スピリタス 度数。 世界最強のお酒「スピリタス」の度数は?飲み方は?カクテルのプロが教えます

27歳の女やけど、お酒まあまあ沢山飲むから費用削減のためにスピリタス買ったんやけど、どうやって飲むのこれ��

スピリタス 度数

2011年時点でアルコール度数No. 1になったスピリタスの度数はなんと95度。 95度もあれば、タバコの火程度でも引火する危険があることが、ラベルに注意事項と書かれてある。 寒い国のポーランドでは、度数が高いスピリッツを飲み、身体を温めているといわれており、山に狩りに出かける場合には山水と混ぜて飲んでいるようだ。 日本国内では第4類危険物に該当し、ガソリンと同等の厳重な管理を必要としている。 また一番度数が高いスピリタスの種類の中で96度を超えるものもあり、穀物とジャガイモを主原料とし70回以上の蒸留を繰り返すことにより高い度数のスピリタスができあがる。 これ以上高い度数のスピリッツはでないと考えられているのだ。 これだけのアルコール度数の強い酒をどうやって飲むのか。 ポーランドの人は、そのままストレートで飲む人のほうが多く、飲んだあとには塩やレモンを舐める。 塩やレモンを舐めることにより舌を麻痺させないためだ。 ここまで度数が高いと日本ではそのまま飲む人のほうが珍しい。 よっぽど強い人でないと口の中の感覚がなくなり麻痺してしまうくらい度数が高いからだ。 では日本人はどうやって飲んでいるのだろうか。 実は先ほど紹介した【96%】とラベルに記載されたスピリタスに梅や柑橘類の果実を入れて果実酒にするのが一般的といえるだろう。 果実酒は度数が高いため果実がなかなか下に落ちず2週間くらいでできあがるそう。 スピリタスは、アルコールそのものの味でほとんど味はしないのだ。

次の

どうやって飲むの?世界最強のお酒「スピリタス」の度数や飲み方まとめ

スピリタス 度数

世界で最もアルコール度数の高い、(色々な意味で)危険なお酒として名高いスピリタス。 一度は飲んでみたいけれど、あまりにも高いと聞くと少し尻込みしてしまいますよね。 今回はそんなスピリタスの飲み方や注意事項をしっかりとご紹介していきます。 スピリタスとは? スピリタスは、「世界最強のお酒」とも呼ばれる、アルコール度数が高い蒸留酒(スピリッツ)。 nomooo内の人気記事「」でも堂々のランキング1位に輝いているなど、お酒好きには知られている存在。 飲んだことはなくとも、「名前だけは聞いたことある!」という方も多いのではないでしょうか? スピリタスは蒸留を繰り返して作られる スピリタスは、 ジャガイモやトウモロコシとしった穀物が主原料としたウォッカの1種。 ウォッカは、原料となる穀物を砕き水と一緒に煮た後に酵母を加え、糖化したものを発酵させていきます。 その後、蒸留を繰り返しすことで「グレーンスピリッツ」という状態になったものを水で割る(加水)ことで、アルコール度数を調整し、ろ過してクリアな味わいにしあげることで完成します。 スピリタスの場合は、蒸留を70回以上も繰り返すことで、アルコール度数を高く仕上げていきます。 そして、1番のポイントとなるのが加水を行わないという点。 加水を行わずに、ろ過をすることでアルコール度数が高いまま純度の高いクリアな味わいのスピリタスが生まれるというわけです。 通常のウォッカが40度ほどのアルコール度数なのに対して、 スピリタスのアルコール度数は驚異の96度!! アルコール度数がここまで高くなると、もはや飲むためのお酒とは思えないほどですよね(笑) あまりにもアルコール度数が高すぎるので、 しっかり冷やしておかないとどんどん蒸発してしまう とも言われています。 原産国はポーランド。 日本では、若い世代などが罰ゲームとしてストレートで一気に飲んでいる姿がよく見られますが、 ポーランド国内ではストレートで飲むことはまずないのだとか。 スピリタスをおいしく飲むためには? ストレートで飲んだ際の味は、 「口から火が出るような感じ」「強烈な痛み」とお世辞にもあまりいい評判とは言えないスピリタス。 オススメのフルーツはイチゴ、ゆずやオレンジなどの柑橘系。 梅の実で梅酒を作ってみても良さそうですね。 「スクリュードライバー」や「ウォッカトニック」などウォッカを使用したカクテルとの相性がとてもいいんです。 また、コーラやジュースなどお好みの飲み物で割る飲み方もおすすめ。 自宅にあるドリンクで気軽に楽しむことができますよ。 まず、こぼれないように飲み口は手で覆いながら行います。 叩きつけることで液体が混ざり合います。 また衝撃によって泡がたちますが、この泡が消えないうちに一気に飲んでしまうことが一般的。 炭酸で割っているので、ストレートよりは飲みやすくなっていますが、かなりアルコール度数は高いです。 無茶は絶対にせず、節度を守った飲酒を心がけたいものですね。 これはしちゃダメ!スピリタスを安全に飲むために守ってほしいこと スピリタスはアルコール度数の高さから、事故を引き起こす原因にもなります。 北米では販売を禁止している州もあるんだとか。 安全に飲むために絶対に守ってほしいことをまとめました。 液体に直接火を付けなくても、気化したアルコールに引火する可能性も高いので、近くに火があるだけでとっても危険。 実際に、タバコやライターからスピリタスに引火した事故や、服にスピリタスがこぼれていたことに気づかずに煙草を吸おうとしたところ洋服に燃え移って大やけどを負ったなんて事故も起きているんです。 そのため、 スピリタスを飲む際にはタバコを吸わない、火の気のあるところにグラスを置かないなど、十分に気を付けましょう。 急性アルコール中毒になる可能性があり、最悪命を落としてしまうこともあります。 ショットガンという飲み方もご紹介しましたが、自分の身体と相談しながら、無理はしないように気を付けてくださいね。 「スピリタスカプセル」は、一般的に発売しているものではありませんが、「相手を酔わせたい」「手っ取り早く酔いたい」といった時に自作で作る方がいるようです。 その危険性を理解せず飲んでしまうと、急性アルコール中毒などになってしまう可能性が高いのです。 自分で飲むのはもちろん、悪ふざけでも相手にのませたりするのも大変危険なので絶対にやめましょう。 気をつけたい!スピリタスの保存方法 スピリタスは揮発性の高いお酒です。 常温でも揮発してしまう可能性があるので、 必ず冷蔵庫か冷凍庫で保存しましょう。 ちなみに、スピリタスはアルコール度数が高すぎるので、冷凍庫で保管しても凍ってしまったり、トロトロになってしまう心配はないので安心してくださいね。 スピリタスを消毒用アルコールとして使用するのはNG コロナウィルス(COVID-19)が世界的な流行をみせ、消毒用のアルコールの需要が高まったことから、販売店では品切れ状態が続出しています。 そんな中、アルコール度数の高さ故に「スピリタスは消毒用のアルコールとして代用できる」という噂がネット上で広まり、スピリタスの販売数が大幅に伸びているという現象が発生しています。 しかしながら、基本的にスピリタスは消毒用のアルコールとしては不向きな存在です。 大前提として、飲料用に造られている商品ですのでアルコール成分以外にもわずかな糖分が入っていたりと、消毒に適していない成分が少なからず入っています。 そして何よりも、そのアルコール度数が問題です。 ウィルスに対して効果を発揮する前に、蒸発してしまう可能性が高いのです。 また、スピリタスを消毒用スプレーのような形で使用することで、高濃度のアルコールが思わぬ形で引火してしまう可能性も否定はできません。 確かに、原産国のポーランドでは、スピリタスを食器用の消毒用アルコールとして代用することがあるそうですが、これは扱いに慣れているポーランド人だからこそできること。 不慣れな日本人が、スピリタスを消毒用アルコールとして使ってしまうと、大事故に繋がりかねませんので絶対にやめましょう。 それを日本風のおつまみに当てはめると...... やはり漬物ですよね! 様々な漬物がありますが、セロリを浅く漬けたものであれば風味を邪魔せず、スピリタスを使ったカクテルや果実酒も美味しく飲めると思いますよ。 ポーランドの食卓には「ニシンの酢漬け」が良く上がるということで、スピリタスとニシンの相性も... 間違いなさそうですね!コンビニにも売っている缶詰「オイルサーディン」を使えば、ニシンの酢漬け風の美味しいおつまみも簡単にササッと作れちゃいます。 酸味の効いたさっぱりとしたお魚と、キリッと刺激的なスピリタスを使ったドリンクの相性をお楽しみください。 そのまま食べてももちろん美味しいですが、少し一手間加えて華やかなおつまみにアレンジしたのが「いくらアボカド」です。 調味料を入れて混ぜるだけなので本当に簡単!ぜひ、スピリタスで作ったドリンクとの食べ合わせを楽しんでみてください。 スピリタスを使ったカクテルやスイーツのレシピ 1. それが、果実酒を漬け込む時!アルコール度数が高い故、他のお酒を使用したときに比べて短時間でしっかりと浸けこむことができます。 また、雑味がないクリアな味わいのため果実の風味を邪魔せずに、ナチュラルな仕上がりになるのです。 日本人が大好きな「梅酒」も、お酒をスピリタスで代用すると一味違った仕上がりになって美味しいですよ! その他、レモン・いちご・オレンジ・りんご・柚子といった果物を漬け込むのも大人気。 スピリタスに癖がない分、どのような果物でもマッチしますので、旬の果物を漬け込んで自家製の果実酒を楽しんでみてください。 用意するもの ・スピリタス ・グラニュー糖 ・果物 作り方 1. 果物をきれいに洗い、皮やヘタを取り除く(レモンや柚子といった果物によっては皮だけ使用) 2. 保存用の瓶をしっかりと消毒して、果物とスピリタスを投入する 3. 野菜室や冷暗所で漬け込む(1週間ほど) 4. 果物を取り出して、液体を濾す 5. 水にはちみつや砂糖をとかしたシロップ液を作りお酒と混ぜ合わせる 2. 果実酒とは一味違う!?スピリタスで作るリモンチェッロ リモンチェッロは、イタリア発祥のレモンを使ったリキュールです。 本国イタリアでは食事を楽しんだ後の「食後酒」として、飲まれることが多いお酒です。 日本でいう梅酒のような存在で、各家庭がそれぞれのレシピを持っておりそれぞれの「ママの味」があるのだそう。 このリモンチェッロも、スピリタスを使って作るのがおすすめ!レモンの皮をメインに使用するため、無農薬・ノンワックスのレモンを用意しましょう! 用意するもの ・スピリタス ・レモン(ノンワックス) ・グラニュー糖 作り方 1. レモンをしっかり洗う(塩を付けて表面を擦るようにすると、汚れがよく取れます) 2. ピーラーを使ってレモンの皮を剥いていく(苦味の成分が多い「白皮」が入らないように薄く剥くのがポイントです) 3. 沸騰消毒した瓶に剥いたレモンの皮を入れて、スピリタスを注ぎ1週間ほど置いておきます 4. スピリタスにレモンの皮の色がついてきたら、コーヒーフィルターやガーゼを使って濾します 5. グラニュー糖を水に入れ、火をかけてシロップを作ります 6. 4でできたお酒にシロップを混ぜ合わせて、さらに1週間ほど寝かせれば完成です スピリタスを飲むときは火気と酔いに気を付けて スピリタスのアルコール度数は96と世界一。 ついついそのアルコールの高さをストレートで経験したくなりますが、そもそもは何かで割って飲むお酒なのだそう。 思っている以上にバリエーションは豊富なので、いろいろな飲み方を試してみたくなりますね。 タバコなどの火の気や一気飲みなどに注意しつつ、世界最高度数を味わってみてください。

次の

日本でも購入可!「アルコール度数が高すぎる」お酒8選

スピリタス 度数

実際に、 スピリタスカプセルを使用した被害があります。 そのカプセルをいくつか飲み物に混ぜて、一気飲みして酔わせるという非道な合コンパフォーマンスが存在します。 これは、明らかに意図的に相手を酔わせるために使うのです。 当然飲んだ時は、スピリタスはまだカプセル中なので味はしません。 しかも、高濃度のアルコールであっても喉が焼けるような痛みもないので、一気に飲まされても気づかないでしょう。 問題は、その後に胃の中でスピリタスカプセルが溶けて、スピリタスが広がり結果的に飲んだのと同じ状態になります。 症状は人によって様々ですが、アルコール度数は96度のお酒です。 ある程度お酒が強い人でも、量を飲めば酔った感覚になります。 お酒が弱い人は急性アルコール中毒症状で、気を失う可能性も充分あります。 そのスピリタスカプセルを、 気付かれないように人に飲ませる行為は犯罪と同じです。 その上、命に関わる危険もあります。 現に、これを利用したさまざまな被害も過去に出ています。 「大学サークルが事件」が起きたのは6月20日夜、新宿・歌舞伎町の新宿コマ劇場跡地の近くでした。 目撃者がツイッターやYouTubeに投稿し、画像や動画が残っておりそこから発覚しました。 倒れていたのは主に女性のようで、衣服がめくれそうな態勢でもお構いなしの様な感じでした。 その中、複数の警官の姿もあり異様な雰囲気が漂っていました。 人通りの多い夜の繁華街で、あられもない姿の女性たちのショッキングな姿は、色々と勝手な推測が飛び交いました。 ネット上では、明大と日本女子大によるインカレの公認テニスサークルのメンバーたちであることが特定されました。 その後、広報担当者によると飲み会はテニスの練習後に開かれ、参加者は明治大学で人数は30数名との事です。 消防庁によれば現場では10人程度が泥酔状態で、男性1人女性1人の計2名が急性アルコール中毒で救急搬送されたということです。 この現場からネット上では、アルコール度数世界最高の酒として知られるウォッカ、 スピリタスカプセルを使用したのではないかとの指摘など様々な憶測が出ています。 世界最高のアルコール度数であるお酒と言えば、「ウォッカ」とか、「テキーラ」と答える方が多いのではないでしょうか?この2つのお酒でさえ、アルコール度数が40度です。 しかし、世の中にはこの2つを大きく超えるアルコール度数のお酒がいくつもあります。 その中のトップ3を挙げてみましょう。 まず第3位は、「ノッキーン・ポチーン」90度です。 アイルランドのお酒で、強烈なアルコール度数とは裏腹に味わいは素朴です。 第2位は、「エバークリア」95度です。 アメリカのスピリッツで、アメリカの州によっては販売が規制されるほど度数の高さを誇るお酒です。 そして、 スピリタスが96度で第1位となっています。 世界最高のアルコール度数を誇っているスピリタスを、ストレートでカプセルに入れて飲んでいる日本人は世界から見ればどのように見えているのでしょうか。 スピリタルカプセルは、前に述べたように アルコール度数が世界最高であるスピリタルを使っています。 それを、薬の服用などに入れるカプセルの中に入れるだけで簡単に作る事ができる物です。 その使用目的が、「無理矢理飲ませるため」、ましてや「知らないうちに飲ませる」ことができるアイテムになっていて飲み会などで悪用されています。 一気に飲ませて胃の中でカプセルが溶けて飲んだのと同じ状態にし、そして知らない間に泥酔状態に陥らせる事ができます。 ましてや、お酒が弱い人は急性アルコール中毒症状で気を失うこともある危険物です。 スピリタスを味わわずとも、ドリンク等とカプセルと一緒に飲ませればすぐに体に不調が現われます。 知っていて安易に飲むのもよくないですが、スピリタスカプセルを気付かれないように人に飲ませる行為は、 危険で命に関わるので決して人に飲ませないでください。

次の