箱崎 ジャンクション。 箱崎ジャンクション (文春文庫)

首都高は危険!チェックしておきたい首都高の危険個所をまとめました!

箱崎 ジャンクション

さらに複数の事業者が乗り入れしている為、各所に料金所が設けられており、このことが分岐間違い等による誤進入の原因にもなっているようです。 対策として日本で初めて色分けによる案内標識と料金所が導入されています。 料金所でそれぞれの色に対応したゲートに進入すれば、目的地にたどり着けるようになっています。 攻略の第一歩としては、色分けされた案内標識と料金所を覚えることから始めましょう。 淡路島・四国方面から垂水ジャンクションにさしかかる直前、 ・姫路方面(第二神明道路北線接続)は赤色 ・垂水出口(一般道連絡)は青、神戸・大阪方面(阪神高速道路湾岸(垂水)線接続)は黄色 ・山陽自動車道方面(神戸淡路鳴門自動車道直進)は白 です。 大山崎インターチェンジ(IC 大山崎ICは名神高速道路、京滋バイパス、京都縦貫自動車道の大山崎JCTに併設されたインターチェンジです。 大山崎ICも他の多くの難所インターチェンジと同様にジャンクションの複雑な構造がわかりづらくさせている原因かもしれません。 大山崎JCTの複雑さはその構造とともに複数の分岐や合流の難しさにあります。 狭い範囲ににフルセットのJCTとICを後付したせいか、急カーブの先の合流までの短さや目的地へ向かう為には車線をクロスしなければならない箇所などが見受けられます。 大山崎ICの難所であり、危険箇所である分岐、合流については、徹底的に頭に叩き込んでおいた方が良さそうです。 急カーブ直後の合流までの距離の短さは知っていないと非常に危険ですし、急カーブ直後のいきなりの分岐はとっさに判断などできません。 分岐、合流の際はスピードに注意です。 難関インターチェンジは一日にして成らず インターチェンジにジャンクションが絡んでくるとやっぱりややこしくなります。 いくつもの道路が複雑に交差するジャンクションは、本当に厄介です。 うっかりすると大きな事故につながりかねません。 迷ったり、間違った場合は、無理して戻ろうとしたり、車線変更しようとせず、次のインターチェンジで戻ればいいくらいの余裕をもって運転しましょう。 動画などで事前にシミュレーションするなどして、あらかじめ迷いやすい箇所をチェックし、安心・安全な運転を心がけることが大切です。 車の道に関するおすすめ記事はこちら.

次の

「改訂版・首都高速 箱崎ジャンクション(箱崎ロータリー)の裏ワザ」elyming♂のブログ | 遠きにありて

箱崎 ジャンクション

この記事の目次• 箱崎PAの概要と行き方 箱崎PAとは~幻と呼ばれる理由 箱崎PAは、箱崎JCT近くにある首都高速道路のパーキングエリアです。 ビルの1フロアがパーキングエリアになっています。 >> そしてこのビルなんと!首都高速道路株式会社のビルなのですね。 首都圏の中枢を担う機能がここに集まっています。 >> 時期によっては封鎖されることもあるという箱崎PA。 まさに幻のPAと言われる所以ですね。 昔は川だった箱崎PAの歴史 箱崎PAは、昔、川だったところに高速道路をはしらせ、その脇にビルを建てた歴史をもちます。 >> 3Dで見ますと、首都高ビルの1フロアにあることがよくわかります。 たしかに、一見するとパーキングエリアがあるとは見えないですね。 まさに幻のPAです。 >> それでもじつは箱崎PAは、箱崎ロータリー脇にあるため、入り方はなんと5種類(高速入り口2箇所、首都高3箇所)もあります。 それでは、箱崎PAへの入り方について解説していきます。 箱崎PAへの行き方に5つの方法 箱崎パーキングエリアは、首都高のパーキングエリアでは珍しく、上り車線、下り車線、どちらからでも入れるPAです。 合計で5つの入り方があります。 高速からは3つですね。 首都高速6号下り向島線• 首都高速6号上り向島線• 首都高速9号上り深川線• 首都高6号線・浜町入口• 首都高6号線・箱崎入口 Googleストリートビューで予習しようにも、上下線にちょこちょこと移動させられるので予習はしづらいです。 そこで、とくに首都高からの3つの行き方については、画像とともに、ポイントとなるストリートビューでのリンクを張っておきましたので、参考にしてください。 箱崎PAやロータリーを攻略するために、予習は必須です。 例えば看板もこんな感じ、他にも一瞬では判断しがたい看板が多数なので、カーナビではなく、予め事前に頭に入れて、イメージトレーニングしてないと難しいです。 イメトレ重要。 では早速、行き方を見ていきましょう。 首都高速6号下り向島線からの入り方 都内から箱崎PAへ行く行き方です。 イメージとしては、江戸橋JCTを過ぎたら、箱崎ロータリーを目指して、箱崎出口へ進み、最後に気をつける( 曲がりながら3車線変更します!)、というイメージです。 ニーズはもっとも高そうですが、もっとも難易度が高い行き方です。 首都高速6号上り向島線からの入り方 上り車線から箱崎PAへ向かうには、入り方はスムーズなのですが、 一時停止にはご注意ください。 唯一、「P」マークの標識を確認できる入り方です。 首都高速9号下り深川線からの入り方 9号深川線からは、「シティターミナル」や「箱崎出口」さえも表示されていません。 まずは、隅田川を渡るところで、「箱崎」方面の車線へ入って下さい。 最後は、ロータリーからPAへ入ればOKですが、6号上り車線からの車に注意してください。 高速入口から箱崎ロータリーへの入り方 このように箱崎PAへは、 箱崎ロータリーに入れれば比較的入りやすいことがわかります。 ですから、箱崎ロータリーへは高速入口からも入ることができます。 箱崎PAへの行き方で、残り2つ、ストリートビューのリンクとともに、紹介します。 6号線浜町入り口からは信号あり 首都高6号線・浜町入り口から箱崎ロータリーへ侵入できます。 ロータリー合流時には信号がありますので、注意してください。 ロータリー合流時には一時停止がありますので、注意してください。 箱崎PAの出方(合流の仕方) 合流は見通しが良いのと、合流する車が手前で一時停止などしますので、とても楽です。 まず苦労はしないと思います。 せっかくなので合流後、箱崎ロータリーの様子をストリートビューでもどうぞ。 箱崎ロータリーでUターンはできるのか 箱崎PAは、首都高速道路でも珍しいロータリーのわきにあるパーキングエリアです。 この図をもとに、Uターン可能な路線を考えてみます。 本当のUターンは絶対してはいけません! 例えば、「上りへ向かっているとき、箱崎ロータリーを使い、下り方面へ戻る」という、ロータリーを使ったUターン、という意味ですので、絶対に間違えないようにしてください。 6号向島線上りから下りへUターンする方法 箱崎ロータリーへ、上りから侵入して、ロータリーをぐるっと周り、6号下り線への出口へ行けば良いので、 上りから下りへ戻れる。 >> 6号向島線下りから上りへUターンする方法 箱崎PAから出ると、すぐ目の前に「銀座方面」へ向かう首都高6号向島線へ戻れます。 >> 9号深川線下りから上りへUターンする方法 箱崎PAから出て直進して信号をすぎますと、「湾岸線」へ向かう標識が見えます。 箱崎ロータリーを進ます、そちらに車線変更します。 すると9号深川線下りへ戻れます。 >> このように、箱崎ロータリーを利用して、それぞれの高速道路へ戻ることができる、まさにロータリーなのですよね。 とはいえ、慣れないとほんと無理!です。 くれぐれも本当のUターンをしないようにしてください。 大事故・大惨事につながります。 逆走、絶対ダメ!箱崎ロータリーは右回り 箱崎ロータリーは6号線の下なのですが、こちらの動画、約27秒後、トレーラーが過ぎたあとに、左回り(これは逆走です!)をしている車が見られます。 >> 逆走、絶対ダメ!気をつけましょう。 前述のように、6号向島線上りから来た場合は、ロータリーをぐるっと回れば、下り線に戻れます。 絶対に、逆走しないように注意してください。 箱崎PAに行くには一時停止や信号など高難易度 箱崎PA入り口のすぐ手前には、6号向島線上り車線からの合流があります。 いちおう、一時停止にはなっていますが、気付かず直進してくる車もありますので、細心の注意を払って侵入してください。 下りの車が一時停止をしない場合もある!気をつけて下さい。 いやはやほんと、カーナビで見ても、まったくわけがわかりませんね・・・。 箱崎PAに入るにはYouTube動画での予習がベストとなります。 箱崎出口に向かい、ロータリーに来たら右折、です。 走り屋さんも恐れる白バイ待機の定番 紹介している記事でも書かれていましたが、箱崎ロータリーは、一時停止や信号など、とても難易度の高い高速です。 ですから、そこでの違反者取締も多いようです。 実際、Googleストリートビューにも白バイの警察官のかたが写っています。 >> まあ確かにふつう、高速道路で一時停止や信号があるなんて、思わないですよね。 後述の記事では、数分おきに取締をされている様子がつづられています。 走り屋さん志向のかたは、スピードだけでなく、一時停止や信号などにも注意してください。 さすがに、首都高の会社の前で、さすがに違反者は見逃せない、という感じですよね。 交通ルールを守って、安全なドライブを心がけましょう。 以上、箱崎PA・箱崎ロータリーへの行き方でした。 それでは、箱崎PAの内観や様子などをレポートします。 箱崎PAの駐車台数などの様子 駐車場は大型も普通車もそこそこ入る 駐車スペースは多くはないですが、少なくもない印象です。 わたしは平日夜19時頃つきましたが、とくに問題なく駐車できました。 EVなど電気自動車の充電ステーションはありません。 ガソリンスタンドもありません。 大型車は屋外に2台ほど停められるスペースがあります。 車いす用の車は休憩コーナーに一番近い場所にあります。 箱崎PAからの夜景をチェック 箱崎PAは、箱崎ロータリーや箱崎JCTに囲われているため、夜景は辰巳などよりは、ごく不通です。 車がびゅんびゅん滑走する姿を見られるわけでもなく、都心のタワーマンションが見られるわけでもありません。 逆に地元のビルや町並みが間近に見られます。 トイレ・自販機などPA内の様子 箱崎PAにも居ました~、ETC2. 目と鼻がETC、ほっぺが2. 0になっています。 箱崎PAの休憩コーナーの様子。 自販機とトイレがあり、テーブルやイスはありません。 必要最小限です。 利用できる施設の案内。 ETCの利用明細のプリンターは2台です。 ちゃんとちゃんとな箱崎PA。 トイレは男女、多目的とあり、男性の方にも赤ちゃん対応あります。 自販機は一般的価格で良心的。 箱崎PAは 全面禁煙ですので、タバコの自販機はありません。 箱崎ロータリーについての掲示がしてあります。 イラストで見ても、やっぱり複雑です。 首都高パトロールカーがかっこいい 箱崎PAにはなんと首都高パトロールカーが間近で見られる駐車スペースがあります。 後ろから。 メッセージを表示する電光掲示板などあって、まじまじと見てしまいます。 このように運が良ければ、パトロールカーが見られますので、箱崎PAに来るとなんか得した気分になりますね。 喫煙スペースはありません 箱崎PAは全スペースで禁煙です。 喫煙スペースはゼロです。 「首都高速道路株式会社東京東局のビルの3階部分」にあるため、万一があってはいけませんので、禁煙が徹底されています。 >> 外にも喫煙スペースはありません。 喫煙所を探してそとのほうへうろうろしている人もいました。 万一に備えて、スプリンクラーもかなり大量に配置されていました。 ここまで大量のスプリンクラーは見たことが私はなりません。 とにかく、高速道路での火災という大惨事を起こさないためにも、禁煙は遵守しましょう。 アイコスとか最新タバコもダメですよ。 徒歩では出入りできません 箱崎PAは、徒歩での入場も出ることもできません。 これは他の首都高でも同様です。 近くに高速バスのターミナルがあることはありますが、ここへの行き来も流石にできません。 というか 絶対にしてはいけません。 箱崎PAで、徒歩での出入りするという声がよほど多いのか、箱崎PAのいたるところに「徒歩で出入りできません」とあります。 絶対に徒歩で出入りしないで下さい。 徒歩で行けるのは隣接の高速バスターミナルだけ 箱崎PAへ徒歩で行ってはいけません! 箱崎ロータリーには、高速バスターミナルのシティターミナルがあります。 高速から箱崎PAを目指す時の看板や標識の目印にもなっています。 シティターミナルへの入り口は、高速高架下にあり、ここへは徒歩でも行けるのですが、 ここまでです!。 ただし!シティターミナルからは箱崎PAへは徒歩では行けません。 危ないですので、絶対にしてはいけません。 >> 箱崎PAは、幻のPAと呼ばれるだけあって、たどり着きますと本当に奥の深い、魅力的なPAでした。 まだ行かれたことのないかたは、ぜひ行ってみてはいかがでしょうか。 お疲れ様です。 関連情報リンク 公式の箱崎ロータリーのPDFマップ。 >> 封鎖されることもある箱崎PA。 なんかそそりますね。 >> 箱崎JCT、箱崎PA、箱崎ロータリー、もう箱崎ラブです。 >> 代々木から攻めているのは、よく分かってらっしゃる。 >> 3つの入り方があります。 >> 走り屋さんは交通ルールを守って、安全運転をこころがけましょう。 >> こちらは4K動画で箱崎PAからの動画です。 >> 箱崎JCTは渋滞の定番でもありますよね。 >> 箱崎PAは超難易度のPAです。 初心者は上記ストリートビューでちゃんと予習してから臨みましょう。 >> まとめ 今回の首都高PAレポートは本当に疲れました・・・。 行くのもそうですが、記事を書くのにもストリートビューで確認するわけですが、何重にも重なる道路のアップダウンをさせられて、とても苦労しました。 とはいえ、貴重なパトロールカーを間近で見られるなど、行けたときの感動は格別です。 この記事が少しでも、皆さんのお役にたてば苦労も報われますので、予習の参考にしてみてください。 首都高ってホント奥が深いですね。 ・プライバシーについて 当ブログではGoogleアナリティクスとcookieを用い、個人を特定しない範囲でアクセス状況を記録しています。 Google側ではその情報をGoogleアカウントと紐付けパーソナライズ広告に利用しています。 その情報は取り扱いに注意しつつ、内容充実や企画立案など、皆様のお役に立てるよう活用しています。 パーソナライズド設定をオフにするには、Google公式ページを御覧ください。 ・広告について 当ブログでは運営のために、Amazonアソシエイト・プログラム、及び、バリューコマース、リンクシェアジャパン、アクセストレード、A8. net の運営するアフィリエイトプログラムに参加しています。 それらのリンクからユーザー様が該当サイトにて購入されたとき、サイトが紹介料を獲得します。 TwitterやInstagramなどSNSで公開された投稿については、本文の説明上必要と思われます著作権法で認められています「引用」としての利用として、ASPの埋め込み引用機能(エンベッド)を用い掲載をしています。 ・免責事項について 当ブログの記事の内容や感想については、あくまでも個人的な見解となります。 また、記事執筆当時の情報で、実際の状況や環境によって掲載内容と異なる場合がございます。 万一トラブルや問題、損害が発生しましても、一切の責任を負えません。 あらかじめご了承ください。 Please enable JavaScript.

次の

「箱崎ジャンクション」

箱崎 ジャンクション

読後感を何と表現すればいいのか。 粘つくような都会の澱が身体にへばりつく、重苦しい疲労感を共有できる稀有な 読書体験、というのが率直なところだ。 離婚間近で、パニック障害を抱えた30代のタクシー運転手が、同業他社の運転手に頼まれてクルマを交換するという 意想外の設定にもかかわらず、特記すべきことは何も起こらない。 ところが、三人称の語りの、即物的でありながら常 に身体感覚に根差した描写のおかげで、渋滞する箱崎ジャンクションの象徴する閉塞感にとらわれ、先の見えない焦 燥感に駆られ、爆発寸前のぎりぎりの状況を被虐的に耐え続け、カタストロフィーによるカタルシスが得られることもな い絶望的な主人公の感覚を、身体の内側から浸食されるように感じとることができる。 この感覚がたまらなく快感なのだ。 まるでタチの悪い薬の中毒になったかのように。 もう圧倒されました。 読後、しばらくはタクシーが自分の車の、前後左右に近づいてくると、「この運転手さんは大丈夫だよなあ~」と、その表情をそっとミラーで確かめたりしました。 室田と川上、2人のタクシードライバーが醸しだす独特の雰囲気。 ざらざらした、ひりひりした、暗いもの。 滅亡なんて日常には似合わない言葉だけど、まさにその滅亡に向けてひた走る2人。 妻との離婚、彼女の再婚に心を憔悴させる室田と、離婚して幼い娘を妻にわたしたものの、娘を一目見たさに埠頭公園に通う川上。 憂鬱などという簡単には言い表せない心理。 もっとどす黒く動きのある心。 タクシーという密室で、繰り広げられる果てしない独白と、カーチェイスさながらの室田と川上の交錯は、ラスト近く、高速道でのクラッシュ覚悟の猛スピードに集約されていく。 怖いです。 思いつめた人間の心のベクトルは。 さんざん2人のそれに付き合わされて、読んだ後、本当にほっとしましたもの。 タクシー運転手室田には秘密があった。 毎朝あえて渋滞の箱崎ジャンクションに向かい、そこで精神安定剤を飲みながら、ルームミラーに映る自分を確かめるという作業を行うのだ。 ある日その儀式の場に、同業者川上から電話が入り……。 都内を縦横に走りながら、客の持つ疲れや鬱屈をおのれの中に澱のようにため込んでしまう室田と、室田の相似形の男川上。 二人の対話は加速度的に死を、この世の果てを目指すように思える。 かつて修行僧、ホテル従業員、予備校講師などさまざまな主人公に憑依してきた藤沢周氏の、今回の入り込み方は凄まじく、藤沢氏自身が、室田になり切るために、命がけでルームミラーに対峙するかのような錯覚に襲われる。 私たちは、そんな室田の車に、はからずも乗り込んでしまった客なのか、それとも私たちこそが室田であり、もう一人の自分、川上に翻弄されているのか。 大江健三郎の初期作品以降、現代日本文学を読む必然性なし、と豪語していた、東京勤務神奈川在住の知己は、「全ての地名に、現実よりもリアルな映像が浮かび上がる。 しかもそれは、ひりつくような、澱んだ空気に満ちた車内からの視界だ。 」と絶賛した。 藤沢氏の視界と、走行感覚を共有し、この車の向かう場所を見届けよう。

次の