偏 頭痛 と は。 偏頭痛を根本的に改善するための治療方法と本当の原因

偏頭痛を今すぐ治す3つの方法|頭痛歴40年がお伝えする

偏 頭痛 と は

偏頭痛で悩む人は、日本人100人いれば8人に及びます。 更に女性は男性の4倍の発症率がありますので、女性ばかりの職場なら必ず1人や2人は偏頭痛持ちという人がいるでしょう。 偏頭痛は男性に比べ、女性の発症率が4倍も高い 偏頭痛は、発作がくれば頭痛もしますし吐き気もあります。 ひどい人は起きていることもできず、発作が治まるまで2~3日完全に寝込んでしまいます。 通常なら平気な室内の蛍光灯の光すら症状を悪化させてしまうので、真っ暗にした部屋にこもって苦しむという人も多いですね。 また、月に1~2回と割と頻繁に発作が起こるため、日常生活にも支障をきたします。 月のうち2回も週末が寝こんで終わりという人も大勢います。 こんなに辛い偏頭痛なのに、なかなか病気と思ってもらえず軽んじられてしまうことが多いのが現状ではないでしょうか。 クリニックを受診しても、「ただの頭痛ですね」と鎮痛剤を処方されるだけで終わってしまうことも多いです。 それはなぜでしょうか? 偏頭痛は病気といえば病気なのですが、実は検査をしても何も異常がみとめらないからです。 頭痛と一口に言っても、実は頭痛を症状とする病気はいくつもあります。 一番恐いのは、くも膜下出血・脳出血・脳梗塞ですよね。 これは一刻も早く専門的治療のできる病院へ、救急搬送する必要があります。 しかし、偏頭痛はこれらのような緊急性のある病気ではありません。 頭痛と言われるとこれらの疾患でないことを確認するために、頭のCTやMRIをとります。 CTでは脳出血がわかりますし、MRIでは脳梗塞がわかります。 更に詳しくMRAという検査をすると、血管だけをMRIでうつしだして、狭窄している血管を見つけることができます。 頭痛の患者にはまずこれらの検査を受けてもらって、緊急性のないことを確認します。 頭のCTやMRIをとると、副鼻腔炎や脳腫瘍もある程度わかりますので、これらの疾患も否定できます。 そなると、「まあ、ただの頭痛よね」という話になります。 偏頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛は、検査を受けても異常所見のない頭痛で、一次性頭痛といいます。 そして脳出血や脳梗塞・くも膜下出血は命に関わる二次性頭痛と区別されています。 一次性頭痛と判断されると、同じ頭痛でも急に扱いがぞんざいになってしまうものなのです。 しかし最近では、偏頭痛が脳梗塞の発症リスクを高めるということが解って来ました。 偏頭痛は血管が炎症を起こして過度に拡張し、血管の周りをとりまく三叉神経を刺激することで痛みや吐き気を起します。 発作を起すたびに炎症が起こり、血管が拡張しすぎたり収縮しすぎたりという負荷がかかるのです。 これを繰り返せば繰り返す程、血管はダメージを受けます。 結果として脳梗塞の発症を高めてしまうというのです。 また、偏頭痛の中でも発作の前兆として閃輝暗点の現れる人は更に脳梗塞の発症リスクが高くなると言われています。 閃輝暗点というのは、発作の起こる前にギザギザした光の現れるもの。 これは血管が収縮しているために起こる視覚障害です。 このあとに反動で拡張するため、偏頭痛発作が起こります。 この前兆の出るタイプは、更に注意が必要です。 発作を繰り返すたびに、血管が更に傷むからです。 偏頭痛はたかが頭痛として扱わず、適切な管理のもとで内服治療を行う必要があります。 そして痛みのコントロールだけでなく脳血管を保護することで、脳梗塞発症という最悪の事態を回避しなくてはなりません。 偏頭痛も一つの病気であると受け止めて、必ず専門医の治療を受けましょう。 発作時だけ市販薬で対処…なんて自己流はご法度ですよ。 『偏頭痛はある程度専門的な治療にかかる必要がある』とこのサイトで述べていますが、実は偏頭痛を和らげる商品が出ているのも事実です。 完全に治るのは難しいのかもしれませんが、酷くなって動けなくなったり、吐き気を伴って苦しくなったりする前に、一度試してみる価値はあると思います。 いくつかおすすめの商品はあるのですが、いくつも紹介すると皆さんも混乱すると思いますので、このページでは、私が厳選した商品を紹介させていただきます。 それは、という商品です。 皆様の偏頭痛が少しでも和らぎますように。

次の

吐き気を伴う偏頭痛!女性ホルモンが影響する原因や解決策を伝授します!

偏 頭痛 と は

偏頭痛のときに「アレ、持ってきて」と言われたら、アイスノンだよね。 カフェインで脳の血管を引き締める カフェインが含まれている飲み物を飲むと、脳の血管のむくみが取れて偏頭痛が改善されます。 カフェインはコーヒーや紅茶に多く含まれているので、偏頭痛が起きたときは積極的に飲みましょう。 ただし、普段からカフェインの多い飲み物を飲みすぎると、カフェインが原因の頭痛になってしまいます。 普段飲むときは1日1〜2杯にしておきましょう。 糖分も脳の血管を縮める効果がある 糖分をとると脳の血管が縮まるので、偏頭痛で広がった血管の改善を助けてくれます。 カフェインが含まれているコーヒーや紅茶に砂糖を入れるのもいいですし、飴や果物からとるのもいいでしょう。 でも、チョコレートは脳の血管を拡張させるチラミンが含まれているので、避けたほうがいいです。 水を飲んで水分不足を解消する 偏頭痛は水分不足でも起きます。 水分不足になると血管がドロドロになって、酸素を多く運ぶために血管が拡張します。 とくに偏頭痛持ちの人は少しの水分不足でも偏頭痛が起きます。 水や経口補水液、スポーツドリンクで水分を補給して体内の水分バランスを整え、拡張した血管を元に戻しましょう。 静かで暗い部屋で横になる 偏頭痛が起きているときは体を動かしたり、音や光などの刺激で悪化します。 部屋のカーテンを締めて、電気を消して、静かな部屋で横になりましょう。 痛みを和らげてくれるアロマを使う アロマには血管の働きを整えてくれたり、自律神経に作用して痛みを落ち着かせてくれるものがあります。 それらのアロマを使えば、偏頭痛の痛みを和らげることができます。 関連 私にいちばん合っているなと感じるアロマは、ペパーミント。 気分がスーッとする。 偏頭痛の痛みと神経の興奮をしずめるツボを押す こめかみにあるツボは刺激することで神経に直接働きかけて、神経の興奮を抑えて痛みの広がりを防いでくれます。 また、脳の興奮や痛みをしずめてくれます。 関連 病院で処方してくれるトリプタン系の薬を飲む 偏頭痛の軽い痛みのときには市販の鎮痛薬でも効果があります。 しかし、市販の鎮痛薬は脳の血管の拡張をしずめることはできないので、偏頭痛がひどいときは効果がありません。 病院で処方されるトリプタン系の薬は、拡がった脳の血管を元に戻して、神経の興奮を沈め、痛みの信号が脳に伝わらないようにします。 トリプタン系の薬は偏頭痛に対して、かなり効果の高い薬といえます。 ただし、市販の鎮痛薬も病院で処方されるトリプタン系の薬も飲みすぎると、薬物乱用頭痛になる危険性があるので注意が必要です。 関連 いつもの偏頭痛とは違う痛みがあるときはすぐに救急車を呼ぶ いつもと違う種類の頭痛や痛みがある場合は、くも膜下出血など脳の重大な病気である可能性があります。 そのような場合は救急車を利用して、一刻もはやく最寄りの病院で受診してください。 偏頭痛が起きたときにやってはいけないこと 偏頭痛が起きているときは血流がよくなるようなことはやってはいけません。 体を動かしたり、お風呂に入ったりすることは控えましょう。 また、マッサージも血流がよくなるので偏頭痛が悪化する可能性があります。 光や音の刺激も脳を興奮させて血流が活発になるので、テレビやスマホを見るのもやめたほうがいいでしょう。 まとめ:偏頭痛の痛みは和らげることができる 今回紹介した方法を使えば、偏頭痛の痛みを最小限に抑えて和らげることができます。 どれも知っていれば簡単にできるものばかりなので、ぜひ試してみてください。

次の

偏頭痛(片頭痛)の認識

偏 頭痛 と は

Contents• 偏頭痛が起こるメカニズムと危険性とは? 偏頭痛は、脳内の血管が何らかの原因によって膨らみ、それによって血管を取り巻いている神経が刺激されることによって痛みが出ると言われています。 脳の中に「視床」があり、視床の仕事とは、体の様々なところで受ける刺激を、いったん視床が受け止め、その痛みを脳に伝達するというもの。 この「視床」の働きにより、私たちは実際に「痛み」を感じています。 「視床」には、強い痛みを経験しているうちに、薬によって痛みを弱めても痛みを感じるようになってしまうという性質があり、これが、薬が効かなくなる原因に。 偏頭痛が悪化すると、 「アロディニア」という症状になってしまうケースがあるのです。 「アロディニア」の症状とは、本来なら感じないはずのわずかな痛みを感じるようになるというもので、人によっては、髪ほどいた時の髪の動きや、お化粧する時などにも痛みを感じる辛い症状です! スポンサーリンク ためしてガッテン「偏頭痛の予防法」 偏頭痛を根本的に起こらないようにする予防法が「ためしてガッテン」では4つ紹介されました。 痛くなる前に薬を飲む 頭が痛くなろうがならまいが、とにかくあらかじめ薬を飲んでおくことで、視床への打撃を防ぐことができます。 つまり、視床を元気な状態に戻し、頭痛になる根本原因をなくそうということ。 そして、この時の服用する薬は、一般的な市販薬ではありません! 「偏頭痛の予防薬」は病院(頭痛専門外来、神経内科、脳外科など)で処方してもらう必要があります。 ・月に2回以上の強い頭痛がある ・頭痛で日常生活に支障が出る ・アロディニアなどの症状がある 3つのうち1つでも該当する場合は、病院(頭痛専門外来、神経内科、脳外科など)への受診をおすすめしています。 偏頭痛の予防薬は痛みがなくても薬を毎日服用することで、 約2ヵ月で効果が表れるそうです。 重症な偏頭痛の場合はやはり回復するには少し時間がかかるわけです。 頭痛体操 頭痛体操は、頭痛の専門家が認めている、しっかりとした頭痛の予防力をもった体操になります。 この体操・ストレッチを行うことで、視床に良い影響を与えることができるとのこと。 運動時間は、2分ほどでOK。 注意点として、偏頭痛の人は、頭痛がある時には体操すると悪化してしますので、痛くない時に行うこと。 ハリ治療 こめかみや顎、首筋などにハリを打ち、神経を刺激して、痛みに反応しやすい体質を元に戻すという観点から、このハリ治療は極めて有効らしい。 これは医学的に証明されているとのこと。 週に2回ほど打つようにすれば、約1カ月で 頭痛が出る日数は減少します。 日記療法(頭痛ダイアリー) 頭痛ダイアリーのネコ、癒される。 — おりはしかな kanaoriii 「頭痛ダイアリー」と呼ばれ、専門医の間で指導されている方法ですどんな時に頭痛が起きたかを記していく、いわゆる「日記療法」も、偏頭痛の予防に有効。 自分がどんな時に頭痛が起こるのか(誘因)を知っておけば、それを避けることで、頭痛が起こる日数を減らすことができるようになります。 また、医療機関に持って行けば、診断にも役立つし、人それぞれ違う頭痛の原因を見つけることができます。 誘因を避けることで頭痛を予防することも可能になるということです。 偏頭痛の予防薬はどんなものがあるの? ためしてガッテンでは薬品名の紹介はありませんでしたが、「頭痛治療のガイドライン」を参考にその薬品名を紹介します! 代表的な偏頭痛予防薬は、ミグシス、インデラル、デパケン、セレニカなど挙げられます。 ミグシスとは? 商品名がミグシスで一般名は、塩酸ロメリジンです。 血圧を下げるカルシウム拮抗薬の仲間で、脳血管に作用し、脳の血管を拡張するのを防ぐことで、神経への刺激をやわらげてくれる効果。 インデラルとは? 商品名がインデラルで一般名は、プロプラノロール塩酸塩です。 一般的には、心臓や血圧の薬として使用されることが多い薬品。 高血圧や不整脈がある患者さんには、偏頭痛と同時に治療ができるため、勧められいるそうです。 デパケンとは? 商品名がデパケンまたはセレニカで一般名は、バルプロ酸ナトリウムです。 脳内の異常な興奮や電気信号を抑える効果があります。

次の