ペッパーランチ レシピ フライパン。 【レシピ】ひき肉とフライパンで♬簡単ペッパーランチ風ライス♬

ペッパーランチのビーフペッパーライス風 レシピ・作り方 by 水玉模様|楽天レシピ

ペッパーランチ レシピ フライパン

このライフレシピのもくじ 【】• フードコートでよく見かけるペッパーランチは、筆者の家族も好きなお店です。 そのメニューのビーフペッパーライスを豚こま肉で再現してみました。 ポイントは、フライパンのままアツアツで出すこと。 ティファールの取っ手が取れるフライパンを使って焼いたものを出しています。 「豚こまで作るペッパーライス」の作り方を紹介します。 材料(2人分)• 豚こま切れ肉・・・300g• 片栗粉・・・大さじ2• 味塩こしょう・・・小さじ1• ごはん・・・1膳程度• 輪切りねぎ・・・適宜• コーン・・・1缶(120g)• 無塩バター・・・10g• ガーリックパウダー・・・少々• 黒こしょう・・・適宜 ここから先はスピード勝負!どんどん入れていきます。 STEP4:材料を入れていく コーン缶、無塩バター、ガーリックパウダー、輪切りねぎを入れます。 肉の赤い部分がなくなったら、黒こしょうを上から振りかけて完成です! STEP5:完成! 「豚こまで作るペッパーライス」ができました!フライパンの取っ手を取って食卓にどうぞ。 作り方のコツ・注意点 お肉に片栗粉をまぶすとジューシーになるという裏ワザを使いました。 こうすることで、お肉を食べた時に一段とおいしいお肉と感じられるようになります。 取っ手の取れるフライパンを使うことで、アツアツのまま出すことができて、とりわけて食べることができます。 自宅でもペッパーランチ気分になりますよ。 牛肉ではなく豚こま肉を使うので、節約にもなります。 黒こしょうをかけてスパイシーにして食べてみてくださいね。 image by 筆者.

次の

ペッパーランチ風ペッパーライス

ペッパーランチ レシピ フライパン

ペッパーランチの歴史について ペッパーランチは、1994年にステーキレストランのチェーン店オーナー、一瀬邦夫が賄い料理から考え出した料理です。 1985年にレストランを設立し、店舗を増やしていた一瀬氏は、コックや従業員の辞職がこわくて意見が言えないと悩んでいたときに、一人で20-30人前の料理ができる魔法の鉄板に出会いました。 妻が自宅でこの鉄板を使って作った料理がおいしかったので、それを元にコックなしでだれでも好みの焼き具合で肉が食べられる「ビーフペッパーライス」を考案しました。 当初はステーキレストランで売り出していたのが、鉄板の改良や牛肉の輸入自由化など、時代の流れとマッチして、1994年にペッパーランチの1号店が開店し、その後は日本国内だけでなく、アジアや米豪に100店舗以上を展開しています。 ペッパーランチの食べ方について ペッパーライスは260度の鉄板の真ん中にコーンとネギをトッピングしたご飯がのり、その周りを薄切り牛肉が囲んだ盛り付けでテーブルに具されます。 ご飯の中心にあるニンニク入りの特製ペーストを具材とご飯に絡めるように、周りの肉とご飯を中心へ混ぜ込んで、色むらがなくなるまでよく混ざったら完成。 好みでソースや黒コショウをさらにかけて食べます。 テーブルの上でご飯と肉を混ぜる点が、石焼きビビンパと少し似ています。 ペッパーランチの店舗で常時食べられるペッパーライスは、ビーフペッパーライスとベーコンチーズペッパーライスの2種類です。 お店で販売しているソースを使えば、家庭でも簡単に味が再現できますが、市販の焼き肉のタレや、ニンニクじょうゆなど、自分で工夫してオリジナルなペッパーライスを作ることもできます。 お肉もご飯も一度に調理できるので、洗い物が少なく、お母さんも楽ちんです。 牛肉にしょうゆ・料理酒・おろしニンニクで下味をつけ、熱したホットプレートの真ん中にご飯、周りに牛肉をのせ、ご飯の上にコーン、ネギ、バターをのせて、全体をよく混ぜ込み、塩コショウ、お好みで焼き肉のタレで味を調えて、完成です。 簡単 ホットプレートでペッパーランチ風 材料 (3. ホットプレートを熱して、肉をニンニク、塩コショウ、焼き肉のタレで炒めて、一度取り出します。 そのままご飯、バター、コーン、ニンニク、塩コショウを入れて炒め、味がなじんだら、ご飯をホットプレートの中央に寄せて、周りに肉を並べ、ネギの小口切りを散らします。 焼き肉のタレはこげやすいので、少なめに調整してください。 炊き込みご飯は、「五目ご飯」や関西では「かやくご飯」とも言われており、ご飯を炊く時に具を米と一緒に炊き込んでつくる料理。 通常はだし、塩、しょうゆなど調味料を入れて炊きあげます。 旬の食材を使ってつくることが多く、おいしいご飯だけの味だけではなく、季節も一緒に味わうことができるのが魅力ですよね。 この記事では、炊き込みご飯の基礎知識に加えて、魚の炊き込みご飯、貝の炊き込みご飯、海藻の炊き込みご飯、きのこの炊き込みご飯、山菜の炊き込みご飯、変わり種炊き込みご飯のレシピ・作り方のカテゴリに分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

ペッパーランチのビーフペッパーライス風 レシピ・作り方 by 水玉模様|楽天レシピ

ペッパーランチ レシピ フライパン

ペッパーランチの歴史について ペッパーランチは、1994年にステーキレストランのチェーン店オーナー、一瀬邦夫が賄い料理から考え出した料理です。 1985年にレストランを設立し、店舗を増やしていた一瀬氏は、コックや従業員の辞職がこわくて意見が言えないと悩んでいたときに、一人で20-30人前の料理ができる魔法の鉄板に出会いました。 妻が自宅でこの鉄板を使って作った料理がおいしかったので、それを元にコックなしでだれでも好みの焼き具合で肉が食べられる「ビーフペッパーライス」を考案しました。 当初はステーキレストランで売り出していたのが、鉄板の改良や牛肉の輸入自由化など、時代の流れとマッチして、1994年にペッパーランチの1号店が開店し、その後は日本国内だけでなく、アジアや米豪に100店舗以上を展開しています。 ペッパーランチの食べ方について ペッパーライスは260度の鉄板の真ん中にコーンとネギをトッピングしたご飯がのり、その周りを薄切り牛肉が囲んだ盛り付けでテーブルに具されます。 ご飯の中心にあるニンニク入りの特製ペーストを具材とご飯に絡めるように、周りの肉とご飯を中心へ混ぜ込んで、色むらがなくなるまでよく混ざったら完成。 好みでソースや黒コショウをさらにかけて食べます。 テーブルの上でご飯と肉を混ぜる点が、石焼きビビンパと少し似ています。 ペッパーランチの店舗で常時食べられるペッパーライスは、ビーフペッパーライスとベーコンチーズペッパーライスの2種類です。 お店で販売しているソースを使えば、家庭でも簡単に味が再現できますが、市販の焼き肉のタレや、ニンニクじょうゆなど、自分で工夫してオリジナルなペッパーライスを作ることもできます。 お肉もご飯も一度に調理できるので、洗い物が少なく、お母さんも楽ちんです。 牛肉にしょうゆ・料理酒・おろしニンニクで下味をつけ、熱したホットプレートの真ん中にご飯、周りに牛肉をのせ、ご飯の上にコーン、ネギ、バターをのせて、全体をよく混ぜ込み、塩コショウ、お好みで焼き肉のタレで味を調えて、完成です。 簡単 ホットプレートでペッパーランチ風 材料 (3. ホットプレートを熱して、肉をニンニク、塩コショウ、焼き肉のタレで炒めて、一度取り出します。 そのままご飯、バター、コーン、ニンニク、塩コショウを入れて炒め、味がなじんだら、ご飯をホットプレートの中央に寄せて、周りに肉を並べ、ネギの小口切りを散らします。 焼き肉のタレはこげやすいので、少なめに調整してください。 炊き込みご飯は、「五目ご飯」や関西では「かやくご飯」とも言われており、ご飯を炊く時に具を米と一緒に炊き込んでつくる料理。 通常はだし、塩、しょうゆなど調味料を入れて炊きあげます。 旬の食材を使ってつくることが多く、おいしいご飯だけの味だけではなく、季節も一緒に味わうことができるのが魅力ですよね。 この記事では、炊き込みご飯の基礎知識に加えて、魚の炊き込みご飯、貝の炊き込みご飯、海藻の炊き込みご飯、きのこの炊き込みご飯、山菜の炊き込みご飯、変わり種炊き込みご飯のレシピ・作り方のカテゴリに分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の