三井住友visaゴールドカード メリット。 三井住友VISAゴールドカードはコスパ最強!メリットデメリットまとめ

三井住友VISAゴールドカードはコスパ最強!メリットデメリットまとめ

三井住友visaゴールドカード メリット

icon-check-square 関連記事 また、三井住友トラストクラブカード(正式では「Sumi TRUST CLUB」)というクレジットカードがありますが、三井住友トラストVISAゴールドカードとは別会社です。 同じ三井住友信託銀行系列の会社ですが、別のクレジットカードです。 話を戻します。 三井住友トラストVISAゴールドカードは国際ブランドはVISAのみです。 VISAであれば世界シェア1位なので、使用に関しては全く問題ありません。 ポイント還元率は銀行系やプロパーカードの定番還元率の0. ただ、ステータスの高いクレジットカードを選ぶなら、還元率0. icon-check-square-o 公式サイト(ゴールドカードの項目) クレジットカードで利用した商品を補償する「ショッピング補償」がついています。 年間500万円まで補償してくれるので、高額商品の購入も安心です。 もちろんクレジットカード購入が条件の利用付帯となります。 その他にゴールドカード定番の空港ラウンジサービスも当然付帯します。 三井住友ゴールドカード定番の「ドクターコール24」も利用可能です。 ドクターコール24とは、医療や健康についての相談を医師や看護師などの専門スタッフが24時間年中無休で相談に応じてくれるサービスです。 地味にいつでも相談できるのが、ありがたいサービスですね。 電子マネーの「iD」が利用できますし、Apple Payも利用可能です。 icon-check-square 関連記事 三井住友トラストVISAゴールドカードはゴールドランクのクレジットカードとしては、ステータスが高く機能的には標準と言っていいでしょう。 悪くないですが、三井住友トラストVISAゴールドカードとしての特徴があまりないのがデメリットです。 では、このクレジットカードはおすすめなのか? と言われれば、 プラチナカードにアップグレードする目的ではおすすめです。 そうでなければあえて三井住友トラストカードのゴールドカードを選ぶ理由は薄いと考えます。 シルバーランクのクラシックカードで十分です。 三井住友トラストVISAゴールドカードならプラチナカードのアップグレードを目指したい 三井住友トラストVISAゴールドカードならば、プラチナカードにするための通過点のカードとするのがいいと私個人的には考えます。 なぜかというと、際立った特徴がないゴールドカードに比べてプラチナカードはコストパフォーマンスに優れた、超優良なプラチナカードだからです。 まず、三井住友トラストVISAプラチナカードの年会費35000円です。 三井住友プラチナカードが年会費5万円、アメックスプラチナが13万円ということを考えると、プラチナにしては安い年会費です。 ただ、それでプラチナのサービスが劣っているのか?・・・となると違います。 ざっくり説明しますが、プラチナセレクションと呼ばれる、プライオリティパス無料入会もしくは、グルメプレゼントを選ぶ特典がつきます。 海外旅行に行くなら、圧倒的にプライオリティパスがいいですね。 icon-check-square 関連記事 ロードサービスは無料で付帯しています。 当然プラチナの24時間、年中無休のコンシェルジュサービスも利用可能です。 海外、国内旅行保険は最高1億円補償になります。 桁が変わりますね。 VISAプラチナカード共通の特典も当たり前ですが、利用可能です。 その他プラチナカード特有のサービスが盛りだくさんです。 このサービスが付帯して年会費35000円はコストパフォーマンス良すぎです。 詳しくは公式サイトをチェック このプラチナカードのアップグレードを目的としたゴールドカードの利用はおすすめです。 まとめ ちなみに三井住友トラストVISAプラチナカードは申し込みが可能です。 ですが、申し込み条件がかなり厳しいです。 申し込み最低条件 ・年齢30歳以上 ・年収1000万円以上 この条件に達してないのであれば、ゴールドカードで実績を積んで、インビテーションを待つということになります。 よし・・・プラチナカードを目指すべくゴールドカードに申し込むぞ・・・・と思ったのであっても少し待ってください。 三井住友トラストVISAゴールドカードは審査が厳しいです。 なかなか審査が通りません。 なので、シルバーランクの三井住友トラストVISAカードから始めるのが無難です。 長い道のりになりますが、最低年収1000万円以上なければ申し込むことができないプラチナカードを目指すのであれば必要な道です。

次の

ヒルトン・オナーズVISAカードのメリット・デメリット!持つだけでゴールド会員!?

三井住友visaゴールドカード メリット

三井住友カードのデメリット 三井住友カードのデメリット クレジットカードを作るときに気になるのがカードのデメリット。 クレジットカードを使ってみて 「ポイントが全然貯まらない!」「インターネットで不正利用された!」ということがあるとクレジットカードを使う気がなくなってしまいますよね。 このページでは三井住友カード(旧:三井住友VISAカード)のデメリットについて解説して、そのデメリットの深刻さと解決方法について解説します。 年会費1,250円(税抜)がかかる 最近では楽天カードやイオンカードなどのように年会費無料で使えるクレジットカードも多いですが、 三井住友カードは年会費1,250円がかかるのがデメリットと言えるでしょう。 インターネット申し込みの新規入会キャンペーンで初年度年会費無料になりますが、2年目以降は年会費がかかります。 ただし、 利用明細をweb明細に設定することで年会費が500円割引になるので、申し込み画面で設定するだけで年会費750円に抑えることができます。 マイ・ペイすリボはリボ払いなので通常は分割支払いの手数料がかかりますが、 一括払いになるように支払い金額を登録しておくと当月に支払いが完了するので、リボ払い手数料がかかりません。 登録する手間が少しかかりますが、どうしても年会費無料にしたい方は上記の設定をすると良いでしょう。 web明細は申し込みのときに選択するだけで500円割引になるのでおすすめです。 改定後は、「マイ・ペイすリボ」を登録のうえ、年1回以上のリボ払い手数料のお支払いがあることが条件となります。 ポイント還元率が低い 三井住友カードは毎月のカード利用合計金額200円で1ポイントが付き、1ポイント=1円の価値があるので ポイント還元率は0. 5%です。 楽天カードは100円で1ポイント(1円相当)が付くのでポイント還元率は1%、三井住友カードは他社が発行しているポイント高還元率カードと比較すると還元率が低いと言えます。 ただし、上記のポイント還元率は普通のVISA加盟店で支払いをした場合のポイント還元率です。 三井住友カード会員専用サイト 「ポイントアップモール」を経由してネットショッピングをするとポイント最大20倍になるため、使い方次第では楽天カードよりもポイントを貯めやすいです。 三井住友カードには 年間利用金額に応じたポイントボーナスがあり、獲得ポイントが最大60%アップします。 たとえば年間50万円以上の利用で300ポイント(1,500円相当)のボーナスポイントが貰えるので、ボーナスポイントが貰える利用金額であれば実質ポイント還元率は更に上がります。 ボーナスポイントの獲得条件については下記の表をご覧ください。 前年度の年間利用金額 一般カード会員のボーナスポイント ゴールドカード・プラチナカード会員のボーナスポイント 300万円以上利用 50万円で150ポイント付与、以降10万円ごとに30ポイント付与 50万円で300ポイント付与、以降10万円ごとに60ポイント付与 100万円以上利用 50万円で75ポイント付与、以降10万円ごとに15ポイント付与 50万円で150ポイント付与、以降10万円ごとに30ポイント付与 50万円以上利用 50万円で50ポイント付与、以降10万円ごとに10ポイント付与 50万円で100ポイント付与、以降10万円ごとに20ポイント付与 18歳~25歳限定のクレジットカード 「三井住友カード デビュープラス」であれば、常にポイント還元率が2倍になるため、ポイント還元率が低いというデメリットはありません。 18歳~25歳の方であれば、三井住友カード デビュープラスがおすすめです。 今なら最大8,000円分キャッシュバック! 即日発行できない すぐにクレジットカードが必要なとき、即日発行できないというデメリットがあります。 しっかり入会審査を行っているので審査に時間がかかるという意味では信頼できるのですが、やはり申し込みをしたらできるだけ早く手元にカードがほしいですよね。 即日発行ができないと言っても、三井住友カードは最短翌営業日発行なので十分発行が早いです。 土日を挟んでしまった場合はその分カード発行に時間がかかりますが、月曜日に申し込んだ場合は最短で火曜日にカードが到着します。 申込日から到着日まで最短翌日に到着するのであれば十分です。 当日にどうしてもカードがほしい!という人でなければデメリットというほどでもありません。 入会審査が少し厳しい 三井住友カードは三井住友銀行で有名な「株式会社三井住友フィナンシャルグループ」に属する「三井住友カード株式会社」が発行しているクレジットカードです。 銀行が発行しているクレジットカードなので、 銀行系クレジットカードと呼ばれていて、クレジットカードの入会審査が少し厳しいという特徴があります。 カード申込者が過去に料金滞納や延滞がないか三井住友カード株式会社は信用情報をしっかりと調べます。 もしも過去に支払いに関して問題があったとしたら審査に落ちる可能性があります。 銀行系クレジットカードはお金を運用する関係上、カード利用料金をきちんと返済してもらわなければいけないからです。 もしかすると入会審査で審査落ちとなってしまうかもしれませんが、一度審査に通ってしまえばデメリットでも何でもありません。 また審査が厳しいというデメリットだけを話しましたが、 銀行系クレジットカードはセキュリティがしっかりしているという特徴もあり、クレジットカードを使う上で一番心配な不正利用や情報漏洩に関して安心して使うことができます。 三井住友カード デビュープラスは18歳~25歳限定のカードなので、 収入がない学生の方、新社会人の方でも申し込みOKとなっています。 審査に通りやすいという意味でも、18歳~25歳の方は三井住友カード デビュープラスを申し込むことをおすすめします。 今なら最大8,000円分キャッシュバック! 三井住友カードに大きなデメリットはない ここまで三井住友カードのデメリットについて解説しましたが、実際に 気にするほどのデメリットは存在しません。 それよりも 1,250円の年会費で海外旅行傷害保険が最高2,000万円補償されているというメリットの方が大きいです。 付帯サービスは旅行保険だけではなく、ユニバーサルスタジオジャパンの割引特典、宝塚のチケット割引、国内ゴルフ場の割引などがあり、ネットショッピングでも安心のセキュリティと補償が付いています。 新規入会キャンペーンで初年度年会費無料なので、まず申し込みをしてとりあえずカードを使ってみるというのもありだと思います。 もちろんリボ払いを設定しないで一括払いであれば一切手数料などがかかることはありません。 銀行のクレジットカードなので騙される心配もなく、安心して使えるというのが三井住友カードの最大のメリットです。

次の

三井住友カードゴールドのメリット・デメリット

三井住友visaゴールドカード メリット

三井住友VISAゴールドカードの特典 こちらのページでは、三井住友VISAゴールドカード所有者が受けられる特典やサービスに関する情報を詳しくまとめています。 三井住友VISAゴールドカードの会員特典・サービス 旅行 空港ラウンジサービス 全国28の空港でラウンジが無料で利用可能です。 一流旅館・ホテル宿泊予約プラン 厳選した一流旅館・ホテルの会員制宿泊予約サービス「Relux(リラックス)」が、ゴールドカード会員限定で3,000円割引されます。 ショッピング 三井住友iD ゴールドカードには、チャージがいらない電子マネー「iD」が付与されます。 iDのマークがあるところならどこでも利用可能。 機器にかざすだけで、簡単に決済できるところが魅力です。 カードだけでなく、おサイフケータイとして携帯電話に搭載するかiD専用カードを発行することもできます。 通常カードの2倍のボーナスポイント 前年度のクレジットカードでの買物が50万円の場合、翌年度50万円買物すると100ポイントがプレゼントされます。 セキュリティ カード紛失・盗難のサポートサービス 国内・海外でのカード紛失・盗難連絡を24時間年中無休でサポート。 最高水準の不正使用探知システムを採用し、24時間365日間カードの状況をチェックしています。 不正利用を事前に防止するための体制が整っています。 写真入りICカード発行 裏面に自分の顔写真が入ったカードにすることが可能です。 自分の写真が付いていれば自分のカードだと一目で分かるため、不正利用を未然に防ぎやすいというメリットがあります。 その他 ゴールドデスク ゴールドカードを持つVISA・Mastercard会員限定のデスクです。 フリーダイアルにかければ専任の担当者に繋がり、カードやサービスに関する疑問なら何でも応えてくれます。 ドクターコール24 電話をかけるだけで医師や看護師、保健師などの資格を持つ専門スタッフが24時間体制で相談に応じてくれるサービスです。 相談に回数制限はないので、何回かけても無料。 急病やケガに見舞われた場合はもちろん、病院にかかるほどではないけれど体調が不安だという場合にも気兼ねなく健康相談が可能です。 海外からの相談には対応しておらず、日本国内の相談のみ受け付けています。 条件付きで年会費4,000円 三井住友VISAゴールドカードの通常年会費は初年度無料。 2年目以降から10,800円 税込 となります。 しかし、毎月の明細書をネット上で確認する「WEB明細書」とリボ払いサービスの「マイ・ペイすリポ」に登録するだけで、年会費を4,320円(税込)まで下げることが可能です。 情報誌「VISA」を無料でお届け 三井住友のゴールドカード会員のもとには、「遊びのある暮らし提案」をコンセプトに毎月発刊されている情報誌「VISA」が届きます。 1冊379円(税抜)ですが、ゴールドカード会員は無料で読むことが可能。 国内外の旅行やグルメ、チケット情報、三井住友銀行がスポンサーとなっている宝塚歌劇団の情報などが満載です。 充実した特典・サービスの中でも、特にオススメしたいのは以下の2つです。 【オススメ特典1】気軽に健康相談ができるドクターコール24 医師・看護師・保健師が24時間365日体制で医療関係の質問に答えてくれる電話サービスです。 病院にかけこむほどではないけれど、心配せずにはいられないという不安を解消してくれるサービスだといえます。 例えば、以下のような質問にも医療従事者がきちんと答えてくれます。 「胃炎にかかっているのですが、注意した方が良いことはありますか?」 「赤ちゃんにミルクを飲ませた後に、吐いてしまうことが多くて心配です」 「最近よく頭痛がします。 食欲もないし心なしか視力も落ちてきたようだ。 どうしてだろう?」 利用者の口コミを見てみると「いつ電話をかけてもすぐに対応してくれる」「医師や看護師が電話対応中でもすぐにコールバックしてくれる」という声があり、評判の高いサービスのひとつです。 【オススメ特典2】チャージ不要の電子マネー「iD」が付いている ゴールドカードの中でも三井住友VISAゴールドカードを選ぶ理由は、電子マネー「iD」が無料で付帯するところでしょう。 他社のカードだと年会費・発行手数料がかかることも。 その点、三井住友のゴールドカードを持っている限りはiDが実質無料で使えるようになります。 クレジットカードが使えない自動販売機やファストフード店でも使えてポイントを貯めることができるのも嬉しいところです。 三井住友VISAゴールドカードの会員特典・サービスに関する総評 三井住友VISAゴールドカードのメリットは、年会費を安く抑えつつ空港ラウンジ利用やドクターコール24、電子マネーiDなどの特典を受けられるところ。 通常年会費は10,800円(税込)ですが、簡単な手続きだけで、4,320円(税込)まで下げられます。 ここまで割引できるゴールドカードはそうないので、うまく使えば充実した特典やサービスをオトクに受けることができるでしょう。 ショッピング保険や健康相談ができるサービスもあるので、普段使いに最適なカードだといえます。 また、VISAゴールドカード発行時にMastercardも追加で発行可能という点も他社とは違うポイント。 一緒に発行するとMastercardの年会費が割引されるので、「いつかはMastercardも持ちたい」と考えている方はこの機会に作ってしまっても良いかもしれません。 世界的に見ても圧倒的なシェアを誇るVISAとMastercard、クレジットカードが使えないところでも決済できる電子マネーiDがあれば、世界中のどこにいても支払いに困ることはほとんどないでしょう。 自分のライフスタイルの中でこれらの特典を活用しきれるかどうかを考えてから、カードを選んでみてくださいね。 あわせて読みたい•

次の