離婚してもいいですか 1話。 離婚話を子どもにどう伝えたか…伝え方を後悔する率は「はぐらかした」ケースが最も高く 経験者100人調査(まいどなニュース)

『離婚してもいいですか?』1~5話・ネタバレ・あらすじ・感想|夫よ、離婚されたくないならこれを読め!

離婚してもいいですか 1話

離婚決定か------!? 几帳面で細かく、口やかましい旦那・光生。 ずぼらで、大雑把、家事能力ゼロな妻・結夏。 どっちもどっちだけど、視聴者的にはどっちの気持ちに共感できるか?で見方も、感想も大きく違っていた1話。 男性女性で感想の違いも面白かったなぁ。 ま、総じて光生は喋りすぎって話(わはは) そのくせ見栄っ張りだから、結夏が言い出した離婚話も、自分から言ってやったみたいな風を装ってるし(><) これもまた男子のプライドってやつなんだろうなぁ。 自分が捨てられるが許されないというか。 で、結夏が実家へ帰ったのは、お父さんの具合が悪いからなぁんて嘘までついて・・・。 どんだけ(><) でも、灯里といい感じに再会できたと思ったら、実は彼女も結婚していたという事実が発覚!! しかも相手はなんだか頼りないというか、光生と話が噛み合わない、かなりマイペースな男の諒。 一応新婚なんだそう。 でも、別の女性と一緒にいるのを目撃してしまった光生としては灯里の事もあり、色々複雑な心境のようで・・・。 で、何故か一緒に飲みに行くことになってしまう光生と諒。 しかも祖母・亜以子の店(><) でも、女性には優しい諒の態度に、すっかり亜以子も心を許してしまう。 女好きするタイプの男性だよなぁ。 するっとエスコートされたり、寒空の下で待ってたり、普段はダメ男で、女に自分がいなきゃとか思わせてしまう人。 噛み合わない会話とか、不誠実な態度に光生はますますイライラしそう(^^;) どうやら諒と灯里は大学で知り合ったよう。 そこへやってきた灯里は、今度は家族ぐるみで付き合いたいと、結夏を紹介して欲しいと告げるのだった・・・。 で、結局このまま騙し騙しも無理という事で、亜以子の誕生日もあるという事で、結夏の実家へ迎えに行く事になってしまう光生。 親戚一同に大歓迎を受けるも・・・やっぱり結夏はつれない態度。 一応まだ父の尿道結石で石が取れるまでは離婚の話はしないでいるらしいけど・・・母は既にお見通しだったよう(^^;) 迎えに来てくれたのだからとなだめられるも・・・話はそう簡単に行くものではなく・・・。 その夜、したたかに酔いながらも、光生は父に娘を返せといわれた事を思い出していた。 そして今、返すことになったのだが・・・。 結夏も簡単に決めたことではないのだ。 「あなたは変わらないと思う。 変わってほしいとも思わないし」 それが結夏の出した答え。 でも、亜以子の誕生日会には参加したいと言う。 その方が祖母も喜ぶだろうし、折角の祝いに水を差したくない。 父の石が取れるまで・・・その間に亜以子にも話をするという事で期限を区切る2人。 で、無事亜以子の誕生日も祝うことが出来、その日は結夏は光生の家に泊まる事になるのだが・・・。 お客さん感って。 ま、気持ちは分かるけど、離婚=距離感って、確かに難しいねぇ。 でも、すぐさま合コンに行く話を携帯でしてたりとか、なかなか結夏も積極的。 で、アレだけ小言をず~~~~~~~っと聞かされていたはずの歯医者の菜那が、今度は光生にアタック!? いやいや、それどうよ(><) ありえんわ。 絶対小うるさい客だって思うよ、あれだけ妻の愚痴きかされちゃぁ。 ま、逆に好きだからそういう愚痴も聞けたって話か? いずれにせよ、これはちょっと引いた。 さて、帰り道、またも諒が別の女性と会ってる場面に遭遇してしまった光生。 自分はひとりぼっちでこんな状況なのに・・・。 色々複雑な心境の光生は思わず呟いてしまう。 「辛い」 そこで道夫は居ても立ってもいられず、思わず灯里の家を訪ねてしまうのだった・・・。 やはり帰っていない諒。 そこで鍋を囲みながら昔話をする光生。 思い出の中、灯里と一緒に暮らしたあの時が、光生の中で一番幸せだったときだったと・・・。 灯里は諒との出会いの話を聞かせる。 元は同僚の恋人だった諒。 ご飯屋を紹介してくれる時に、広告の裏に走り書きしてくれた地図。 それだけで既に意識してしまったというのだ。 「ああ。 違うな 恋って。 恋はするもんじゃなくて落ちるもんなんだなって。 今まで性格的に冷静っていうか、さばさばしてる方だと思ってた、自分のすごくずるいとことか、身勝手なエゴとか、そういう嫌な自分たくさん知りました。 でも そんなことどうでもいいぐらい、幸せだった」 そうしあわせそうに語る灯里。 思わず光生は今諒がどこで何をしているか知っているのかと問うてしまう。 「主人、悪気はないから」 全てを分かっていてそういう灯里。 無意識だからという灯里に、思わず自分が力になりたいと言い出す光生。 「灯里に前みたいに戻ってほしいなって。 あのころは何か、もっと生き生きしてたっていうか。 2人で暮らしてたあのいい思い出の。 あのころの感じに・・・」 必死に言い募る光生を遮るように、彼の目の前で手を叩く灯里。 「10年たっても何にも分かってないんですね。 私、濱崎さんとの間にいい思い出なんか一つもありませんよ。 あなたと別れるとき思ってました。 死ねばいいのにって。 こんな男、死ねばいいのにって思ってました。 そんな勝手にいい思い出にされても・・・。 私は諒さんが好きなんです。 何があっても別れる気はないんです」 うわ、キッツ(><) 一緒に暮らすまでして、一体どんな別れ方したんだか。 ま、逆に一緒に暮らしたからこそ見えてくるものがあるって話なんだろうなぁ。 いやぁ、なかなかにして強烈キャラだったなぁ、灯里。 本人目の前にして「死ねばいい」とかって・・・こりゃ光生にはかなりのダメージでしょ(><) 灯里にとっては、不安でも退屈な男と一緒にいるよりいいって事のよう。 結局最後には「妻」という立場がすべてを帳消しにしてくれる。 どれだけ遊んでいても、戻ってくるのは自分の元。 最終的に「妻」は旦那の葬式の喪主になれればいいんじゃないかなって、そんな風に考えてたんだ。 すごいなぁ。 これはちょっ飛躍しすぎて理解できない感情ですが、でも、結局これが妻って事なんだろうなぁ。 どうしようもない男だけど、だからこそこの立場が切り札になるんだろうし。 他の女に対して優越感みたいなのもあるんだろう。 で、結局甘い期待をしていたのは光生だけって事で。 すっかりダメ男な諒に奪われてしまった男としてのプライド。 結局羨ましいって話かい(><) いやぁ、それにしてもEDがすっごい毎回変わるってのが面白い。 完全に主役は諒!! 美女ふたりを両手に花状態で、光生は立場ナシ。 でも、もしやBL展開もあり!?(わはは) いやぁ、このEDだけでも毎回見る価値ありそうだ(^^) 相変わらず屁理屈の塊のような光生を鬱陶しいと思うし、諒の気持ちが理解できない部分もあるし・・・。 なかなか難しいものです。 結局惚れた方が負けって話か。 ここからどう展開していくんだか。 光生に救済がない感じがしてならないです(><) 女性強し。 goo.

次の

妻が怖くてどう接していいかわかりません。

離婚してもいいですか 1話

ドラマ「知らなくていいコト」最終回の感想、ネタバレ、考察を含む内容をご紹介します。 登場人物の関係がわかる相関図をまとめていますので、整理してみたいという方はこちらをチェックしてみてください。 それではドラマ「知らなくていいコト」最終回の感想、ネタバレや考察、感想を紹介していきます。 PR 目次• ドラマ 知らなくていいコト 最終回 インスタ 知らなくていいコト公式インスタより。 ドラマ 知らなくていいコト【第10話最終回】あらすじネタバレ 30年前、乃十阿(小林薫)は当時3歳だった息子をかばっているのではないか? その可能性を知ったケイト(吉高由里子)は、乃十阿の息子を追ってドイツへ向かう。 ドイツで乃十阿の息子・聡と会ったケイトだが、そこに居合わせた聡の妻と子どもを見て何も聞くことができずに帰国する。 ドイツから戻ったケイトは、岩谷(佐々木蔵之介)から、手記の中で事件の真相を暴くように促される。 乃十阿が貫いてきた秘密を暴いてしまうことにどうしても踏み切れないケイトに対し、岩谷は編集部で調査してでも記事を書くと言い出す。 編集部の総力を結集して事件の裏取りが行われ、弁護士の仮説を裏付けるような証拠が次々と見つかる。 そして、事件の発端となったキャンプは、乃十阿の妻が、乃十阿の浮気を知り、夫婦関係を修復するために企画したものだったということも判明する。 自分の存在があの事件を引き起こしてしまったことを知り動揺するケイト。 記事を書くか迷うケイトだったが、尾高の言葉に後押しされて記事を書くことを決意する。 一方、尾高は、妻との離婚を決意し、ケイトに改めて結婚を申し込む。 しかし、子どもへの愛情を捨ててしまう尾高を好きにはなれないと断ってしまう。 その夜、尾高が家に帰ると、離婚届とともに息子の壮太が一人で置き去りにされて泣いていた。 そんな中、行方をくらましていた野中(重岡大毅)が編集部にやってきて退職届を提出する。 その場で、自分がケイトを週刊誌に売ったことを謝罪するが、殺人犯の娘ではなかったことを知らされ、自分は何のためにケイトと別れたのかと発狂しながら編集部を追い出される。 ケイトが書き上げた記事は、出版の直前になって社長の反対があり、結局、出版されることはなくなってしまう。 ケイトは、自分が書いた記事を乃十阿に見せ、その場で読んでもらう。 返事はもらえなかったが、ケイトの「乃十阿は娘を殺人犯の娘にしたくなかったと思う。 世の中には知らなくていいコトがある」という思いを伝えることができた。 そして3年後、野中は「闇落ちする亀」で30万部のベストセラー小説家となっていた。 ケイトは今も編集者として働き、尾高は子どもとともに暮らしているのだった。 PR ドラマ 知らなくていいコト【第10話最終回】動画 第10話最終回の予告動画です。 ドラマ 知らなくていいコト 第10話 最終回 感想ネタバレ考察 最終回の放送をうけて、感想ネタバレ考察をします。 広告 ケイトと尾高が別れてしまうことは想像できましたが、別れ方がかなりエグイ別れ方で想像の斜め上でしたね。 まさか、尾高の嫁が、子どもを置き去りにして家を出て行ってしまうとは思いませんでした。 最終回には出演がありませんでしたが、原史奈さん演じる尾高嫁は、良い人そうだったので、不倫されて可哀そうだなと思っていたんですが、彼女もまあまあの鬼畜だったということですね。 今回のドラマは、離婚や不倫を肯定もせず否定もせず、ただ真実を追い求めるというだけ、ということだったのかもしれませんが、やっぱり、男女二人の関係だけではすまないのが子どもも絡む離婚でしょう。 被害者である子どもがかわいそうだというのが率直な感想で、それが家族間の問題で他人が口出しするものではない、と言われてしまうことにはどうしても違和感があります。 あの晩、あのままケイトが尾高を受け入れていて、尾高が家に帰らない日が続いていたら、もしかしたら子どもは死んでいたかもしれず、それって殺人になってしまった可能性もあったわけですし。 まあ、尾高はケイトと一緒にならず、子どもと生きていくことを選んだという結果オーライということで良しとしておくしかないでしょうね。 一方、あれだけゲスで最低な行動を続けていた野中が、最後には人生大逆転勝利で終わりましたね。 これはある意味、真実を追い求めることだけが正しいことではないということを伝えたかったということなのかなと思いました。 逆に言うと、真実や正しいことを行うことは、それだけ辛いコトであり、難しいコトであり、それだけに意義のあることなのだということを言いたかったのかもしれません。 ただ、あれだけ賞賛されていた尾高が最後にどん底に落とされ、野中が大勝利してしまうという衝撃の展開にネットはざわついていたことは言うまでもありません。 ある意味、「テセウスの船」や「シロクロパンダ」などよりも衝撃のラストだったのではないでしょうか。 ドラマ 知らなくていいコト 第10話最終回 見逃し無料動画配信 Huluで見逃し動画の配信があります。 見逃してしまったけど、これだけは見ておきたい! ということであればぜひチェックしてみてください。 広告 ドラマ 知らなくていいコト 関連情報まとめ 過去の放送回や関連情報をまとめました。 出演者情報などをご紹介します。 広告 tetsutylor.

次の

ドラマ「最高の離婚」 第2話 あらすじ感想「あなたなんて死ねばいいのに」

離婚してもいいですか 1話

弁護士相談プラットフォーム「カケコム」を運営する株式会社カケコムは、離婚経験があり、子供がいる男女100人を対象に、「離婚について子供にどう伝えたかに関するアンケート」を実施し、6月16日に調査結果を公表しました。 「離婚が決まった際、子供に離婚の話をしたか」どうかについて、「話した」と回答した人が55%、「離婚とは言わずはぐらかした」人が25%、「何も話さなかった」人が20%という結果に。 一方、離婚の伝え方について後悔をしているかを聞くと、3つの中で「離婚とは言わずはぐらかした」人が、最も後悔していることが分かったといいます。 昨今、芸能界でも不倫が話題になっていますが、新型コロナによる生活の変化などで離婚が増えているといいます。 同社は「離婚すると決めたとき、親が最も悩むことのひとつが『子供にどう伝えるか』です」ともしており、アンケートからも多くの人たちが子どもへの対応を模索している状況が伝わってきます。 「話した」「離婚とは言わずはぐらかした」人を「子供に何かしら伝えた(説明した)人」としてまとめると、そのグループは80%に及び、同社は「ほとんどの人は離婚の際に子供に何かしらを伝えていたことがうかがえます」としています。 離婚するな。 」と話し、子供は当時小学一年生だったので泣きましたが、また正直に「ママな、パパ嫌いになってん。 もう仲直りできひんねん。 」と話していたら、何故サヨナラするかはわかりやすかったみたいで、現在は中学生ですが、普通に元夫の話を今の夫に話したりしています。 包み隠さずきたので、再婚も上手くいきました。 それでお母さんがどうしてもお父さんのことが許せなくて、お父さんのことが大嫌いになってしまって、もう一緒に暮らせなくなってしまったんだ。 ごめんね。 だからもうお母さんとお父さんは家族をやめるけど、あなたのお父さんは一生お父さんだけだから、これからもずっとお父さんの子供として、お母さんの子供として生きていっていいからね。 お母さんがお父さんを嫌いでも、あなたはお父さんを嫌いになる必要はないんだよ。 こういうふうになってしまったのは、お父さんとお母さんが悪いから、あなたは何もひとつも悪くないからね。 巻き込んでしまってごめんね。 」と、向かい合ってゆっくりはっきり伝えました。 「離婚することになったの。 経済的にパパと暮らしていた方がいいと思うけどそこはあなた達にまかせます。 でもママとはいつでも会えるから」と伝えました。 【「離婚とは言わずはぐらかした」と回答した人は具体的にどう伝えたか】 「離婚とは言わずはぐらかした」と回答した人の中には、下記の「どこか違う場所で暮らすことになると伝えた」パターンと「仕事が忙しいから会えないと伝えた」パターンが多くを占めていました。 」と伝えました。 パパの記憶がない子どもは、そのことを気にする様子はありませんし、寂しいということもありません。 ・「話した」ことを後悔している人は5. ・「離婚とは言わずはぐらかした」ことを後悔している人は40%、後悔していない人は60%と、後悔していない人がやや多い結果。 ・「何も話さなかった」ことを後悔している人は10%、後悔していない人は90%で、ほとんどの人が後悔していない結果。 娘のことは二人とも愛している、と伝えたがそれならどうしてお別れしないといけないの?やっぱり私が悪いの?と泣かれてしまった。 子供も馬鹿じゃないので、はぐらかされて不信感を持たれるより正直に話そうと思いました。 後悔はしていません。 その後、年齢を重ねるに従って、徐々に話をするようにしました。 息子が18歳になって、離婚に至る詳細を話しました。 ある意味で息子の父親の悪口となってしまうため、その年齢になって、自分の気持ちを含めて伝えたことは後悔していません。 結果は下記のとおりです。 急に離婚する話になった訳ではないため。 ショックを減らす話し方も出来たと思います。 その点は少し反省しています。 あなた達はどう思う?ときけばよかったと思いました。 ・子供が小さい場合は離婚の話をせず、ある程度大人になってから話すという手段を取るのが、子供にとっても親にとっても負担が少ないかもしれない。 ・離婚することを話すことにしたとしても、「あなた達は何も悪くない」「離婚をしてもママとはいつでも会えるよ」「離婚しても変わらず大好きだよ」と伝えてあげると、より子供を安心させることができるかもしれない。 ・離婚について子供に伝えるときは、「離婚理由が配偶者の悪口になってしまっていないか」「子供が傷つかない言葉を選べているか」を一度冷静に考える必要がある。 同社は「『離婚の話を子供にどう伝えるか』は各家庭の親子の関係等によるところが大きいため、どんな伝え方が正しいのかは一概に言えませんが、『自分の気持ちが冷静になった状態で子供に伝えること』『子供に愛情があることをしっかり伝えること』は意識して伝えるようにしましょう」としています。 出典:カケコム「離婚の子供への伝え方3選と気をつけるべきことを解説」 まいどなニュース.

次の