換気扇 フィルター 重曹。 【簡単】換気扇の掃除方法!重曹・セスキ炭酸ソーダのつけおきが最強!

重曹とクエン酸のダブル掃除で換気扇とキッチンをピカピカに!お金をかけずにできる簡単節約掃除術

換気扇 フィルター 重曹

換気扇の掃除に重曹やセスキをどう使うの? つけおきするときの分量やお湯の温度は? どのような手順なの? 換気扇(レンジフード)の掃除に重曹やセスキ炭酸ソーダが簡単だと聞いたけど、実際にどうすればいいのかわかりづらいですよね。 ここでは、重曹(またはセスキ炭酸ソーダ)を使った換気扇のつけおき掃除を紹介していきます。 油汚れやこびりつきがひどい• ファンやフィルターなどの汚れを簡単に落としたい といった方におすすめ!ぜひ参考にしてください。 換気扇掃除の頻度については「」のページをご覧ください。 水蒸気や換気によってフィルターやファンなどに付着した汚れを放置しているとさまざまな弊害があります。 油汚れが垂れて調理中の食品に入り食中毒を起こす可能性• 換気の効率が悪くなり電気代がアップ、もしくは故障• 溜まった油汚れで火災になる可能性 ですので、換気扇の掃除は定期的に行って油汚れの蓄積を防がなければならないのです。 【簡単】換気扇の掃除方法(重曹、セスキ炭酸ソーダ編) 換気扇掃除の方法を紹介していきます。 油汚れにはアルカリ性の重曹やセスキ炭酸ソーダを使うと、簡単に換気扇の掃除ができます。 用意するもの 換気扇掃除に必要な道具は以下の通り。 重曹(またはセスキ炭酸ソーダ)• ゴム手袋• 新聞紙• キッチンペーパー• ゴミ袋• 歯ブラシ• メラミンスポンジ ゴム手袋は、プロペラやファンなどで怪我をしないよう必ず着用してください。 新聞紙は汚れがほかのところに付着するのを防ぐために養生のときに使用します。 ゴミ袋は、つけおきするために必要なので容器でもよいのですが、ファンやフィルターなどが入る大きめのものを用意してください。 使い古しの歯ブラシや割りばし以外にもゴム製のヘラがあれば、頑固な油汚れを大きく削ぐことができるので時短になります。 換気扇掃除の手順 換気扇掃除の手順は次のとおり。 重曹水またはセスキ炭酸ソーダ水を作る• 換気扇の電源を抜き、ブレーカーを落とす• 足場を固定し、汚れ防止に養生• ファンを外す• 重曹水、セスキ炭酸ソーダ水につけおき• 換気扇の外側を拭く• こすり洗い• お湯ですすぐ• 取り付けておしまい 1つずつ解説していきますね。 重曹水・セスキ炭酸ソーダ水を作る 換気扇を外したファンをつけおきするための環境作りから始めます。 ファンが入るような容器があればそちらにゴミ袋を設置します(ない場合はシンクにゴミ袋を設置)。 そこに60度以上になった重曹水(またはセスキ炭酸ソーダ)を投入します。 重曹水、セスキ炭酸ソーダの作り方は、水1Lに対し大さじ3倍程度。 水3Lなら大さじ9杯程度、など量に合わせて作ります。 鍋でお湯を沸かす場合は、火にかけてから小さな泡が出始めたらだいたい60度に達したサインです。 温めた重曹水は、換気扇のファンを取り外す間放置になるため、60度より熱めに沸かしておきましょう。 (関連記事:) 換気扇の電源を抜き、ブレーカーを落とす 掃除中に換気扇が回り出すと大けがに繋がるので、必ず電源を切ってからブレーカーも落としておきましょう。 ほかのブレーカーを落とすと電気が使えなくなるので、換気扇部分のブレーカーだけを落とすようにしてくださいね。 足場を固定し、汚れ防止に養生する 換気扇掃除は高所での作業になるので、しっかりと足場を作ることが大切です。 決してコンロの上によじ登って作業しないようにしましょう。 換気扇の油汚れがほかのところに付かないよう、新聞紙でガスコンロ周りや床を新聞紙を敷くなどして養生してください。 手を守るためにもゴム手袋や気になる方は軍手も着用して準備しましょう。 ファンを外す ファンを外していくのですが、換気扇は2種類あって、プロペラタイプとシロッコファンタイプに分かれます。 プロペラタイプの外し方 取り外したファンやフィルターを重曹水につけおき 取り外したファンやフィルターなどは、重曹水またはセスキ炭酸ソーダ水と一緒に袋などに入れて1~2時間つけおきしましょう。 このときの温度は火傷しない程度の45~50度くらいが理想です。 換気扇の外側を拭き掃除 つけおきしている間に、換気扇の外側部分や整流板の油汚れも掃除していきましょう。 重曹は水100mlに対して小さじ1杯、セスキ炭酸ソーダの場合は水500mlに対して小さじ1杯入れて混ぜてスプレーボトルに入れます。 高所なので直接スプレーすると垂れて目に入って危険なので、キッチンペーパーや布にスプレーしてから拭き取るようにしてくださいね。 頑固な油汚れが溝やファンの内側に溜まっている場合は、スプレー水では落ちないことも。 最後は水拭きしたあと乾拭きで仕上げます。 こすり洗い ファンやフィルターをつけおきして時間が経ったら、浮いた油汚れを袋のなかに入れたまま、メラミンスポンジや歯ブラシなどを使って汚れをこすり落としていきましょう。 お湯でしっかりすすぐ ファンやフィルターの汚れがキレイに取り除けたら、お湯を使ってしっかりと洗い流していきます。 洗剤が残ると部品が傷む可能性があるので、洗剤が残らないよう念入りに洗ってくださいね。 取り付ける前に水気を拭き取り、新聞紙などの上できちんと乾かしましょう。 取り付けて完了 ファンやフィルターが乾燥していることを確認したら、取り外した手順と逆手順で取り付けます。 取り付けの際も足場をしっかり確認し、ケガすることのないよう注意してくださいね。 換気扇フィルターの頑固な汚れは濡らさず落とす! 換気扇フィルターの目に汚れが詰まっている場合は、つけおきしてもなかなか落ちないことがあります。 そんなときは、フィルターは濡らさないで粉の重曹をそのまま振りかけて、頑固な汚れを落していきましょう。 重曹をたっぷりまんべんなくフィルターに振りかけて、そのまま3時間ほど放置します。 換気扇フィルター重曹ふりかけて2時間放置!。 歯ブラシで軽くゴシゴシ裏からもゴシゴシ。 最後に水で洗い流して乾燥させてたら終わりです。 換気扇掃除に重曹を使うときの注意点 換気扇の掃除に重曹やセスキ炭酸ソーダなどを使うと、変色する素材があります。 たとえば、アルミや銅、真鍮などのモノは、白っぽくなったり黒ずんだり…と変色するため、重曹やセスキ炭酸ソーダの使用は避けてください。 また特殊コーティングされている場合は、コーティングが剥がれることもあるので、注意が必要です。 換気扇の掃除に重曹を使って失敗しないためにも、事前に部品の材質を確認してから掃除を始めてくださいね。 換気扇掃除にはアルカリ性の洗剤もおすすめ! 換気扇掃除には重曹やセスキ炭酸ソーダ以外にも市販のアルカリ性の洗剤も効果的です。 たとえば、などを使えば、換気扇の油汚れもしっかり落とすことができます。 ただしキッチンという場所柄、できればやさしい洗剤を使いたいという方も多いはず。 100均でも販売されている重曹やセスキ炭酸ソーダも弱アルカリ性なので、油汚れをやさしく落とすことができますよ。 頑固な油汚れには、お湯に溶かしてアルカリ度を高めてから使うと効果的です。 換気扇の汚れを防ぐには? 油汚れがこびりつくとなかなか厄介な換気扇の掃除。 換気扇の掃除の頻度を減らすためにも、汚れを防ぐ方法を日々取り入れていきましょう。 こまめに拭き取る 換気扇は、調理すると必ず油が跳ねて汚れてしまいます。 調理後に3分だけと時間を決めて拭き掃除するだけでも、換気扇の油汚れの蓄積を防ぐことができます。 ご紹介した分解しての換気扇掃除の頻度は、外側を念入りに掃除するのは週に1度、分解掃除は3~6か月に1度がおすすめです。 換気扇カバーというものが販売されているので、お使いの換気扇の種類を確認し、カバーを取り付けることでフィルターへの油汚れの付着を軽減することができます。 換気扇掃除ができない、面倒だ…そんな場合には 換気扇の掃除は高所作業であることや、油汚れが蓄積していると素人ではなかなかキレイに掃除することができません。 換気扇の掃除はハウスクリーニングが行ってくれます。 換気扇の掃除をハウスクリーニングに依頼する最大のメリットは、汚いギトギトの油汚れを触らずに済むことではないでしょうか(参考:)。 油汚れが蓄積すると感触も気持ち悪いですし、ニオイもすえた酸化臭で参ってしまいます。 ハウスクリーニングは、プロの洗剤や機器を使用してキレイにしてくれるので、換気扇の吸い込みが良くなったりして結果的に寿命にも繋がってくるのです。 料金相場は、換気扇(レンジフード)の掃除で14,000円~となっています。 所要時間は、およそ2~3時間。 忙しくて換気扇掃除まで手が回らない、掃除したけど汚れが全然落ちないなどという方におすすめです。 詳しくは「」のページをご覧ください。 まとめ 換気扇の掃除は、浸け置きが1番簡単な方法です。 頑固な汚れにはこすり洗いが必要になってきますが、汚れが付着するのを防止するためのカバーを取り付ければ、掃除する頻度を少なくすることができます。 重曹やセスキ炭酸ソーダは自然にやさしい洗剤ですが、重曹は食品グレードのものを使うとより安心ですね。 温めて使うことでアルカリ度が高まり、強力に油汚れを浮かせてくれますよ。 自分で換気扇の掃除ができないという場合は、ハウスクリーニングなどプロに依頼するという方法もあります。 換気扇を掃除すると電気代や寿命にも好影響を与えるので、ぜひ本記事の掃除方法を参考にしてキレイを保ってくださいね! テレビで紹介された以下の換気扇掃除もおすすめです。 (関連記事:).

次の

換気扇のフィルターの掃除方法5選!油汚れの簡単な落とし方

換気扇 フィルター 重曹

本名は『松橋周太呂 まつはししゅうたろ 』さんといい、あの有名なよしもとに所属しています。 元々は「ジューシーズ」という名のトリオで活動していましたが、残念ながらジューシーズは2015年に解散してしまいました。 その為現在はピン芸人として活動されています。 とはいっても、芸人としてより家事えもんとして活躍している姿を見る方が圧倒的に多いですね^^; そんな家事えもんこと松橋さんがお掃除の達人になった理由、それは幼少期にあります。 松橋さんのお家は母子家庭で、仕事があるお母さんに代わって松橋さんが家事をこなし、弟さんの面倒も見ていたのだそうです。 家事が得意な理由には、こんな心暖まる素敵なエピソードがあったのですね。 ちなみに松橋さんが得意なのは掃除だけでなく、料理や洗濯など家事全般得意なんですよ。 家事えもんのお掃除時短裏技 それでは早速、これまで紹介された家事えもんのお掃除の裏技をチェックしていきましょう。 お風呂編 お風呂で特に掃除に時間がかかるところと言えば、水垢がビッシリな鏡と中々落ちない頑固なカビではないでしょうか。 悩まされている方も多いですよね!しかし、こんな頑固汚れも家事えもんの方法なら簡単にピカピカにすることができます。 ・鏡にうろこのようにビッシリ付いた水垢にはクエン酸! 擦っても擦っても落ちない鏡の水垢、家事えもんはクエン酸を使って落とすんです。 準備するもの ・クエン酸 ・スプレーボトル ・水 ・サランラップ 以上の4つのみ! クエン酸とスプレーボトルは100均などで簡単に手に入れる事ができますよ。 分量は水500mlに対してクエン酸大さじ2です。 できたらそれを鏡全体に吹きかけます。 スプレーし忘れた部分がないように注意して下さいね。 全体に吹きかけたら、その上からサランラップを貼ります。 ラップでパックをするんですね。 この時、鏡とラップがきちんと密着しているかどうかを確認するようにしましょう。 そのままの状態で1時間放置して、1時間たったらラップをはがしますが、そのラップは捨ててはいけませんよ! その剥がしたラップに粉末のままのクエン酸をつけてパックした鏡を磨くんです。 なんでも、表面に細かい穴が沢山空いているスポンジではクエン酸粉末が穴に入り込んでしまってうまく磨けない事がある為、その心配のないラップを使って磨くんだそう。 家事えもん流ですよね。 磨いたら最後に水で綺麗に洗い流したら終了です。 用意するもの ・片栗粉 ・塩素系漂白剤 ・サランラップ まずは、片栗粉と塩素系漂白剤を同じ量で練ってペーストを作ります。 ペーストができたら頑固なカビに直接塗りつけ、そのうえにラップーピタッと被せて約20分放置して下さい。 最後は片栗粉が残らないように綺麗に洗い流して完了です。 もし、一度で全て落ちきらなかった場合にはこれを何度か繰り返すことでピッカピカになるそうですよ! 換気扇編 換気扇と聞いて思い浮かべるのはキッチンの換気扇ではないでしょうか? ギトギトベトベトの油汚れはちょっとやそっとのことでは落ちませんよね。 色々な方法を試しては玉砕している方も多いと思います。 そんな悩みも家事えもんならすぐに解決です! ・換気扇掃除は重曹&ごみ袋で二度手間解消! 家事えもんの換気扇掃除には重曹とごみ袋を使います。 重曹は換気扇掃除には定番のアイテムです。 じゃあ何が家事えもん流なの?と思いますよね。 皆さんはどこで換気扇をシンクで洗う事が多いのではないでしょうか? ですが、シンクに直接換気扇を入れて洗うと、シンクが油まみれになってシンクまで掃除しなければいけなくなり二度手間になってしまいます。 それが、ごみ袋を使う事によってそんな二度手間を解消する事ができるんです! まずは、シンクの中にごみ袋をガムテープなどで貼り付けます。 貼り付けたらその中にお湯を張り重曹を入れましょう。 その中に換気扇のフィルターやファンなど綺麗にしたい部品を全部入れてしばらく浸けおきします。 汚れが浮いてきたらそのままごみ袋の中で汚れを落としましょう。 汚れがとれて綺麗になったら袋から部品を取り出します。 残ったのは油汚れまみれのお湯が入ったごみ袋だけですが、ごみ袋の角を切れば中のお水は勝手に流れていきます。 しかも!ごみ袋の素材であるポリエチレンには油を吸着するという性質があるそうです。 ですから、ごみ袋の端を切って中の水を流せば汚れはごみ袋の内側に吸着して残り、水だけ流れていきます。 水が全て流れたらごみ袋を捨ててお掃除終了です! これでシンクにベタベタ油がつく事もなく、シンクを掃除する手間も省けるので嬉しいですね。 洗濯機編 毎日のお洗濯に欠かせない洗濯機。 目に見える部分だけ見れば、あまり汚れていないように感じますよね。 ですが、洗濯槽の裏側、私達の目に触れない部分は大変な事になっているかもしれません。 洗濯機で洗った洗濯物にワカメのような汚れがついていた経験がある方もいると思いますが、それはまさに裏側がカビだらけになっている証拠です! 洋服を綺麗にする洗濯機が汚れていては洗濯の意味がありません。 家事えもんの力を借りて見えない部分まで綺麗に掃除してしまいましょう。 洗濯機の掃除に使うのは ・過炭酸ナトリウム ・水 ・ネット 過炭酸ナトリウムは酸素系漂白剤を主成分にして作られているもので協力な洗浄力を持っているそうで、薬局やスーパーで普通に購入する事ができるんですよ。 材料が準備できたら洗濯機に水を貯めます。 水を貯めたら過炭酸ナトリウムを水10リットルに対して100g入れ、全体に行き渡るように洗濯機を少し回しましょう。 その後、そのままの状態で5~8時間程浸けおきして下さい。 すると洗濯槽の裏から汚れが剥がれてどんどんういてきます。 汚れ具合によってはかなりの衝撃を受けるかもしれませんから覚悟しておいて下さいね笑。 その汚れをごみ取りネットですくいます。 ごみ取りネットは市販もされていますし、針金ハンガーとキッチンの水切りネットで即席ネットを作ってもOKです。 ごみをすくったらあとは水を排水して終了です。 一度で綺麗にならない場合は再び水をためて洗濯機を回してごみを浮かせてネットでとり、排水してください。 綺麗になるまでこの作業を繰り返しましょう。 洗濯機にカビが発生しているとせっかくの洗濯物まで臭くなってしまう場合があるので、2カ月に1度は掃除をした方が良いそうですよ。 まとめ 毎回家事えもんの裏技には驚かされてばかりですが、本当に効果がある方法ばかりなのでぜひ試してみて下さいね。

次の

換気扇フィルターの油汚れは重曹で落とす!ギトギト油の落とし方

換気扇 フィルター 重曹

家事アドバイザー・節約アドバイザーとしてテレビ・講演・コラム連載などで活動。 頭を使って賢くスマートに、時間とお金をバランスよく使う暮らし方を提唱。 著書に「シンプルライフの節約リスト」(講談社)などがある。 大掃除でやりたくない場所ナンバー1に挙げられることが多いのが換気扇掃除。 中でも換気扇のフィルターは網目のような細かい構造の中に油汚れが溜まってしまうと必要以上に手間がかかる場所となります。 フィルターが詰まってしまうと今度は換気できなくなり、部屋全体が油で汚れてしまうことになるので、それは避けなくてはなりません。 酸素系漂白剤のオキシクリーンやキッチンの油汚れ専用洗剤を使って、いつでも綺麗な状態に保ってあげるようにしましょう。 用意するものは重曹と歯ブラシやタワシなどの汚れをこすり落とすものです。 実際の掃除の流れを説明していきましょう。 掃除の手順 まず、外したフィルターを乾燥した場所に置きます。 ここでは、フィルターを濡らさないことが何よりも重要です。 フィルターが濡れてしまうと油と水が反発し合い、余計に油汚れが落ちにくくなってしまいます。 フィルターを置いたら、上から粉末状の重曹をかけます。 ここで注意すべきは重曹スプレーなどの液体状のものではなく粉状であること、さらにふりかける際は重曹をたっぷり使用することです。 重曹をかけた状態のまま、2~3時間放置します。 この間に同じく換気扇周りや調理器具など、キッチン周りの掃除をすると効率が良いでしょう。 2~3時間後には重曹が汚れを吸い取っているため、歯ブラシやタワシなどでこすり落としましょう。 油汚れを吸い取った重曹は黄色くボロボロになるため、汚れが落ちたか重曹の状態で確認できます。 汚れが残ってしまった場合 それでもギトギトが残っているという場合には重曹が不足しているため、もう一度ふりかけましょう。 また、ボロボロになった重曹は集めて燃えるゴミとして捨てます。 排水溝に流してしまうと詰まりの原因となる可能性があるため、気をつけましょう。 汚れの程度に応じてその後2回目、3回目と重曹をふりかけ、時間をおいてこすり落とすというのを繰り返します。 油汚れが落ちたら、最後はぬるま湯ですすぎ洗いしましょう。 粉の状態のままフィルターにふりかけ、30分以上おきます。 その後こすり落とし、汚れの程度に応じて何度か繰り返し、最後はぬるま湯ですすぎましょう。 小麦粉に関してもこすり落とすとボロボロになるため、排水溝に流さず集めて燃えるゴミとして捨てます。 正式にはセスキ炭酸ソーダといい、油汚れに強い特徴を持っています。 さらに、重曹や小麦粉のようにこすり落とした後の粉の掃除をする必要もなく、つけおき掃除ができる点も魅力でしょう。 では、具体的な掃除方法を紹介します。 掃除の手順 まず、40~50度のお湯12Lに対し、セスキ炭酸ソーダ大さじ3の水溶液を作りましょう。 汚れがひどい場合はお湯の温度を上げたり、セスキの分量を増やしてもいいですが、フィルターが変色する危険性があります。 また、お湯を入れる際、家に大きなタライがある場合はそれを使用し、なければゴミ袋を代用してもいいでしょう。 タライを使用する場合も、油汚れが付かないようにゴミ袋などでタライを覆った上からお湯を入れると後の掃除が楽です。 水溶液の中にフィルターを浸け、1時間ほど放置します。 その後ブラシでこすり、水で洗い流しましょう。 頑固な油汚れもセスキによって浮き出て簡単に汚れが落ちます。 掃除だけでなく洗濯にも使用できるとあって人気を集めているオキシクリーンは酸素系漂白剤が主な成分で、油汚れを分解する特徴を持っています。 そのため、換気扇のフィルターにも大きな効果が期待できるでしょう。 掃除の手順 掃除方法は、セスキと同様につけおきが一般的です。 40~50度のお湯にオキシクリーンを入れます。 分量は容器に記載されているため、お湯に対する適量を入れましょう。 この際、重要なのが熱いお湯であることです。 温度が高くないと洗浄力が落ちるので注意が必要です。 さらにオキシクリーンを入れた後、よくかき混ぜるのも忘れないようにしましょう。 つけおきはおよそ1~2時間で、汚れがふやけるのを待ちます。 つけおき後、まだ油汚れが残っている部分は軽くこすり洗いしましょう。 セスキもオキシクリーンもつけ置きの際にはかき混ぜるなど手が水溶液に触れるため、手の荒れ防止のためにもゴム手袋をつけると安心です。 掃除で使用するゴム手袋は滑らないのはもちろんですが、水が入ってこないように腕まで覆るものが便利でしょう。 ゴムでずり落ちてこないタイプのゴム手袋は、腕の好きな位置に止められるのが特徴です。 また、衛生面から掃除で使用するゴム手袋は1回ごとに処分したいと思う方もいるかもしれません。 その際には、使い捨てゴム手袋を使用するのも良いでしょう。 掃除だけでなく、子どもがいる場合には嘔吐や下痢の際にも使えるため、家にあって困ることはありません。 使い捨てゴム手袋は様々な素材のものがありますが、手袋をしていてもしっかりつかめるフィット感のあるものがおすすめです。 換気扇フィルター掃除は家にある洗剤を試してみよう! 換気扇のフィルター掃除にとどまらず、掃除にはそれぞれ適した成分の洗剤があります。 ここで紹介した洗剤はほとんどがアルカリ性の性質を持つもので、油汚れに強いと言われています。 専用のクリーナーは強力で汚れも落ちますが、家にあるものでも洗剤として代用可能です。 身近な洗剤で、掃除をより楽しく手軽に、スッキリきれいな住まいを目指したいですね。

次の