電動アシスト自転車 英語。 電動自転車の通販

外国人がサーカスと驚く! 日本の「電動アシスト自転車」文化を英語で説明

電動アシスト自転車 英語

そのスタッフも気遣いが素晴らしく、その時点でとても好印象! 彼女の名前を失念した、ごめんなさい) ・オフィスは路地内の解りにくい場所なので、時間に余裕をもって行く方が良い。 ・改めて別日にツアー参加。 ガイドのJulesさんは笑顔が素敵なナイスガイ。 スペイン語イントネーションの英語がむしろ日本人に聞きやすい事が新鮮 笑 ・オフィスに戻り、ガイドさん&参加者全員でバルにてタパス 軽食 を食す。 日本人には充分なボリュームで、夕食はこれでOKだった。 ・食べ方や、その他トリビア的な話題、バルセロナの歴史等でトークが盛り上がる。 当日は参加者が少なく、コミュニケーションが密でとても楽しめた。 当方は決して英語が堪能ではないが、気持ちと笑顔で何とかなる! ・滞在初期に自転車で走っておくと、町の地図が頭になんとなく入る。 途中、地理歴史博物館で遺跡発掘現場を見たり、シタデウリャ公園で写真撮影したり、ところどころで止まります。 海岸線をこぐ頃には雨が降りだし、上は準備くださったカッパがあってよかったのですが、下はびしょびしょになりました。 私が滞在した9月上旬は、お昼はお天気がいいのですが、夕方や夜からスコールのような雨が毎日降りました。 このツアーに参加されるときは、100均のものでかまわないので、下も補えるような河童があればいいと思います。 あと、どなたかもかいていましたが、ガイドさんの英語が早すぎて、20パーセントぐらいしか言ってることが理解できませんでした。 ほかの方々はすべて英語ネィティブの方たちばかりだったので、多少のアウェイ感はありました。 夜に連れて言っていただいた4gatsは、ガイドブックに載ってる有名店。 ピカソゆかりのレストランで、3皿出てきます。 飲み物は、泡と、あとは赤か白かを選びます。 私は白で2杯いただけました。 しかし、海岸近くに行くと雨強くなり準備してもらったレインコートは上だげだったので ズボンがずぶ濡れ、家族3人は はしゃいでいましたが寒さが増して来て、 結局、その後直ぐに帰りましたが 我々は風邪を引きそうだったので ツアー終了後帰ることに 楽しみだったタパスにはありつけず。 レインコートは上だけでなく出来れば下も準備欲しかった 特に雨が強い場合で ツアー後タパスがある場合は。 オフィスは小道に入ったところにあり少し分かりにくいですがグーグルマップでなんとかたどり着きました。 参加者は、私と姉、台湾人男性、アメリカ人夫妻とその子供 2歳くらい の6人でした。 子供もお父さんの自転車の前に乗って、最初はダダをこねてましたが後半はご機嫌良さそうでした。 最初はオフィスで簡単な説明があり、その後すぐ自転車ツアーが始まりました。 日本で電動自転車を使わないので初めてでしたが、ものすごい馬力が強くスイスイ進むので楽しかったです!正直そこまで坂道もないのでオフにしてても大丈夫だと思います。 約1時間半の自転車ツアー後、クアトロガッツという老舗のバルに行きました。 クアトロガッツは、日本の観光本で見たことがあって、行ってみたいと思っていたのでラッキーでした! 一緒に参加していたアメリカ人ファミリーはここでお別れし、他のドイツ人グループと一緒に飲みに行きました。 旅行で歩き疲れていたので、よい気分転換になり、夕方からのツアーで程よく日陰もあり、海沿いは風が気持ちよく、爽快なツアーでした。 私達夫婦以外は皆女性のグループで、フランス、アメリカからの旅行者で計9名にガイド1名の10名でした。 ガイドのチャビー氏は古いカタルニヤ地方の話や、バルセロナの歴史を織り交ぜて上手にまとめてくださっていてとても話も面白かったです。 サイクリング中ずっと全員に無理がないか気を配ってくださり、お若いのにとても紳士的な方だったのが印象的です。 その後のタパスも数種類(女性なら普通にお腹いっぱいになります。 主人は少し物足りなかったようで、ツアーの後飲み直しに出かけましたが・・・)それにワイン3種(特によく冷えたカヴァは最高に美味しかったです!)も美味しく大満足のツアーでした。 初めての電動アシスト自転車で、最初は慣れなくてアシストなしでこいでいましたが、段々慣れてきた後半からは小道や坂道、海沿いの広い道等で上手に電動を利用して気持ちよくサイクリング出来ました。 私はまた他の国でチャンスがあったらこの自転車ツアーに参加してみたいなと思いました。 1つだけ懸念を挙げるならば、このツアーはそこそこ英語が分かる方は楽しめますが、そうでなければ、サイクリングはまだしも、タパスを頂く時間が交流出来ずにつまらないかもしれません。 ガイドが素晴らしいだけに歴史を英語で聞いて理解出来るレベルでないともったいないかもしれません。 )今回もバルセロナで自転車で市街地を回ると聞いて喜んで参加させていただきました。 結論から申しますとタイトルの通りです。 私は英語は日常会話ならブロークンながらもある程度聞けるし話せるレベルです。 海外ドラマは半分以下で理解出来るといった程度。 英語ツアーということでしたが、自転車に乗れれば楽しめるだろうとタカをくくっていました。 が、正直終わってみるとせっかくガイドをつけた醍醐味である「かつてここであった歴史的ドラマ」が、英語の不理解によって殆ど味わえなくなってしまったと痛感しています。 ガイドの男性にははじめに当方女性二人の英語のレベルはお伝えしておりましたし、ときおりこちらに「楽しんでる?」と気を配ってくれるなど気遣いをいただいたことはとても有りがたかったです。 が、最後のタパスも日本人が自分たち2名だけであとの10名が全員英語をそれなりに話せるといった状況ですと、お酒も入ってきますし全然話しについていけないので、話しに入れない申し訳無さで小さくなって時間がすぎるのを待つだけでした。 でもタパスはそれなりにおいしかったです。 今後こちらのツアーの訴求対象がどのような方なのか不明ですが、もしこの完全英語ツアー混載を前提するのであれば、日本人用に解説のつくところには日本語の簡単な説明書きやルートマップがあるといいのかなと思いました。 自転車自体は日本の電動自転車よりもかなりハイパワーなので最初は戸惑いました。 が、すぐになれます。 お水も既に自転車のカゴに入っています。 英語が話せないとちょっとつらいツアーであることは事実ですが、ツアーの内容自体はとっても素晴らしいと思いますのでご自身の英語力を勘案して参加されることをおすすめします。 まずオフィスで簡単なオリエンテーションを受けてから自転車をそれぞれ選び、サドルの高さを調節。 電動アシスト自転車に乗るのは初めてでしたが、丁寧に乗り方も教えてくれました。 我々のガイドはAlessiaという若い女性でした。 そして出発!カテドラル裏の路地を抜けて走っていくのはかなり難易度高し。 それでも全員よくついていきました。 Alessiaは時々後ろを振り返りながら注意を配り、要所要所での説明も実に的を得た、すばらしいものでした。 機動力と情報面、2つの点で得難い体験でした。 それに車やバスではなく、実際にバルセロナの風を感じながら自分で動くことができる充実感! 自力での街歩きではとてもこうはいかなかったでしょう。 ツアーが終わってから連れていってもらった「四匹の猫」(クワトロ・ガッツ)はピカソらのアーチストが通った有名店。 期待以上にお料理もワインもおいしかったのでとても満足でした。 しかし、何よりも良かったのはAlessiaの説明。 どこをどう走ったのかという私たちの質問に対して、彼女はオフィスの地図に線をひいてくれ、スペイン内戦関係の痕跡を見たいという私にさらなるサジェスチョンもしてくれました。 聞いてみれば彼女はミラノ生まれのイタリア人。 でも英語、スペイン語はもちろん、オランダ語、トルコ語、アラビア語までOKの言語と歴史の専門家。 こんなすばらしいガイドと巡りあえて実にラッキーでした。 彼女にも五つ星、いやもっと星を差し上げたいと思いました。 このバルセロナ自転車ツアーはとても良い企画だと思います。 ただ、申込時の内容紹介に確か「モンジュイックの丘へ」という案内があった記憶。 電動アシストつき自転車でもあの坂を登るのはかなり大変だと思っていたので、ツアー開始時にAlessiaに「本当に行くの?」と聞いたら、「行きませんよー」とのこと。 丘に登るというのでやめとこかと思った人もいると思うので、内容は正確に書いていただいたほうがよいかと思います。 丘へ行くかわりに、バルセロネータの浜辺まで行くことができたので、それはそれで私はとても楽しめたのですが。 お世話になりました。 ありがとうございました。 実は、英語は少ししか理解できず、ほぼ話せないのですが、ガイドさんの人柄、 また、一緒に参加させていただいた方々のおかげで楽しい時間を過ごすことができました。 自分たちだけでは、行くことのない穴場の公園や、海沿いまで走り、たいへん気持ち良かったです。 たくさん走った後のワイン、タパスは格別でした。 タイトルに電動アシスト自転車が楽しいとしましたが、正直、ほとんど の方が電動機能を使っていませんでした。 というのも、細い道や人の多い場所が多いので自転車慣れにて いない方や年配の方には少しキツイと思います。 実際何度か危ない場面を目にしました。 それが大丈夫!英語も話せる!という方には本当にオススメのツアーです。 海岸沿いを走っている時などは最高でした。 夫はこのツアーが一番楽しかったそうです。 少し早い夕飯という感じで確か、4Catというレストランに連れて いってもらったのですが、美味しかったです。

次の

フロンティアラクット

電動アシスト自転車 英語

こんにちは。 TsumuRiです。 娘が1歳を過ぎてからずっと、子乗せママチャリ(非電動)生活を楽しんでいます! とは言うものの、娘が1歳になるかならないかの頃は、電動アシスト自転車を買うかどうか、すっごく迷いました。 節約派(というかドケチ)としては、妊娠前から乗っていたママチャリにチャイルドシートつけたらいいんじゃないの?と思ったんです。 とは言え、毎日乗るものだから快適に過ごしたい気持ちもありました。 そうやってかなり迷った結果、 妊娠前から乗っていた ママチャリに前乗せチャイルドシートを取りつける ことにしました。 それ以降、特に大きなトラブルもなく、娘と一緒に子乗せママチャリ生活を楽しんでいます。 当時も現在もインターネットのクチコミは 「電動アシスト買ってよかった!」が目立ちますが、条件が合えばママチャリも意外とよいですよ。 というわけで、この記事では 「ママチャリよかった!」と言える条件や、実際の子乗せママチャリ生活を紹介します。 実は私、子乗せ電動アシスト自転車の試乗がきっかけで、ママチャリにチャイルドシートを取りつける方向に大きく心が動きました。 妊娠前まで26インチのママチャリに乗って慣れていたせいか、20インチの子乗せ電動アシスト自転車はどうも漕ぎにくかったんです。 かなり感覚が違ってふらふらしたので、安全なはずがよけいに危ないなと感じました。 このへんは個人差が大きいので、子乗せ電動アシスト自転車の購入を考えるならば試乗は必須かなと。 それから、ママチャリを持っていてもチャイルドシートの取り付けに向かないものもあります。 画像出典: 自転車のフレームに上の画像のようなシールが貼ってありますので、必ず確認しましょうね。 一般の自転車 16歳以上の運転者は、幼児用座席を設けた自転車に6歳未満の幼児を1人に限り乗車させることができます。 さらに運転者は幼児1人を子守バンド等で背負って運転できます。 幼児2人同乗用自転車 16歳以上の運転者は、幼児2人を同乗させることができる特別の構造又は装置を有する自転車(幼児2人同乗用自転車)に6歳未満の幼児2人を乗車させることができます。 幼児2人を乗車させた場合、運転者は幼児を背負って運転することはできません。 (出典:) つまり、 自転車に乗せる子どもが2人以上なら、必ず 「幼児2人同乗用自転車」に買い替える必要があるということです。 家が 急坂の上にあるとか、毎日通る道に 大きな川と土手があるような環境だと、電動アシスト自転車の方がいいと思います。 たまの遠出で 片道30分走ると、いい運動したわーという感じ。 毎日だと辛いかな。 ここは 体力と相談です! 自転車に慣れてない人はふらつくのかなー? 休日の子乗せママチャリ生活 休日は 少し遠くの公園やショッピングモールを目指して 片道30分走ることもあります。 途中に坂道がなければ快適ですが、娘をを乗せたまま 土手を越えようとすると、変速をいちばん軽くしてもちょっとツラいのが正直なところ。 昼食のあとに眠そうな顔をした娘がなかなかお昼寝しないときは「ちょっと一回りしてくる?」と、誘ってママチャリに乗せます。 10分も走れば寝る。 便利! ちなみに、寝たあとに買い物したいときはベビーカーに乗せます(いつまで乗るねんw) 子どもがママチャリで寝るとこうなる うちの前乗せチャイルドシートは背もたれが低いタイプ(腰の少し上あたりまで)なんですが、 娘が寝てしまうと上半身がぐらんぐらん揺れてけっこうヒヤヒヤします。 最後には私の腕を枕にして熟睡するんですが、けっこう重いし夏は暑いので、背もたれが頭まであるチャイルドシートにしたらよかったかなーと時々思います。 夏なら拭けばいいんだけど、冬は風邪引かせるわけにもいけないしなー。 結論としては、 最初から 冬の雨の日もママチャリに乗るつもりの人は早めに買った方が長い目で見てお得だと思います。 このへんは、どれくらい濡れたくないかによりますね。 子乗せママチャリへの子どもの載せ降ろし さて、最大の懸案事項である、子どもの乗せ降ろし問題。 これ、正直けっこうたいへんです! うちのママチャリは26インチなので、前乗せチャイルドシートに娘を乗せるときは、 けっこう高く持ち上げることになります。 ふつうに自転車を止めているときはまだいいんですが、 駅やスーパーにあるような前輪をはめ込むタイプの駐輪場は、さらに高く持ち上げないといけないので、正直ツラい。 前乗せチャイルドシートの仕様としては4歳、身長100センチまで使用できるらしいですが、その前に親の腕力が限界になると思う。 あと、娘を下ろすときに 足がハンドルに引っかかって靴が脱げることが地味にストレス。 娘がわりと大人しく自転車に乗っているタイプなので、2歳半を過ぎたら後ろ乗せチャイルドシートに交換しようと思います。 子乗せママチャリは倒れやすい 子乗せ電動アシスト自転車でも倒れるときは倒れると思いますが、 子乗せママチャリはタイヤが大きくフレームが華奢な分、子どもを乗せると重心が高くなってより倒れやすいので、注意が必要かなと。 私はこの1年間で1度だけ、ママチャリを倒したことがあります。 娘を乗せようとしたときに、足がハンドルに引っかかってママチャリだけ倒れました。 娘はきょとんとしてました。 娘がチャイルドシートに座っているときに倒したことはありませんが、子どもは急に動くことがあるので、 チャイルドシートに座らせた後に手を離すのは危ない。 万が一に備えて、 幼児用ヘルメットも必須ですよ! 子どもを自転車に乗せるときは着用努力義務が課せられてますし、地震などの災害時は安心感もあります! わが家で実際にかかった費用 節約派にはいちばん気になるところだと思いますが、 実際にかかった費用は、 おおよそ15000円 でした。 以下内訳。 前乗せチャイルドシート:5000円• 取り付け工賃:0円(購入店で取付)• :2000円• 幼児用ヘルメット:3500円• レインポンチョ(こども用):1500円• レインポンチョ(大人用):3000円 しれっと「」なる項目がまぎれこんでますが、これは自転車の点検整備に、1年間の付帯補償(賠償責任補償、傷害補償)がついているものです。 他の保険でこのあたりカバーできていればTSマークの点検じゃなくてもよいと思いますが、いずれにしろ、 何年も乗ったママチャリは子乗せする前に点検必須ですよー。 自転車が趣味でもないと忘れがちですが、自転車屋さんで見てもらうとブレーキパッドの摩耗やタイヤの劣化など、けっこう見つかります……。 修理が必要になれば別途部品代と工賃がかかりますが、簡単なものならオマケしてくれることもあります。 まとめ こんな感じで、わが家では子乗せママチャリ生活を楽しんでいます。 コスパも悪くはないので、 自転車に乗せる子どもが1人で、家の周りに坂道がなく、そんなに距離を走らない節約派の方は、ぜひおうちにあるママチャリを活躍させてあげてほしいなと思うんです。 でも、最後にひとつだけ。 「コスパがよい」という理由 だけでママチャリにチャイルドシートをつけると、不満が出てきたときに後悔すると思うんですよね。 そんなことで長く付き合ってきたママチャリを嫌いになっちゃうのはもったいないので、 子乗せママチャリが活躍できる環境かどうか はしっかり考えてあげてくださいね! 2018年11月に後ろ乗せに取り替えました! 娘が2歳7ヶ月になり、前乗せだとほんとうに娘を持ち上げるのがツラくなってきたのと、冬の雨対策も気になったので、ついに後ろ子乗せに乗せ変えました!.

次の

小柄な女性におすすめ!20インチの電動アシスト自転車3選(パナソニック、ヤマハ、ブリヂストン)

電動アシスト自転車 英語

AbemaMorning・田中萌アナウンサーが取材しました。 通勤や通学、送り迎えなど、生活に欠かせないアイテムの一つといえば「自転車」。 なかでも近年、暮らしに定着しつつあるのが電動アシスト自転車です。 坂道でも快適な走行ができる自転車として幅広い世代に人気で、出荷台数は10年間で2. 4倍以上になるなど、需要は右肩上がりを続けています。 今、使っている自転車にも取り付けることが可能で、電動アシスト自転車と同じように坂道なども快適に走ることができます。 今年3月の発売後、一時、品切れも続出するなど、大ヒット商品となっています。 フリーパワーの仕組みで一番のポイントになっているのは、ギアに内蔵された「シリコン」。 フリーパワーを搭載した自転車はまず、ペダルを踏み込んだ時にシリコンが圧縮されます。 そして、自転車をこいでいる時、足の力が入らない上下の位置にペダルが来ると圧縮されたシリコンが反発。 このシリコンが元の形に戻ろうとする力がギアを回し、前へ進む力に変えているのです。 (株)サイクルオリンピック・古屋直隆社長:「お値段も電動自転車に比べたら半分から3分の1で買える。 充電の手間も要らない。 坂道もスイスイ上れるし、こぎ出しも軽い。 そういうものが出てきたということで、ご支持を頂いていると思っています」 バッテリーなしで電動アシスト自転車に匹敵する機能を実現したフリーパワーですが、会社では今後、海外への売り込みも検討していきたいとしています。

次の