ぜんざい と おしるこ の 違い。 「ぜんざい」と「おしるこ」の違いは?

「ぜんざい」と「おしるこ」違いはつぶあんとこしあんの違い?

ぜんざい と おしるこ の 違い

Contents• ぜんざいとおしるこの違い 関西では粒あん・こしあんで使い分け 関西地方では、 つぶあんを用いたものを 「ぜんざい」、 こしあんを用いたものを 「おしるこ」と使い分けられているようです。 また、汁気のないものは 「亀山」「小倉」と呼ばれたりもします。 関西では、粒あんとこしあん、汁気の有無で呼び名が変わるんですね。 関東では汁気の有無で使い分け 一方、関東地方では、 汁気のあるものを 「おしるこ」、 汁気のないものを 「ぜんざい」と使い分けているようです。 関東では、汁気の有無だけで呼び名が決まるんですね。 これはぜんざい?おしるこ? 関東では「おしるこ」関西では「ぜんざい」 よく見かけるぜんざい(おしるこ)です。 しっかりとした粒あんと大きなお餅。 汁気もたっぷりありますね。 関東では「おしるこ」 関西では「ぜんざい」 ということになります。 全く同じ食べ物の呼び方が、地域によってこれだけ完全に異なるというのもスゴイですよね。 言葉自体はどちらも地域に関係なく使われているということが、更に紛らわしさに拍車をかけている感じです。 完全な方言ならもっと分かりやすいと思うんですけど(笑) 関東でも関西でも「おしるこ」 甘味処で出てきそうな白玉がプカリと浮かんだスタイル。 こしあん&汁気ということで当てはめると 関東では「おしるこ」 関西でも「おしるこ」 ということになります。 よく冬になると自動販売機で「おしるこ缶」が売られていたりしますが、ニュアンスとしては全国的に「おしるこ」で通用しているということですね。 まあ、細かい事を言えば、餅や白玉が入っていないなら「小豆汁」と言った方が正しいでしょうし、こしあんだけでなく粒あんも使われていたりするので、関西の人は「これはぜんざいだ!」と思うかもしれませんけどね(笑) 関東では「ぜんざい」関西では「亀山」「小倉」 お餅が主役になったこちらのスタイル。 汁気がありません。 関東では「ぜんざい」 関西では「亀山」「小倉」 ということになります。 関西の「亀山」や「小倉」は、どちらも由来に京都が関係しているようですね。 小倉あんの「小倉」、上質な小豆が生産された丹波の「亀山」に由来しているようです。 私は石川県在住ですが、この汁なしスタイルに関しては今まで意識したことがありませんでした。 この亀岡市が丹波の「亀山」のことです。 子供の頃は夏休みなどになると毎年遊びに行ってましたし、大人になってからも3~4年ほど住んでいたことがあるのですが、この関東で言うぜんざいのことを「亀山」と呼ぶとは聞いたことがありませんでした。 小豆の産地ということすら知りませんでしたけどね^^; ぜんざいやおしるこにはお餅?それとも白玉? お餅を入れるか白玉を入れるかは自由 ぜんざい(おしるこ)にはお餅や白玉が入っています。 お餅と白玉では印象が結構変わりますよね。 白玉は、白玉粉(もち米を加工した粉)で作った団子。 お餅は、もち米を加工して作ったもの。 私はてっきり、このお餅と白玉の違いが「ぜんざい」と「おしるこ」の違いに関係しているのかと思っておりました。 これに関しては、全く関係がありません(笑) どちらを入れても「ぜんざい」「おしるこ」に変わりはないです。 お餅を入れるか、白玉を入れるかは完全に自由なのです。 また、お餅や白玉の代わりに、栗の甘露煮が用いられることもあるそうです。 関東なら「アイスぜんざい(仮)」 関西なら「亀山アイス(仮)」 これで通用はすると思います(笑) 今日のまとめ ぜんざいとおしるこの違いは風習の違い 「ぜんざい」と「おしるこ」は地域によって呼び方が異なります。 関東の当たり前。 関西の当たり前。 どちらの当たり前も、全国では当たり前ではありません。 同じ日本人なのですから、お互いの風習を尊重し合いたいものですね。 些細なことでケンカをしないようにして下さい(笑) あとがき 私は石川県民なので、どちらかと言えば関西よりです。 言われてみれば、「ぜんざい」と呼ぶことの方が多い気はしますね。 ただ、粒あんとこしあんで「ぜんざい」「おしるこ」を使い分けたことはないですし、汁なし専用の呼び方があることも知りませんでした。

次の

「ぜんざい」と「おしるこ」の違いは?関東と関西では定義が異なることが判明

ぜんざい と おしるこ の 違い

ぜんざいとは?おしることは?それぞれの特徴と違い ぜんざいとおしるこの違い。 まずはそれぞれの作り方から見ていきましょう。 ぜんざいとは、あずきを水で溶かし砂糖で煮た汁に、白玉団子やお餅、また栗の甘露煮などを入れたものがぜんざいと言われています。 ぜんざいは、基本的にあずきの粒が残っているものです。 一方のおしることは、汁気がたっぷりのこしあんやつぶあんから作られた汁に白玉団子やお餅を入れたものを一般的におしること言われています。 つまり、ぜんざいはあずきから作られており、おしるこはあんこから作られているという違いで判断されています。 地域別のぜんざいとおしるこの違い 前述した作り方の違いはあくまで一般論として言われていることです。 地域によっても少しずつぜんざいとおしるこの定義や違いが異なっているそうです。 よって、ぜんざいはこうで、おしるこはこう!と一言で言いきれないのが難しいですね。 それでは、さまざまな地域においての違いや特徴をご紹介します。 関東でのぜんざいとおしるこの違い 関東では、お餅にあんがのっているものをぜんざい。 あずきで作られた汁物全般のことをおしるこ。 としています。 また、あずきの粒が残っているおしるこは「田舎汁粉」 粒がないもののことは「御前汁粉」と呼んでいます。 関西、九州でのぜんざいとおしるこの違い 関西ではあずきの粒が残っているものをぜんざい。 粒が残っていないものをおしるこ。 という風に分けられています。 そして、関東でははぜんざいとされているお餅にあんを添えたもののことを、関西では「亀山」や「金時」と呼んでいます。 九州と関西はぜんざいとおしるこの分け方が基本的には同じとなっています。 ですが、一部では入っているものが白玉団子かお餅なのかで判断している地域もあるようです。 白玉団子がぜんざい。 お餅が入っていればおしるこです。 北海道 北海道は食べ方に関して特徴があったのでご紹介します。 北海道では、おしるこにかぼちゃを入れるそうです。 ちょっとびっくりですよね! 白玉団子ではなくかぼちゃが入っていればおしるこではなく別の食べ物だと思ってしまいそうです! どうしてこのような食べ方をするようになったかというと、お米の収穫が大変でお餅をなかなか作れなかった時代に、かぼちゃで代用したことがきっかけなのだそうです。 ぜんざいとおしるこの由来や歴史について ぜんざいとおしるこは、地域によって定義が異なっていたり、食べ方も少し違いがあったり奥深いことがわかりましたが、最後は由来や歴史についてお伝えします。 「ぜんざい」の語源 まずは「ぜんざい」の語源です。 これは二つ由来があり、どちらが正しいかは決まっていないそうです。 一つは、 仏教の「善哉(ぜんざい)」からきていると考えられる説です。 「善哉」は「よきかな」とも読むのですが、これは仏様が弟子を褒める際に使ったり、にはすばらしいという意味を持っています。 今のぜんざいとされるものを食べた一休さんが、あまりに美味しかったので「善哉」と叫んだことからついた名前だということです。 二つ目は 出雲大社の「神在餅(じんざいもち)」からきていると考えられる説です。 「神在餅」とは、出雲大社の神事で振舞われるものです。 「神在餅」の「じんざい」の部分を取って、それがだんだんなまっていき「ぜんざい」に変化しました。 「おしるこ」の語源 「おしるこ」の語源は、作られる過程の材料が語源だといわれています。 おしるこはあずきあんを砂糖で煮たものですよね。 そして、こしあんを使う際には「さらしあん」というこしあんを粉末状にしたものが使われていました。 この あんこの粉末から、「汁粉」(おしるこ)といわれるようになったということです。 また、おしるこは江戸時代頃からある食べ物だと言われていますが、当時は今のように甘くなく、塩で味付けされていて、お酒のおつまみとして食べられていたそうです。 まとめ どちらも、日本古来の食べ物という感じで、それぞれの地域による特徴や由来を知ることで、次食べるときは今までとはまた違った味わいを感じられそうですね!.

次の

今さら聞けない!「おしるこ」と「ぜんざい」の違いって何?

ぜんざい と おしるこ の 違い

小豆 あずき を砂糖で甘く煮た餡子 あんこ の中に餅や白玉団子を入れた甘味で、 「 」は 、 「 」は を使います。 この説には「関西では」といった注釈がつくことが多いですが、現在ではほぼ全国的にこのような区分で知られています。 関東では一部、つぶあんを使用したものも含め、汁気のあるものを全て「 しるこ 」と呼ぶ場合がありますが、その場合は特につぶあんを用いたものを「田舎汁粉」といい区別することもあります。 ただし、汁気のない 「ぜんざい」が一般的ではないため、前述の通りつぶあんを用いたものを 「ぜんざい」と呼ぶことが近年一般的になっております。 尚、沖縄県の一部では「あまがし」と呼ばれる豆を砂糖で似た伝統的な氷菓のことを 「ぜんざい」と呼ぶこともあります。 よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 133• 131• 100• 438.

次の