イデコ おすすめ 金融機関。 【最新版】iDeCo(イデコ)を始めるおすすめのネット証券・金融機関は?投資信託銘柄と選定理由をランキング形式で紹介

はじめてイデコ|iDeCoのおすすめ金融機関徹底解説

イデコ おすすめ 金融機関

当記事ではそんな「イデコどこがいい」という疑問に答えます! iDeCo(以下:イデコ)は加入者が掛金を長期で積み立て、運用し、将来に給付金を受け取る確定拠出型の年金制度です。 「イデコの口座を開設したいけど金融機関ってどこがいいの?」と思い、当記事をご覧いただいているのではないでしょうか。 それもそのはず。 イデコを扱う金融機関は現在200社以上もあり選択するには迷わないわけありません。 では「どこでもいいからはじめてしまおう!」となりますが、 イデコ口座は1人1口座しか開設ができません。 さらにイデコの給付は原則60歳以降という長期運用となるため金融機関選びは どこがいいかしっかりと確認することが大切です。 そこで当記事では「どの商品」に投資し積み立てていくかという前に欠かせない イデコおすすめの金融機関について徹底的に比較し解説していきます。 イデコおすすめ金融機関• 上記金融機関はどこも口座管理手数料が0円という最強コスパ金融機関・証券会社で間違いありません。 なので、 「イデコはどこがいいの?」と聞かれたら上記の証券会社は真っ先におすすめしたい金融機関となります。 もし30代から60歳まで約30年近く毎月にかかるコストが違えば、当然最終的なコストもかわるのでバカにできないことを以下の表で示しています。 手数料 楽天証券 ゆうちょ銀行 加入手数料 2,829円 2,829円 運用手数料 0円 255円 国民年金基金 1,236円 1,236円 運営管理手数料 768円 768円 年間コスト(30年) 2,004円(60,120円) 5,064円(151,920円) ネット証券会社の代表として楽天証券とほぼ口座を持っているゆうちょ銀行との手数料を比較しました。 ゆうちょ銀行だと30年で約10万円(91,800円)お金が掛かります。 イデコは長期運用が絶対なため上記の7金融機関がいかに優れているのが分かるはずです。 イデコどこがいい:低コスト運用商品 イデコの金融機関として運営管理手数料がかからない金融機関をおすすめしましたが、イデコには運用する投資信託にも信託報酬というコストが掛かります。 投資信託は元本割れするリスクがあるため、元本割れし手数料で取られてしまっては大切なお金を託す意味がありません。 前述した手数料同様に、長期運用する必要があるためいかに低コストでリターンが期待できる運用商品を選択するかがポイントです。 先程絞り込んだ金融機関ごとに選択できる商品数が違うため、各社で取り扱う商品について比較します。 金融機関 元本保証型 投資信託 1 36 1 31 1 24 1 23 1 21 1 11 1 4 上記表を見るとSBI証券が商品数NO. 1なので、商品選択できるラインナップが最も多いことが分かります。 その投資信託の中でも低コストと言われる商品への投資がイデコの必勝ポイントになります。 「インデックスファンド」と言われる投資信託は低コストが特徴で、反対に「アクティブファンド」は運用益を狙える可能性もありますが、高コストでハイリスクです。 長期的な資産形成はコツコツを低コストで運用することが望ましく、コストとリターンのバランスの取れた商品を選択できる金融機関の選択が必要です。 イデコ金融機関を比較!おすすめランキング.

次の

iDeCo(イデコ)でおすすめな金融機関を選ぶ方法

イデコ おすすめ 金融機関

iDeCo(イデコ)取り扱いのある金融機関10社を比較すればおすすめが見えてくる? 本記事では、iDeCo(イデコ)を取り扱っている10の金融機関を比較しつつ、金融機関の 選び方や注意ポイントなどを考察します。 比較する金融機関は、・・・・ろうきん・イオン銀行・みずほ銀行・りそな銀行・野村證券・十八銀行の10種類です。 数値や名称等は記事執筆時点のものです。 idecoに関する基本的な情報は「」をご覧下さい。 iDeCo(イデコ)を取り扱う金融機関、選ぶポイントは? コストは実質的な運用成果を押し下げるだけのもの 最初に注意したいのが、 コスト(各種経費)についてです。 投資におけるコストとは、どのようなものでしょうか?結論を先に書きますと、投資におけるコストとは、「 実質的な運用成果を押し下げるだけのもの」です。 一般的なコストのイメージは、かければかけるほどに「良いもの」が出来上がるイメージではないでしょうか。 例えば、住宅です。 普通に考えれば1千万円の住宅よりも、1億円の建築費をかけた方が「良い住宅」になると考えられます。 これが一般的なコストのイメージです。 ただし、投資の世界では必ずしもそうとはいきません。 いったい、どういうことでしょうか。 これが全体の9割程度を占めていると言われています。 そして彼らは「 おりこさん(難しく言うと効率的)」です。 すると、どのようなことが起こるでしょうか?「おりこうさん」ばかりの世界ですと、 誰かがコストをいくらかけても良い成果に結びつきません。 それは、「おりこうさん」ばかりの平均が大変に優れている(効率的)からです。 これは「おりこうさん」が優れていればいるほど、そして「おりこうさん」が増えれば増えるほど、平均が優れていく(効率的になる)ことを意味します。 この、いわゆる平均と呼ばれるものが「国内株式・国内債券・先進国株式・先進国債券」などの 市場平均を指しています。 そのため理論上は、長期で見た場合、むしろ コストをかければかけるほどに市場平均を下回ってしまう成績になるのだと考えられます。 コストが低い金融機関を選ぼう! 実質的な運用成果を求める式としては、大変にシンプルに表すことができます。 また、コストが高ければ、実質的な運用成果が押し下げられます。 さらに別の言い方をしますと、運用成績を改善するには、コストを下げることが必要です。 そのため、投資におけるコストとは、「実質的な運用成果を押し下げるだけのもの」と考えられます。 しかし、iDeCo(イデコ)では、 運用益が非課税で再投資され、かつ所得控除や受け取り時の税制優遇まである。 一言でいうと「積み立て投資においては、非常にお得な制度」だと思われる。 最初だけかかります。 本記事ではそこに着目して見てみます。 受け取り時にも手数料がかかる。 また、その他にも還付手数料(多く払いすぎたりした場合、お金を戻してくれる際に発生する手数料)や移管手数料(iDeCo(イデコ)口座を他の金融機関に移すときに発生する手数料)がある。 信託銀行と呼ばれる場所で管理しています。 そのため、 金融機関が破たん・倒産しても、私たちの資産は安全です。 ただ、信託銀行もボランティアではありませんので当然 コストがかかります。 また、国民年金基金連合会でも費用が発生するものがあります。 そのため、コストを考える場合は、 トータルで考えることが重要です。 上記の「 口座管理手数料(毎月かかる)」とは、 トータルで毎月かかるコストを表しています。 確定拠出年金の運用資産は信託財産として信託銀行で管理されていますので、運営管理機関が破綻した場合も、ご安心ください。 預金商品又は保険商品を提供する金融機関が破綻した場合は、預金保険機構又は生命保険契約者保護機構の取り扱いに準じます。 各運用商品の具体的な保護内容は、運営管理機関にお問い合わせください。 iDeCo(イデコ)でおすすめの金融機関をチェック それでは金融機関での毎月かかるトータルコストにあたる「口座管理手数料(毎月かかる)」について見てみましょう。 【金融機関選びの際の注意ポイント】トータルでの口座管理手数料をチェックする 金融機関のHPでは「 iDeCo(イデコ)での運営管理料がゼロ円」と表示されている金融機関もあります。 ただ上記にすでに記しましたように、トータルでの口座管理手数料としていくらかかるのか?が重要です。 見てみましょう。 【おまけ】それぞれの金融機関で理論上のおすすめ商品は? 上記10社の金融機関の理論上のおすすめ商品については、こちらの記事をご覧いただければ幸いです。 iDeCo(イデコ)おすすめ金融機関の選び方まとめ• iDeCo(イデコ)では、金融機関ごとに口座管理手数料が異なる• iDeCo(イデコ)の口座管理手数料は積み立て時には毎月かかる• iDeCo(イデコ)でも、コストは運用成果にプラスに作用しないので、安い方がベターと考えられる コストと運用成績には相関性は基本的に「ない」または「はっきりと認められない」と考えられます。 ですので、投資信託のコストにせよ、金融機関にかかるコストにせよ、安い方がベターだと考えられます。 一例ですが、毎月167円かかり、40年間(480カ月)行った場合はいくらかかるでしょうか。 結果は80,160円です。 また、コスト高い金融機関では600円近くかかることもあります。 仮に毎月600円かかった場合は、40年間(480カ月)で288,000円となります。 ただ、上記で見ましたように、 競争が働いていますので主要な金融機関では同様に最低水準になっています。 その中から選択すれば、どこで行っても同様です。 より大切なのは、何を選ぶか、どう組み合わせるか、どう運用するか、ではないでしょうか。

次の

iDeCo(個人型確定拠出年金)はどこがいいか。おすすめ金融機関はここだ!!

イデコ おすすめ 金融機関

専業主婦、公務員も昨年から加入できるようになった確定拠出年金。 個人型の加入者数はついに100万人を突破した H30. 8時点 企業年金連合会より TVでCMも放送中だ。 テレビではイデコという単語を使っているがネットを見ると違う言葉も。 iDeCo イデコ =確定拠出年金=個人型DC いろんな形で表現される。 ざっくり同じと考えよう。 ネットから店舗型。 証券会社から銀行まで。 iDeCoを扱う金融機関。 実に その数200社以上。 しかしそのサービス内容、会社によって個々に異なる。 中には割高な手数料でせっかくの節税メリットが薄くなってしまうことも。 だからこそ慎重に選びたい。 iDeCo 確定拠出年金 の金融機関を比較した この記事では確定拠出年金の金融機関の比較を ・手数料 ・商品本数と内容 ・サービスや特徴 以上3つの観点からの比較をして本当におすすめできる金融機関を決定していく。 これからの加入を考える人の参考になれば幸いだ。 忙しい人の為にざっくりと結論を伝えると ネット証券で運用管理手数料無料 ・ ・ ・ ・松井証券 ・KDDIアセットマネジメント 店舗型で運営管理手数料無料 ・イオン銀行 ・大和証券 一部の金融機関ではiDeCoの資産残高に応じて割引、また無料となるところも。 しかし無条件で無料なところがあるのだからそこで選んだ方が間違いない。 有料だからといってパフォーマンスが良くなるわけではないのだから。 手数料で年間での費用はどう変わる? イデコの年間にかかる手数料を金融機関ごとに比較してみた。 加入時の費用はどこでも同じで2,777円。 初回の積立金額から引き落とされるイメージをしてもらって問題ない。 しかし年間で見たコストは? 運用管理手数料が無料と楽天証券とSBI証券。 それらと比べてメガバンク、たとえば三井住友やUFJ銀行などでは 年間で3,060円の手数料差が発生することになる。 1年だと3000円ほどの受取差額。 年数が経つごとに差は複利の影響を受けて膨れ上がる。 その最終的な金額をシミュレーションしてみた。 10年で3万5000円の差となり、23年でついには10万円以上の差が開く。 手数料の 無料はマストだ。 商品本数比較。 SBI証券が圧倒的 次に商品本数を比較してみる。 圧倒的なのはSBI証券。 手数料が無料の金融機関の中ではそれに続いて 楽天証券が追いかける。 ただしSBI証券(オリジナル)は2023年までに順次商品数が35本まで絞られる。 店舗型よりもネット証券の方が商品数が多い傾向だが一部でそうはならない場合も。 ゆうちょ銀行は元本保証タイプの商品が充実、りそな銀行は幅広い資産クラスに低コストでの投資ができる商品が揃っている。 運用の手数料さえ無料ならおすすめできた金融機関。 商品内容でも比較する 商品数が多いことよりもその内容を重視したい。 ・ インデックスファンドであれば低コストさ ・ アクティブファンドであれば実績とリターンが備わったファンドがそろっているか 以上2点を運用手数料無料の金融機関から見ていこう。 インデックスファンドのコストから。 2018年12月時点に更新しました ・SBI証券 ・楽天証券 ・マネックス証券 ・イオン銀行 ・松井証券 5つ巴の熾烈な争い。 差は小さいが現状1番低コストな金融機関は マネックス証券 と言えそうだ。 それぞれの資産クラスに信託報酬が最安基準の eMAXISslimシリーズがラインナップ。 同シリーズ、他社のコスト引き下げがあればすぐ対抗してコストの引き下げをするから今後も安心。 また 受益者還元型信託報酬という点もポイントだ。 受益者還元報酬とは ファンドの純資産総額が一定の金額を超えると、その超えた部分についての信託報酬が安くなるという仕組み。 名実ともに低コスト競争の常に一歩を歩み続ける。 また見た目は低コストだが少し問題があるシリーズも。 それがニッセイのインデックスファンド。 2016年11月、トランプ大統領就任の際に連動する指数との乖離 マイナス0. 1日で0. ただし最近は改善傾向にある。 アクティブは2つの商品があるかどうか ジェイリバイブDC年金と ひふみ年金。 2つとも国内株式のアクティブファンド。 その長期的なリターン実績とリスク管理の徹底さは他のアクティブファンドを突き放した魅力を持つ。 2018年のパフォーマンスは落ちたものの過去3. 10年ではインデックス投資を凌駕する成績を残していることは事実。 割安さが出てきた今はチャンスとも捉えられる。 イデコで買うメリットとして割安な信託報酬も上げておきたい。 内容は同じだが専用の低コストファンドとなっているのだ。 2%ほどの差ではあるが100万円運用すれば2,000円もの違いに。 その差は複利となって更に広がる。 ジェイリバイブDC年金が買えるのは ・ ・ ひふみ年金が買えるのは ・ ・ ・イオン銀行 ・松井証券 SBI証券、マネックス証券がどちらもラインナップ。 ただし、2つともそれを保有する意味はあまりない。 またあくまでもアクティブファンド。 自分がそのコストに見合う価値があると思えることが最も重要。 個別に商品を確認 手数料無料の金融機関6つ まずはSBI証券から 圧倒的な商品数となるので廃止されるファンドを割愛したがそれでも多いSBI。 ニッセイ、iFreeなど低コストのインデックスファンドはもちろん、人気アクティブファンド ひふみそしてジェイリバイブも積立可能だ。 2019年の日本中小株は割安感もあり大きなリターンが期待できる。 追記:セレクトプランが発表 2018年11月1日よりSBI証券がiDeCo新プラン「セレクトプラン」をスタート。 より低コストになることはもちろん今までは投資できなかったS&P500や全世界株式へと積立ができるようになった点もポイント。 アクティブファンドでも人気の「 ひふみ年金」をはじめ、普通であれば専用の口座を持たないと投資ができない「 セゾン投信」2種類が追加。 楽天証券、マネックス証券に比べても引けを取らない。 というよりもiDeCoの商品ラインナップが最も優れている証券会社となった。 また現在のプランは「オリジナルプラン」と名称が変わり運用者は無料でプランを変更することが可能。 SBI証券へとプラン変更届けを当月の5日までに送付することで ・翌月の掛金からは新プランの商品を選択でき ・オリジナルプランの商品は現金化される 現金化のタイミングは選べないので、オリジナルプランのうちにリスク資産は解約しておくのがベターだ。 楽天証券はこちら 楽天証券も最近になり商品数を増やしてきた。 信託報酬の低さに加えて実質コストも評価される たわらシリーズがインデックスファンドにラインナップ。 楽天全世界・全米株式は昨年より追加となったがFOYでも圧倒的な指示を受けた超人気ファンド。 こちらが積み立てれるiDeCoはだけだ。 マネックス証券はこちら 厳選された商品ばかりで無駄のないラインナップが特徴。 インデックスファンドではコスト面で他の追随を許さない eMAXIS Slimがラインナップ。 ずっと安い安心感。 アクティブファンドでも日本中小株クラスで最も人気の高いファンドとなる『 ジェイリバイブ』や「 ひふみ」がラインナップ。 更に2018年10月からはS&P500への投資ができるようにもなった。 松井証券はこちら マネックス証券と同じくeMAXISSlimシリーズを中心にラインナップ。 商品数の少なさは気になるが逆に言えば初心者でも迷いにくい。 インデックスファンドの最安値を追いかける覚悟が見える。 大和証券はこちら ネット証券ほどとはいえないが十分低コストなインデックスファンド。 「つみたてインデックスファンド」シリーズのラインナップにより更に低コスト化。 ただし 新興国株式と債券がないことには注意したい。 特筆すべきはアクティブファンドでの BRICsへの投資。 普段ならかかる買い付け手数料もiDeCoでは無料となるのがお得感。 イオン銀行はこちら ネット証券に負けないほどの低コストを誇るのが店舗型のイオン銀行。 インデックスファンドには たわらシリーズがラインナップ。 今後の信託報酬の引き下げにも期待が持てる。 アクティブファンドにも人気ファンド『 ひふみ』を揃えた。 商品数は多くないが不足感の無い優れたラインナップとなる。 マネックス証券が商品内容はベスト は最も優れた商品ラインナップと断言できる。 ・インデックスファンドはeMAXISSlimを揃えた最安コスト ・アメリカ株式はS&P500とダウを選択できる ・アクティブファンドは人気ファンド「ジェイリバイブ」「ひふみ」。 それぞれ2つをラインナップ まさに隙が無い。 2018年11月からはに「セレクトプラン」が設定された。 マネックス証券のiDeCoにはない ・全世界株式 への低コスト投資が可能。 しかし「セレクトプラン」にも1つ弱点がある。 それは 商品数が34本と確定拠出年金の商品数の上限「35本」までの余裕が1つしかないこと。 1年ごとに投資のトレンドは若干変わるので、ある程度商品数には余裕があることが望ましい。 ましてやプランをもう1つ追加なんてさすがにできない。 はの商品数が24本。 そういった点でまだまだ顧客の希望を叶える商品の追加ができるのだ。 実際に2018年10月にS&P500への投資を追加している また元本保証型商品についてはイオン銀行とSBI証券を除く証券会社は定期預金(1年)の利息が0. 01%。 SBI証券は0. 02% 1年 イオン銀行は5年タイプの0. 05%となっている。 それぞれの証券会社の運用商品のおすすめは以下の記事でまとめているので参考に。 ・(オリジナル)は ・(セレクト)は ・ は ・ は ・は ・イオン銀行は サービスや特徴の比較 基本的には手数料と商品内容で考えるだけで問題ないが、特筆すべき点についてを比較していく。 店舗型とネット。 その違いは"聞ける事" 上にあげた、 運用管理手数料無料の6つの金融機関。 全て独自の無料セミナーを開催している。 ただしその多くが大都市のみとなることが多い。 ・イオン銀行 ・大和証券 これら2つの対面型金融機関はやはり店舗で聞くことができるメリットだ。 複雑な手続きも人に聞けるから迷わない。 ただし特に難しい手続きでもなく、商品選択は自分で決める方が効率もいい。 ネットに慣れている世代であればネット証券で決めた方がその後の運用も楽だろう。 管理のしやすさは楽天証券が最強 スマートフォンでもすぐに残高確認 手数料無料の金融機関の中で、最も資産管理がしやすいのは楽天証券。 証券口座とiDeCo口座の一括管理が可能。 資産運用という大きな箱でのiDeCoという枠を直感的にとらえやすい。 リバランスやスイッチング時は特に便利 随時ユーザビリティーについては各社で改善がされている 楽天証券がスマホ対応など。 ただし現状マネックス証券のiDeCo管理画面はグラフ表示がなくやや遅れ感あり。 今はやりのロボアドバイザーは? (楽天証券:5つのタイプの資産配分を選択) 以下の3つの証券会社はタイプが似ている。 ・大和証券はiDeCo投資スタイルナビ ・マネックス証券はiDeCoポートフォリオ診断 ・イオン銀行はスマートフォリオ それぞれのロボアドバイザーはあなたに合わせた運用商品の配分(ポートフォリオ構築)と商品の選択までを行ってくれる。 商品をダイレクトに選ぶアドバイザーもある。 ・SBI証券のiDeCoロボ こちらはおすすめの商品を3つほど選択してくれる。 商品数が多いSBIのiDeCoにとっては指針としやすいサービスだ。 ただし上にあげたアドバイザー。 いずれも口座開設をしないでもできる。 現状、ロボアドバイザーの有無はイデコの金融機関を決める上で大きな指標にはならない。 楽天証券は特にロボアドバイザーはない。 ただ 自分のリスク許容度にあった商品選択の補助をしてくれる機能があるので不足感は無し。 また結局のところアドバイザーの言う通りに資産を運用する人はまだ少ない。 イデコはNISAと違い、いつでも保有する商品を切り替えることができて、これから買う商品も選択できる。 その自由さ故にロボアドバイザー通りの運用をすることは逆に難しくなってしまうわけだ。 給付面でも比較してみる iDeCoは証券会社ごとに給付方式も異なっている。 優秀なのは楽天証券、マネックス証券、イオン銀行。 ・給付期間が5年~20年で年単位で選択可能 ・一時金と年金を組み合わせて受給可能 自由に調整ができることで退職金の額に合わせてうまく節税をしながら手取金額を増やすことも可能だ。 03%のポイントが貰える は昨年の12月からその資産残高に応じてをプレゼントするキャンペーンを行っている。 (投資信託保有残高の0. 03%) 50万円の残高があれば150ポイントが年に2回もらえるということに。 ポイントは期間限定ではなく通常ポイントだ。 楽天銀行と連携すれば普通預金の金利も0. まとめ 確定拠出年金は手数料と商品の内容を第一に見るべき。 それらを踏まえると ・SBI証券 ・楽天証券 ・マネックス証券 以上3大ネット証券のiDeCoは全て優秀。 甲乙がつけがたい。 現在最も商品数が多い金融機関は SBI証券 低コストファンドから魅力的なアクティブファンドまで。 67本もの商品がそろった SBI証券は最も資産運用の自由がきく証券会社に。 常に最安コストを走り続ける「eMAXISSlim」シリーズをラインナップ。 S&P500への投資もできるようになり まさに隙なし。 金融機関の個性で選ぶのもあり 上にあげた金融機関はどれも低コスト商品が取りそろっている。 また各社は常にけん制しあっているので改善もどんどん進んでいく。 よってどれを選んだとしても失敗はない。 だからこそ ・イオン銀行には商業施設の中にあるという強み ・楽天証券には楽天ポイント そんな他社に真似できない魅力を軸に選んでみるのも面白い。 それでも金融機関が決めれないというのであれば。 今1番おすすめなのは マネックス証券。 商品内容がインデックス・アクティブファンド含めて最も優れていることはもちろん、給付方法に自由が効くので税金面でメリットがあることもポイント。 iDeCoは老後のための資産形成。 だからこそ受取時のことまで考えよう。 ただし自分のように 楽天ユーザーで、買いたい商品が決まっている場合は、が貰える も選択肢へと入れておこう(私は楽天で運用中) 確定拠出年金の1番のメリットは節税にあり 確定拠出年金による年間節税額一覧 そして改めて言うが、確定拠出年金は今後年金が目減りする中で私たちができる老後の準備第1歩。 積立中は所得税と住民税も節税できるメリットもあるので、できるだけ若いうちにはじめておきたい。 ネット証券各社は以下リンクから無料で資料の請求ができる。 まずは気軽に見てみたい。

次の