ラグビー2ch 勢い。 動画ラグビー ラグビー2ch勢いランキングなサイト

ラグビー:2ch勢いランキング

ラグビー2ch 勢い

以前は季刊誌だったそうですが、1975年より月刊誌になったようです。 主な連載として、解体心書や楕円球界定点観測、南アフリカレポートなどさまざまなものがあります。 ワールドカップが近づくと、雑誌本体とは別に展望号が出版されるので、その時期になると楽しみが倍になるでしょう。 さらに、大学ラグビー・トップリーグのシーズンの直前や、スーパーラグビーが始まった直後の雑誌には、別冊付録がついてきます。 別冊付録には選手の紹介があるので、大会前に各選手を詳しくチェックできて便利です。 また、スキルアップ講座が掲載されているのも、ラグビーマガジンの魅力です。 スキルアップ講座では、トレーニングしやすいよう、わかりやすく書かれています。 大人のラガーマンはもちろん、子どもにラグビーをやらせている親は、この本を読ませればラグビーへの思いがより高まることでしょう。 なお、トライネーションズやシックスネーションズの時期になると、海外ニュースのページとあわせて巻末のカラーページでも紹介されます。 海外のことも大きく取り上げてくれるのは、ラグビーの視野がさらに広がりためになります。 2-14練習試合〕 タイガースの熱い戦いを写真で切り取り、興奮を誌面に再現 タイガースフィールドコラム 現場からお伝えします vol. 5 遠藤成 選手の人となりがわかるアンケート企画 月刊タイガースアーカイブ vol. キャリアの熟成期に入ってきた2人の実績を今一度振り返り、日本ロードレース界に残すであろう功績を紐解いていく。 また選手としてだけではなく、人間的な面からも迫る。 ・ファッションモデルでサイクリストの石垣美帆さんと、ぬか床女子自転車ライター大城実結さんふたりによるぶっちゃけ自転車トーク!.

次の

ラグビートレーニング再開のガイドライン|日本ラグビーフットボール協会|RUGBY:FOR ALL「ノーサイドの精神」を、日本へ、世界へ。

ラグビー2ch 勢い

新国立競技場で行われる初のラグビーの試合となった大学選手権決勝で前年度王者の明治大学を破り、11年ぶりの優勝を遂げた早稲田大学。 同大は10日、納会と新体制発表を行う。 一昨年まで4大会連続で選手権4強入りを逃すなど低迷していた名門ラグビー部を、就任から2年で日本一に導いた相良南海夫監督の続投が濃厚だ。 失敗を恐れる姿が許せなかった 監督就任の打診を受けたのは、2017年12月のクリスマスだった。 創部100周年となる2018年度の優勝に向け3年計画で強化を進めてきた山下大悟監督が、成績不振により任期を1年残して辞任。 OB会からの推薦を受け、急遽大役を引き継ぐこととなった。 最多15回の大学選手権優勝を誇る強豪にして国内屈指の人気校の指揮官に指名されたのだから、名誉であるのは間違いない。 もっとも当時の早稲田は、2年連続大学選手権で初戦敗退するなど苦境にあえいでいた。 火中の栗を拾うような思いもあったのは確かだろう。 試練はさっそく訪れる。 復活に向け勢いをつけるはずの試合で、チームはいきなりつまずいた。 この試合の後、普段はめったに声を荒げることのない相良監督が、語気を強めて厳しい言葉を部員に投げかけた。 負けたからではない。 失敗を恐れ、チャレンジしようとしない選手たちの姿勢が、我慢できなかった。 「春はトライアンドエラーを重ねて成長していこうと言っていたのに、『失敗しちゃいけない』という風にしか映らなかった。 負けたことじゃなく、そういう後ろ向きの姿が悔しかったので、怒りました。 『監督が変わって思うようにいかないのは俺のせいにしてくれていい。 でもその前に、自分たちがやるべきことをやってないんじゃないか?』と。 その時くらいですね、負けた後にキツいことを言ったのは」 厳しく指摘し合うことで、チームが変わった 大きく世代の異なる選手たちとどう接するか。 どんな競技のどのカテゴリーの指導者にも共通するテーマだろう。 この点で相良監督が「幸運だった」と語るのは、自分自身がちょうど現部員と同世代の子どもを持つ父親だということだ(注:長男の隆太は現在立教大学3年生でラグビー部所属。 次男の昌彦は早稲田大学の1年生で、レギュラーとして大学選手権決勝に出場した)。 「私自身もそうなのですが、今はできるだけ子どもに失敗させたくないからと、保護者が先にレールを敷いてしまう。 そういう環境で育ってきているから、子どもも『失敗してもまた次がある』という感覚をなかなか持てない。 でも監督を務めるうえでそんな親心はいらないと思っていたし、失敗しない限り成長はない。 そういうプロセスで進めたのが、かえってよかったのかなと思います」 もちろん当初は部員にも戸惑いがあった。 「そんなこと言ってもどうせ失敗したら怒られるんだろうな、と受け取る選手は多かったと思います」。 それでも根気強く言い続けていくうちに、選手は徐々にチャレンジすることをためらわなくなった。 日体大に敗れた約4か月後の夏合宿ではディフェンスにターゲットを絞って臨み、前年まで大学選手権で9連覇していた帝京大学との練習試合で28-14と勝利。 さらに戦力充実の大東文化大学、東海大学にも敗れたものの接戦を演じて、大きな手応えをつかむ。 こうした経験を通じて、選手との信頼関係はより強固になっていった。 一方で、波風立たせぬことをよしとしていたわけではない。 むしろ「ほめて伸ばす」へと安易に傾く風潮には違和感を感じるし、言うべきことは厳しく指摘するというスタンスは、相良監督の中で一貫している。 2018年シーズンの秋頃、3軍以下の4年生数人が腐りかけていたことがあった。 彼らが早稲田のラグビー部で活動するのはあと3か月余り。 その間にレギュラーになる可能性はほぼない。 そんな現状に投げやりになっていた部員の姿を見て、相良監督は厳しく叱責した。 「今のお前らの姿を見せたら、下の学年からは『あんな先輩にはなりたくない』と思われるだけだぞ、と。 現在の部員世代の特徴を、相良監督はそう語る。 特に今季は、1年時から主軸として活躍してきた主将SH齋藤直人、SO岸岡智樹、CTB中野将伍の4年生3人の存在が突出しており、互いに力を認めているからこそ、ミスや課題を厳しく指摘できないところがあった。 しかし昨年12月1日の明治大学戦で7-36の完敗を喫した後は、遠慮するような空気はなくなった。 「周囲の選手も『あの3人はすごいから』という感じでなかなか言えない状況でしたが、早明戦の後は、コーチの権丈(太郎)がそこを容赦なく突っ込んでくれたこともあって、どんどん言い合うようになった。 決勝までの40日間でチームが変わったのは、そういうことがあったからなんです。 言わなきゃいけない時は言わなきゃいけないと、あらためて思いますね」 多くのファンの期待を受けるプレッシャーにも、チームを率いる最高責任者としての信念はぶれなかった。 その確固たる意思が、11年ぶりの大学日本一の歓喜をもたらした。 取材・文:直江光信 1975年熊本市生まれ。 県立熊本高校を経て、早稲田大学商学部卒業。 熊本高でラグビーを始め、3年時には花園に出場した。 現在、ラグビーマガジンを中心にフリーランスの記者として活動している。 著書に『早稲田ラグビー 進化への闘争』(講談社).

次の

11年ぶり復活V 早大ラグビー部を目覚めさせた指揮官のカミナリ

ラグビー2ch 勢い

九州の逸材が五輪で羽ばたく-。 W杯日本代表WTB福岡堅樹(27=パナソニック)に憧れる福岡高CTB谷山隼大(3年)が、先輩に続く同校からの日本代表を目指す。 W杯の福岡の活躍に「身近で憧れ。 世界トップクラスのスピードがすごかった」と言い「大学でステップアップし日本代表を目指したい。 五輪も出てみたい」と夢を描いた。 福岡と同じ玄海ジュニアラグビースクールで育ち、小6時、福岡のおさがり練習着で練習していたという。 いとこが、福岡と同学年で10年花園に出場した縁もあり「プレーが格好良くて」と憧れの福岡高進学を決意した。 中学から、福岡の父が営む歯科医院で作ったマウスピースを愛用するなど身近な存在だった。 ラグビーと同時期に小1から6年間続けた相撲で足腰が鍛えられたコンタクトに自信を持つ。 中学では、ラグビースクールに通う傍ら陸上部に所属、中3でやり投げ県3位、幅跳び県8位など運動神経抜群でまだ伸びしろ十分だ。 第1志望は早大。 名門校でのさらなる成長を望んでいる。 福岡大ラグビー部出身の父の影響で小1から玄海ジュニアラグビークラブで始め、福間東中では陸上部にも所属。 福岡高ではBKだが、U-17や高3で優勝した国体(東福岡主体)はFWを経験。 50メートル走6秒3。 183センチ、86キロ。 家族は両親と姉、妹2人。 photo• スポーツ 渡辺一平「真摯に考えて」豪雨被害の地元大分へ神妙 []• スポーツ [7月16日 23:25]• 水泳 [7月16日 20:31]• 東京オリンピック2020 [7月16日 19:59]• 東京オリンピック2020 [7月16日 19:37]• スポーツ [7月16日 18:09]• ラグビー [7月16日 17:50]• コラム [7月16日 17:22]• 水泳 [7月16日 17:04]• 東京オリンピック2020 [7月16日 14:45]• 東京オリンピック2020 [7月16日 14:45]• テニス ハレプ、8・3開幕の女子テニス再開初戦出場へ意欲 []• テニス [7月14日 8:44]• テニス [7月10日 10:46]• テニス [7月6日 9:21]• テニス [7月5日 10:12]• テニス [7月4日 11:05]• テニス [7月3日 0:18]• テニス [7月2日 9:35]• テニス [7月2日 9:35]• テニス [6月28日 20:03]• テニス [6月28日 9:58]• 陸上 大迫傑、コロナの怖さ「感じることない」米国で練習 []• 東京オリンピック2020 [7月16日 14:45]• 東京オリンピック2020 [7月16日 14:45]• 陸上 [7月16日 14:35]• 陸上 [7月15日 20:43]• 陸上 [7月15日 20:38]• 陸上 [7月15日 20:03]• 東京オリンピック2020 [7月15日 19:00]• 陸上 [7月15日 18:38]• 東京オリンピック2020 [7月15日 18:32]• 陸上 [7月15日 10:37]• フィギュア ハーディングは司法取引で刑務所入らず…見えぬ真相 []• コラム [7月16日 11:00]• フィギュア [7月15日 16:35]• フィギュア [7月15日 16:06]• コラム [7月15日 11:00]• コラム [7月14日 14:14]• フィギュア [7月14日 11:00]• フィギュア [7月14日 8:14]• フィギュア [7月13日 17:17]• フィギュア [7月13日 8:02]• フィギュア [7月13日 8:01]• バレー バレー代表小野寺太志「自分と違う」若手台頭に刺激 []• バレーボール [7月15日 20:37]• 東京オリンピック2020 [7月15日 7:12]• 東京オリンピック2020 [7月14日 20:42]• バレーボール [7月13日 19:40]• バレーボール [7月10日 23:18]• バスケットボール [7月8日 8:00]• バレーボール [7月7日 18:56]• バレーボール [7月6日 21:42]• バレーボール [7月4日 11:05]• バレーボール [7月4日 11:05]• バスケ B1秋田、デイビスと契約合意 ニカは島根へ移籍 []• バスケットボール [7月16日 9:56]• バスケットボール [7月15日 8:55]• バスケットボール [7月14日 19:39]• バスケットボール [7月14日 12:15]• バスケットボール [7月14日 8:13]• バスケットボール [7月13日 23:25]• バスケットボール [7月13日 19:04]• バスケットボール [7月13日 17:47]• バスケットボール [7月13日 17:40]• バスケットボール [7月13日 13:46]•

次の