チャート広場 原油。 [B! 原油] WTI原油先物チャート|チャート広場

Simplex WTI 過去データ

チャート広場 原油

50 16日のNY金先物8月限は反落。 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は、 前営業日比-13. 50ドルの1オンス=1800. 30ドルで取引を終了した。 時間外取引を含め た取引レンジは1794. 20ドル。 16日のアジア市場で1816. 20ドルまで買わ れたが、その後は換金目的の売りが増えたことから、伸び悩んだ。 通常取引の終了時 点にかけて節目の1800ドルを下回る展開となった。 ・NY原油先物:弱含み、中期的な需給関係ひっ迫の可能性はやや低下 NYMEX原油9月限終値:40. 47 16日のNY原油先物9月限は弱含み。 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月 限は、前営業日比-0. 47ドルの1バレル=40. 93ドルで取引を終えた。 時間外取引を含め た取引レンジは40. 38ドル。 16日のアジア市場で41. 38ドルまで買われた が、中期的な需給関係のひっ迫の可能性はやや低下していることや米国株安を意識し て、時間取引で40. 69ドルまで下げる場面があった。 《MK》 【株式会社フィスコ】.

次の

Simplex WTI 過去データ

チャート広場 原油

50 16日のNY金先物8月限は反落。 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は、 前営業日比-13. 50ドルの1オンス=1800. 30ドルで取引を終了した。 時間外取引を含め た取引レンジは1794. 20ドル。 16日のアジア市場で1816. 20ドルまで買わ れたが、その後は換金目的の売りが増えたことから、伸び悩んだ。 通常取引の終了時 点にかけて節目の1800ドルを下回る展開となった。 ・NY原油先物:弱含み、中期的な需給関係ひっ迫の可能性はやや低下 NYMEX原油9月限終値:40. 47 16日のNY原油先物9月限は弱含み。 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月 限は、前営業日比-0. 47ドルの1バレル=40. 93ドルで取引を終えた。 時間外取引を含め た取引レンジは40. 38ドル。 16日のアジア市場で41. 38ドルまで買われた が、中期的な需給関係のひっ迫の可能性はやや低下していることや米国株安を意識し て、時間取引で40. 69ドルまで下げる場面があった。 《MK》 【株式会社フィスコ】.

次の

WTI原油 チャート&価格 — TradingView

チャート広場 原油

原油とは(生産国とOPECについて) 原油(読み方:げんゆ)とは、油田から採掘されてまだ精製されていない石油です。 原油を蒸留して製品化したものとして、プロパン、ナフサ、ガソリン、灯油、重油、アスファルトなど石油化学製品があります。 このほかにも、プラスティックや繊維、紙など、原油が原材料や燃料になっているものがたくさんあります。 原油は、先進国では発電などのエネルギー源として多く利用されていますので、世界経済に与える影響は大きく、重要な国際商品となっています。 と並んでの代表格で、世界のコモディティー市場の中で最も市場規模の大きな商品となっています。 原油の主な生産国(産油国という)は、サウジアラビア、米国(アメリカ)、ロシア、アラブ、イラン、イラク、クウェートなどです。 世界の生産の割合が最も大きいのが、中東諸国で構成されているで、このOPECの原油の価格政策や生産動向が原油価格に大きな影響を与えます。 原油価格の上昇要因・原油高が及ぼす影響 原油価格の上昇要因と、原油高が及ぼす影響について、その代表的なものを紹介します(原油高とは、原油価格が上昇することです)。 原油の生産量は、OPECの総会で加盟国の生産量の上限が決められていますので、OPECの生産量の増減の決定は原油価格の変動要因となります。 原油はで取引されていますので、は原油価格の上昇要因となります。 世界紛争やテロ、国際的な政治や経済の情勢不安などの高まりは、原油価格の上昇要因となります。 時に巨大ハリケーンなどで石油精製所がダメージを受けるなど、天候要因で供給に影響が出た場合も原油価格の変動要因となります。 長い間、大規模な油田が発見されないなど、供給面の不安が出てきた際は、原油価格の上昇要因となります。 原油高は、物価上昇要因となりますし、各国のにも影響を与えます(一時的な原油高は省く)。 日本の場合、水準によりますが、原油価格が1割上昇すればGDPが0. 4%ダウンし、2兆円の損失になると試算されています。 米国は車社会ですので、原油高による経済への影響は大きくなります。 原油高は、エネルギー株やプラント株、石油元売り株などの上昇要因となる一方、化学株や物流株、海運株、電力株にとっては下落要因となります。 原油価格の下落要因・原油安が及ぼす影響 原油価格の下落要因と、原油安が及ぼす影響について、その代表的なものを紹介します(原油安とは、原油価格が下落することです)。 原油の生産量は、OPECの総会で加盟国の生産量の上限が決められていますので、OPECの生産量の増減の決定は原油価格の変動要因となります。 原油はドル建てで取引されていますので、は原油価格の下落要因となります。 大規模な油田が発見された場合などは原油価格の下落要因となります。 日本は原油を輸入していますので、原油安はプラス材料となりやすいです。 燃料コストが下がって気象収益のプラス要因となりやすいです。 原油安による金融不安が起こればマイナス要因となることもありますが、それが一時的であれば企業収益にとってはプラス要因となりやすいです。 原油安はエネルギー株やプラント株、商社株のマイナス要因となり、火力株、医療品株、電炉株、高炉株、科学株、物流株にとってはプラス要因となります。 はエネルギー関連株の寄与度が高いので、原油安はマイナス要因となります。 WTI原油・ドバイ原油・ブレント原油の違い 当ページでは、原油価格で最も注目度が高い「NY原油(WTIの原油先物)」の推移を掲載していますが、原油価格を見る場合、「ドバイ原油」や「ブレント原油」を見ることもあります。 ここではその違いについて簡単に解説しておきます。 原油は、その産地ごとに3つの市場に分かれています。 WTI原油は米国のNYMEX、ドバイ原油は東京商品取引所、ブレント原油はロンドンのICE Futures Europeで取引されています。 この3市場でのそれぞれの原油の取引価格は異なりますが、WTI原油が最も高い価格になるのが通常です。 というのも、WTI原油は不純物が少なく、商品価値が高いガソリンや軽油を多くつくれるためです。 重油や灯油が多く採れるドバイ原油やブレント原油はWTI原油よりも安い価格がつきやすいです。 ファンドの参加者も取引量もWTI原油が最も多いので、原油価格で最も重要な指標となっています。 日付 NY原油(NYMEX WTI原油) 7. 20 40. 81 7. 17 40. 59 7. 16 40. 75 7. 15 41. 20 7. 14 40. 29 7. 13 40. 10 7. 10 40. 55 7. 9 39. 62 7. 8 40. 90 7. 7 40. 62 7. 6 40. 63 7. 2 40. 65 7. 1 39. 82 6. 30 39. 27 6. 29 39. 70 6. 26 38. 49 6. 25 38. 72 6. 24 38. 01 6. 23 40. 37 6. 22 40. 46 6. 19 39. 75 6. 18 38. 84 6. 17 37. 96 6. 16 38. 38 6. 15 37. 12 6. 12 36. 26 6. 11 36. 34 6. 10 39. 60 6. 9 38. 94 6. 8 38. 19 6. 5 39. 55 6. 4 37. 41 6. 3 37. 29 6. 2 36. 81 6. 1 35. 44 5. 29 35. 49 5. 28 33. 71 5. 27 32. 81 5. 26 34. 35 5. 22 33. 25 5. 21 33. 92 5. 20 33. 49 5. 19 32. 50 5. 18 31. 82 5. 15 29. 43 5. 14 27. 56 5. 13 25. 29 5. 12 25. 78 5. 11 24. 14 5. 8 24. 74 5. 7 23. 55 5. 6 23. 99 5. 5 24. 56 5. 4 20. 39 5. 1 19. 78 4. 30 18. 84 4. 29 15. 06 4. 28 12. 34 4. 27 12. 78 4. 24 16. 94 4. 23 16. 50 4. 22 13. 78 4. 21 10. 01 4. 20 -37. 63 4. 17 18. 27 4. 16 19. 87 4. 15 19. 87 4. 14 20. 11 4. 13 22. 41 4. 9 22. 76 4. 8 25. 09 4. 7 23. 63 4. 6 26. 08 4. 3 28. 34 4. 2 25. 32 4. 1 20. 31 3. 31 20. 48 3. 30 20. 09 3. 27 21. 51 3. 26 22. 60 3. 25 24. 49 3. 24 24. 01 3. 23 23. 36 3. 20 22. 43 3. 19 25. 22 3. 18 20. 37 3. 17 26. 95 3. 16 28. 70 3. 13 31. 73 3. 12 31. 50 3. 11 32. 98 3. 10 34. 36 3. 9 31. 13 3. 6 41. 28 3. 5 45. 90 3. 4 46. 78 3. 3 47. 18 3. 2 46. 75 2. 28 44. 76 2. 27 47. 09 2. 26 48. 73 2. 25 49. 90 2. 24 51. 43 2. 21 53. 38 2. 20 53. 78 2. 19 53. 29 2. 18 52. 05 2. 14 52. 05 2. 13 51. 42 2. 12 51. 17 2. 11 49. 94 2. 10 49. 57 2. 7 50. 32 2. 6 50. 95 2. 5 50. 75 2. 4 49. 61 2. 3 50. 11 1. 31 51. 56 1. 30 52. 14 1. 29 53. 33 1. 28 53. 48 1. 27 53. 14 1. 24 54. 19 1. 23 55. 59 1. 22 56. 74 1. 21 58. 34 1. 17 58. 54 1. 16 58. 52 1. 15 57. 81 1. 14 58. 23 1. 13 58. 08 1. 10 59. 04 1. 9 59. 56 1. 8 59. 61 1. 7 62. 70 1. 6 63. 27 1. 3 63. 05 1. 2 61. 18 当ページに掲載している情報は集計に万全を期しておりますが、正確な情報とは限りませんので、あらかじめご了承ください。 当サイトは情報提供を目的としたものであり、投資への勧誘を目的としたものではありません。 当サイトの情報を用いて行う一切の行為・損害については一切の責任を負いませんので、あらかじめご了承下さい。

次の