で協議が整いませんでした。 」 証人隠しか、現政権は本当にこういうのが多い。 和泉補佐官と言えば、ホットなテーマはあれだ。 2019年の暮れに発売された週刊文春に抜かれた、和泉補佐官と厚労省次長の大坪寛子氏の「京都観光」の件である。 その出張とは、京都大学のノーベル賞受賞学者の率いるiPS細胞研究の予算を打ち切るという宣告をしに行った時のことだ。 これに関しては1月29日に杉尾秀哉議員が詳しく質疑しているので、以下の記事を参照されたい。 そして、2月に入ると今度は、和泉補佐官のインド出張に大坪次長が同伴し、宿泊はホテルのスイート・コネクティングルームに部屋を取ったこと。 この部屋は、隔てられた壁にドアがついており、廊下に出ずとも行き来できる仕組みになっている。 苦笑するしかない。 文春砲の第2弾として報じられたこのニュースには驚いたが、その翌日に、豪華客船のコロナウィルス集団感染に関して、この大坪寛子氏が厚労省会見でスポークスマンとなり、テレビで平然と役人としての公式発言をしていたのには、2度驚いた。 この事実を大坪次官本人に確かめる早稲田議員。 平然と答弁する大坪次官。 この人の心臓には剛毛が生えているのだろうか。 早稲田議員「それでは医師としていらっしゃったんでしょうか?復命書にはそういう旨が記載されているのでしょうか?これも、復命書をお出しするようにお願いしておりますけれども、出てまいりません。 なぜ出てこないのでしょうか?公務の出張ですよね。 当然ながら、誰でも復命書は書きます。 出張の時にはね。 でも、書かれていないんです。 これだけでもおかしい。 どうでしょうか?」 大坪次官「公務として参っております。 その際、補佐官には医師の同伴はありません。 復命書につきましては、内閣官房におきましては復命書の作成というのは慣例上しておりませんでした。 」 「ええっ」という早稲田議員の声をマイクが拾った。 内閣府、またしても「文書がない」問題か? ちなみに、「復命書」とは、出張等を命じられた際に、その過程、内容、結果などを報告する書類。 一般企業では「報告書」と言われるが、主に公務員では「復命書」というそうだ。 早稲田議員「インド出張の件、ヘルスケアの会合にも出ているが、高速鉄道における会議にも出ていらっしゃるんですが、これ、辞令は出ているのでしょうか?なぜ、医療戦略室の方が、高速鉄道の会合に出る必要があるのでしょうか?それから、4回の出張はすべてコネクティングルームでしょうか?」 大坪次官「(会合についていろいろ説明、部屋について、外務省の采配なので、私はそれに従っただけと主張)」 早稲田議員「コネクティングルームでしたか?と聞いているんです。 いま、外務省がすべて取っていると・・そうなのかもしれないけれど、では外務省に聞きます、コネクティングルームで、医師だから、補佐官が健康上の不安があるから、だからコネクティングで取ってくれと、そういう依頼がありましたか?他にもこういう事例はままあるものなのでしょうか?」 外務省大臣官房参事官田村氏「2018年9月和泉補佐官のインド出張につきましては、 内閣官房の便宜供与依頼に基づき、便宜供与を行っております。 ご指摘の部屋わりにつきましては、当時の担当者に確認したところ、補佐官室からの指示に基づいて、部屋割りが行われております。 早稲田議員「そうするとコネクティングは、補佐官の指示だったんですね。 便宜供与をどうぞご提出ください(委員長に)。 それから、和泉補佐官の出席を再度御取り計らいをお願いします。 」 この場合の「便宜供与」とは、「公務で海外に渡航する者に対して行う送迎、宿舎の手配等の支援を指す。 」 早稲田議員「このように税金の目的外使用、それから前の報道にあるような公私混同も極まりない、山中先生のところで1時間面談をして、その後、3時間はお二人で旅行をされていた・・かもしれない。 そうしたことを公私混同と言わず、なにを公私混同というのか。 官房長官、和泉補佐官の任命、大坪次長の任命、非常に疑念を持たれる、そういう事態ですけれども、適切だと思いますか?私は不適切だと思います。 」 スガ官房長官「和泉補佐官は、必要な手続きを取って出張している。 早稲田議員「それなら官房長官、出張の手続きが適正だったというのなら、それなら出張手続き、復命書、便宜供与、すべて出していただくよう、官房長官からご指示ください。 疑念を晴らすために。 」 早稲田議員、なかなかカッコイイ。 こんなにクールな議員だとは知らなかった。 今後はもっと注目してみよう。 それにしても、税金の目的外使用、財政法違反の疑い、それを晴らすために文書を出せ。 まるで「桜を見る会」そっくりだ。 安倍政権は、本当に同様の問題をたくさん抱えている。

次の

北村誠吾大臣、共産・大門実紀史議員との質疑応答中に爆睡😪

北村 大臣

「アベノマスク」はサイズが小さいだけでなく、洗った後に乾きにくい? 安倍晋三首相が「全世帯への2枚配布」を打ち出した布マスクをめぐり、20日の国会で、北村誠吾地方創生相が新たな「弱点」を明かすような答弁をする一幕があった。 この日の衆院内閣委員会で、立憲民主党の早稲田夕季氏が店頭にマスクが並び始めたことを踏まえ、布マスク配布について「税金の無駄遣いだ。 医療関係者のマスクや防護服はまだまだ足りない」とただした。 過去に不安定な答弁を重ね、官僚がつくったメモの棒読みが目立った北村氏だが、今回は「恐れ入ります。 実は……」と、自らの言葉で体験談を切り出した。 配布された布マスクを19日に着けていたが「汚れが目立った」ため2枚とも夕方に洗った、と説明。 そして、「絞り方が甘かったんで、乾かなくて、今朝、着けてこようと思ったら、まだ湿っていて。 あんまりでしたので、着けてきませんでした」と話した。 思わぬ答弁に委員室に笑いが起きたが、北村氏は「せっかく頂いたみんなのマスクということで、あれを使うことを心掛けておるところでございます。 大事にしたいと思っております」と締めくくった。 早稲田氏は「湿っているから使えなかったと。 なかなか使い勝手が悪いんですね。 すぐ乾くものもありますので」と指摘しながら、「本当に二重三重の税金の無駄遣いですから。 優先順位を考えて」と改めて求めた。 全世帯配布の布マスクは首相自身も着けているが、「小さい」との指摘があるほか、一部は汚れなどの不良品が見つかっている。 国会や政党など政治の現場での様子を「政治ひとコマ」としてお届けします。 (斉藤太郎).

次の

北村大臣また答弁迷走連発「この大臣で大丈夫か」

北村 大臣

北村誠吾大臣がズラになったのはいつから?ハゲた原因は? 北村誠吾大臣(きたむらせいご)さんは1947年1月29日、長崎県北松浦郡小値賀町で誕生しておりまして、将来ハゲてズラになることなど考えられなかったでしょうね。 北村誠吾大臣さんが ハゲが目立ち始めたのは2010頃からだと推測します。 テレビで流れた画像と昔のプロフィール画像でほぼ一致してますので、このその頃からハゲが目立ち始めています。 これが2010年の頃の毛が薄くなってきた頃の画像ですがまだズラをかぶってはいません。 それから今日のズラになっています。 これなんか、大変失礼ですがズラが浮いちゃってませんか?と。 ハゲた原因は、恐らく若い頃の激務にあると思います。 1970年3月、早稲田大学政治経済学部経済学科を卒業して自民党に入党して、内閣府特命担当大臣になるまで数々の経歴をお持ちなので相当ハードな人生だったと思われます。 結果ハゲちゃってズラです。 北村誠吾大臣がズラ宣言!ズラは日焼け対策w 北村誠吾大臣さんが ズラ(かつら)かぶっていることを公言したのは去年のこと。 すでに自他共に認めるズラの真実であります。 ズラだ!ズラだ!と騒がれるよりカミングアウトしたほうが精神的には楽ですからね。 といっても見え見えのズラ感でしたから、そういそう騒がれることも無かったのかな。 見るからにズラなのは分かりますが微笑んでいる顔が少し不気味です。 よく ズラは被り物などとも言われておりまして、北村誠吾大臣さんのズラの認識は、 「頭が日焼けしないための帽子だ。 偉い人の前では外す!」と申しておりますので、帽子感覚で、ズラを楽しんでいるご様子です。 ズラを帽子替わりにするなんてイキですが、それなら帽子で良いのではと突っ込みたくなります。 そのほうが髪の毛に対して優しいのになぁっと思ったりもします。 それに日焼けするほど外仕事ってするんですか?と。 私のズラ友が、夏場は汗で大変だから人と合わないときはズラ帽子じゃなくて正規の帽子をかぶったほうが楽だといってましたよw ズラ(かつら)のお値段も気になりますが、さすがにそこまでは調べても出てきませんね。 洗い替えもあるでしょうし最近100万円もする補聴器をお買いになったそうですから、ズラの値段も高いのでは… 北村誠吾大臣はズラ!かつらを取った画像が大爆笑!脱ぐのはいつだ? 北村誠吾大臣さんは、ズラは帽子でかぶものだと言っておりますが、脱ぐタイミングがちょっと気になりました。 ご本人いわく、 「ズラはちゃんとお風呂に入るときは外す!」と言っております。 こんなことは、わざわざ言わずともわかりきっていることではないかと思わせるところが北村誠吾大臣さんらしいのですw ズラが帽子というならばゴルフ場に行った時もランチの時は外すのでしょうか…謎です。 夜のお忍びの時も外すんですか?と 記者に突っ込まれてましたよ。 こちらがズラを取った時の画像です。 大体想像はついてましたが…ウケます。 こんなふうにも言っておられます。 「頭が日焼けしないための帽子だ。 偉い人の前ではズラを外す」と。 thank you for reading.

次の