薄力粉 クッキー。 レンジで2分チンするだけ!材料3つで作れるお手軽クッキー

薄力粉と小麦粉の違いって?代用できる?お菓子やクッキーを作るときは?

薄力粉 クッキー

クッキーを手作りしようとすると、粉を計量してふるいにかけ、卵やバターと混ぜあわせ、でき上がった生地を冷蔵庫で30分~1時間程度寝かせて、成型して、高温のオーブンで焼いて・・・と手間と時間がかかるもの。 でも、暑い夏にオーブンはなるべく使いたくないし、できればもっと簡単に作りたい! と、ズボラ度MAXでオーブン不要の作り方を調べてみたら・・・なんとオーブンの代わりに電子レンジを使うレシピを発見! しかも、材料はたった3つだけ? その驚きの作り方とは!? 材料は3つだけ!量りもオーブンも不要! クッキー作りに必要な材料は3つ。 薄力粉、砂糖、サラダ油だけ! クッキー作りの定番材料である、卵やバター、バニラオイルは要りません。 自宅に常備しているものだけで作れるのは、思い立ったときにすぐに作れて嬉しいですよね。 もうひとつ驚きなのは、このレシピ、 量りも不要なんです。 その代わりに使うのは、大さじと電子レンジ!「電子レンジって、まさか、オーブン機能を使うオチじゃないよね・・・?」と思った方、どうぞご安心を。 ちゃんとレンジ機能オンリーでクッキーが完成しちゃうんです! それでは、作り方の詳細を見ていきましょう! 今回の料理はこちらのレシピを参考にしました。 5~3(粉がまとまるように分量は調整を) 【使用する道具】 ・大さじ ・ビニール袋(ジッパー付き保存バッグがあればベスト) ・クッキングペーパー ・耐熱皿 ・電子レンジ 【クッキーの作り方】 1. 薄力粉と砂糖をそれぞれ大さじですくってビニール袋に入れる。 袋の口を閉めて、上下に振って中身が均一になるよう、混ぜ合わせる。 サラダ油を加えて袋の上から揉む。 塊になってまとまったらOK。 これがクッキーの生地となる(ここまで5分くらい)。 耐熱皿の上に敷いたクッキングペーパーに、丸く成型した生地を並べ、レンジで2分加熱。 加熱後は粗熱が取れるまで冷やせば完成! ポイントは生地の硬さ!お好みの材料をプラスして味のアレンジも可能 「1」で大さじですくった薄力粉の量はある程度アバウトでOKですが、「3」で生地がパサパサする場合には加えるサラダ油の分量を増やし、生地がやわらかくなりすぎた場合には薄力粉を追加して、生地が適度にまとまるように調整してください。 また、「3」で加えるサラダ油を大さじ1に変更し、牛乳を大さじ1~2程度加えると、よりしっとりとしたソフトな食感のクッキーが作れます。 ただし、油以上に牛乳はベチャベチャになりやすいので注意してください。 「4」で成型しづらい場合には、2本のスプーンではさむようにして丸めるとやりやすいです。 なお、「2」のときに好きな材料を加えると、味を変えて楽しむことができます。 今回は、ココアパウダーと、抹茶パウダー&牛乳で試してみました。 きな粉やゴマなども相性が良さそうです。 さまざまなアレンジを楽しみましょう! レンジで作ったクッキーの仕上がりは? できあがったクッキーがこちら! 見た目はしっかりクッキーです! 味はどうでしょう? まずはプレーン。 一口食べてみると・・・サクサクして、甘くて、おいしいー! 娘たちも大満足で「おいしい」を連発していました。 プレーンも、外は白っぽかったのですが、中はこんがりした茶色! 電子レンジで加熱しただけなのに、オーブンでしっかり焼いたような食感&色でびっくり! ココアは、ほろ苦いビターな味が大人におすすめ。 抹茶は牛乳をプラスした結果、しっとりしてソフトな食感に仕上がりました。 粘土みたいな感触で形を作って子どもも楽しめる! 手作りバター、マシュマロアイスに引き続き、今回も幼稚園年長の長女と一緒に作業しましたが、細かい計量もなく、とっても簡単なので、1回伝えただけで材料とやり方を覚えてさくさく進行。 粉状だった材料がだんだん塊になっていく感触が楽しかったようです。 今回は丸いクッキーにしましたが、生地を平らにのばして型抜きをしたり、ひも状にした生地をハート型や星型にして、形がかわいいクッキーを作ってみてもおもしろそうですね。 なお、「クッキーの生地って粘土みたいだね~」と言った長女の言葉に「そういえば・・・」と調べてみたところ、薄力粉に水と少量のサラダ油を加えると「小麦粉粘土」が作れるそう。 小麦粉粘土は、食べても人体に害がないので、乳幼児用の粘土として自宅で作る方も多いですよね。 クッキー作りがまだ難しいお子さんには、ママがクッキーを作る隣りで、小麦粉粘土で遊ばせてあげてもいいかもしれません。 子どもたちも大好きなクッキー。 夏休みに親子で一緒に作ってみてはいかがでしょうか?.

次の

おいしくて簡単なクッキーの作り方が本当に簡単すぎてやばい!| 簡単解決.com

薄力粉 クッキー

スポンサーリンク クッキーを強力粉で作ることは可能!でもちょっと食感が違います。 家庭で作るお菓子の代表がクッキーです。 恋人や子供さん・お友達のためにクッキーを手作りされたことがある方も多いと思いますが、いざクッキーを作ろうと思った時に「強力粉しかおうちにない!」という経験はありませんか? 「同じ小麦粉だし大丈夫かな。 」と思って使った方、「クッキーは小麦粉だから。 」と諦められた方、きっと様々いらっしゃるのではないでしょうか。 実は、クッキーは強力粉で作ることは可能です。 しかし、薄力粉と強力粉はグルテンと呼ばれる「水分と反応すると弾性や粘りが出る成分」の量が異なります。 強力粉はグルテンの量が多く、薄力粉はグルテンの量が少ない小麦粉です。 つまり、弾性や粘りが強い強力粉でクッキーを作ると 硬い食感のクッキーができるということです。 スポンサーリンク 強力粉を薄力粉の代用としてクッキーを作るときのコツ 強力粉を薄力粉の代用としてクッキーを作ることはもちろん可能です。 食感が硬いクッキーが好きな方は強力粉でクッキーを作る方が好みかもしれません。 しかし、硬すぎるクッキーはあまり美味しくないので、強力粉を使用してクッキーを作る際は少し工夫がいります。 まずは、生地を作る際に 練り過ぎないことです。 クッキーなど小麦粉を使用した料理は、練れば練るほどグルテンが発生します。 そのため、強力粉を使用したクッキー生地を練れば練るほど硬くなり美味しくなくなるというわけです。 そして、2点目が 粉類の分量です。 クッキーのレシピに「薄力粉100g」と記載がある場合、強力粉なら80g~90gに減らし、じゃがいもが原料の片栗粉やとうもろこしが原料のコーンスターチなどの粉類を20g~10gプラスすると硬過ぎないクッキーに仕上がります。 グルテンが強すぎる強力粉を片栗粉で「薄める」みたいな感じですね。 この時、あまり練り過ぎないように気を付けましょう。 お好みで、砂糖やきな粉・粉砂糖やジャムをトッピングしても美味しくいただけますよ。 薄力粉・中力粉・強力粉の違い。 使い分けはこうする! 小麦粉には 薄力粉と 強力粉の間に 中力粉という小麦粉も存在します。 その名の通り、薄力粉と強力粉のグルテン量の間に値する小麦粉です。 では、この薄力粉・中力粉・小麦粉はどのような特徴や使い分けをすればよいのかをご紹介したいと思います。 薄力粉の特徴と使い方 【特徴】 粉はきめ細かくしっとりとしており、サクっとした軽い食感やふんわりとした柔らかい食感を出したいお料理に適しています。 たんぱく質の割合が8. 【おススメの料理】 ケーキなどのお菓子全般・天ぷら・唐揚げなど 中力粉の特徴と使い方 【特徴】 薄力粉と強力粉の間の粘りや弾性をもち、ふんわり過ぎず粘り過ぎない食感を出せる粉です。 【おススメの料理】 うどん・お好み焼き・タコ焼き 強力粉の特徴と使い方 【特徴】 粉は比較的粗く、薄力粉に比べるとサラサラしています。 【おススメの料理】 パン・パスタ・ピザ・餃子の皮など このように小麦粉一つで特徴や食感の出方が異なるので、レシピなどに記載されている通りの小麦粉を選ぶことがお菓子やお料理を失敗しないポイントと言えるでしょう。 また、どの小麦粉もニオイを吸着しやすい性質があるので、ニオイの強い食材の近くには保管しないようにしましょう。 そして、湿気にとても弱い性質もあるので保管するときは、涼しく乾燥した場所に保管し、密閉容器に入れ、害虫が侵入しないようにも注意しましょう。

次の

クッキーを焼こう

薄力粉 クッキー

調理で使用する粉は様々なものがあります。 小麦粉・片栗粉・てんぷら粉・上新粉・米粉…などなど挙げるときりが無くなるくらいの粉類があります。 今回はその中から6種類の粉を選び、クッキーを作って食べ比べをしてみました。 薄力粉と比べるとグルテン量が多いために粘り気が強いと言われてはいますが、なぜクッキーやケーキ作りには使われないのか気にはなるところです。 中でも卵黄粉はポイントが高いです。 おいしいクッキーを作ることができれば、グルテンフリーのお菓子ができちゃいます。 目標はさっくり香ばしい焼き加減です。 ですが、 きなこ+薄力粉で作っているため、きなこ単体でのクッキーづくりは初めてとなります。 片栗粉と言えば、とろみ付けか、から揚げ粉としてに使われる方が多いと思います。 家にはあるけど、出番が限られている片栗粉は果たしてお菓子として生まれ変わることができるのでしょうか??? 今回のクッキーづくり・食べ比べのルール 一応検証ですので、なるべく条件を揃えたいと思います。 使用する材料は 各粉50g・砂糖15g・バター15g・サラダ油10gとし、基本はこの配合で形成するものとする。 ただし、生地がまとまらなかったり、硬すぎる場合には調整用として粉を足したりサラダ油を足したりすることもある。 クッキー生地はアイスボックスクッキーで統一する。 焼き時間も統一し、6種を一斉に焼くこととする。 どの粉を使用して作ったものかは伏せて子ども2人に食べてもらい、感想を聞く。 (ここで生地の状態によって硬さを調整します。 生地をこねているときにまとまりやすかったのは、薄力粉とてんぷら粉でした。 特にてんぷら粉の生地は扱いやすく、表面も滑らかで一番作りやすかったです• 意外にも強力粉はこねた時のまとまりが悪く、手にざらつき感がありました。 米粉やきなこもまとまりが悪く、サラダ油を追加してやっとまとまりました。 片栗粉はこの分量ではどろどろになってしまい、粉を追加しました。 6種類の生地を作るため、わからなくなってしまわないように番号を振り、一応粉名も記入しました。 以降、この配置通りにクッキーを並べていきたいと思います。 5ミリの厚さにカットして、それぞれ6枚づつオーブンシートに並べます。 生地を焼く オーブンで焼くこと15分後… 6種類のクッキーができました!!ちょっとくっついてしまったものもありますが、ここも大目に…💦 せっかくなので1枚づつお皿に分けてみました。 (配置はそのままです) あれ?ココアクッキーってあったっけ?いやいや、黒っぽいのはきなこクッキーです。 小2男子の中では断トツの最下位だったようです。 私の感想 第3者に審査してもらうと言っても2人は子どもですので、作った本人ですが一応私も審査に加わろうと思います。 ですが今回、私の中ではあくまで 基準値。 けれども、黙って出されたら何の違和感もなく食べることができる。 普通においしいクッキー。 上記2つと比べると、少しボリューミーな感じはある。 慌てて食べるとむせそう…💦小麦粉とは風味が違うことがはっきりと分かる。 焼き菓子だけど、和菓子っぽい感じあり。 柔らかすぎる落雁のようなものができあがった。 かる~い歯ざわり。 卵ボーロに似た食感。 個人的には結構好き。 6種を食べた結果、 きなこ以外はおいしいという結論でした。 適当な💦と思われるかもしれませんが、 それぞれの粉の良さや特徴を分かった上で食べるならば、「新食感クッキー」として充分にありだと感じたからです。 きなこは…きなこクッキーを作るときには薄力粉と合わせて作るほうがきなこの風味や味わいが生かせますね。 きなこ単体では作るのも食べるのもかなりきついです。 尚、 赤字は生地の固さ調整のため、分量を増やしたものです。 薄力粉クッキー• 薄力粉 50g• 砂糖 15g• バター 15g• サラダ油 10g 強力粉クッキー• 強力粉 50g• 砂糖 15g• バター 15g• サラダ油 13g てんぷら粉クッキー• てんぷら粉 60g• 砂糖 15g• バター 15g• サラダ油 10g 米粉クッキー• 米粉 50g• 砂糖 15g• バター 15g• サラダ油 20g きなこクッキー(注:おいしくないです)• きなこ 50g• 砂糖 15g• バター 15g• サラダ油 15g 片栗粉クッキー• 片栗粉 55g• 砂糖 15g• バター 15g• サラダ油 10g さいごに 思い付きと興味本位でいろいろな粉でクッキーづくり、食べ比べをしました。 全体的には思いのほか上手に焼きあがり、おいしく食べることができたのではないかと感じます。 薄力粉の代用品として、強力粉やてんぷら粉でクッキーづくりは充分可能です。 小麦アレルギーの方は米粉クッキーでグルテンフリーでサクサククッキーを作って楽しめます。 片栗粉クッキーも食感がザクザクしていてなかなかおすすめです。 基本は 粉・砂糖・バターの3つがあれば簡単にできるクッキーですので、自宅でも気軽に作ることができます。 ぜひ、自分の好みにあったクッキーを作ってみてはいかがでしょうか? metarumama.

次の