鉄腕 dash シンタロー。 DASH島|ザ!鉄腕!DASH!!|日本テレビ

【ダッシュ島のしんたろう】後輩ジャニーズ『シンタロー』って誰?所属グループはどこ?調査してみた!

鉄腕 dash シンタロー

月曜日• 火曜日• 水曜日• 木曜日• 金曜日• NEW• NEW• NEW• 土曜日• 日曜日• NEW• NEW• その他• Youtubeバラエティ動画倉庫 以下当サイト は各動画共有サイトにあるバラエティ番組をまとめたリンク集サイトです。 運営者は動画の違法アップロード、またはそれの推奨・援助を含め著作権の侵害を助長する行為は一切しておりません。 動画・音声・画像等すべての知的所有権は著作者・団体に帰属しております。 動画のアップロード・削除依頼等の質問に関しまては各動画共有サイトへ直接お問合わせ下さい。 なお、当サイトを利用したことでいかなる損害が生じることがあっても、当サイト運営者に責任は及ばないものとします。 リンク切れ等は記事のコメントから、万が一、紹介記事に不適切な箇所がございましたら、お手数ですが お問い合わせはからお知らせいただければ対処させていただきます。 (リンク切れの報告には利用しないでください).

次の

SixTONES・森本慎太郎が鋳物の職人技を学ぶ! DASHカレーは本当に旨いのか…レシピ完全公開 『ザ!鉄腕!DASH!!』

鉄腕 dash シンタロー

2人は食料を求め、海岸を歩きます。 砂浜を歩いていると打ち上がっている大きな海藻を見つけました。 山では冬の季節では食料が育たないものの、秋から春に成長する海藻は今の季節がぴったり。 海藻を見て草間さんは「食べられそうではない?」と森本さんに聞くと「イケそうな気がする」と海藻を摘んで「食べたことある気がする」と口に入れます。 それを見た草間さんは「毒ないとかわかるん?」と森本さんのワイルドな行動に驚いた様子。 海藻によっては適切な処理をしなければ、食中毒を引き起こすものもあるようでバクバク食べる森本さんに若干引き気味の草間さん。 番組のテロップには「こいつマジか」の文字が。 SNS上では「バラエティ鍛えられがち関ジュの草間リチャード敬太が、ハイパー自由人森本慎太郎にドン引きしてるの面白すぎて超笑った。 "こいつ、マジかーー"って誰でも思うわwww」といった意見が多く見られました。 次に森本さんが発見したのは「白い海藻」これも手に取ると「ワカメみたいなこと?」と言うと草間さんは「危なそう」と心配気味。 それでも森本さんはパクッと口に入れます。 「そんなすぐにイクん!?」と、またもや躊躇なく口の中に入れる森本さんへ驚きの表情も見せます。 その後も森本さんは様々な海藻を発見しては口に入れ食べれるかどうかを判断。 しかし「野生の勘」が働いたのか、今回口にした海藻は全て生で食べられるものでした。 慎重派の草間さんの驚いた表情はネット上でも大盛り上がりを見せ「野生児シンタローと常識人リチャードいいコンビでもめちゃくちゃ頑張っててお母さん心配になりました…怪我と食中毒には気をつけてね…」「ガテン系TOKIO兄さんの鉄腕DASH、草間リチャード敬太、森本慎太郎とキチンと番組に合ったジャニーズの後輩を人選してる辺りオモロイ」など様々な声が上がっていました。 ここで森本さんは「ちゃんと生えてる海藻をさぁ取って食べてみたいよね」と言い、草間さんも同意見で海に行きます。 岩に乗り進む森本さんは「緑い岩があるよ!」と海水の中で緑に輝く岩を発見します。 中から岩を取り出すと海藻がびっちりついています。 「結構ちゃんと緑やな」と草間さんもテンションが上がります。 森本さんは岩から海藻を指で剥がすと口に入れ「美味しい!」とコメント。 「食べてみ!食べてみ!」と勧めるも慎重派の草間さんは「そんなすぐイケるもんじゃないやん」と断ります。 「絶対安全」を繰り返すも草間さんは口にせず、「一回聞こう」と食べません。 そこに登場したのはTOKIO城島さん。 岩についた海藻を見ると「アオサの仲間かな」と食べられる海藻だと説明をします。 この海藻を使って、海苔作りをしようと提案した城島さん。 森本さんは次々海藻がついた岩を集めます。 しかし極寒の海。 森本さんの足はずぶ濡れに。 城島さん潮が引くと濡れずに効率的に収穫できることを伝えるのですがどんどん海の中に入り取っていく森本さん。 さらに草間さんと城島さんに「でも1個デカイのあったんで、みんなであげません?」と提案。 2人は呆然と立ち尽くし森本さんを眺める場面が。 視聴者もこの光景には大いに笑ったようです。 一方、森本さんは1人で海へ漁に行きます。 目的地までつくと「寒っ!」と言いながら着ていたつなぎを脱ぐと半袖短パン姿に。 「冷たーい!でも貝食べたーい」と言いながら海へ潜り始めます。 冷たい海へも積極的に入っていく姿は、多くの視聴者の記憶に残ったかもしれません。 (アイドル担当ライター:成田エイリ).

次の

『ザ! 鉄腕! DASH!!』継続にスタッフ「今のボクらにできる番組」、大きすぎた“棟梁・山口達也”の不在を乗り越える

鉄腕 dash シンタロー

DASH!! 【DASH島】 の後輩、シンタローにヌタウナギ処理の技を伝授。 森の中で食料を採るには難しい冬のため、TOKIO・松岡昌宏さん、城島茂さんとTOKIOの後輩SixTONES・森本慎太郎さんが海で船を漕いでいます。 急に会話が始まったところからスタートし、松岡さんが「いいね久しく食ってねぇな」とお言うと少々テンションが上がり気味の城島さんが「ビックリすんで、これ美味しくて」とコメント。 TOKIOのお手伝いをしている森本さんは「本当ですか?」と、これから海で何が採れるかわからず少々不安な表情で船を漕ぎます。 後輩森本さんのためにと、TOKIOが事前に海の中へ仕掛けたワナの場所へ船は進んでいくと、ワナを発見しテンションが上がるTOKIOの2人。 船を止め、ワナに手をかけ松岡さんは「入ってるかなぁ?ヌタちゃん!」と嬉しそうに言います。 未だ不安そうな森本さんは「何…何が入ってるんですか?」と聞きます。 2人は声を揃えて「ヌタ!」と言うのですがまだピンとはきていない様子。 視聴者からは「ヌタって言われても…」「慎太郎くん…私嫌な予感がするよ…」などまだ正体のわからない"ヌタ"に不安の声が多く上がっていました。 海から長い筒を取り出すと「うわ!」「何これ」と森本さんの呟く声が。 ワナにはスライムのようなネバネバしたものが張り付いています。 TOKIOの2人は「これはもう完全にヌタ!」と大喜び。 「このとろみ何?!」と森本さんが疑問を投げかけると、松岡さんがようやく正体を教えてくれ「ヌタウナギ」だということが判明しました。 バケツに放たれた「ヌタウナギ」に驚く森本さん。 SNS上では「慎ちゃんには刺激が強すぎる!」「気持ち悪い!」「さすがTOKIO!笑」など様々な反応が飛び交っていました。 ただし、美味しく食べるためには「ある奥義」が必要で、松岡さんが城島さんに「今日、あの儀式をやるんですか?」と尋ねます。 城島さんは「今日ちょっとアレを教えようかなって」と笑顔で話すと松岡さんは「伝承式やるんですか?」と話します。 何もわからない森本さんは2人の会話をただ聞くだけで不安が募っている様子。 松岡さんは「お前、スゴイなぁ」とワクワクしながら話し「俺だってまだその伝承はさせてもらってないよ」と続けます。 森本さんは「え?そうなんですか?」と戸惑いながらも、松岡さんから「この島で生きていくには必要だ」と言われ、「すごい楽しみです」と笑顔になります。 その儀式とは、以前城島さんが秋田で教えてもらったヌタウナギの保存方法。 吊るされたヌタウナギを素手で一気に内臓を引き抜く…というもの。 TOKIOのメンバーでもこの技術を使えるのは城島さんのみ。 過去に他のメンバーに「誰か覚えてくれへん?」とお願いするも見た目の気持ち悪さもあってか全否定されてしまいます。 しかし、城島さんも歳を重ね肩が上がりづらいこともあり、以前同じDASH島のロケで12月の冷たい海にTシャツ短パンの姿で道具も使わず躊躇なく潜り漁をした、度胸のある森本さんに伝承しようと決めたのです。 城島さんとの年齢差はおよそ30歳。 若いうちに覚えてもらい長くこの技術を使ってほしいとの思いが込められているようです。 料理が好きで、どんな魚でも捌いてきた松岡さんはヌタウナギを見るのは苦手なようで遠く離れた場所から、顔をしかめつつ眺めています。 城島さんは「真下に絞るように抜く」と、内臓を抜く方法を説明。 「えぇ?」と森本さんは驚き、これからやらなくてはいけない「儀式」に顔を歪めるも、城島さんの熱意に技術習得に向け練習を開始。 持ち方や細かい所作を伝え、城島さんがお手本を見せるのですが飛んで行ったヌタウナギの内臓を見ると、森本さんは体をくねらせ身震いが止まりません。 拒否反応が出たのか首がムズムズしている様子。 遠く離れた場所で見ている松岡さんから「本当にお前をリスペクトしている」と言われ、励まされながらも見よう見まねで実践練習を開始する森本さん。 手に「ムチン」というヌタウナギのヌルヌルした成分がつき、気持ち悪くなりながらも何度も挑戦します。 そして回数を重ね、遂に習得するのです。 身体の拒否反応が出るものの、TOKIOの2人からは大絶賛。 「よく抜いた!」と城島さんも満足気に握手を交わします。 この森本さんの勇姿を見ていた視聴者からは「よく頑張った!」「まさかジャニーズに入ってヌタウナギの内臓抜くなんて思ってなかったよね」など労う称賛の声で溢れ、「鉄腕DASH」「慎ちゃん」がトレンド入りの快挙! 乾燥したヌタウナギを食べると、やはり美味しいようで森本さんも満足していました。 どんなことでも全力で挑戦する姿をお茶の間に届けた森本さんの今後に期待です。 (アイドル担当ライター 成田エイリ).

次の