避妊 パッチ evra エブラ。 避妊パッチ エブラ−女性の医薬品の個人輸入なら『いろはウェブショップ』

避妊パッチ エブラ−女性の医薬品の個人輸入なら『いろはウェブショップ』

避妊 パッチ evra エブラ

エブラは、です。 有効成分のノルエルゲストロミンとエチニルトラジオールを含有しています。 エブラは、28日(4週間)を1サイクルとして使用することで、妊娠を防ぎます。 エブラに含有されている有効成分のノルエルゲストロミンとエチニルトラジオールは、それぞれ黄体ホルモンと卵胞ホルモンです。 これらの女性ホルモンを定期的に皮膚から吸収することにより、に必要なホルモン(、FSH)の分泌量を減らして、を起こらなくします。 とは異なり、エブラはパッチ製剤の避妊薬です。 用法 28日(4週間)を1サイクルとして、毎週、同じ曜日に新しいパッチを1枚使用します。 上腕外側、腹部、臀部にパッチをお貼りください。 第4週目は休薬期間ですので、パッチを貼らないでください。 注意事項 本剤は外用としてのみお使いください。 パッチを切らないでください。 月経初日24時間以内に、最初のパッチをお使いください。 あるいは、月経開始後、最初の日曜日から、パッチをお使いください。 月経初日が日曜日の場合は、その日からお使いください。 日曜日から使用するサンデースタートの場合、最初の7日間は別の避妊方法を併用してください。 ただし、月経初日が日曜日であった場合は、この限りではありません。 パッチは、胸の上や、炎症を起こした皮膚などの敏感な部位には貼らないでください。 また、貼付部位は毎回、変えてください。 パッチを貼る前に、皮膚が清潔で乾燥していることをご確認ください。 パッチを貼る部位は、ローションやクリーム、オイル、パウダーを使用したり、化粧をしたりしないでください。 パッチが剥がれてしまったときは1日未満の場合、すぐに新しいパッチをお貼りください。 剥がれている期間が1日以上であったり、不明確であったりする場合は、新しいパッチを貼り、新たな28日(4週間)サイクルを開始してください。 また、最初の7日間は別の避妊方法を併用してください。 動脈または静脈のリスクが高い方 または他の、プロゲスチン感受性のがん疾患を患っている方 肝腫瘍または肝疾患を患っている方 医師に診断されていない異常な子宮出血がある方 妊娠している方 副作用 乳房症状、悪心、嘔吐、頭痛、腹痛、月経困難症、不正出血、月経障害、、不安症状などの症状が現れる場合があります。 その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。 成分 Norelgestromin 6mg Ethinylestradiol 0. 75mg ノルエルゲストロミン 6mg エチニルトラジオール 0. 75mg haerukami.

次の

エブラ通販|避妊パッチ3枚|低用量ピル|効果・副作用

避妊 パッチ evra エブラ

エブラは、です。 有効成分のノルエルゲストロミンとエチニルトラジオールを含有しています。 エブラは、28日(4週間)を1サイクルとして使用することで、妊娠を防ぎます。 エブラに含有されている有効成分のノルエルゲストロミンとエチニルトラジオールは、それぞれ黄体ホルモンと卵胞ホルモンです。 これらの女性ホルモンを定期的に皮膚から吸収することにより、に必要なホルモン(、FSH)の分泌量を減らして、を起こらなくします。 とは異なり、エブラはパッチ製剤の避妊薬です。 用法 28日(4週間)を1サイクルとして、毎週、同じ曜日に新しいパッチを1枚使用します。 上腕外側、腹部、臀部にパッチをお貼りください。 第4週目は休薬期間ですので、パッチを貼らないでください。 注意事項 本剤は外用としてのみお使いください。 パッチを切らないでください。 月経初日24時間以内に、最初のパッチをお使いください。 あるいは、月経開始後、最初の日曜日から、パッチをお使いください。 月経初日が日曜日の場合は、その日からお使いください。 日曜日から使用するサンデースタートの場合、最初の7日間は別の避妊方法を併用してください。 ただし、月経初日が日曜日であった場合は、この限りではありません。 パッチは、胸の上や、炎症を起こした皮膚などの敏感な部位には貼らないでください。 また、貼付部位は毎回、変えてください。 パッチを貼る前に、皮膚が清潔で乾燥していることをご確認ください。 パッチを貼る部位は、ローションやクリーム、オイル、パウダーを使用したり、化粧をしたりしないでください。 パッチが剥がれてしまったときは1日未満の場合、すぐに新しいパッチをお貼りください。 剥がれている期間が1日以上であったり、不明確であったりする場合は、新しいパッチを貼り、新たな28日(4週間)サイクルを開始してください。 また、最初の7日間は別の避妊方法を併用してください。 動脈または静脈のリスクが高い方 または他の、プロゲスチン感受性のがん疾患を患っている方 肝腫瘍または肝疾患を患っている方 医師に診断されていない異常な子宮出血がある方 妊娠している方 副作用 乳房症状、悪心、嘔吐、頭痛、腹痛、月経困難症、不正出血、月経障害、、不安症状などの症状が現れる場合があります。 その他、なにか異変を感じた際は速やかに医師の診察をお受けください。 成分 Norelgestromin 6mg Ethinylestradiol 0. 75mg ノルエルゲストロミン 6mg エチニルトラジオール 0. 75mg haerukami.

次の

低用量ピル・避妊ピル Evra(避妊パッチ)

避妊 パッチ evra エブラ

エブラの効果• エブラは、避妊パッチです。 有効成分のノルエルゲストロミンとエチニルエストラジオールを含有しています。 エブラは、28日(4週間)を1サイクルとして使用することで、妊娠を防ぎます。 エブラに含有されている有効成分のノルエルゲストロミンとエチニルエストラジオールは、それぞれ黄体ホルモンと卵胞ホルモンです。 これらの女性ホルモンを定期的に皮膚から吸収することにより、排卵に必要なホルモン(LH、FSH)の分泌量を減らして、排卵を起こらなくします。 経口避妊薬とは異なり、エブラはパッチ製剤の避妊薬です。 エブラの用法• 28日(4週間)を1サイクルとして、毎週、同じ曜日に新しいパッチを1枚使用します。 上腕外側、腹部、臀部にパッチをお貼りください。 第4週目は休薬期間ですので、パッチを貼らないでください。

次の