ハブ と マムシ の 違い。 アオダイショウ・ハブ・ヤマカガシの違いは?!

HUBとスイッチングHUBの違い

ハブ と マムシ の 違い

マムシの毒牙 (画像提供:(財)日本蛇族学術研究所) 日本には陸上では マムシ・ハブ・ヤマカガシの3種類の 毒蛇(毒ヘビ)がいます。 いずれの毒蛇も水田や畑、野原、山林、水辺など、私たちが普段生活をしたり、アウトドア趣味を楽しむ環境の中に普通に生息しています。 言わば私たちはこれら毒蛇と一緒になって生活しているのです。 厚生労働省の人口動態調査によると、1997年から2004年の間に、毒蛇に咬まれて死亡した人は毎年4~18人いました。 平均すると年間約10人ほどが尊い命を落としていることになります。 ここでは、日本に生息する3種類の毒蛇について、その 毒性(=毒の強さ)を半数致死量LD50で比較して示します。 毒蛇の毒性比較 マムシとハブ 毒性はマムシのほうが強いので要注意 「マムシ(蝮=まむし)は小型でおとなしく、ハブに比べたら毒性も低くて危険も少ない。 」 一般にはこのように思われているのですが、それは正しくありません。 じつはマムシの毒性はハブよりも強く、年間に毒ヘビの咬傷事故で死亡する人のほとんどが、マムシに咬まれて尊い命を失っています。 南西諸島を除く日本の各地に分布し、水辺や草むら、土手、山地、森林などあらゆる場所に生息しています。 全長45-80cmほどの小型のヘビですが、毒性が強く、毎年3000人ほどが咬傷被害にあって、そのうち10名ほどが尊い命を落としています。 死亡率は0. 渓流釣りや沢登りで岩場に不用意に手を突いたり、キノコ採りで落ち葉を素手で払うよう行為は非常に危険ですので十分に注意しなければなりません。 体長は最大で2mを越えるものがあり、山地や森林、平地、人家の周辺まで幅広い環境に生息しています。 時には餌のネズミを追って屋敷や家屋内にも侵入します。 ハブ咬傷被害の約30%がこれらの民家敷地内で生じています。 毒性はマムシよりも弱いのですが、体格が大型で、咬まれると大量の毒液が注入されるため危険です。 直ちに病院にいって手当を受ける必要があります。 長い間無毒と考えられていましたが、1972年に中学生が噛まれて死亡する事故が起きてから、毒蛇として認識されるようになりました。 上あごの奥歯(後牙)と首筋の2箇所から毒液を分泌します。 ただ、ヤマカガシは本来おとなしいヘビなので、捕まえたり誤って踏みつけたりしない限り咬まれることはありません。 半数致死量(LD50)による毒性比較 半数致死量(LD50)とは、実験動物に毒物を投与したとき、その半数が死亡する体重1kgあたりの用量 mg をいいます。 LD50には、皮下注射・筋肉注射・静脈注射・腹腔内注射・経口投与などがあり、それぞれで数値が異なります。 ヘビ毒の毒性比較をする場合には、一般に皮下注射(皮下 LD50)が使用されます。 さて、その皮下LD50で比較する「日本三大毒蛇」の毒性は次のようです。 当然ながらLD50の数値が小さいほど毒性は強いことになります。 意外な感じがしますが、ヤマカガシが一番強い毒をもっているのです。 ヤマカガシは本来おとなしい蛇で、咬まれることはめったにありませんが、万一かまれたりしたら大変です。 里山歩きをしているとよく目に付く蛇ですが、十分に注意しなければなりません。 次いで、第2位がマムシ。 ハブ毒の約3. 4倍の毒性です。 ヤマカガシより毒性は弱いとはいえ、マムシはやはり恐怖です。 落ち葉や枯れ枝にまぎれて姿が見えない、どこにいるか分からない。 そんな恐怖が常につきまといます。 アウトドア趣味・MENU キャンプ情報• 死ぬほど危険な生き物情報• 三浦半島の海あそび情報• カヌー・カヤック情報• 激流のアクティビティ• 雪原のアウトドア情報• フットサル情報• 淡水釣り・渓流釣り情報• 海釣り・磯釣り情報• 潮汐情報(干潮と満潮)• 気象情報(天気予報)• 世界の自然・景観• 世界の驚愕ニュース• アウトドア雑学• ~日本の貝・食べられる貝• ちまたの話題• の総合情報• 地震・火山の防災対策• AMP Accelerated Mobile Pages• ヘビ毒(出血毒と神経毒) ヘビの毒には、クサリヘビ科に代表される「出血毒」と、コブラ科に代表される「神経毒」があります。 マムシやハブなどは出血毒です。 出血毒は唾液と同じ消化液が強力に進化したものです。 タンパク質を溶かし血管組織を破壊していきます。 そのため咬まれるとすぐに激痛が襲い、内出血が拡大していきます。 出血のため患部は腫れ上がり、ひどい場合には筋肉細胞が壊死を起こしてダメージをより深めていきます。 手当てが遅れたり、咬まれた部位あるいは注入毒量によっては循環器全体や腎臓にも障害が広がって、ひどい場合には死に至ります。 一方、コブラやウミヘビなどのコブラ科の神経毒は、神経を麻痺させて相手を動けなくする効果があります。 神経毒は出血毒のような激しい痛みは伴いませんが、即効性があり、致死性が高くてきわめて危険です。 咬まれた時の症状は、しびれ、運動麻痺、知覚麻痺、呼吸困難などで、死亡率は出血毒よりはるかに高くなります。 死亡のリスクは神経毒のほうが高く、逆に出血毒は死亡リスクは低いものの細胞壊死による後遺症障害が残るリスクが高いといえましょう。 なお、ヤマカガシの毒は出血毒ですが、マムシやハブとは少し違っていて、血液凝固作用(プロトロンビンの活性化)が主な作用です。 血管内に微小な凝固を発生させることで凝固因子を消費させ、逆に出血を止まらなくしてしまいます。 そのため、ヤマカガシの毒を「溶血毒」と呼ぶこともあります。 ヤマカガシの毒には細胞を破壊する成分はありません。 そのため腫れや痛みはほとんどなく、受傷後数時間から1日ほど経過したあとで出血傾向が現れます。 全身におよぶ皮下出血、内臓出血がおこり、重篤な場合は急性腎不全や脳内出血を引き起こし死に至ります。 いずれにしても、毒蛇に咬まれないことが第一ですが、万が一にも咬まれた場合にはできるだけ早く病院で治療を受ける必要があります。 病院での治療は血清投与が中心になります。

次の

これですっきり解る!?ルータとハブの違いをどこよりも解りやすく解説|やさしくねっと.

ハブ と マムシ の 違い

マムシと蛇の違い 今回、蛇とマムシを区別して紹介していますが、 マムシも蛇の一種です。 蛇には無毒な種類と有毒な種類がいて、 マムシは有毒グループに入る、というイメージがわかりやすいと思います。 ただの蛇とマムシは、体の大きさで区別がつきます。 マムシは基本的に小ぶりで、全長は 45㎝~80㎝程度。 蛇の場合、頭から尻尾の先までが一本の線のように見えますが、マムシは エラがやや張っていて、コブラに近い顔つきをしています。 蛇と言えばとぐろですが、 マムシはとぐろを巻きません。 アウトドア中にいきなり蛇に遭遇した時はまず大きさと頭部をチェックして、マムシかどうかを判断しましょう。 Sponsored Link ハブにも注意! ちなみに、危険なのはマムシだけではありません。 毒蛇の代名詞と言えば、やはり ハブでしょう。 マムシと同じく クサリヘビ科に分類され、大きいものでは 全長メートルを超えます。 毒性はマムシに及ばないものの、噛まれると 毒液がすぐに体内をめぐってしまうので注意が必要です。 ヤマカガシについて ヤマカガシもまた、要注意グループの一種です。 マムシとは違って ユウダ科に分類され、 鋭い毒牙が特徴。 基本的におとなしい性格なのでむやみに人間に噛みつくことはありませんが、刺激には敏感に反応するので、うっかり踏みつけないように気をつけましょう。 素手でつかまえるのも厳禁です! Sponsored Link 蛇の毒性 注意すべき蛇の種類について紹介してきましたが、次に 蛇の毒性についてもチェックしておきましょう。 蛇の毒性は、 LD50という数値で比較できます。 LD50は「 半数の人が死に至る毒の強さ」を表し、新薬の致死量検査にも使われています。 それでは、先ほど紹介した蛇たちの毒性についてみてみましょう。 ヤマカガシ 5. 分布地域も広いので、こちらもこわいヘビと言えそうです。 沖縄ではハブはもちろん、 ヒャン、ハイといった種類の蛇にも注意が必要です。 ただし、蛇の危険度は毒性だけで測れるものではなく、分布の広さや季節、蛇の性格などにも左右されるので、LD50は目安程度にしておきましょう。 もしも噛まれてしまったら… どんな種類の蛇であれ、毒性をもっている蛇に噛まれれば一大事! アウトドア中などで病院に行けない場合は、ただちに 応急処置をする必要があります。 ということで、事前に応急処置の手順をチェックしておきましょう。 応急処置の手順 1. 止血(タオルが最適) 2. 毒の吸引 3. 止血できたら患部を塩水で洗い、熱い湿布をする 4. 患部の消毒 実際には、毒液が完全になくなったと判断できるまで、 「2」と「3」を繰り返し行います。 口で吸いだすことも可能ですが、衛生面を考えると吸引器の使用がベスト。 アウトドアの際には、万一にそなえて吸引器を携行するのがおすすめです。 応急処置後の対応としては、絶対安静、 アルコール摂取の禁止などが重要です。 また、タンニン酸には蛇毒を無毒化する作用があり、タンニン酸溶液を使うことでより早く解毒することができます。 もしもかまれた場合は、施設の管理人の人などに常備してあるかなどをきいてみましょう。 そして、噛まれて数日間は 水分を多めに摂り、尿による毒の排出を促しましょう。 打撲などと違い、患部を冷やすのは逆効果となります。

次の

マムシやハブ以上の毒性。日本の無名陸生毒蛇「ヒャン」はこちら。

ハブ と マムシ の 違い

三角形に近い形。 猫のような縦長の瞳孔をしています。 夜行性ですが、日光浴目的で日中に出てくることもあります。 向こうから積極的に近づいてきて咬まれることはありませんが、人が来てもじっとしている傾向があり、気づかずに踏んで咬まれる事故例が多いです。 咬まれても必ず死に至るわけではありませんが、日本国内で毒蛇に咬まれてなくなるケースのほとんどは、このマムシによるものです。 子どもの時は目がクリっとして愛嬌ある顔なのも特徴。 マムシと異なり、丸い瞳孔をしています。 体色は、個体差・地域差で違いがあり判別がしにくく、西日本では、アオダイショウに酷似するものもあります。 カエルを好むため、川沿いなど、水場周辺に多く見られます。 性質はとてもおとなしく、咬まれることは少ないですが、毒性は極めて強く危険です。 毒には強い血液凝固作用があり、血管内で血栓を形成し、体の防衛反応として現れる溶血作用と相まって、皮下や消化管などでの内出血を引き起こす傾向があります。 また、首元にも防御用の別の毒をもっています。 マムシと同じく、猫のような縦長の瞳孔をしています。 比較的、攻撃的な性格です。 ネズミを好むため、人家周辺や、サトウキビ畑にも出現し、被害を受けることがあります。 毒性はニホンマムシよりも弱いですが、毒量が多いため、甚大な被害を引き起こします。 症状としては患部の腫張、筋肉の壊死にはじまり、皮下出血や、腎機能障害などにおよび、後遺症につながる場合もあります。 基本的に夜行性で、昼間は穴の中や草地内で休んでいることが多いです。

次の