平沢 進 big brother。 平沢進 Susumu Hirasawa (P

平沢進とは (ヒラサワススムとは) [単語記事]

平沢 進 big brother

Big Brother ビッグ・ブラザー とは、そのまんま『』、いは『偉大なる』のことである。 初出はの「」内。 概要 Big Brotherの出現は、上記の『』内に遡ることができる。 時は『』、架の。 『 偉大なるがあなたを見守っている』というと共に、の生えた壮年がテに映し出されている。 このこそが、Big Brotherの徴画として作品内では使用されている。 前出の・のと共に有名な『存在』ではあるものの、実質的にはただの徴でしかく、するかは定かではないとされている。 また、作中ではの行き着いたとして描かれた。 詳細に関してはの、及び内のの項を参照して頂きたい。 関連動画 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 関心間は集団の活動を個人のから解放して、ただ群集心理にのみ従う集団を生み出した。 その種の集団は、自らが属した間においた規範を絶対視して、その規範を他の有らゆる間においても強制して省みない。 そうして、と迷惑行為を際限く繰り返して全く省みない、したが、上の言論において支配的に振る舞う様に成った。 個人の権利とに立脚した秩序は、関心間のが増すに連れて、機不全へと陥って行って居るのである。 そうして、々は今まさに、個人義的な法秩序が崩潰して行く過程にわせて居るのである。 40 ななしのよっしん.

次の

キミはその時代に生まれていなかったことを嘆いたことはあるか?~初心者に捧ぐ平沢進のススメ~

平沢 進 big brother

3日悩んで生まれた、我ながら仰々しい記事タイトル。 こんにちは、わたしです。 早速察しが良い皆さんはお気づきであろう、わたしはこれから という音楽使いをざっくり独断と偏見で布教します!!!!! え???誰だって???とりあえずこの記事を読んでくれ、沼から抜け出せなくなるから。 個人差はあるけど。 では諸君、用意はいいか?• まず、とは。 公式のプロフィールもしくは見れば大体分かるはず。 まあ要するに、やること為すこと時代の最先端を行きすぎて「時代が追いついていない」と言われるキャリア40年近くの年齢不詳(64歳)音楽使いである。 愛称は「師匠」、「ヒラサワ」等。 ちなみにファンの呼称は主に「馬の骨」「馬骨」です。 その要因は作る音楽や・ライブ、ソーラーライブとか自作楽器とかいろいろあります。 特に自作楽器。 「チューブラヘルツ」「」なるものや、「レーザーハープ」といったものを作ってはライブでお披露目しております。 ここ最近はレーザーハープにお熱?なのか、いろんな形で改良をしながら今なお進化しております。 これ、イケベ楽器の昨年のライブレポ記事なのですが、トップの写真平沢さんの真ん前にある謎の鉄板4枚、これ「レーザーハープ」です。 実際にライブで見るとレーザーハープからレーザーがあちこちに飛んでてとても良い。 きれい。 また、平沢師匠は言動がとても魅力的で、時折一部ネットで話題になることもあります。 例えば、 この辺りはだいぶ前に騒がれました。 特にのフィギュア化の件はという人物を知りつつあったときだったので、togetterでこの記事を見つけたときは(なんだこの面白おじさん)と腹を抱えて笑いました。 とにかくユニークで自分の世界観が強いお人です。 それ故にとても引き込まれる文章を書くお方でもあります。 これはブログなんですけど、SFっぽい世界観で書かれている記事もあります。 ちなみにわたくし、高校3年の夏休みは受験勉強そっちのけでずっとこれを読み漁ってました。 是非、師匠にはを書いてほしいところ。 比較的入りやすいであろう曲紹介 ある程度人となりを紹介したところで、肝心の曲を独断と偏見で紹介しましょう。 あくまで「初心者に捧ぐのススメ」なので時代はとりあえずナシで、ソロ活動と核の中から個人的に「どちゃくそ推せるわ」というものをとりあえず4つピックアップします。 オーロラ(ソロ4thアルバム『Aurora』収録・1994年発売) 勇ましいオケとは裏腹に優しい歌声が心にしみる一曲。 わたし、サビが特に好きなんですけど、 キミの始まりの日へ キミの始まりの日へ キミの始まりの日へ 帰る日に これがとにかく良くて。 わたしの印象では、時を遡ろうとしているのかわからないけど、キミを失くした事実が大きくて抗いたいという気持ちを感じるんですよね。 そしてだんだんと命は巡っていることを認識していく…みたいな。 ある意味では仏教的観点が入っているのかなとも思います。 この曲が収録されているアルバム『Aurora』では氷で閉ざされた大地や命が停止して再生するような感覚を味わえるかと思うので、気になった方は是非。 パッと惹かれるような曲は少ない分、聴き込むほど全身に心地よさが流れ込んでくると思うので。 そうそうオーロラ、セルフカバーがあと2つありまして、『オーロラ2』『オーロラ3』というまあ何ともそのまんまなタイトルなわけですが、前者はで明るさがあるオケに、後者はオーケストラアレンジでより壮大になっておりますのでそちらも是非。 『オーロラ2』はこちらに。 3はなので公式サイトでどうぞ。 Engine(ソロ5thアルバム『』収録・1995年発売) 東南アジア系の感の中に科学の未来がある。 初めて聴くとこれから何が始まるのか想像がつかないと思う。 わたしもそうだった。 これ以前も世界観独特だけど、特に1995年以降の曲は初見ではより未知の世界過ぎて理解が追いつかないんじゃないかな?歌詞もそうなんですけどね、 アンドロイド弾丸の眼差しで 今朝アンダマンの海を越え 意志に母の心ねは She was made in Malaysia イントロ終わって開口一番これなんですけど、すごくない?わたしはめちゃめちゃ痺れた。 これは聴くSFだ。 というアルバムの雰囲気全体がそうなんだけど、「見知らぬ異国の地(東南アジア)に降り立ってみたら人々がみんなサイバネ化してて、やけに生活が規則正しくて、ついでに言うとこの街が実在しているように見せかけている精巧なホログラムなんじゃね?」みたいな空気感纏っているのよ。 なるほどまさに。 この曲がお気に召したら、同じアルバムに収録されている『環太平洋擬装網』も気に入ると思うので聴いてください。 ジャケ写が各方面でよくネタにされるアルバムでもある。 核P-model1stアルバム『ビストロン』収録・2004年発売 (なんだこのイントロ)と思ってしまった曲。 なんとも不穏な言葉が並べられ、まさにな的世界観。 わたしのファーストはこの曲です。 様々なところで考察が行われているほど歌詞が難解不可思議な御大でありますが、こちらだいぶ直接的で明快な比喩も多く、元ネタが分かればより楽しめる曲となっております。 路上スタンガンの電撃が撃つ群衆の影 これ歌いだしなんだけど、わかりやすいでしょう? その元ネタというのがの小説『年』。 この小説の世界観をギュッと凝縮したのがこの曲と言っても良いのではないかと思います。 こんな調子でアルバム全体的に過ぎて穏やかになれないから、そういうの好きな方は是非。 以上4曲挙げてみました。 曲を聴くだけならとかで探せば聴けます。 本人が違法アップロードを黙認しているそうでそのため削除されないようです。 にもかかわらず現在世界規模でファンが増えていて新規はCDをどんどん買うので、本当にすごいおっさんだな。 ちなみに初めての音楽聴くよ〜って人にいつも言っていることがあるのですが、おそらく3回聴かないと腑に落ちないです。 プロセスだけ書くと、 1回目、あ〜? 2回目、あ〜 3回目、あ〜! となるんですよ。 とにかく騙されたと思って3回聴いてみてほしいです。 そうしたらきっとハマるから…そして沼にずぶずぶ浸かるから…。 沼にすっかり肩まで浸かったころ、きっとこう思うでしょう。 「何故その時代に生まれていない?!当時の師匠の活動を見たかった!」と。 はい、ここで記事タイトル。 これはわたしが幾度となく感じていることで、タイムマシンの完成早よとも思うほどなんですよね。 こんなにも過去へ遡ってまで追っかけて見たいと思うミュージシャンいないです。 いやマジで。 したいそんなキミには をおすすめします。 こちら過去のライブでのエピソードやセトリなどなど有志が情報を提供してくれており、わたしみたいなファン歴も人生も浅い若輩者にも親切なサイトとなっておりました。 公式の企画サイトなんですけどね。 本当にありがたい……足向けて寝れないわ。 最後に あれこれ紹介したわけだけど、これはまだほんの一部に過ぎず流石にキャリア40年にもなろうとしている大御所なので本当にいろんなことをしております。 興味を持ったみなさんはインターネットの深海へ潜っていろんなことを見てほしい。 掴み所ないから。 そうそう、今年は核名義でアルバムが出るそうですよ!師匠は毎回アルバムリード曲を一曲まるまる無料で試聴させてくれるという粋な計らいをしてくれるお方なので、そちらも是非チェックしてはいかがでしょうか。 そして11月の東京公演のライブ会場で馬骨のみんんさと握手!!.

次の

ビッグ・ブラザー

平沢 進 big brother

3日悩んで生まれた、我ながら仰々しい記事タイトル。 こんにちは、わたしです。 早速察しが良い皆さんはお気づきであろう、わたしはこれから という音楽使いをざっくり独断と偏見で布教します!!!!! え???誰だって???とりあえずこの記事を読んでくれ、沼から抜け出せなくなるから。 個人差はあるけど。 では諸君、用意はいいか?• まず、とは。 公式のプロフィールもしくは見れば大体分かるはず。 まあ要するに、やること為すこと時代の最先端を行きすぎて「時代が追いついていない」と言われるキャリア40年近くの年齢不詳(64歳)音楽使いである。 愛称は「師匠」、「ヒラサワ」等。 ちなみにファンの呼称は主に「馬の骨」「馬骨」です。 その要因は作る音楽や・ライブ、ソーラーライブとか自作楽器とかいろいろあります。 特に自作楽器。 「チューブラヘルツ」「」なるものや、「レーザーハープ」といったものを作ってはライブでお披露目しております。 ここ最近はレーザーハープにお熱?なのか、いろんな形で改良をしながら今なお進化しております。 これ、イケベ楽器の昨年のライブレポ記事なのですが、トップの写真平沢さんの真ん前にある謎の鉄板4枚、これ「レーザーハープ」です。 実際にライブで見るとレーザーハープからレーザーがあちこちに飛んでてとても良い。 きれい。 また、平沢師匠は言動がとても魅力的で、時折一部ネットで話題になることもあります。 例えば、 この辺りはだいぶ前に騒がれました。 特にのフィギュア化の件はという人物を知りつつあったときだったので、togetterでこの記事を見つけたときは(なんだこの面白おじさん)と腹を抱えて笑いました。 とにかくユニークで自分の世界観が強いお人です。 それ故にとても引き込まれる文章を書くお方でもあります。 これはブログなんですけど、SFっぽい世界観で書かれている記事もあります。 ちなみにわたくし、高校3年の夏休みは受験勉強そっちのけでずっとこれを読み漁ってました。 是非、師匠にはを書いてほしいところ。 比較的入りやすいであろう曲紹介 ある程度人となりを紹介したところで、肝心の曲を独断と偏見で紹介しましょう。 あくまで「初心者に捧ぐのススメ」なので時代はとりあえずナシで、ソロ活動と核の中から個人的に「どちゃくそ推せるわ」というものをとりあえず4つピックアップします。 オーロラ(ソロ4thアルバム『Aurora』収録・1994年発売) 勇ましいオケとは裏腹に優しい歌声が心にしみる一曲。 わたし、サビが特に好きなんですけど、 キミの始まりの日へ キミの始まりの日へ キミの始まりの日へ 帰る日に これがとにかく良くて。 わたしの印象では、時を遡ろうとしているのかわからないけど、キミを失くした事実が大きくて抗いたいという気持ちを感じるんですよね。 そしてだんだんと命は巡っていることを認識していく…みたいな。 ある意味では仏教的観点が入っているのかなとも思います。 この曲が収録されているアルバム『Aurora』では氷で閉ざされた大地や命が停止して再生するような感覚を味わえるかと思うので、気になった方は是非。 パッと惹かれるような曲は少ない分、聴き込むほど全身に心地よさが流れ込んでくると思うので。 そうそうオーロラ、セルフカバーがあと2つありまして、『オーロラ2』『オーロラ3』というまあ何ともそのまんまなタイトルなわけですが、前者はで明るさがあるオケに、後者はオーケストラアレンジでより壮大になっておりますのでそちらも是非。 『オーロラ2』はこちらに。 3はなので公式サイトでどうぞ。 Engine(ソロ5thアルバム『』収録・1995年発売) 東南アジア系の感の中に科学の未来がある。 初めて聴くとこれから何が始まるのか想像がつかないと思う。 わたしもそうだった。 これ以前も世界観独特だけど、特に1995年以降の曲は初見ではより未知の世界過ぎて理解が追いつかないんじゃないかな?歌詞もそうなんですけどね、 アンドロイド弾丸の眼差しで 今朝アンダマンの海を越え 意志に母の心ねは She was made in Malaysia イントロ終わって開口一番これなんですけど、すごくない?わたしはめちゃめちゃ痺れた。 これは聴くSFだ。 というアルバムの雰囲気全体がそうなんだけど、「見知らぬ異国の地(東南アジア)に降り立ってみたら人々がみんなサイバネ化してて、やけに生活が規則正しくて、ついでに言うとこの街が実在しているように見せかけている精巧なホログラムなんじゃね?」みたいな空気感纏っているのよ。 なるほどまさに。 この曲がお気に召したら、同じアルバムに収録されている『環太平洋擬装網』も気に入ると思うので聴いてください。 ジャケ写が各方面でよくネタにされるアルバムでもある。 核P-model1stアルバム『ビストロン』収録・2004年発売 (なんだこのイントロ)と思ってしまった曲。 なんとも不穏な言葉が並べられ、まさにな的世界観。 わたしのファーストはこの曲です。 様々なところで考察が行われているほど歌詞が難解不可思議な御大でありますが、こちらだいぶ直接的で明快な比喩も多く、元ネタが分かればより楽しめる曲となっております。 路上スタンガンの電撃が撃つ群衆の影 これ歌いだしなんだけど、わかりやすいでしょう? その元ネタというのがの小説『年』。 この小説の世界観をギュッと凝縮したのがこの曲と言っても良いのではないかと思います。 こんな調子でアルバム全体的に過ぎて穏やかになれないから、そういうの好きな方は是非。 以上4曲挙げてみました。 曲を聴くだけならとかで探せば聴けます。 本人が違法アップロードを黙認しているそうでそのため削除されないようです。 にもかかわらず現在世界規模でファンが増えていて新規はCDをどんどん買うので、本当にすごいおっさんだな。 ちなみに初めての音楽聴くよ〜って人にいつも言っていることがあるのですが、おそらく3回聴かないと腑に落ちないです。 プロセスだけ書くと、 1回目、あ〜? 2回目、あ〜 3回目、あ〜! となるんですよ。 とにかく騙されたと思って3回聴いてみてほしいです。 そうしたらきっとハマるから…そして沼にずぶずぶ浸かるから…。 沼にすっかり肩まで浸かったころ、きっとこう思うでしょう。 「何故その時代に生まれていない?!当時の師匠の活動を見たかった!」と。 はい、ここで記事タイトル。 これはわたしが幾度となく感じていることで、タイムマシンの完成早よとも思うほどなんですよね。 こんなにも過去へ遡ってまで追っかけて見たいと思うミュージシャンいないです。 いやマジで。 したいそんなキミには をおすすめします。 こちら過去のライブでのエピソードやセトリなどなど有志が情報を提供してくれており、わたしみたいなファン歴も人生も浅い若輩者にも親切なサイトとなっておりました。 公式の企画サイトなんですけどね。 本当にありがたい……足向けて寝れないわ。 最後に あれこれ紹介したわけだけど、これはまだほんの一部に過ぎず流石にキャリア40年にもなろうとしている大御所なので本当にいろんなことをしております。 興味を持ったみなさんはインターネットの深海へ潜っていろんなことを見てほしい。 掴み所ないから。 そうそう、今年は核名義でアルバムが出るそうですよ!師匠は毎回アルバムリード曲を一曲まるまる無料で試聴させてくれるという粋な計らいをしてくれるお方なので、そちらも是非チェックしてはいかがでしょうか。 そして11月の東京公演のライブ会場で馬骨のみんんさと握手!!.

次の