グアム 無 差別 殺傷 事件 動機。 野原遥、グアム事件の真相とは?支えになったのは元カレ?【バチェラー3】

英レディングで無差別殺傷、6人死傷 殺人事件として捜査 写真5枚 国際ニュース:AFPBB News

グアム 無 差別 殺傷 事件 動機

リゾート地・グアムで発生した無差別殺傷事件。 凶行現場となったABCストアは、事件翌日からまるで何事もなかったかのように営業を続けている。 店内では、Tシャツなどの土産品を買う日本人観光客の姿が大勢見られた。 しかし、店から一歩外に出ると、外壁には車が衝突した生々しい傷跡が残り、現場には多くの花束が手向けられている。 ここで、改めて事件を振り返ろう。 逮捕されたチャド・ライアン・デソト容疑者は2月12日午後10時過ぎ、娯楽施設「サンドキャッスル」前から青い日本車に乗り込んで約200mを暴走。 歩道に乗り上げながら猛スピードで進む車は、亡くなった横田仁志さん(享年51)を含む4人を次々とはねた。 歩道脇の柱にぶつかりながら、亡くなった杉山利恵さん(享年28)の次女をベビーカーごとはね上げると、ABCストアの壁面に衝突。 車から降りたデソト容疑者は両手に刃渡り30cmほどのナイフを握り、次々と人を刺した。 現場は阿鼻叫喚の巷と化し、「ナイフだ!」という叫び声が辺りに響いた。 その後、デソト容疑者は数人がかりで取り押さえられたが、犯行の衝撃で片方のナイフは90度に折れ曲がっていたという。 デソト容疑者は「車と刃物で多くの人を傷つけようと思った」と供述するも、詳しい動機については口を閉ざしている。 デソト容疑者を知る現地女性が語る。 「彼の祖父と祖母はかつて日本が委任統治したパラオ出身なので日本語を流暢に話します。 そんなこともあり、デソトの家族はそろって親日のはず。 だから、日本人が憎くて犯行に及んだのではないと思います。 高校時代はおとなしくてソフトだったけど、勉強が苦手で高校を卒業できたのは20才になってからです」 高校時代は地元で制作された映画やテレビCMに出演するなどし、現地では役者として知られたデソト容疑者だったが、卒業後はうらぶれた生活をしていたようだ。 「写真スタジオで、結婚式のウエディングドレス姿の女性を撮影する仕事を手伝っていたけど、最近になってクビになったみたい。 近ごろは戦闘もののビデオゲームに熱中していました」(知人女性) 知人女性は逮捕後の姿を見て心底驚いたという。 「ニュースで彼を見た瞬間、別人だと思いました。 私たちの知るデソトはもっと優しく温厚な顔立ちだったから。 事件後の彼の表情はまるで悪魔のようです」 優しい青年はなぜ「グアム史上最悪」と言われる凶悪犯罪に及んだのか。 高校時代に両親が離婚したことや、昨年10月に交際相手と別れたことが犯行と関係する可能性、また、デソト容疑者が薬物を常用していたという情報もあるが、詳細は不明のままだ。

次の

グアム通り魔無差別殺傷邦人女性2名死亡事件: ASKAの事件簿

グアム 無 差別 殺傷 事件 動機

12日22時(日本時間同9時)過ぎ頃、米領グアムの繁華街タモン地区で、男が車で通行人を次々とはねた後、ショッピングモール内にあるコンビニエンスストアに突っ込み周囲にいた観光客らを刃物で次々と刺す事件が起きている。 地元警察は、車を運転していた地元に住む、男性容疑者(21)を殺人などの容疑で逮捕したとの事。 日本人観光客14人が搬送され、うち女性2人(28歳と82歳)が死亡した。 地元当局は、3人が死亡し、11人が負傷と発表しているらしい。 事件は午後10時過ぎごろ発生。 男性容疑者は事件直前、現場から約500メートル離れたクラブで客とトラブルをおこしていたらしい。 容疑者は店の前に止めてあった車に乗り込み、ショッピングモールに通じる幅7、8メートルの歩道上を走行し、7人を次々とはねた。 モール内のコンビニエンスストア「ABCストア」の壁に激突するかたちで停車した。 車から降りた容疑者が刃物を振り回し、付近の人々に切りつけたらしい。 現場はタモン湾に面する高級ホテルやレストラン、高級ブランドを扱う店が建ち並ぶザ・プラザと呼ばれるショッピングモールとの事。 こんな事件ですね。 とりたてて、現地の治安が悪いと言う事も無いでしょうね。 グアムでの無差別殺傷事件を聞くのは私は今回が始めてです。 日本でも秋葉原事件とか数々の事件が起きているわけで、世界中どこで起きても不思議じゃ無いと言う事なんでしょうね。 容疑者は21歳の若者です。 何が彼をそうさせたのか? 動機が知りたいですね。 続報を待ちましょう。

次の

野原遥、グアム事件の真相とは?支えになったのは元カレ?【バチェラー3】

グアム 無 差別 殺傷 事件 動機

アングラブログ故、毒舌ご免。 搾取ゆえの利益で自慰に明け暮れている害人間より、何の罪も無い猫様の方が偉い!害人間が多ければ、地球生命体細胞群の未来も短いが、猫様だけでも宇宙へは羽ばたけない。 自分の正体も人間の役割も、決して忘れてはいけない。 ココログフリー枠故、勝手に付いて来るリンク先は、当方とは無関係です。 念の為・・・。 また、筆者に対する中傷妨害傷害工作を行うやつ等には天誅!!!(摘発されなければ罪も罰も無い、とでも思っている鈍い頭脳&神経には、笑えるが!それだけ当ブログに「痛い」部分が在る事の証明でもある。 )「他人に勝とうとした瞬間、自分に負けている」事もわからぬ愚か者どもは!失せ!!!自分さえ解らぬ者どもは、上から表現に嫌気を誘われ、現実を見る目を殺がれ現状に拘り自滅すれば良い。 現実を共有出来る大人の方々は、存続の為のご準備を・・・。 『「無意識レベルの現状脱出欲動の暴発が引き起こした事件」の「動機」を「容疑者の意識から得ようとする事」は「ある意味愚か」だ。 「無意識レベルまでのセルフコントロールが行き届いていないが故の暴発」の「動機」は、 「主として、容疑者の供述から得ようとするのでは無く、主として、容疑者の無意識の把握から得ようとしなければ」』。 『「容疑者が置かれている状態」から「容疑者の無意識形成がある程度は判る」。 「所謂先進国文明社会で暮らす人類の多く」と同様に、 「容疑者が得られる情報から導き出していた人生の成功像」は、 「大金持ちになる事や、有名人(大物)になる事等々だった」に違い無い。 「ところが、この成功像は、人類の実体との整合性が???」なのだ』。 『また、 「容疑者には、観光等で地元であるグアムを訪れている日本人等は、正に、成功の象徴と思えていた」のだろう』。 『「容疑者の事件前に置かれていた状態」と「成功像」の「ギャップ」を、 「容疑者の意識も無意識も十二分に感じていた筈」だ。 「無意識部分では、人類の実体からの乖離部分のストレスも蓄積されている」から、 「そのギャップは容疑者の意識以上に膨大なモノになっていた筈」である』。 『「そんな暴発寸前の精神状態」は「現状人間社会では、多くの人々の中に存在する」。 そこで、「暴発させた容疑者が悪い!」と言うのは、 「我慢している自分は偉いでしょ!」と言っているのと同義なのだ。 「実態」は、 「我慢している」では無く、 「我慢出来る状態が整っている」である』。 『「我慢出来る状態が整っているでは無い、我慢出来る状態を努力して整えて来たのだ!」と言いたがる人も多いが、 「努力出来て整える事が出来る、ある意味では、相応に幸運な状況下に在った」というのが 「実態」である』。 『「その様な幸運な状況下」は「偶然生まれるモノばかりでは無い」。 「それこそ、全ての先人たちが生み出して来たモノ」なのだ。 「幸運の波の頂点に近い恵まれたところで、偶々産まれたり、生後の努力が出来て来た人々の中の極一部」が、 「現状人間社会で成功像とされている大金持ちや有名(大物)人等々」なのである。 「つまり、そんなモノを成功像にする事」は、 「ほとんど全ての人に失敗像を強いている事と同じ」で、 「ほとんど全ての人の失敗像と引き換えに得られている成功像」というのが、 「現状人間社会で風潮されている成功像の実体」なのだ。 「人類が、多くの人類を犠牲にした上で可能になっている成功像の実体」とは、 「自虐の無理強い以外の何ものでも無い」』。 『「ところが、 現状の所謂先進国人間社会でさえ、 その自虐の無理強いを目指せ!という、 傷口にばい菌を擦り付ける情報・教育が蔓延している」のだ。 「オマケに、人間の実体や自分の無意識等を理解・認識・把握する手助けとなる情報・教育は、圧倒的に足りない」。 「こんな状態」では「現状脱出欲動の暴発が起きない方があり得ない話し」なのである』。 『「現状人間社会での虚構の成功像の上に居座っている覚せい剤的満足感を得ている様相」の 「テレビ常連出演者等々」だが、 「そんな連中でも、もし、自分の実体や、人類の実体等々からの認識がちゃんと進む」なら、 「自らの裸の王様的状態が、恥ずかしくて恥ずかしくて仕方無くなる筈」だ。 「裸の王様が恥ずかしがる状態を見聞きする」なら、 「多くの視聴者も、自らを裸の王様にはしたがらなくなる」が、 「裸の王様が堂々としている」と、 「裸の王様でも王様だから目指す・・・」という「勘違い人間が量産されてしまう」のである』。 『「テレビ・マスコミ等」では、 少なくとも「毎日の様に同じ顔ばかり・・・」と言う 「多くの人々の不健康を増長している異常事態」は、 「即刻解消されるべき」だ』。 『「現状脱出欲動の暴発が引き起こしている無差別殺人」とは 「現状の人間社会で蔓延っている価値観等の全て」を、 「無意識レベルから、自分の存在も含めて否定する行為」である。 「無差別殺人行為」が「刃物や自動車や銃や軽度の爆発物で{済んでいる}現状の内」に、 「本格的な対策を行わなければ、現状脱出欲動の暴発が引き起こす無差別殺人の規模」が、 「それこそ地球を丸ごと消滅させるレベルにまで達してしまう可能性だって大」なのだから、 「人類にとって、情報・教育の正常化(現実・実体との整合性を高める事)による精神文化の進化は急務」なのだ』。

次の