卵巣 嚢腫 症状 おり もの。 卵巣嚢腫の症状をチェック!自覚症状がないからコワイ・・

卵巣嚢腫について

卵巣 嚢腫 症状 おり もの

卵巣嚢腫は卵巣に腫瘍ができる病気 卵巣は毎月の排卵のために卵子を成熟させ子宮に放出する、女性にとって大切な臓器です。 卵巣に腫瘍ができることがあります。 腫瘍には良性と悪性があり、卵巣にできる腫瘍の9割が良性腫瘍だといわれています。 悪性の場合は卵巣がんを指し、良性腫瘍の中で一番多いのが 卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)です。 卵巣嚢腫の一番厄介なところは、初期の自覚症状がほとんど無いところ。 気付いたら腫瘍が破裂して救急車での搬送や手術が必要!なんてことにならないように、卵巣嚢腫の症状や治療法について勉強してみましょう。 卵巣嚢腫の種類 卵巣嚢腫の腫瘍は、内容物が液状で柔らかい袋状になっています。 腫瘍の中身によって以下の種類に分類されます。 漿液性のう腫 腫瘍の中にサラサラの液体が入っていて、放置していると拳より大きくなる事もある。 発症例が一番多いタイプ。 皮様のう腫 腫瘍の中に筋肉組織や頭髪、軟骨などが入っているタイプで、20代などの若い女性に多くみられる。 粘液性のう腫 腫瘍の中にネバネバした液体が入っているタイプ。 チョコレートのう腫 子宮内膜が卵巣内で増殖・剥離し、剥離した細胞や血液が卵巣内に溜まってしまったもの。 また、卵巣にできる腫瘍には硬いコブのようなタイプがあり、これを充実性腫瘍といいます。 卵巣腫瘍は良性のものが多いのに対し、充実性腫瘍はその80%が悪性といわれています。 卵巣嚢腫の原因は、ほぼわかっていないのが現状 卵巣のう腫の原因は、チョコレートのう腫以外はほとんどわかっていません。 チョコレートのう腫は 子宮内膜症によって発症する病気のひとつです。 子宮内膜症とは、本来は子宮内にできるはずの子宮内膜が何らかの原因で子宮外に繁殖してしまい、月経現象と同じように剥がれ落ちていく病気です。 子宮内であれば剥がれ落ちた子宮内膜は生理の経血として体外へ排出されますが、子宮外にできてしまった子宮内膜は行き場を失い血液と共に体内に溜まってしまいます。 チョコレートのう腫は子宮内膜が卵巣にできてしまい、剥離して血液と共に溜まってしまったものなのです。 また、皮様のう腫に関しても原因は分かっていません。 髪の毛や軟骨などが腫瘍に入ってしまった原因は、卵子が人間を形成する元となる細胞であることに起因しているのではないかと考えられています。 卵子は元々、精子と受精することによって細胞分裂を繰り返して人間として様々な部位が形成されていきます。 しかし何らかの原因で、受精もしていないのに細胞分裂のスイッチが入り、中途半端な形で髪の毛や筋肉組織が形成され腫瘍となるのではないかといわれています。 子宮内膜症は日本人女性の約10人に1人が発症しているといわれる大変身近な病気です。 子宮内膜症の症状と原因を詳しく解説!痛みを和らげる対策もご紹介します。 卵巣嚢腫の症状について 腫瘍が小さいうちは自覚症状は殆どありませんが、腫瘍が拳以上の大きさなになってくると下腹部の張りや痛み、腰痛などの症状があらわれます。 腫瘍がさらに大きくなってくると卵巣が根本から捻じれる 茎捻転を起こす危険性もあります。 茎捻転や卵巣破裂が起こると、激しい腹痛や吐き気に襲われ、手術が必要となる可能性があります。 また、食欲もあり、ちゃんと食事を摂っているにもかかわらず痩せてくることもありますが、嚢腫に栄養を取られてしまうことが原因になります。 卵巣嚢腫は腫瘍の大きさが問題になってきます。 卵巣が大きくなると卵管が引き伸ばされるため、卵巣の働きが悪くなり、不妊症の原因になることもあります。 チョコレートのう腫の場合は、ある程度大きくなると突然破裂することがあります。 それが原因で腹膜炎やショック状態になることもあり、緊急手術も必要になります。 こうした危険を回避するためにも、腹部の片方が時々痛むといった症状を感じたら卵巣のう腫を疑い、婦人科の診察を受けるようにしましょう。 卵巣嚢腫の治療は手術が有効 現在、卵巣嚢腫に効果が発揮される治療薬は殆どありません。 卵巣嚢腫は、腫瘍が良性の場合や大きさが3~4cm未満と小さい場合は経過観察をします。 腫瘍が悪性の場合や大きさが5cmを超える場合、腫瘍が小さくても卵巣に痛みがある場合は手術による治療が行われる傾向が強いとされています。 手術は、お腹を切開して腫瘍を取り出す 開腹手術と、おへその下あたりを小さく切開し、腹腔鏡を使って腫瘍部分だけを摘出する 腹腔鏡手術があります。 近年、良性の腫瘍の場合は術後の痛みが少ないこと、傷が小さくて済むことなど、患者にとってメリットの大きい腹腔鏡下手術が選択され場合がほとんどですが、腫瘍の大きさや年齢などによって適した方法を選択します。 手術の主な術式は下記の2つです。 卵巣腫瘍核出術 腹腔鏡を使って腫瘍部分だけをくりぬいて摘出し、健康な卵巣部分は残す手術です。 卵巣は一部でも正常な組織が残っていれば、そこから再生を繰り返し元の機能を取り戻す事ができます。 腫瘍が良性の可能性が高く、妊娠の可能性がある人はこの手術方法が多くとられます。 付属器摘出術 卵巣と卵管を丸ごと摘出してしまう手術です。 腫瘍が悪性である可能性が高い場合や、出産の予定のない女性はこの手術を行う場合が多いです。 片方の卵巣を摘出しても、もう1つの卵巣が残っていれば副作用の更年期症状が起こる心配は無く、妊娠・出産も可能です。 image by さいごに 〜女性ならではの術後の心配も〜 卵巣嚢腫で手術をおこなった場合、術後の心配も少なくありません。 手術の方法によっては妊娠や出産も可能とされていますし、退院後、数週間の療養をすれば仕事などの復帰も可能です。 しかし、術後は通常の月経より多い性器出血や腹部の痛みがでることもあり、発熱などのトラブルが起こる可能性もあります。 また、卵巣を全摘出してしまった場合は問題ありませんが、病巣となる腫瘍だけを摘出する手術をした場合は再発の可能性がないとはいえません。 卵巣は排卵や妊娠、生理をおこす為にとても重要な臓器です。 不調を訴えるサインが他の臓器より少ない分、少しでも疑わしい症状が発生した場合は早急に医師の診察を受けましょう。

次の

卵巣嚢腫は自然治癒するのか?

卵巣 嚢腫 症状 おり もの

卵巣がんは、卵巣の細胞から発生した悪性腫瘍ですが、良性腫瘍や悪性と良性の中間である境界悪性腫瘍も発生します。 そのため、卵巣がんの診断では、良性、悪性を鑑別することが非常に重要です。 卵巣がんは、40~60歳代の中更年期に多く発症し90%を占めますが、10~20歳代の若い方にも発症します。 若い方では、できるだけ妊娠の可能性を残すため、更年期以降の方とは治療法が異なります。 卵巣がんは、初期にはほとんど自覚症状がなく、自覚症状が現れる頃にはがんが進行している事が多く、40歳代では卵巣がんによる死亡が多くを占めています。 また、卵巣がんが疑われた場合には、手術で可能な限り腫瘍を切除することで、予後が良好になることがわかっているため、腫瘍の大きさが小さく、周辺の組織や臓器に拡がっていない段階での治療を開始したいものです。 卵巣がんを早期に発見、早期に治療を開始するために、卵巣がんの症状や、発症のリスクファクターについて紹介します。 また、腹部の症状があったとしても、卵巣がんを疑う人はまずいません。 初期の段階の卵巣がんは、人間ドックや子宮がん検診の子宮内膜細胞診や、超音波検査で偶然発見されるケースが増えてきているようです。 一般的な腹部症状が多いことや、太ったと思いこんで見過ごすことも多いようです。 ・腹部膨満感、胃腸障害 腹部を圧迫するため、腹部が腫れた感じや胃腸障害、食欲不振などの症状が現れます。 ・頻尿(尿が近い)、便秘 大きくなった腫瘍で、膀胱や直腸を圧迫して、尿が近くなったり、便秘がちになったりします。 ・足が浮腫む 大きくなった腫瘍が血管を圧迫し、血流が妨げられ、足が浮腫みやすくなります。 ・ウエストが太くなる 腹水がたまるようになると腹囲が大きくなり、衣服のウエストがきついことで気が付きます。 ・腫瘍を外から触れる 腹壁を通して、大きくなった腫瘍に触れることがあります。 ・胸水が溜まる 腹水が増えて胸水もたまるようになると、呼吸が苦しくなります。 特に悪性の卵巣がんで多く見られます。 ・突然の激痛 卵巣がんの付け根の部分がねじれたり、卵巣腫瘍が破裂することがあり、突然の激痛に襲われます。 卵巣がんの約10%に遺伝子変異が関わっていると言われています。 その他、成人期の高身長、喫煙、出産歴が無い、初潮が早く閉経が遅いといった項目が、卵巣がんの発症リスクと関連がある可能性が研究されています。 チェックが少なくても、思い当たるところがあれば医療機関を受診するようにしましょう。 ・40歳以上の女性である。 卵巣がんは、卵巣を構成する表層上皮細胞、間質細胞、胚細胞、顆粒膜細胞、莢膜細胞などすべての細胞から、腫瘍が発生するため、組織型は多様で腫瘍の性質も異なります。 組織型ごとに発生のメカニズムが異なれば、卵巣がんの発生に何が影響を及ぼすのか、関連する要因も画一化できないため、原因は特定されていません。 今後の研究に期待したいところです。 卵巣腫瘍は、良性と悪性の鑑別は非常に難しいと言われています。 なぜ、鑑別が難しいのでしょう。 ・診断のための生検はしない 通常、腫瘍が良性か悪性かの診断は、画像診断が進んで造影CT検査やMRI検査などで確証がつかめたとしても、組織を採取して生検を行います。 組織採取には、腫瘍に針を刺して吸引したり、腫瘍を一部切除して行います。 卵巣がんでは、多くの臓器が詰まっている腹腔内にあるため、組織を採取するためには、針を刺して組織を採取することになります。 針を刺したことによって、腹腔内にがん細胞が飛び散る可能性は否めません。 そのため、診断のための生検は行っていないのです。 ・画像診断による良性か悪性かの判断 CT検査やMRI検査、超音波検査では、腫瘍の内部の様子を観察することができます。 良性細胞の場合、腫瘍内部に水や粘液、血液、脂肪など溜まって腫瘍が大きくなりますが、悪性の場合には、これらのほかに腫瘍細胞自体も増殖するため充実部と呼ばれる部分が大きくなります。 そのため、画像検査で、この充実部が確認されることで悪性と推定されるわけです。 卵巣がんから放出されているCA125の血液中の濃度を測定し、数値が高ければ悪性の可能性が示唆されます。 ただし、良性腫瘍でも、数値が上がる場合があるため、複数回の検査を必要とします。 治療前後に、治療の有効性を確認するために、腫瘍マーカーを測定することがあります。 ・卵巣腫瘍の治療方針 患者側としては、良性腫瘍であれば手術をしないで、経過観察をしたいところです。 しかし、少なからず悪性の可能性がある、腫瘍が大きいもしくは大きくなる可能性がある、腹痛や生理痛などの症状が重く不妊症の原因になる可能性があるなどの場合には、医師の説明に従い、手術を検討すると良いかもしれません。 あの時手術しておけばよかったというようにならないように、疑問や不安があれば、主治医と十分相談するようにしましょう。 術前の画像検査などで推定された病期が進行していれば、摘出する範囲は広くなります。 卵巣と子宮を摘出した場合には、妊娠が望めなくなりますが、次の場合には妊孕性(にんようせい)温存手術が考慮されます。 妊孕性温存手術の条件 組織型 漿液性がん、粘液性がん、類内膜がん(化学療法の有効性が高い)。 治療後の経過観察を継続できる *卵巣の表層をおおう膜が破れること。 血縁の方に、卵巣がんのいる方は、予め遺伝子検査を受け、BRCA1、BRCA2の遺伝子変異があれば、定期的に検査を受けることで、早期発見に繋げることができます。 その他の要因は現段階では明らかになっていませんが、喫煙は卵巣がんの発生に関与している可能性が研究されています。 まもーるくんでは、尿検査や血液による遺伝子検査などで、他の検査では発見できない段階で、がんのリスクを評価します。 がんのリスクが指摘されれば、超早期に卵巣がんを発見できる可能性があります。 更に詳しい検査に進むこともできます。

次の

卵巣嚢腫の自覚症状。私は生理日以外の出血とおりもので発覚。|夫は大学院生!育児や卵巣嚢腫闘病記ブログ

卵巣 嚢腫 症状 おり もの

概要 卵巣に腫れが生じた状態をといい、多くのケースでは卵巣の片側に発生しますが、両側に発生することもあります。 卵巣は細胞分裂が盛んな組織であるため、比較的腫瘍が生じやすい部位と言われています。 卵巣腫瘍が発生する確率は、女性の全生涯でみると5~7%程度とされ、どの年代でも発生する可能性があります。 多様な組織型の種類があり、それらは大きく良性、境界悪性、悪性(いわゆる)の3つに大別されます。 卵巣「嚢腫」と表現される場合、「嚢」とは「袋状」という意味であるため、腫瘍(細胞の増殖を伴うもの)と類腫瘍性病変(細胞の増殖がないため腫瘍ではなく、単に水分や血液などの液体が溜まっているだけのもの)の両方を含みます。 卵巣は骨盤の内部に存在し、普段は目に見えず、触ることもできないため、腫れているかどうかなどに自分自身で気づくことは困難です。 お腹が膨らんできたかな、と気づくようなケースでは、非常に大きな腫瘍となっている段階と考えられます。 また、一般的に卵巣腫瘍が生じたところで、痛みなどの自覚症状をともなわないことがほとんどです。 このため、早期発見が難しい疾患とされています。 原因 原因は、その腫瘍のタイプによって様々です。 若年者に発生する良性腫瘍の中で、もっとも発生頻度が高い成熟嚢胞性奇形腫と呼ばれるものは、袋のなかに髪の毛や骨の成分が増殖します。 これは胎児を形成するはずの細胞が卵巣内部で腫瘍を形成してしまったために生じます。 類腫瘍性病変のひとつである性嚢胞()は、月経周期のたびに卵巣内部に出血が溜まったものであり、同じく類腫瘍性病変のひとつである出血性は、排卵時の僅かな出血が卵巣内部に溜まってしまったものです。 悪性腫瘍()の場合には、ほかの部位に発生する悪性腫瘍と同様に、遺伝子異常(がん抑制遺伝子や修復機構の破綻)が原因と考えられています。 また、他臓器癌からの転移が卵巣に発生した転移性悪性腫瘍も含まれます。 症状 一般に無症状であることが多いです。 理由としては、骨盤内に存在し外界との繋がりがないこと、卵巣は両側性に存在するため、一方の卵巣に腫瘍が生じても健常なほうの卵巣がホルモン分泌を継続するためホルモン異常が起きにくいこと、などが挙げられます。 ただし、卵巣が高度に肥大すると、腹部が目に見えて膨らんできたり、腫大した卵巣嚢腫による重みで、隣接する卵管が捻じれてしまい急激な腹痛が生じたりすることもあります(茎捻転)。 一般的に、腫瘍の大きさが5~6cmを超えると茎捻転のリスクが高まるとされています。 また、骨盤から腹部にかけて、水分が溜まってくることがあります(腹水貯留)。 そのほか、一部のではホルモンの異常分泌が生じることで、ホルモン異常症状(思春期前の月経開始や、後の月経様性器出血再開など)がみられることもあります。 検査・診断 婦人科診察で一般的に行われる内診で、腫れた卵巣を触知できることもありますが、もっとも診断率が高く、体への負担が少ないものは経腟超音波検査です。 3cmを超えるような腫瘍であれば非常に高確率で超音波検査により発見できますし、良性・悪性の診断も90%程度で可能と言われています。 MRIも卵巣嚢腫の診断に対して非常に有効です。 腫瘍の存在の有無だけでなく、良性・悪性の判断や、組織型(どんなタイプのものか)の診断にも有用で、治療を検討する場合には事前にMRIを実施することが多いです。 骨盤内臓器である卵巣に対しては、CTよりもMRIが優れています。 造影剤を併用したMRIでは、より一層悪性かどうかの診断能力が上がります。 CTは、悪性のを疑う際に使用することがあります。 リンパ節の腫れや、全身への遠隔転移を見つける能力はMRIより優れているためです。 こちらも、造影剤を併用することで診断能力が上がります。 血液検査で腫瘍マーカーを測定することもあります。 異常に高い値の場合には悪性の可能性が高いですが、腫瘍マーカー単独でのスクリーニング検査は有用性が確立されていません。 一方で、超音波検査などで卵巣腫瘍が見つかった際に、腫瘍マーカーの測定もあわせて行うことは、その組織型や良性・悪性の判断のために有用です。 ただし、卵巣嚢腫の確定診断を得るためには、手術による摘出検体を詳しく検査する必要がありますので、手術をせずに行う診断にはどうしても限界があることは知っておいて下さい。 治療 治療方法も、そののタイプによりさまざまです。 類腫瘍性病変の場合は、液体が卵巣内部に溜まっているだけですので手術が必要なことはまれであり、月経周期を考慮し数か月後に再度診察して経過をみる場合が多いです。 しかし、性嚢胞()の場合には、薬物療法や手術療法を積極的に検討します。 良性腫瘍の場合、小さければ経過観察となることもありますが、茎捻転の心配が強い場合や、増大するペースが速い場合には、手術を検討します。 一般的に、良性腫瘍を治療できる薬物療法はありません。 悪性腫瘍が強く疑われる場合には、必要な精密検査を踏まえ、詳細な治療方法の説明がなされます。 一般的には、両側卵巣、子宮を含めた開腹手術で腫瘍病変を摘出します。 摘出した腫瘍を顕微鏡で診断する病理検査の結果を経て、追加治療(抗がん剤など)の必要性を判断します。

次の