脂肪 燃焼 スープ。 脂肪燃焼スープダイエットの驚きの効果!【一週間集中ダイエット】

脂肪燃焼スープ一杯分のカロリーとダイエット効果は?

脂肪 燃焼 スープ

「7日間スープダイエット」や「脂肪燃焼スープダイエット」は2005年ごろに話題になり、現在でも高い人気のダイエット方法です。 (グーグルトレンド調べ) ネットやメディアでも話題になったダイエット方法ですので、ご存知の方も多いかと思います。 現在でも多くの方が「脂肪燃焼スープダイエット」について調べていることを確認しているため、注意喚起として本記事をご用意しました。 具体的な方法や危険性については後ほど記載しますが、 最初に一つの結論としてその危険性についてご紹介します。 7日間脂肪燃焼スープダイエットなどを安易におすすめするサイトは無責任です。 具体的な危険性や注意点について、記事の後半では健康的な範囲内で脂肪燃焼スープをダイエットに活用するための方法をご紹介します。 7日間脂肪燃焼スープダイエットの危険性 元々は心臓病患者が手術前にお医者さんの監視下のもと、手術の障害にならないように短期間でダイエットに取り組むために行われた方法です。 お医者さんの監視下で行われるダイエットでは血糖値などをモニタリングしながら、身体に異変が無いかを日々確認しながら進めます。 そのため、極端な肥満でない人が絶食・断食に近い形で、 急激なダイエットをすることは、体調不良にとどまらず、拒食症や過食症の原因となる他、命の危険性すらあります。 確かに結果が出やすいことは間違いありませんが、ネットやメディア上にあふれる「7日間で8kg痩せた!」などの強い表現で書かれたメニューを多く見受けます。 健康的に、継続的に痩せるためには不適当な内容です。 当サイトでお勧めする様な方法で、長期的にダイエットに取り組むことを前提に考えていただければと思います。 脂肪燃焼スープダイエットの注意点 脂肪燃焼系のスープのレシピのほとんどが、脂質・糖質が極端に少なく、一日に必要な栄養素を摂取する事ができません。 7日間スープダイエットと銘打たれたダイエット方法のほとんどが「脂肪燃焼スープとその他1品程度」に抑えて、その他は何も食べないメニューになっています。 どのメニューを見ても1日の摂取カロリーが1000kcal以下に設定されており、摂取カロリーを抑えれば痩せる事は事実です。 (そもそも標準体重前後の人が7日間で8kgの減量などは異常です。 ) そして、この食生活をずっと続ける事はできません。 結局のところスープダイエットを辞めた時点でリバウンドが始まってしまいます。 1週間という短い期間とはいえ食べたい物をガマンして、辛い思いをして、命すら危険にさらしたところで1ヶ月後には元通りでは元も子もありません! そして元通りになってしまうだけではなく、急激なダイエットとリバウンドは より太りやすい体質へと変化します。 以下記事でも詳しく記載していますが、糖質を極端にカットした食生活で減量すると、筋肉が分解されることがあります(身体に不足した糖質を筋肉を分解して補うため)。 詳しいリバウンドと体脂肪が増えてしまう原因は以下の過去記事を参照ください。 続けられるメニューで3ヶ月〜半年くらいかけて継続的に体重を落としてくダイエットに取り組みましょう。 (体重50kgなら1. 5kg程度) 当サイトでは基本的に体重(kg)を減量するだけを目的としたダイエットはおすすめしていません。 (体重は分かりやすい指標ではありますが、体重を落とすこと以上に健康的に脂肪を落とすことで見た目には変化が出ます。 ) 脂肪燃焼スープダイエットのやり方 当サイトでおすすめする脂肪燃焼スープをダイエットに活用するやり方としては、1日1食を目安に脂肪燃焼スープに置き換えをする方法です。 夜ご飯をスープだけにしてしまうと1日のカロリー母数が足らない可能性が高いので、可能であれば朝食か昼食をスープにすることをおすすめします。 その他のスープレシピはなどを参考にしてみて下さい。 当サイトのユーザーさんから「食事制限ダイエットで生理が止まってしまった」という様なご相談をいただいた事もあります。 過度な食事制限のダイエットは続けにくい事はもちろんですが、生理周期への影響や骨粗しょう症・過食症、拒食症など長期に渡った身体への悪影響の元となる事もあります。 これらは生活習慣を元に戻したとしても、回復までに時間を必要としたり、通院が必要な場合すらあります。 置き換えダイエットを行うとしても1日1食を目安として、お手軽なエクササイズなどを同時に行いながらカロリーコントロールを行う事が間違いなくダイエットの近道です。 メディアなどのセンセーショナルな謳い文句に流されず、3ヶ月から半年程度の期間でじっくりとダイエットに取り組んでみて下さい。 当サイトではお手軽に室内などで出来るエクササイズなども複数ご紹介していますので参考にしていただければ幸いです。

次の

脂肪燃焼スープのレシピ!人気やおいしいアレンジからセロリ抜きまで

脂肪 燃焼 スープ

脂肪燃焼スープダイエットとは まず、 脂肪燃焼スープダイエットとは何なのかという話から始めましょうか。 脂肪燃焼スープダイエットというのは、野菜スープを中心にしたメニューを食べることで体重減を図るダイエットのことです。 脂肪燃焼スープといえば、テレビでも話題になったことがある『 食べれば食べるほど痩せられる』という魔法のようなスープ。 脂肪燃焼スープのダイエット効果はいろいろと騒がれていますので、興味がある人も多いでしょう。 実際に私も脂肪燃焼スープダイエットのおかげで10㎏も痩せることができました。 実は、この脂肪燃焼スープによるダイエットは、一般の人たちだけでなく病院でも用いられています。 具体的には、心臓手術のために痩せることが必要な患者さんなどが、脂肪燃焼スープダイエットによって安全に痩せているのだとか。 病院でも用いられているダイエット方法なので、脂肪燃焼スープダイエットの危険性を気にしている人も安心してくださいね。 する方法は他にもありますが、スープダイエットはおいしいスープを食べながらのダイエットなんで、続きやすいんです。 脂肪燃焼スープによるダイエットは、ブログや口コミでも評判になっており、痩せないと思っていた人も、飲み続けることでその効果を実感しているようです。 私自身も試してみるまで半信半疑だったのですが、試して3日目で既に効果を実感しまして、体重計に乗って3㎏も減っていたときは思わずガッツポーズを取ってしまいました。 スープ食を2週間続けただけで痩せられたので、皆さんにもおすすめです! ぜひ脂肪燃焼スープダイエットを試してみてくださいね。 集中してする方法についてはこちらもご参考にしてください。 脂肪燃焼スープの魅力 脂肪燃焼スープによるダイエットについて語るのなら、まずは、 脂肪燃焼スープの魅力から語らなくては。 脂肪燃焼スープの魅力は、大きく分けて 6つあります。 副作用みたいなものがないので、安全に飲み続けることができますし、スープの味を変えることができるため、飽きることなく続けることができるんです。 なので、もし、無理することなく安全に痩せたい、という人が私のように脂肪燃焼スープを飲みながらダイエットをして欲しいなと思います。 脂肪燃焼スープ以外のが気になる方はこちらもご参照ください。 絶対痩せないはずの私が10㎏痩せた脂肪燃焼スープのレシピ 以下が痩せないはずの私が10㎏痩せた脂肪燃焼スープのレシピです。 材料 量 玉ねぎ 大1こ(200g) キャベツ 半玉(300g) しめじ 2分の1パック(50g) ピーマン 1こ(25g) トマト缶 1缶 しょうが(みじん切り) 小さい固まり(40g) にんにく(みじん切り) 小さじ1(6g) オリーブオイル 大さじ1 コンソメ顆粒 大さじ1 塩コショウ お好み 揃える材料も、作り方もとっても簡単!40分くらいで作れちゃいます。 入れる野菜は一例なのでお好みで好きなものを入れてくださいね。 ちなみにダイエットに向いている野菜は、 1、野菜は簡単に食べることができるように、全部ザクザクと切ってしまいましょう。 2、玉ねぎについてはオリーブオイルでにんにくと一緒に炒めてから鍋に入れると、脂肪燃焼スープの風味が良くなります。 3、鍋に材料を全部入れたら、水を入れます。 ひたひたになるくらいが丁度いいでしょう。 4、野菜がお好みの柔らかさになるまで煮ます。 煮えたら、塩コショウで味を整えて終わりです。 いかがでしょうか。 脂肪燃焼スープの作り方、とても簡単ですよね。 にも効果があるんで、ぜひ作ってみてくださいね。 あとは、このスープを中心にひたすら食べ続けていくことになりますが、さすがに同じ味だと飽きてきます。 なので、 お好みによって、いろいろと味を変えていくと良いでしょう。 味噌や白だしを使ったり、醤油や、カレー粉やナンプラー、ワインビネガーなどを使ったりすると、味がガラリと変わるので、かなり長い間楽しむことができますよ。 タンパク質が足りないという人は、豆腐を入れたり、お肉を入れたりしても大丈夫です。 炭水化物と違って、豆腐やお肉は食べても太らないので、お好みに応じてタンパク質も入れてみてください。 1日目 記念すべき脂肪燃焼スープダイエットの一日目。 初日は、脂肪燃焼スープの他には、水かフルーツジュースだけしか口にしません。 2日目 おそらく初日の反動が来ていることかと思います。 2日目は、 満腹になるまで脂肪燃焼スープを食べてください。 野菜については、脂肪燃焼スープに入れたものだけでなく、生で食べてもOKです。 たとえば、きゅうりに味噌をつけて食べるのも良いと思います。 さつまいもやじゃがいもを食べてもOKです。 私はさつまいもを蒸して食べました。 3日目 献立は、脂肪燃焼スープ。 その他には、野菜と果物を好きなだけ。 ただし、3日目は お芋などの炭水化物系は控えましょう。 もし、あなたが私と同じ献立で3日目を過ごしているのでしたら、既に2~3㎏減っていてもおかしくはありません。 4日目 4日目は、脂肪燃焼スープとバナナ3本、無脂肪ミルク400mlを飲みましょう。 脂肪燃焼スープと水は好きなだけ飲んでもOKです。 先日、ほとんど炭水化物を摂取していませんから、身体は炭水化物を必要としているはず。 なので、炭水化物の他に、タンパク質やカルシウムなども必要となります。 バナナとミルクで補いましょう。 5日目 5日目は、 お肉も食べましょう。 350gから600g程度の赤身の牛肉、あるいは鶏肉でも良いです。 魚を食べるのも良いと思います。 お肉の他にはトマトをたくさん食べて欲しいですが、お腹の具合もあるので、それについては適量で。 体内から尿酸を排出するため、水もできるだけ多めに飲むようにしてくださいね。 6日目 牛肉のステーキや焼き肉、野菜を食べたり、脂肪燃焼スープを飲んだりしてください。 ステーキについては、お腹の具合によっては2~3枚食べてもOKです。 炭水化物を食べたい衝動にかられますが、 お米はもちろん、お芋類も控えましょう。 7日目 最後の1日は、 玄米を食べてください。 玄米と野菜、それに甘味料の入らないジュースを飲んでください。 久しぶりの炭水化物ですので、たくさん食べたい衝動に駆られますが、食べ過ぎは禁物ですよ。 脂肪燃焼スープも忘れずに飲んでくださいね。 いかがでしたでしょうか。 きちんとここまで指示通りに食べていれば、ほぼ 確実に5~8㎏は体重が減っている可能性が高いです。 私の場合は、もとが太り気味の体質というのもあり、10㎏減でした。 順調に体重が落ちていったので、もっと減らしたいという人は、さらに脂肪燃焼スープダイエットを続けていくのも良いと思います。 新たに脂肪燃焼スープダイエット期間に入る前に、2日間、普通にご飯を食べて、それからまた脂肪燃焼スープ生活に入るのも良いでしょう。 脂肪燃焼スープダイエットは、とても安全に体重を減らすことができるダイエット方法なので、何回でも納得がいく体重になるまで繰り返すことができます。 ことをお望みなら、下記の記事もご参照ください。 脂肪燃焼スープの評判 脂肪燃焼スープによるダイエットは、たくさんの人が試みているみたいですね。 フルーツと一緒に食べるのも、食が進みそうです。 トマトが鮮やかで美味しそうです。 私も、また脂肪燃焼スープが飲みたくなってきました。 脂肪燃焼スープダイエットの場合、基本的に毎日脂肪燃焼スープを食べることになりますので、たくさん作っておいて冷蔵庫に入れて、食べるときだけ出して飲むというのが良いかと思います。 冬場は寒いので、地方によっては台所の鍋に入れっぱなしにしておいても良いでしょう。 また、「 スープだけじゃ飽きそうな気がする」「 とりあえず早く痩せたい!」という方におすすめしたい、ダイエットをサポートしてくれる当サイトトップ3の人気アイテムたちをご紹介します。 脂肪燃焼スープダイエットなら、なかなか痩せない人も、無理なく体重を減らすことができます。 何しろ、万年肥満気味で悩まされている私も、脂肪燃焼スープダイエットで簡単に10㎏も痩せることができましたから。 脂肪燃焼スープダイエットは、 基本的に野菜スープを中心にした献立を食べ続けるだけです。 ただし、脂肪燃焼スープダイエットをする際は、炭水化物は控えめにして、あるいは全く摂取をしない日をもうけることが必要となります。 加えて、まったく炭水化物を取らないというのも、身体の調子が悪くなってしまうので、バランスよく摂取していくことが大切です。 もし、初めて脂肪燃焼スープダイエットに挑戦するという人は、私の1週間の献立と同じメニューで初めて、徐々に慣れてきたら、自分なりのアレンジをしてみるのもいいと思います。 たとえば、ここでは書きませんでしたが、お好みに応じてスープを唐辛子などで辛くするというのも更なる脂肪燃焼効果が期待できるのでおすすめです。 自分の好みの脂肪燃焼スープをつくって、楽しくダイエットをしていきましょう。

次の

脂肪燃焼スープ一杯分のカロリーとダイエット効果は?

脂肪 燃焼 スープ

「脂肪燃焼スープダイエット」とは、ダイエットに効果的な野菜をふんだんに使った脂肪燃焼を促進させるスープのことです。 脂肪燃焼スープダイエットは、「食べるだけで痩せる」、「1ヶ月で10キロ減った」などといった声も上がっています。 実際、ほとんどの人は、野菜不足により、代謝が落ちてしまっていたり、便秘になってしまっていたりということが多いので、脂肪燃焼スープを飲むことで痩せるというのは効果的です。 しかし、ダイエットに効果的と言われる脂肪燃焼スープですが、正しい方法で行わないと、効果を実感できないどころか太ってしまう可能性さえあります。 今回は、そんな脂肪燃焼スープダイエットについて、専門家の意見を踏まえながら、効果やレシピ、正しいやり方について、紹介していきます。 脂肪燃焼スープダイエットは、正しいやり方をしていけば、ストレス少なく痩せられるので、ぜひ挑戦してみてください。 正しい脂肪燃焼スープダイエットの方法やおすすめのレシピを紹介する前に、脂肪燃焼スープダイエットをしていくにあたって、期待できる効果を紹介していきます。 脂肪燃焼スープは、様々な野菜を入れるので、ダイエットに良い効果が沢山あります。 まずはしっかりとチェックしていきましょう。 脂肪の燃焼を助け代謝アップ 脂肪燃焼スープは、脂肪燃焼とつくだけあって、脂肪を燃焼する効果を期待できます。 野菜をとっていくと、食物繊維とビタミン、ミネラルなどを豊富にとることができ、食物繊維には脂肪を体の外に排出する効果、ビタミン・ミネラルには血流を良くする効果が期待できるので、脂肪燃焼をスムーズにしてくれるでしょう。 また、人の体は糖質からエネルギーとして使われているので、脂肪燃焼スープで糖質をカットしていくと、体を動かす際に糖質の代わりに脂肪が使われやすくなり燃焼していきます。 血流が良くなることで、代謝アップの効果も期待でき、痩せやすくなるといった点も脂肪燃焼スープのいいところなので、ダイエットに大きな効果を発揮してくれるでしょう。 便秘の改善 野菜に含まれている食物繊維には、腸内環境を良くしてくれる効果があると言われているので、便秘の解消に効果的です。 便秘だとそれだけで体重が増えてしまったり、お腹がぽっこり出てしまったりするだけでなく、代謝も悪くしてしまうと言われています。 便秘を解消して体の循環を良くしていくことで痩せやすくなるので、脂肪燃焼スープは痩せやすくもしてくれます。 カロリーカットできる 一日の標準摂取カロリーは女性で2000kcal、男性で2600kcalと言われていて、脂肪燃焼スープはお腹いっぱいまで食べたとしても、500kcalいかない程度なので、カロリーカットの効果を期待できるでしょう。 特に、夜は活動が減るのに夕食をたくさん食べる人は多く、カロリー過多で脂肪になってしまいやすいので、夕食を置き換えるなどしていくことで、より高い効果が期待できます。 カロリーを多くとりすぎてしまっているかもしれないという人は、脂肪燃焼スープの効果をかなり実感できるでしょう。 脂肪燃焼スープの作り方は、野菜を食べやすい大きさに切って、煮込むだけなので、簡単ではあるでしょう。 特に脂肪燃焼スープに入れたいダイエットに効果的な野菜 基本の脂肪燃焼スープのメニューを紹介しましたが、特にダイエット効果が高く、入れたい野菜を紹介していきます。 「トマト」 リコピンが特に脂肪燃焼などのダイエット効果が期待できます。 さらに「水溶性」の食物繊維が含まれているので、脂肪を体の外に排出してくれます。 「玉ねぎ」 血液がサラサラになると言われているので、代謝アップ効果が期待できます。 「ほうれん草」 カリウムが豊富にむくまれていて、カリウムは塩分を分解して、むくみを解消すると言われています。 「生姜や唐辛子」 生姜も唐辛子も体を温め、代謝をアップさせてくれると言われています。 味のアクセントとしてもおすすめです。 脂肪燃焼スープダイエットのメニュー 一週間分 ここからは、一週間という短期間で脂肪燃焼スープダイエットをしていくにあたって、最もおすすめのメニューを紹介していきます。 1日目 脂肪燃焼スープと鶏肉の日 まず脂肪燃焼スープダイエット初日は、脂肪燃焼スープと鶏肉を中心に食事を組み立てましょう。 たんぱく質をとって筋肉をつけていくことで、代謝が上がります。 特に鶏肉は、低カロリー高たんぱくなので、脂肪燃焼スープダイエットに積極的に取り入れたいところです。 基本的に一日の食事を脂肪燃焼スープと鶏肉にして、追加するにしてもサラダやヨーグルト、茶碗半分程度の白米にしておきましょう。 2日目 脂肪燃焼スープと魚の日 2日目には、栄養バランスをとっていくために青魚を食べていきましょう。 青魚にも脂肪燃焼効果が期待できますし、血液をサラサラにして、代謝を良くしてくれると言われています。 この日はメインを魚と脂肪燃焼スープ、追加するとしたら、少量のささみ、卵、納豆、サラダくらいにしておきましょう。 3日目 脂肪燃焼スープと牛肉の日 脂肪燃焼スープダイエットでは、特にたんぱく質を意識してとっていく必要があるので、3日目には牛肉中心の食事を心がけましょう。 できるだけ赤身を選べば太る心配も少ないですし、たんぱく質が代謝を上げ、脂肪燃焼スープダイエットの効果を上げてくれるでしょう。 4日目 脂肪燃焼スープとビタミンの日 4日目は1週間でダイエットしていくためのカロリーカットの日として、低カロリーなサラダ、フルーツなど中心の日にしていきましょう。 あまりカロリーをカットしすぎても、良くないですが、まずついてしまった脂肪をとっていくために、カロリーを減らしていくことも大切です。 次の日はストレスを溜めて太りやすくしないように休みの日を設けるので、ここでの脂肪燃焼スープダイエットでは、低カロリーにしていきましょう。 5日目 お休みの日 ストレスがかかると、食欲が増えてしまったり、血管を圧迫して、代謝が悪くなったりしてしまうと言われています。 我慢してもダイエットには良くないので、カロリーだけ女性で2000kcal男性で2600kcal 以下にして自由に食べるという日を設けましょう。 もしそこまでダイエットのストレスが溜まっていないのであれば、食事のどこかに脂肪燃焼スープを入れても良いです。 脂肪燃焼スープダイエットも続かなければ効果は薄いので、休み日もしっかり作って続けていきましょう。 6日目 脂肪燃焼スープと玄米の日 6日目は、脂肪燃焼スープに玄米をプラスしてきましょう。 玄米は糖質がある程度入っていますが、必要な糖質量を不足しないくらいとっていくことができるので、脂肪燃焼スープダイエットを効果的に進めるのにおすすめです。 また玄米にはビタミンやミネラルが多く含まれていて、脂肪の蓄積を抑える効果があると言われているので、よりダイエットに効果的です。 7日目 脂肪燃焼スープと野菜の日 脂肪燃焼スープや野菜に含まれる栄養素は、普段の食生活では不足しがちなので、最終日には今後を見越してしっかり野菜をとっておきましょう。 最終日にカロリーカットをしっかりできるので、体の脂肪を減らすことができるでしょう。 ただ、脂肪燃焼スープダイエットを始める前の食生活にすぐに戻してしまうと、結局リバウンドしてしまうので、注意が必要です。 最終日はほぼ野菜の食事、追加するとしてもささみや納豆くらいにしておきましょう。 脂肪燃焼スープを作るのが面倒な人はマイクロダイエットがおすすめ 脂肪燃焼スープの作り方は簡単ではありますが、栄養バランスも考えなくてはならないので、意外と面倒という方もいるでしょう。 そういった労力をかけずに栄養バランスも保ってダイエットしていきたい方には「マイクロダイエット」がおすすめです。 マイクロダイエットは低カロリーなのに、栄養がしっかりとれると人気のダイエット食品で、41か国での販売実績、1000以上の専門機関が採用しているなどプロからも認められた本格的なダイエット食品となっています。 また、低カロリーで栄養がしっかりとれるだけでなく、ドリンクタイプ、リゾットタイプ、パスタタイプ、シリアルタイプと色んな種類があり、満足感をもって続けることができます。 価格は「36,288円 税込 」で43食、一食当たり844円と少し値段はかかりますが、栄養バランスがしっかりととれて、1食1000円くらいの食事を置き替えるとすれば、むしろ割安になる人もいるでしょう。 マイクロダイエットは、無理なく簡単にダイエットしていける食品なので、脂肪燃焼スープが面倒という方はぜひ試してみてください。 ここからは、脂肪燃焼スープダイエットを続けていくにあたって、飽きないようにアレンジレシピを紹介していきます。 色々な味を試してみて、続けやすい方法で脂肪燃焼スープダイエットをしていきましょう。 豆乳脂肪燃焼スープ 脂肪燃焼スープは、豆乳を使って風味を変えるだけでも、かなり味を変えることができ、気分転換になります。 豆乳脂肪燃焼スープの作り方は簡単で、先ほど紹介した基本の作り方で水と一緒に豆乳を400mlほど入れるだけです。 簡単にできて、クラムチャウダーのような味にできるので、脂肪燃焼スープダイエットに非常におすすめで人気なアレンジメニューです。 豆乳の美肌効果も期待できるので、綺麗になりながら、ダイエットしていくことができるというメリットもあるでしょう。 中華風脂肪燃焼スープ 脂肪燃焼スープも、味付け次第で、中華風にもできます。 基本の作り方で紹介した脂肪燃焼スープに飽きたら試してみても良いでしょう。 中華風脂肪燃焼スープの材料 5杯程度• 玉ねぎ 2個• 人参 1本• ピーマン 2個• トマト 2個• 唐辛子 1本• 卵 2個• しょうゆ 小さじ2杯• 塩こしょう 少々• 鶏ガラスープ 大さじ2杯• 片栗粉 大さじ2杯 中華風脂肪燃焼スープの作り方• 1、野菜を食べやすい大きさに切る• 2、野菜を鍋に入れて、水を野菜が浸るくらい入れる• 3、調味料類も入れて火をつけ強火にする• 4、片栗粉を大さじ2杯の水で溶いておいて沸騰したら混ぜ入れる• 5、とろみが出てきたら中火にして溶いた卵を入れる• 6、10回ほどかき混ぜたら火を止めて完成 中華風脂肪燃焼スープはおすすめのアレンジレシピではありますが、ちょっと塩分が多くなってしまうので、脂肪燃焼スープダイエットにメインで使うのはおすすめしませんが、たまにの気分転換に良いでしょう。 簡単脂肪燃焼スープ 簡単脂肪燃焼スープは味が変わっているわけではありませんが、最低限ダイエットに良い野菜を入れて手軽にサッとできるレシピです。 時間がない時の脂肪燃焼スープダイエットにご利用ください。 簡単脂肪燃焼スープの材料 3杯程度• トマト 3個• 玉ねぎ 中2個• コンソメキューブ 1個 簡単脂肪燃焼スープの作り方は基本の作り方と同じで、食べやすい大きさに切って、柔らかくなるまで煮込むという方法です。 簡単脂肪燃焼スープの材料は少ないですが、血液をサラサラにしたり、脂肪燃焼を進めたりしてくれるので、ダイエットに効果的でしょう。 脂肪燃焼スープダイエットの注意点・効果を高める方法 脂肪燃焼スープダイエットをしていくにあたって、注意点や効果を高める方法を紹介していきます。 しっかりポイントを押さえないと、ただ我慢するだけで痩せていかないということも起こるので、注意してください。 糖質、脂質、たんぱく質不足に注意 脂肪燃焼スープダイエットをしていると、糖質や脂質、たんぱく質が不足しがちになります。 糖質はダイエットに嫌われがちですが、しっかりとっていかないと栄養バランスが悪くなり痩せていけなくなります。 痩せていくためには、野菜ばかり食べてればいいというわけでもないので、糖質、脂質、たんぱく質を、バランスよくとっていく必要があるでしょう。 栄養を偏らせないためには、紹介したマイクロダイエットが最適なので、栄養バランスのために取り入れることもおすすめです。 知らず知らずのうちにやっている習慣に気を付ける 1週間の脂肪燃焼スープダイエットをしても、間食などをしていたら痩せていきません。 本当はずっと気を付けるのが良いですが、せめて脂肪燃焼スープダイエットをしていく1週間は• 間食をしない• お酒を飲まない• 炭酸飲料など糖分の多い飲み物は避ける• ある程度体を動かす といったことを意識していきましょう。 1週間の脂肪燃焼スープダイエットは、どうしても避けられない飲みや外食の席がない時にやっていきましょう。 塩分に注意 脂肪燃焼スープダイエットをしていくにあたって、特に気を付けて欲しいのが塩分です。 いくらダイエットに良い食材を使っていても、味付けで塩分を多くしてしまっていると、痩せていくことができないでしょう。 塩分をとりすぎると、血液がドロドロになってしまい、代謝が悪くなったり、むくみやすくなってしまったりします。 脂肪燃焼スープが物足りなくなった時は、味を濃くするのではなく、味を変えてダイエットを進めていきましょう。 脂肪燃焼スープダイエットをやるにあたって必須の情報になっているので、やる前にしっかり確認してきましょう。 脂肪燃焼スープダイエットはリバウンドしやすい? 結論から言うと、脂肪燃焼スープダイエットはリバウンドしやすいと言えます。 作っていくのに意外と手間がかかるので、その他の食事に気が使えず、逆に栄養バランスを崩してしまうということが起こるからです。 また、食事制限のダイエットはカロリーを抑えた分痩せただけなので、普段通りの食事に戻したらリバウンドしてしまうこともあるでしょう。 そのため、脂肪燃焼スープダイエットをしていく場合は、栄養バランスを考えることに加えて、ある程度体を動かすなどをして、代謝を上げておく必要があります。 栄養バランスの部分であれば、先ほど紹介したマイクロダイエットは非常に優れているので、脂肪燃焼スープの栄養が不安な場合に利用してみても良いでしょう。 夜に置き換えるだけでも効果ある? 脂肪燃焼スープを食べることで、糖質の吸収を抑えてくれたり、栄養のバランスを整えてくれたり、そもそも低カロリーでお腹いっぱいになったりするので、夜に置き換えるだけでも、高いダイエット効果が期待できるでしょう。 ただ、もともと夜の摂取カロリーが少ない人や、野菜をしっかり食べている人が、夕食に一品脂肪燃焼スープを追加しても効果は薄いかもしれません。 また、糖質やカロリーをとりすぎている人は、夜だけ脂肪燃焼スープを追加しても、効果は期待できません。 今の自分の食の状況を考えて、脂肪燃焼スープを夜だけにするかを判断していきましょう。 痩せない人の特徴は? 痩せない理由は多くありますが、脂肪燃焼スープダイエットのやり方に限って言えば、栄養のバランスがとれていないというのが、痩せない人の特徴でしょう。 野菜はダイエットにとって大切な栄養素がたくさん入っていますが、それは肉も魚も白米も同じことが言えます。 そのため、1日を通してバランスを考えて色々な食材を食べていかないと、健康的に痩せることはできません。 また、脂肪燃焼スープも面倒だからと野菜を2. 3種類程度しか入れていない場合、痩せられないといったことも起こってきます。 脂肪燃焼スープダイエットは、栄養バランスが非常に重要なので、しっかりとこだわってやっていきましょう。 今回は、1週間という短期間で行う脂肪燃焼スープダイエットの効果や正しいやり方・方法について紹介しました。 脂肪燃焼スープは、カロリーや糖質が低く、脂肪を燃焼してくれる効果が期待できるなど、ダイエットに嬉しい効果がたくさんありますが、正しい方法で実践しないとあまり効果を得られません。 また、脂肪燃焼スープダイエットのデメリットとしては作るのに労力がいるので、使う材料などで雑になってしまい、栄養素が偏ってしまいがちなので、意外と難しいダイエット法でもあります。 栄養バランスを考えて簡単に食事ダイエットしてくのであれば、紹介したマイクロダイエットはかなりおすすめなので、脂肪燃焼スープダイエットがしっくりこなかった人は、ぜひ試してみてくださいね。

次の