アイコス モバイル バッテリー。 【徹底比較】モバイルバッテリーのおすすめ人気ランキング24選【2019年最新版】

【徹底比較】モバイルバッテリーのおすすめ人気ランキング24選【2019年最新版】

アイコス モバイル バッテリー

目次 アイコス新型2. 4のバッテリー容量は? iqos アイコス の新型2. 4のバッテリー容量はご存知でしょうか?そんなのいちいち考えた事ないって人が大半かもしれないですね。 iqos アイコス のホルダーバッテリー容量は、 120mAhなんて言われてもピンとこないと思うのですが、一回のフル充電で一体何本吸える事になるのでしょうか。 気になりますよねw 実は、 フル充電ではヒートスティック1箱(20本)は吸える予定ですwというのも人によって若干充電方法に違いがありますよね。 完全バッテリーがなくなってから充電する人もいれば、途中で充電する人もいると思うので断定はしにくいのですが、 チャージランプひとつにつき標準で5本吸える事になっています。 メインチャージ(本体)の充電時間は 90分かかります。 iqos アイコス を愛用している人でヘビースモーカーの人や長時間、外出している時に20本以上吸う事にるのであればメインチャージ(本体)を充電する必要があります。 またiqos アイコス 本体の使用日数などによっても若干のずれがでてくると思いますが、外出時でも一箱までしか吸わないのであれば、バッテリーが無くなってしまった!という悲しい悲劇は起こらないと言えます。 前の晩に受電するのを忘れていた!なんて事になりますと本体の充電で90分もの時間がかかってしまうので朝の忙しい時間に 気が付いた!なんて事がないように気を付けたいところですね。 しかし、iqos アイコス のモバイルバッテリーは、 容量が大事なんです! iqos アイコス のチャージの バッテリー容量は2900mAhなんですね。 ですから容量が3000mAh程度のモバイルバッテリーだと1回分フル充電することは難しいんです。 モバイルバッテリーは放置している間も電力をじわじわと消費していますので、ギリギリだといざ使用する時になってフル充電できていなかった!なんて事になります。 ましてや、モバイルバッテリーの容量もなくなってしまったのでは意味がなくなってしまいますよね。 最低でも4000mAhは必要でしょう。 理想は 10,000mAhもあれば心配することなく使う事ができますし、ついでにスマホの充電もできますから容量が大きいに越したことはありません。 スマホ用にバッテリーをもう一つ追加購入するのは荷物にもなりますしね。 一台で賄えるほうが断然良いです! さて、もうひとつ重要な点ですがモバイルバッテリーを選ぶ時には、モバイルバッテリーの 入力値(A)と出力値(A)を確認する必要があります。 入力値も出力値も 2Aの物を選んでください。 出力値はモバイルバッテリーからアイコスに充電する際に大切な値です。 また入力値とはモバイルバッテリー本体を充電する際に必要な時間を短くするために必要な値なんですね。 iqos アイコス をモバイルバッテリーで充電する時間も、モバイルバッテリーを充電する時間も短縮できるのが 2Aのものという事になります。 少しややこいのですが笑。 まとめると 入力値も出力値も2Aのもので、バッテリー容量は10. 000mAhのものを選ぶ ことで時間がなかった!なんて事も防げますし安心して外出中でもiqos アイコス を楽しむ事ができます! まとめ iqos アイコス は充電する必要がある事が少しネックとも言えるのですが、充電時間を気にする事なく持ち運べるようにいろいろなモバイルバッテリーも販売されています。 せっかくのiqos アイコス ですから気兼ねなく楽しみたいですよね。 モバイルバッテリーもオシャレなものも販売されていますので一度チェックしてみてはいかがでしょうか?参考にしてみてくださいね。

次の

【徹底比較】モバイルバッテリーのおすすめ人気ランキング24選【2019年最新版】

アイコス モバイル バッテリー

アイコス(iQOS)はフィリップモリス社から販売されている加熱式の新型タバコです。 紙巻きタバコはタバコの葉を燃やして吸いますが、アイコスは特殊な機械で葉を熱して吸うことが出来ます。 燃やすのではなく、熱することで蒸すような形になるので「煙」ではなく「水蒸気」を発生させます。 その熱して生じた水蒸気を吸うシステムなので「電子タバコ」とは呼ばれずに「加熱式タバコ」と呼ばれています。 紙巻きタバコでもなく、電子タバコでもない新しいタバコとして愛煙家の中で一気に人気が出て、話題になりましたよね。 特殊な機器で熱するので、機器自体の充電が必要な点もアイコスの特徴です。 電子タバコはカートリッジを入れて吸う形をとりますが、加熱式タバコのアイコスは専用のタバコを機器に直接差し込んで熱して吸います。 アイコスの銘柄は大きく分けて「ヒートスティック」と「ヒーツ」の二つがあり、フレーバーは13種類となっています。 アイコス(iQOS)はニコチンのみでタールが出ない アイコス(iQOS)はニコチンのみでタールが出ないのが大きな特徴です。 タバコは通常「ニコチン」と「タール」という成分が入っていて、タバコを吸うとニコチンとタールを摂取することになります。 タールは葉を燃やすことで発生する成分なのですが、アイコスは葉を燃やさずに熱して吸うのでタールが発生しないのです。 一般的にタールは人体に有害な物質とされていますので、アイコス(iQOS)はそれをカットする形でタバコを吸えるということで健康に配慮したタバコと言われ人気があります。 もちろん、紙巻きタバコなどと比べると健康的と言えますが、あくまでタバコなので全く健康へ害がない訳ではないですよ。 アイコス(iQOS)は煙の代わりに水蒸気が出る アイコス(iQOS)は煙の代わりに水蒸気が出ます。 タバコを吸うにあたって問題となっているのが、副流煙が周囲の非喫煙者に及ぼす影響ですよね。 喫煙者がタバコを楽しむ際に、発生する副流煙にも健康によくない物質が含まれているため、タバコを吸わない人からすると喫煙者が敬遠されがちなケースがあります。 しかし、アイコスは煙の代わりに水蒸気が出るので周囲の人にも優しいのです。 煙と違って、水蒸気はすぐに気化しますので、臭いや健康害などの面で周囲への影響が少ないと言われています。 こういった理由から、子供がいる方なども楽しめるタバコとしてアイコスは人気なんですね。 また、初めてアイコスを使用する方はまずどのような手順で楽しむのかわかりづらいですよね。 慣れると簡単に楽しむことができます。 こちらの記事でアイコスの吸い方について詳しくご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。 相性によっては充電できないモバイルバッテリーもあるので注意しなければなりません。 どうしても機械と機械の相性という部分で問題が出てくる場合があります。 アイコスのメーカー自体がモバイルバッテリーの使用を推奨しているわけではなく、どのモバイルバッテリーもすべて使えるというわけではないので注意が必要です。 そういった点にも違いがあるので、まれに使えないものが出てくる場合があります。 また、メーカーからは公式のアイコス充電器を使用することが推奨されており、公式以外の充電器での使用で不具合などが起こった場合に保証対象外になるため、注意するようにしましょう。 非常時にスマホの充電器でアイコスの充電が可能ですが、普段は公式の充電器を使用するのがおすすめです。 アイコス(iQOS)の充電ができるケーブルとできないケーブルの違いは? アイコス(iQOS)の充電ができる iQOS純正ケーブル アイコス(iQOS)の充電ができるケーブル二つ目は、データ通信できるマイクロUSBケーブルです。 スマホやタブレットなどに使用されるマイクロUSBケーブルですが、実は種類があります。 「充電のみ」と「データ通信・充電両用」というように分かれています。 データ通信の可能なケーブルはアイコスも充電ができます。 このデータ通信が可能なケーブルは家電量販店や最近ではコンビニなどでも販売されているので、緊急時に気軽に購入することができます。 手元にアイコスの純正ケーブルがないという時に、マイクロUSBケーブルで代用したい場合は必ず「データ通信が可能」と記載されているマイクロUSBケーブルを購入しましょう。 近年では、ダイソーなどの100均でも「通信・充電両用」のUSBケーブルが販売されています。 購入時にデータ通信が可能な充電ケーブルかどうかをよく確認することが大事ですが、低価格で購入したい方にはおすすめです。 こちらの記事で100均USBケーブルをたくさんご紹介しています。 参考にしてみてくださいね。 アイコス(iQOS)の充電ができないケーブルは、データ通信ができないケーブルです。 ダイソーなどの100均などで販売されている「充電専用」と記載されているマイクロUSBケーブルでは、アイコスは充電できません。 また、アイコスを充電する際、充電ケーブルを差すと電池残量のモニター部分が緑色に点灯します。 まれにデータ通信できないケーブルでも、充電中のお知らせの点灯がある場合がありますが、上手く充電できなかったり、逆に電池が減ってしまったりというケースがありますので、使用しないようにしましょう。 故障の原因になる可能性もあるので、注意しましょう。 値段は2000円前後とお手頃なのですが、機能性が抜群の大容量モバイルバッテリーです。 シンプルなデザインでカラーはブラック・ホワイト・レッドの3種類から選べます。 男性でも女性でも使いやすいのが嬉しいですね。 10000mAh以上のモバイルバッテリーでは、2018年11月時点で世界最小+最軽量と言われているほどコンパクトで軽いのが特徴です。 容量の目安としては、iPhoneXSで約2. 6回、ipadproに約1回、スマートフォンで複数回充電ができます。 アイコスを充電する際は、モバイルバッテリー付属のケーブルを使用するよりはアイコス付属の純正ケーブルを使用するのがおすすめですよ。 スマホ用に持ち歩いておいていざという時にアイコスの充電に使うのに十分な高機能モバイルバッテリーです。 25000mAhという超大容量で、出力ポートが3ポートあるので、複数デバイスに同時に充電することができる便利なモバイルバッテリーです。 大容量ということもあり少し重さがあるので、持ち運ぶ際に気になる方もいるかもしれませんが、iPhoneで約6回充電でき、スマートフォンで約5回充電できるので、プライベートと仕事用で複数端末を持ち歩いている方におすすめのモバイルバッテリーです。 上部に搭載されているLEDデジタルスクリーンにバッテリー残量がパーセンテージで表示されるので、一目でバッテリー残量が分かるようになっています。 デザインはブラックを基調として、淵がおしゃれな赤ラインになっていてとてもスタイリッシュです。 男性が持ってもかっこいいですね。 近年では無線充電対応のデバイスが増えてきていて、ケーブルなしで置くだけで充電できるようになってきていますね。 そんな便利な無線充電が可能なモバイルバッテリーです。 もちろん出力ポートもあり、2出力あるので無線充電と合わせて同時に3つのデバイスを同時に充電することが可能です。 20000mAhの大容量で重さは438gと少し重めではありますが、それを十分にカバーする機能性で申し分ない仕上がりとなっています。 スマホを無線充電しながら、ケーブルを使用してアイコスを充電することが可能なのでバッグの中にたくさんケーブルを持ち歩かなくてよくなりますので、普段使いに便利なモバイルバッテリーですね。 このアイコス充電器付き灰皿はとても便利で、LEDライト付きの灰皿にアイコスホルダーとアイコスチャージャーが同時に充電できるポートが搭載されています。 アイコスを楽しむうえで必要な充電器と灰皿が一体になっているので、車などで使用するのにもおすすめです。 もちろん自宅やオフィスなど、どこでもオールマイティに使えるのでとてもおすすめなアイコス充電スタンドです。 アイコス(iQOS)の充電にモバイルバッテリーを活用して便利に使おう! 健康に配慮したタバコとして話題になった加熱式タバコのアイコス iQOS ですが、加熱するための本体機器は充電が必要です。 寝る前に充電しておけば、問題はありませんが、充電するのを忘れて外出してしまったというシチュエーションもありますよね。 そんな時に、スマホのモバイルバッテリーを活用すれば大変便利です。 アイコスの充電ケーブルの規格は、スマホやタブレットに使用されるマイクロUSBと同じなので、モバイルバッテリーを使用することができます。 ただし、モバイルバッテリーによっては相性が合わずに使えないものもあるので注意してください。 また、ケーブルも付属の純正ケーブルかデータ通信可能なケーブルを選びましょう。 もちろんメーカーからは公式の充電器とケーブルを使用することが推奨されているので、いざという時の緊急時などに上手くモバイルバッテリーを活用して、外出先などでも便利にアイコスを充電するようにしましょう。

次の

アイコス3のセット販売がめちゃくちゃお得!コイツは買うっきゃ無いヽ(´ー`)ノ

アイコス モバイル バッテリー

公開日:2016. 24| 更新日:2018. 26 ゴン汰 話題の電子タバコIQOS(アイコス)ってスマホ用充電器で充電出来るの?実際に試してみた 最近利用する方が増えて来ているIQOS(アイコス)ですが、電子タバコということもあり、気になるのが「充電」。 長時間外出する際には、充電が切れてしまったらいざ吸いたい時に吸えなくなってしまうのでは?という心配をしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。 でもそんな時にスマホの充電でお馴染みの「モバイルバッテリー」があれば、外出先でも安心してIQOSが使えるのでは!? ということで、実際にスマホ用のモバイルバッテリーがIQOSに使用できるかどうか試してみました! そもそもIQOSとは? IQOS(アイコス):たばこ葉部分を燃やすことなく加熱し、紙巻たばこの喫煙から得られる味わいを再現できるよう設計した加熱式たばこ。 火を使わないため煙や灰が出ることはなく、紙巻たばこの煙に比べてにおいも低減。 発生するたばこベイパー(蒸気)も、紙巻たばこの煙に含まれる量に比べて有害な成分が大幅に削減されているとのこと。 最近ではその人気ぶりから、スマホケースならぬIQOS専用ケースなども登場していたりと、喫煙者の間では話題のアイテムです。 (ちなみにの記事でもIQOSケースについて紹介しています。 ) こちらが実際のIQOSです。 ポケットチャージャーのフタを開けると、ホルダーが収まってます。 タバコのフィルターを装着すると、 こうなります。 あとは普通のタバコのように吸えます。 純正のAC充電器よりも出力が弱いものが多く出回っています。 モバイルバッテリーの方が出力が弱い、すなわち電流を押し出すパワーが弱いと言うことは、 モバイルバッテリーではIQOSの充電が出来ない可能性もあります。 出力が足りていませんからね。 しかし今回は敢えて、モバイルバッテリーがIQOSに使えるかどうか実際に試してみました。 IQOSに最初から付属しているデフォルトの充電ケーブルを使って、モバイルバッテリーからIQOSの充電が出来るかどうかを試します。 今回実験するモバイルバッテリーのラインナップは以下の通りです。 Hamee製のモバイルバッテリーの他に、他社のものも含めて実験を行います。 通常IQOSを充電すると、枠内の表示の箇所が緑色に光ってお知らせしてくれます。 このIQOSの持ち主のスタッフの方に聞いた所、「純正以外のモバイルバッテリーを使うとエラーで充電出来なかった」とのこと。 さて、今回の調査ではどうなるのか?実験です。 いざ実験! まず1つめのモバイルバッテリーをIQOSに繋げて試してみます。 5A」です。 すでにこの時点で充電が始まったのかIQOSの充電ランプが光っていますが、モバイルバッテリー側のスイッチを押してみます。 5A」でも充電出来るようです。 1台目のモバイルバッテリーに続いて、他のものもどんどん試してみましょう。 続いてはスティック型のモバイルバッテリーで試してみます。 先ほどのモバイルバッテリーよりも「0. 5A」出力が弱いですが、どうでしょうか。 光りません・・・。 出力不足が原因なのか、充電出来ませんでした。 続いては、急速充電対応のモバイルバッテリーも試してみましょう。 先ほどの充電できなかったバッテリーと同出力です。 1A」の急速充電の方も問題なく充電できるかも? と、期待を持ちましたが、こちらは充電出来ませんでした。 1A」の急速充電のポート、出力は先ほどより大きいのに、むしろ充電出来ないという結果に。 不思議です。 別の急速充電対応モバイルバッテリーでも試してみます。 ピンク色がまぶしいHameeオリジナルの充電器です。 続いてはこちらのケーブル内蔵型モバイルバッテリー。 バッテリー側にケーブルが内蔵されているので、純正のIQOS用ケーブルは使わずに、内蔵ケーブルを使用してみます。 1A」の急速充電仕様です。 しかしこのバッテリーでは充電出来ませんでした。 何度か消したり付けたりしてみましたが、充電されません。 相性が悪いようです。 純正のケーブルではなかったのが原因でしょうか。 続いて、別のケーブル内蔵型バッテリーで試してみます。 先ほどのモバイルバッテリーは反応しませんでしたが、こちらのバッテリーでは充電出来ました! さて、どんどんいきましょう。 引き続き、急速充電対応のモバイルバッテリーで実験です。 人気キャラクターのダンボー型モバイルバッテリーです。 1A」の出力タイプを搭載しています。 IQOSの表示も光って問題なく充電出来ました。 1A」の急速充電を試した所、こちらも充電出来ました。 このIQOSがたまたま充電出来た?? 7種類のモバイルバッテリーで試してみましたが、今回の実験に限って言えば、ポートの差はあるとはいえ、ほとんどのモバイルバッテリーでIQOSの充電が可能。 唯一1種類だけIQOSに充電出来なかったという結果になりました。 しかし「もしかしたら、IQOSごとにモバイルバッテリーとの相性が違うのでは?」という疑念が湧いたので、他のスタッフに別のIQOSを借りて、同様の実験を行いました。 こちらのIQOSは大分使用感が出ています。 持ち主のスタッフに聞いた所、買ってすぐにフタが壊れてしまったため、フタを留めるバンドを付けているそう。 電子タバコとしては問題なく使えるそうですが、果たして充電はどうでしょうか。 こちらでも同じ実験をしましたが、 先ほどのIQOSと同じ結果になりました。 どうやら、IQOSの個体ごとの相性の問題ではないようですね。 実験を終えて、結果 2台のIQOSと7台のモバイルバッテリーの実験を終えて、ある程度はモバイルバッテリーでもIQOSを充電出来ることが分かりました。 1Aの出力があっても、充電出来ないものもある」という、かなりふわっとした実験結果になりました。 モバイルバッテリーごとのスペックに大きな違いはないので、どうやら IQOSとモバイルバッテリー、充電ケーブルの 相性が関係あるようです。 しかし、実際の見解としてはどうなの?と思い、IQOSのカスタマーサポートに直接確認してみました。 また保証対象外になるので公式には推奨していません」 と、親切丁寧に回答をいただきました。 最終結論 以上のことを踏まえると、 どうしても必要な場合はスマホ用などのポータブル充電器で充電可能ですが、 何かあっても自己責任となる可能性があるので、使用する場合は慎重に判断してください。 また、充電出来るか出来ないかはそのモバイルバッテリー次第!ということになります。 しかし基本的には公式のAC充電器をアダプターに繋いで充電することをおすすめしています、とカスタマーサポートの方がおっしゃっていました。 納得です。 (ちなみにIQOSのカスタマーサポートに電話する際は、平日の午前中~お昼頃が繋がりやすいです。 今回は平日の11:30頃に電話したところ、5分程で繋がりました。 モバイルバッテリーを使用できれば非常に便利ですが、できれば不具合など気にせずに大事に長く使いたいところです。 今回は実際にスマホのモバイルバッテリーを使用して試してみましたが、あくまで参考としてご覧いただけければ幸いです。 モバイルバッテリーを使用する際は、くれぐれも自己責任でお試しください!.

次の