シンフォギア リセマラ。 【リセマラの新常識】ソシャゲのリセマラを完全自動化+高速リセマラする方法!

戦姫絶唱シンフォギアXDのリセマラ方法とガチャ当たりキャラ

シンフォギア リセマラ

新しいソシャゲを始めると最初にやることが多いリセマラの作業・・・ はじめから当たりキャラを引いてからスタートしたいと思うものです。 ただ、 リセマラは時間もかかるし単調な作業だけに面倒になってしまうものですよね。 「リセマラを自動化できれば楽で良いな~」なんて思ったことはないでしょうか? 以前ブログに『』でソシャゲの自動周回方法を紹介しました。 内容は「スイッチコントロール」と呼ばれるiPhoneの機能を活用した方法ですが、設定できる内容が限定的なのでリセマラのような複雑な操作には応用することはできませんでした。 ここではスイッチコントロールで実現することができなかった 「ソシャゲのリセマラ作業を完全に自動化する方法」を紹介していきます。 リセマラをする際の参考にしていただければと思っております。 多少、複雑な内容になっていますがある程度設定さえすれば後は放置しておくだけでリセマラすることが可能となっております。 PC Windows・Macどちらでも 2. Androidエミュレーター「」 PCアプリ 3. キャプチャ-ソフト「」 PCアプリ 4. リセマラするアプリ Apk形式で入手する 5. エミュ内で必要になるアプリ エミュ内でDL PC: 必須環境・スペックについて 今回、必要になるPCはノートパソコンでもデスクトップのどちらでも問題ありません。 また、PCのフリーソフトを利用するため、スマホでは実行することができないので注意してください。 ハイスペックPCでなくても 以下の必須環境を満たしているPCであれば、問題なく動作しますので安心してください。 ただし、フリーソフト上でリセマラを行うのでPCのスペックが高いモノであればあるほど効率は良いです。 最低限のPC環境条件 対応OS 最近のパソコンであれば、問題ないってことだけ理解してもらえればOKです。 今回紹介するフリーソフトは多重起動ができるので「リセマラの自動化」を設定してしまえば、1回のリセマラで10アカウントくらい一気に取得することも可能です。 しかし、 低スペックPCだと多重起動した場合にフリーズする恐れがあるので、自然と効率が悪くなってしまうので注意してください。 逆に 性能が高いPCであれば、多重起動をしてもフリーズすることが極めて少ないので、低スペックと同じ操作時間よりも取得できるアカウント数が多くなり、非常に効率が良くなります。 ゲーミング用のPCであればある程度の性能が確保されるため、エミュレーターの動作も非常に安定するのでオススメします。 スマホのエミュレーターって有名どころが何種類かありますよね。 だいたいのエミュレーターは無料で使えるのですが、動作が重かったり思うように安定し... キャプチャーソフトで当たりアカウントを確認する なぜキャプチャーソフトを利用するかわからないと思いますが、リセマラを完全放置で行うためにも必須となるアプリケーションとなっています。 詳細について簡単に説明していますが、キャプチャーソフトなしで行う場合は読み飛ばしていただいて結構です。 キャプチャーソフトを利用する理由 リセマラの自動化設定後は、基本的に放置しているだけです。 基本的に放置しているだけだと、PC内にアプリのアカウントデータが貯まり、データそのものは文字列だけなので当たりキャラを引いたのかわからなくなります。 そのためガチャを引き終わった段階で所有しているキャラ一覧のスクリーンショットを取る設定をしておけば、どんなキャラを引いたのか写真データで確認することができるのです。 あとはアカウントデータを保存した時間帯とスクリーンショットの撮影した時間帯が概ね一致しているという条件で当たりを引いているアカウントを特定するのです。 また、 「Nox Player」では、スクリーンショット操作を自動化設定内に組み込むことができないため、このような対策が必要になるのです。 効率化できるから、オススメします 必要になるアプリケーションなどについて APKデータ リセマラするゲームアプリ とは APKデータというものがあり、これがエミュレーターでゲームを起動する際に必要になります。 また、APKデータは通常の方法では抽出 取り出す ことができません。 基本的に「APKデータ」が必要になるのは、GooglePlayでインストールできないアプリとなっています。 インストールしてもアプリが動作しないことが稀にあるため、そういった際にAPKデータをエミュレーターに取り込んで起動できるようにさせます。 APKデータの入手方法 APK形式になっているデータを入手する方法は様々なので各自で探してみてください。 一番簡単な方法は、スマホ andoroid からAPKデータを抽出してPCに移す方法が早くてオススメです。 Android端末持っていない方は、エミュレーター上で「apk downloader」というアプリで直接的に入手する方法もあります。 アプリストアからインストールしたものが動かなかったら、APKデータを探してみて! 必要になるゲーム以外のアプリなど リセマラ周回には必ず「タスク強制終了用のアプリ」が必要になります。 エミュレーターのインストールが終わったら、タクス終了系のアプリをインストールしてください。 オススメは「Advanced Task Killer Free」です。 タスク管理アプリを使う理由としては、後述しますがリセマラを効率化 高速化 させるために必要になります。 リセマラ時間を短縮するために使いますので、必ずタスク終了系アプリをインストールしておいてください。 オートリセマラの設定について エミュ内での設定 リセマラ自動化には、Nox Playerの「スクリプトレコーディング機能」を活用します。 画面上のタップ箇所やタップするタイミングなどを記録することができるので、これらの機能を使ってリセマラします。 スクリプトレコードの設定方法 スクリプトレコードの記録方法を説明します。 記録が完了すると、レコーディングされたデータが一覧として表示されます。 一覧から再生ボタンを押すことで再生しますが、自動化では永続的に動かす必要があるため、歯車マークを押して「繰り返し実行」に変更してください。 スクリプトレコードで注意して欲しいのが、文字入力が記録できないことです。 エミュ内の仮想キーを使うことで文字入力できるのですが、いろいろと試しましたが文字入力は結局できませんでした。 なので、 アカウント引継ぎ設定などは手動入力が必要になります。 ゲーム内だけでなくホーム画面上でもレコーディングができるよ アプリ ゲーム のデータファイルを把握する 一般的なリセマラは、アプリをインストールする>ガチャまわす>アプリ削除する>再インストールする。 と、このような流れかと思います。 エミュレーターではアプリをインストールするのは最初の1回のみで、あとはゲームデータだけ移し変えれば再インストールする手間を省くことができます。 アプリをインストールしたときにデータファイルが自動的に追加されるのですが、クライアントデータを残したまま「ゲームデータ」を削除することで初めてアプリを起動したときと同じようにプレイすることができます。 また、アプリによってゲームデータ名が異なるので削除や移動するときは注意してください。 アカウントデータの参考 参考までに有名なゲームのデータファイル名を記載しますので参考にしてください。 モンストのデータファイル モンストのユーザーデーターが記録されているのは、「data10. bin」というデータになります。 このファイルは、運営サーバーに保存してあるデータにアクセスするための鍵のような役割りをしています。 モンストのゲーム情報が入っているファイルから、data10. binを別のファイルに移すことでアプリを削除しなくても、初期状態からゲームをスタートすることができます。 初期状態で始めると、新たにdata10. binがモンストのファイルに作成されます。 また、別ファイルに移したdata10. binをモンストのファイルに戻すことで、そのデータに入っているキャラで遊ぶことができます。 また、アプリによってはデータを保管することができない場合があります。 データ管理を端末側で一切させてくれないアプリが該当しますが、基本的にそういったゲームはあまりないはずです。 具体的に説明すると、アカウント連動型のアプリが該当すると思います。 アカウント連動型のアプリは、Googleアカウントと紐付いてデータの記録を残していたりするので、そういったゲームはリセマラには不向きです。 レコーディングの順番について ゲームのタイトル画面からスタート アプリの起動画面からレコーディングスタートすることをオススメします。 ゲームを開始するときに「規約に同意しますか?」の選択画面が表示されることが多いと思います。 タップしたら「規約に同意するか」の選択画面からスタートすると周回中のズレが発生しにくいです。 ガチャを引き終わったらキャラ一覧で待機 ゲーム内でガチャを引き終わった段階で「キャラ一覧」を開いて5秒ほど待機してください。 この5秒間にスクロガーでキャプチャーするように設定します。 秒数の設定は周回中のズレを意識したもののためこの辺りは任意で設定してください。 また、で説明しています。 ホーム画面に戻って、タスク管理アプリで強制終了させる アプリを終了させないとデータファイルを移動しても前回の画面から起動することがあるため、強制終了させて次に起動した際にタイトル画面から始まるようにします。 タスク管理アプリはAdvanced Task Killer Freeなどを利用しています。 ESファイルエクスプローラーでゲームデータのみをアプリフォルダから別のファイルに移す ESファイルエクスプローラーの画面を開いたときにあらかじめゲームデータが保存されている箇所を開いておくと効率がよくなります。 また、ファイルを移動した後にゲームデータが保存されていた画面に戻してからホーム画面に戻ることをオススメします。 そして、アプリを再起動させます。 起動した後に規約の同意選択画面で「同意しません」まで操作して終わります。 おわりに 以上でオートリセマラの解説を終了させていただきます。 オートリセマラ以外にも、周回プレイ等に活用することもできますが、 利用する場合は自己責任でお願いします。 外部ツールの利用は、規約違反となるためアカウント凍結されても文句が言えませんので注意してください。 いままでリセマラに使ってきましたが、アカウント凍結されたことはありません。 しかし、通常プレイなどで自動周回していたらアカウント凍結されたことはあるので、自己責任でよろしくお願いします。 レコーディングの順番について、もう少し詳しく知りたい方はこちらをどうぞ カテゴリー• 133•

次の

【戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED】効率的なリセマラのやり方/リセマラは可能?

シンフォギア リセマラ

大当たり ゲーム内で最強を誇る奏者カードです。 非常に強いアタッカーです。 必殺技はどちらも単体に対して火力が高く、技属性戦で大活躍してくれるカードです。 火力も高く敵を一掃することができます。 必殺技1は敵4体に麻痺効果を付与する攻撃を持っているので、ぜひ入手しておきたいキャラクターです。 他のキャラに代用がきかないので入手しておきたいキャラと言えます。 単体攻撃の必殺技も火力が高くアタッカーとしても優秀です。 ステータスのアップやパッシブスキルの追加ができます。 しかし、あくまでサポートなので、メインとなるキャラクターのほうが重要度が高めです。 当たりポイント• 奏者カードではじめよう! 奏者カードとメモリアカードというものがあり、このゲームでは奏者カードをメインに使うゲームです。 奏者カード(シンフォギア) バトルの際に使用する必殺技を持つカードです。 メモリアカード キャラクターに装備することで、ステータスを強化することができるカードです。

次の

【シンフォギアXD】最新版!リセマラ当たりランキング【攻略】

シンフォギア リセマラ

リセマラSSやSランク封入の超激唱ガチャも良い。 序盤から使いやすい通常コストならや、高性能の高コストならやなどが特におすすめだ。 最初は周回向きorイベカードがおすすめ! 完凸が理想だがリセマラでは難しい カードは限界突破なしだと戦力としてはいまいちで、理想的には上限解放するために6枚ほしい。 リセマラでの1枚入手に大きいリターンはないので、 まずは周回向きのカードで石を回収し、強いカードの狙い時に完凸を目指そう。 ボーナスカードでスタートダッシュもあり イベントでは「ボーナスカード」と呼ばれるものが設定されていることがあり、これをリセマラで狙うのは一つの手。 アイテムを手に入れやすくなるので、 強化素材やゴールド不足になりづらい。 好きなキャラで始めるのもあり! シンフォギアXDには、高難易度などの一部クエストを除き、このキャラがいないと攻略できない、というキャラはほぼいない。 リセマラランクを気にせず、 自分の好きなキャラで始めるのもありだ。 与ダメ時HP回復で特に序盤のクエスト周回ではかなり倒されづらい。 コストは重いが、長く使える高性能なカードだ。 ランクS 入手: 合重奏 クリティカル攻撃に特化した火力の高い力属性アタッカー。 力属性のサポートなどもできる優秀なカードだ。 コストは重いが、強力なアタッカーが欲しいならおすすめ。 ランクS 入手: 合重奏 力属性に追加ダメージ効果を付与して火力を底上げできる。 敵の受けるダメージ上昇要員や回復役としても活躍する使い勝手の良いサポートカードだ。 ランクA 入手: 渚の四騎士 状態異常「毒」や「即戦闘不能状態」を付与でき、状態異常が通る相手に強い。 基本的には同じ属性や種族と組み合わせて特に輝く、サポートタイプのカードだ。 味方の火力を大きく底上げできて汎用性も高く、長く使っていける。 入手: 超激唱 4体対象の防御無視攻撃技で敵を一掃して序盤をサクサク進められる。 アリーナで優秀で長く使っていくこともできる、リセマラおすすめの一枚だ。 入手: 超歌唱石 4体攻撃しつつ味方全体のHPを回復できる必殺技が優秀。 陰属性かつ4体・5体攻撃に強いため倒されづらく、最初の一枚としてかなりおすすめだ。 入手: 超歌唱石 他のどの属性にも有利をとれる絶属性で汎用性が高く、4体攻撃技も持つため周回にも向く。 追加ダメージが強く、アリーナや高難易度でも活躍しやすい。 入手: 超歌唱石 全体と4体攻撃技を持つ怒属性カードで、周回性能が高いため最初の1枚として非常におすすめ。 状態異常の常闇と火傷付与や追加ダメージなどで高難易度クエストやアリーナでも活躍できる超優秀なカードだ。 入手: 超歌唱石 全体攻撃技が周回で優秀なだけでなく、防御無視技で敵のHPを大きく削れる。 状態異常の封印や常闇付与、物理ダメージ無効、力属性への麻痺無効なども持ちクエストやアリーナで広く活躍できる。 入手: 超歌唱石 全体攻撃技を2つ持ち、周回性能が非常に高く、序盤をサクサク進めやすい。 通常攻撃後に確率で気絶状態を付与でき、敵の動きを止めつつ戦えるのも嬉しい。 入手: 超歌唱石 受ける全てのダメージ減少と反射のスキルが多くの場面で役立つ。 ボスに多い聖遺物やアリーナで多い装者に有利で、高難易度クエストからアリーナまで幅広く使える。 全体攻撃技を持ち、周回性能も高い。 入手: 超歌唱石 必殺技1は4体攻撃、必殺技2は全体攻撃と周回にかなり向いている。 クリティカル時の追加ダメージや封印付与、バフターン減少なども優秀だ。 攻防揃ったカードであり、クエスト・アリーナ問わず役立つ。 HP回復のパッシブスキルを持つため耐久力もそこそこある。 入手: 渚の四騎士 ATKの高さと手数の多さで非常に火力が高く、敵を次々倒していける。 与ダメ時HP回復で特に序盤のクエスト周回ではかなり倒されづらい。 コストは重いが、長く使える高性能なカードだ。 NEW!! 入手: 合重奏 クリティカル攻撃に特化した火力の高い力属性アタッカー。 力属性のサポートなどもできる優秀なカードだ。 コストは重いが、強力なアタッカーが欲しいならおすすめ。 NEW!! 入手: 合重奏 力属性に追加ダメージ効果を付与して火力を底上げできる。 敵の受けるダメージ上昇要員や回復役としても活躍する使い勝手の良いサポートカードだ。 入手: 超激唱 敵の防御を無視して攻撃したり、状態異常「即戦闘不能状態」を撒けるなど火力面で非常に強い。 ただし、コストが重いためリセマラで狙うかは要検討だ。 入手: 超激唱 火力バフと追加ダメージ効果で火力が高いうえ、アリーナで優秀なサポート性能を複数持つ。 全体攻撃技も持ち周回性能も良いが、コストの重さがリセマラで狙うにはネックだ。 入手: 超激唱 火力が高いうえ、復活能力や被ダメ減少などで耐久力もある。 4体攻撃技を持ち周回でも使えるが、コストが重い点には注意しよう。 コストが重く序盤向きではないが、先を見据えて狙うのはアリ。 コストは重いが、汎用性の高い優秀なカードなので先を見据えて狙うのもアリ。 サポート力が高く、特定のカードと組み合わせて輝くタイプのカードだが、周回要員として狙うのはアリ。 入手: 超激唱 ダメージを与えたときにHP回復ができるため、敵が強いクエストでも粘りつつクリアしやすいリセマラ向きのカード。 複数のサポート効果も持ち、使い勝手が良い。 入手: 超歌唱石 状態異常「気絶」に特化かつ防御無視攻撃や追加ダメージを持ち、攻める手段を多く持つ優秀なカード。 周回性能は高くないが、アリーナやクエスト全般で幅広く使える。 コストが重いのがネックだが、強力なカードなので先を見据えて狙うのはアリ。 必殺技がどちらも4体攻撃で周回でも役立つが、コストが重い点に注意。 入手: 超歌唱石 怒属性で火力が高く、4体攻撃技も持つため周回で役立ちやすい。 全てのダメージ最大7回無効で耐久力もあるが、必殺技で自身が狂化状態になる欠点もある点に注意。 入手: 超歌唱石 追加ダメージや固定値バフで火力が高く、状態異常「睡眠」も付与でき優秀。 状態異常耐性やブロック効果も持ち耐久力も高い。 コストは重いが、先を見据えて狙うのもアリだ。 入手: 超歌唱石 状態異常「火傷」に特化したカードで、火傷を付与して敵のHPを削ったり、追加ダメージで攻めていける。 4体攻撃技を持ち、周回性能も悪くない。 入手: 超歌唱石 周回性能はさほど高くないが、クリティカル攻撃が強く、所持カードが限られた全状態異常解除技を持つ優秀なカードなのでリセマラで狙うのもアリ。 コストが重いため最初の1枚向きではないが、先を見据えて所持しておくのはアリ。 入手: 超歌唱石 魅了・気絶・睡眠無効や全ての攻撃時追加ダメージ、気絶付与などがアリーナや高難易度などで優秀。 4体攻撃技は周回でも使える。 ただし、必殺技2には自身のDEF減少と狂化状態になる欠点がある点に注意。 入手: 超歌唱石 通常攻撃後に確率で麻痺を付与して敵の動きを止めつつ戦える。 2種類の追加ダメージ効果を持ち、火力も高い。 4対攻撃技を持つため、周回性能もそこそこある。 入手: 超歌唱石 復活能力や麻痺と毒付与、全ての攻撃時追加ダメージなど非常に高性能。 初期コストが76と高く序盤はパーティに入れづらいが、重ねなくても強力なので先を見据えて狙うのはアリ。 強力なカードである一方、 コストが重くリセマラにはあまり向かない。 4体攻撃技を持ち、周回性能も持ち合わせている。 入手: 超歌唱石 暗闇や常闇などの状態異常を付与でき、それらの状態異常の敵に追加ダメージを与えられ、火力が高い。 3体攻撃と4体攻撃技を持ち、周回でも便利。 入手: 超歌唱石 暗闇や常闇などの状態異常を付与する必殺技を持ち、それらの状態異常の敵に追加ダメージを与えられる火力の高いカード。 4体攻撃技も持ち、周回面でも役立てやすい。 入手: 超歌唱石 全体攻撃技を持つため、周回で優秀。 という特定のクエスト攻略に向いているカードで、自身のみが対象だが麻痺無効も持つ。 入手: 超歌唱石 敵の防御を無視できる攻撃技で大ダメージを出せるので、物理技が通る場面で非常に優秀。 即戦闘不能状態にする状態異常技も持ち、アリーナや状態異常が効くクエストなどで活躍できる。 入手: 超歌唱石 全状態異常無効・全ての攻撃時に追加の特殊ダメージなどのスキルを持ち、どこでも活躍する超強力なカード。 コストが99と非常に高く序盤は編成しづらいが、非常に強力なので先を見据えて狙うのはアリ。 入手: 超歌唱石 敵の防御を無視して攻撃できる必殺技で敵のHPを大きく削れるため、特殊技が通る場面では非常に優秀。 技属性を火傷から守れるのも便利で、サポート力も高い。 入手: 超歌唱石 物理ダメージを無効にする能力がアリーナで特に優秀だ。 DEFダウン付きの3体攻撃技や火傷の付与やバフターン減少ができる必殺技も持ち、汎用性が高い。 入手: 超歌唱石 3体と全体対象の必殺技2つがクエストを進めるのに役立つ。 気絶や毒状態付与で攻めていける点でも、アタッカーとして優秀。 即戦闘不能という状態異常への耐性も嬉しい。 入手: 超歌唱石 必殺技はどちらも4体攻撃で、周回要員として役立つリセマラ向きのカード。 必殺技1はクールタイムを減少させるもので、手数を増やせる点も良い。 サクサク進めるのには向かないが、アリーナやクエストなど幅広く活躍できる。 入手: 超歌唱石 攻撃しつつ技属性の味方全体にブロックを付与する必殺技が優秀。 HPが減ると1度だけ自動回復する能力や、全体攻撃技も持ち、クエストでもアリーナでも活躍できる。 技属性の毒無効・ブロック効果・クリティカル時の追加ダメージなどの優秀な能力も持つ。 入手: 超歌唱石 全体攻撃技が周回で優秀で、特殊ダメージを一定回数無効にできるため、耐久力も悪くない点で最初の一枚として使いやすい。 最大ステが低めな点には注意。 属性を問わず敵全体が受けるダメージを上昇できるのも便利。 ただし、最大ステがやや低めな点には注意したい。 特に全体攻撃の必殺技が強く、周回にも向くことからリセマラで狙うのにおすすめのカードと言える。 必殺技1も麻痺効果がついた4体攻撃で、敵の殲滅に優れるアタッカーだ。 リセマラで狙うのにかなり向いたキャラである。 バフやデバフは汎用性を重視 バフやデバフは多くのカードが行えるため、優先度はさほど高くない。 ただし、下記の効果を持つカードは評価が上がることがある。 ATKや与ダメなどの大幅な固定値上昇• 目安としてパッシブスキルの効果が4つ以上、必殺技の追加効果が3つずつ 計6つ 以上あると多い。 ステータスが高いかどうか 単純にステータスが高ければ、攻略への貢献度は高くなりやすい。 通常攻撃だけでなく必殺技や反撃、追加攻撃などの火力も上がるため、ATKの値は特に重視している。 シンフォギアXDでは、事前登録キャンペーン達成報酬で 最初から歌唱石200個入手した状態でゲームを始められる。 歌唱石はお知らせの「事前登録ありがとうキャンペーン」を選ぶことで取得可能だ。 カードタイプは2種類 ガチャから登場するカードは以下の2種類。 シンフォギアカード キャラ• メモリアカード 装備 バトルでの重要度は装備よりキャラの方が上なので、 なるべくシンフォギアカードを狙いたい。 同キャラの別バージョン多数! 例えば同じ「立花響」というキャラであっても、レアリティや属性、スキルや技などそれぞれ違うタイプのカードがいくつも存在する。 リセマラの際は間違えないよう気をつけよう。 星5が狙い目! 現在ガチャで出る最高レアリティは星6。 ただしコストが高く、育成も大変なのでリセマラにはあまり向かない。 性能意識なら、星5シンフォギアカードを狙いたい。 もちろん、好きなキャラで始めるのもアリ! ガチャの当たり確率 レア ギア メモリア 星6 0.

次の