置き換えダイエット 太る。 1ヶ月で

プロテイン系ダイエットの効果とは?本当に・いつから痩せるのか [ダイエット食品・サプリ] All About

置き換えダイエット 太る

置き換えダイエットは、ダイエット初心者の方でも結果を出しやすいダイエットです。 でも、置き換え食にして、摂取カロリーが大幅にカットできているはずなのに「太ってしまった」なんて声がきこえてくるのはなぜなのでしょうか? 置き換えダイエットで太る人の特徴や原因について調べてみました。 置き換えダイエットで太る方の特徴と原因はいくつかありますので、一つずつ詳しくご紹介していきますね。 その1.置き換えの回数が多い いきなり最初から2食や3食の置き換えにチャレンジする人がいますが、これは挫折や不リバウンドの要因となってしまいます。 結果を急ぐ気持ちはわかりますが、無理なダイエットは、逆に太りやすい体を作ってしまうので注意してください。 その2.短期間で大幅な減量をしようとしている 置き換えダイエットは、結果が出やすいですが、1ヶ月に多くても3kg程度の減量が理想的とされています。 いきなり1ヶ月で10kgなどという大幅な減量を目標にしてしまうと、痩せたとしても、リバウンドする傾向があります。 健康面から考えても、短期間での大幅減量はおすすめできません。 その3.過剰な水分摂取 ダイエットによる空腹感を満たす為に、水分をたくさんとっていませんか? それが太ってしまう要因と考えられます。 「水太り」という言葉がありますよね。 まさにそのものです。 その4.筋肉が増えた 置き換えダイエットをして、体脂肪が減って筋肉が増えると、体重も増加します。 筋肉は元々重さがあるので、これは仕方がないことです。 その5.普通食で食べ過ぎている 置き換え食以外の食事はどうしていますか? 好きな物を好きなだけ食べていては、いくら置き換えしても意味がありません。 そこでカロリーをたくさん摂りすぎてしまうと、当然太ってしまいます。 特に、炭水化物類をたくさん食べるという方は、普通食の内容を見直す必要があります。 その6.便秘になっている ダイエットを初めて便秘になっていませんか? 一つの食品を使って食事制限するので、栄養素も不足しがちになり、腸内環境も悪化しやすくなります。 便秘にならないために、食物繊維や乳酸菌を摂るようにする必要があります。 置き換えダイエットで太るということがないためにも ・無理な目標設定をしないこと! ・栄養が不足しないように工夫すること! ・生理中の代謝が悪くなる時期には、代謝をよくすること! などを意識するようにしてください。 代謝をよくするには、半身浴や、適度な運動(ストレッチ)などを行うようにしましょう。 せっかく挑戦したダイエットで太ってしまっては、本当に悔しい思いをすることになります。 そうならないためにも、自分にあったペースで無理のないダイエット計画を立てるようにしてくださいね。

次の

置き換えダイエットをしたら太る?一体、どうしてなの?!

置き換えダイエット 太る

おからパウダーダイエットの方法は、テレビ番組で紹介されて「おからパウダー」が爆発的に人気になりましたね。 おからパウダーの成分の効果で太りにくい痩せやすい身体に作ると言われて、実践した方も多いですよね。 実際におからパウダーダイエット方法をして体重がとても痩せていたりして、視聴者を驚かせていましたよね。 しかしその反面、おからパウダーダイエット方法を毎日行ったのに「ダイエットに失敗した」、「痩せなかった」とうい方も効果なしという声意外と多かったりします。 本来おからパウダーに含まれる「レシチン」という成分は、血管に付着したコレステロールを溶かして血液の流れをよくする働きがあり、なおかつ低糖質なのでよいとされています。 ただおからパウダーの食べ方次第では、ダイエット方法が失敗に終わり、痩せないどころか太ってしまう可能性もあります。 ここではおからパウダーダイエット方法になぜ失敗したのか、効果なしにならないための食べ方ついてご紹介します。 本来おからパウダーはスプーン1杯で大丈夫なのですが、おからパウダーダイエットをしている人は食べ過ぎている場合が多いです。 大概おからパウダー1袋120g入っていますが、1日1食30g、2食60gで他の食事をとっていて、2日で1袋消化する方がいるとします。 しかしこの食べ方では、明らかにおからパウダーを食べ過ぎで効果なしになりますし、痩せません。 そもそもおからパウダーは他の食品に比べると低カロリーと言われる食べ物ですが、これに他の食べ物も加えれば必然と体に入り、おからパウダーが吸収していけば太ります。 1日おからパウダーのカロリーが60gで210kcalの場合、30日取れば6300kcalになります。 通常7,200kcalで1㎏太ると言われているので、この量を毎日取ったのであれば体重増減となり効果がなしとうい結果になってしまうのも当然です。 さらにおからパウダーの食べ過ぎ以外にも、おからパウダーダイエットに失敗する原因はあります。 置き換えとは、おからパウダーを他の食べ物の代わりに使う方法です。 この置き換えダイエット方法をして、痩せない、効果なしで失敗する方も意外と多いです。 おからパウダーを代わりに使う代表的な食べ物に「お好み焼き」があります。 お好み焼きの小麦粉代わりに低糖質なおからパウダーを使うという食べ方です。 他にも代わりの食べ方にはクッキー、蒸しパンなどあります。 たしかにおからパウダーは置き換えになるものの、毎日粉ものの食べ物をおからパウダーに替えたとしても食べる量が一緒であればダイエットには失敗します。 おからパウダーを使っているから安心と思い、おからパウダーダイエット方法に失敗している人は、おからパウダーそのもの以外にも、置き換えで作った食べ物自体を食べ過ぎてしまう場合も多いです。 おからパウダーは置き換えて食べたから痩せるのではなく、あくまでも小麦粉の糖質を抑える、食べ過ぎを防止するという役割があります。 また小麦粉以外にも、ハンバーグなど置き換える方も多いですが、もともとのカロリーが高いです。 少しのおからパウダーの置き換えをしたぐらいでは、正直な話ダイエットにはなりません。 置き換えダイエットをするには、おからパウダーを置き換えて、なおかつ量も減らすという目的です。 おからパウダーに置き換えて『同じ量を食べればよい』というわけではなかったりします。 逆におからパウダーに置き換えをすると、食べごたえがなり食べる量が多くなる傾向にもあります。 そのため、必然とカロリーの高いものと組み合わせていることが気づかぬうちに多かったりします。 最初の方は頑張っておからパウダーダイエット方法をしていても、日ごろカロリーが高いものを食べていた人ならば「物足りない」ということが起きるはずです。 これでは効果なしになってしまいます。 カロリーが高い食べ物を少しおからパウダーに置き換えたらかといって痩せるわけではなく、逆に置き換えて食べ過ぎておからパウダーダイエット方法に失敗するということになってしまうのです。 次におからパウダーダイエット方法が失敗する理由でも、なぜおからパウダーを食べても痩せないのかの根本的な話についてご紹介します。 スポンサーリンク おからパウダーダイエット方法で痩せない理由 おからパウダーの原料が栄養価が高い おからパウダーはあくまでも「カロリーが低く低糖質」といわれていますが、栄養価は豊富なのです。 そもそもおからはお豆腐を作る過程で出てくる「搾りかす」なので、豆腐よりも栄養価が豊富なことから「畑のお肉」ともいわれています。 畑のお肉なんです(二度目) それだけ栄養価が豊富といわれているんです。 たんぱく質といえばお肉から取れますが、おからの場合は100gに対して20gものタンパク質が取れるのでとにかく栄養素が豊富です(二度目) そして何よりもお肉よりも吸収力が良いとされています。 お肉を食べ過ぎると太るように、おからパウダーもタンパク質などの栄養素が必要分をこしてしまうと脂肪にたまってしまうだけなので、おからパウダーダイエットを実践しても効果なしで痩せないという状況になってしまいます。 おからパウダーにはある成分が多いため おからパウダーで便秘に良かったという方もいますが、逆に便秘気味の人は悪化しやすくなりやすくなります。 それはおからパウダーには不溶性食物繊維が豊富にふくまれてしまうからです。 食物繊維は一見便秘に良いとされていますが、そもそも食物繊維には腸を柔らかくする「水溶性食物繊維」と便のカサを増してしまう「不溶性食物繊維」がというものがあります。 便秘気味のひとは、 不溶性食物繊維よりも水溶性食物繊維を取らなければいけません。 しかしおからパウダーは不溶性食物繊維が多く、便のカサを増してしまうので、腸内の水分をすってカチカチになりやすくなってしまいます。 ちなみに快便などの方は多くとっても大丈夫なんですが、便秘気味だとこれだけの食物繊維だと出るものが逆に出にくくなります。 そのため便秘症の人には、このダイエット方法は向いていなかったりします。 便秘で便が身体に溜まりやすくなるとどうなるかというと、老廃物が溜まることで腸内に悪玉菌が多くでてきてしまいます。 悪玉菌が多いと体の代謝は上がらず、脂肪も燃焼しにくくなるだけでなくストレスや吹き出物などの原因になります。 しかもダイエットの効果なしで、腸内がよどんでいるのでなかなか痩せません。 そのためおからパウダーダイエットに失敗して痩せないのは、おからパウダーで便秘しまいやすくなるからです。 バランスが偏った食事になりやすい おからパウダーはタンパク質が多いのですが、お肉を食べているような感じでタンパク質が多くとれます。 そして不溶性食物繊維が豊富になってしまうと、便が多くできやすくそれを排出するためにミネラル分が外に出されてしまいます。 またミネラルだけでなく、ビタミンなど色々な栄養素が不足しがちになります。 偏りがちのダイエット方法は、身体に負担がかかりどこかでガタがくる可能性があります。 ダイエットをする場合、たんぱく質や食物繊維だけなど偏った食事だけでは万が一痩せたとしても、リバウンドしやすくなり失敗してしまいます。 おからパウダーでなく、様々なバランスの良い食事を+で加えてればダイエットに成功しますが、大概失敗する方はおからパウダーだけ、小麦の置き換えだけなど偏った食事で痩せないということが多いです。 おからパウダーダイエットに失敗しないための食べ方 おからパウダーの食べる量を減らす おからパウダーはそもそも豆腐などの代わりなどに、少し置き換えで食べるのに十分な食べ物です。 本来は多く食べるものでなく、食べ過ぎ予防として少し食べ、バランスのよい食事をすることが大切です。 おからパウダーダイエット方法をするならば、1日に約ティースプーン1杯で十分とされています。 おからパウダーダイエット方法に失敗した場合は、1袋を1日2日で消化するのでなく、数週間かけて使うようにしてみるようにしてみましょう。 そして野菜、果物、海藻などバランスの良い食事をとるようにしましょう。 おからパウダーを食べる目的を考える おからパウダーダイエットはあくまでも置き換え食材とされていて、ご飯の代わりというよりもご飯を少なくして食べ過ぎないようにするための食べ物です。 もし物足りないのであれば、消化が一番活発な早めのお昼にしてガッツリ食べて朝と夜の食事は控えて、おからパウダーを少量と少しのご飯量にして食事をとるようにしましょう。 そして体が慣れてきたら、徐々におからパウダーの量も含めて食事量を減らしていくようにして体を慣れるようにしていきましょう。 おからパウダーは小麦粉代わりにしても食べ過ぎない おからパウダーは小麦粉代わりになる便利な食材ですが、小麦粉に比べると味が淡泊になりやすく、食べごたえが少ないのでどうしても食べ過ぎてしまいます。 おからパウダーダイエット方法に失敗して痩せないのを予防するには、できるだけ粉ものの置き換えは控えてみるようにしましょう。 もし食べたいのであれば、粉ものを置き換えたときは消化の良い昼に食べましょう。 そして夜などの食事量を減らすように調整しましょう。 おからパウダーを食べても適度な運動は必要 テレビのダイエット番組で劇的に痩せ場合、じつは裏で結構運動をしていて無理やり痩せることも多いそうです。 そうしなければ本来太っている人が、1袋200円ぐらいのおからパウダーだけ痩せるわけがありません。 おからパウダーダイエット方法だけで痩せないのは、テレビ番組をしていた裏ではかなりの運動をしている可能性が高いです。 もしダイエット番組で成功して痩せていたのであれば、他の番組でも痩せているはず。 そのためおからパウダーダイエット方法に失敗せずに痩せたいのであれば、適度な運動をしてみましょう。 運動をしたくない場合は、食事量を抑えるしかありません。 おからパウダーダイエット方法失敗!痩せない効果なしのまとめ おからパウダーはもともとおからに栄養素が豊富なので、栄養補給としては最適な食べ物になります。 しかしダイエット目的で行う場合、かなりの運動をしなければダイエットはなかなかうまくいかないのはタンパク質や食物繊維などの栄養素+置き換えた代わりの食べ物をおおくたべてしまうという落とし穴があります。 おからパウダーダイエットを食べる目的は痩せるというよりも、食事量をできるだけ減らして食べ過ぎ予防をするための方法です。 なのでおからパウダーダイエットだけに頼っては、痩せることはできないのでご注意くださいね。 おからパウダーで痩せない理由として、で詳しく書いています。 興味がある方はご覧ください。

次の

バナナダイエットは太る!?朝の置き換えではなく夜がおすすめ!

置き換えダイエット 太る

バナナダイエット 夜 太る 昼 ダイエット効果の高い置き換えダイエット。 その中でも一時期話題になったのが朝バナナダイエット。 甘さがあるから ストレスがたまらない、お金がかからない、満腹感を得られる、お手軽など、いいとこずくしのこの方法! 朝ごはんを抜いたときにおこる代謝の低下を防ぐこともできます。 私は授乳期に起こりやすい便秘対策として毎朝食べるようにしていました! カリウムが豊富なバナナはむくみにも効果があったようで、朝むくんで足が痛くてもバナナを食べた日は心なしかむくみも取れている気がします! とは言っても毎朝バナナだけで食べるのは飽きてしまいます。 そんなときは少し調理をして食べるのがいいですね。 バナナのカロリー 100グラム当たり約86kcalです。 以前話題になった朝バナナダイエットのように置き換えをするのであれば、大 幅にカロリーカットができそうですね。 食事の置き換えではなく、 間食をお菓子ではなくバナナにしても大幅にカロリーカットができそうです。 最近では、ヘルシースナッキングという健康的な間食を摂って痩せる方法なども話題になってきているので、間食がやめられない方はそれをうまく利用するといいですね。 そんな方にもオススメです。 栄養素も豊富に含まれているため、食事で摂りきれない栄養素を補えるという面でも優れものです。 甘みもあっておやつとしてもぴったりなので、お菓子ではなくこちらをチョイスするようにしましょう! バナナの栄養素 では栄養素です。 ・ダイエットの味方になるタンパク質 ・むくみに効果的なカリウム ・代謝をサポートするマグネシウム ・糖や脂質の代謝をサポートするナイアシン ・脂質の代謝をサポートするビタミンB2 ・貧血予防になるビタミンB6 ・美肌効果のあるビタミンC ・妊婦さんに嬉しい葉酸 ・幸せホルモンセロトニン(トリプトファン) ・便秘に効果的な食物繊維 ・骨の健康を維持するカルシウム ・カルシウムの吸収をサポートするマグネシウム など。 書き出しただけでもたくさん含まれていることがわかります。 また、バナナは 消化吸収がいいため、エネルギーとして使うまでが早い食べ物です。 運動前はもちろん、朝ごはんなどにオススメされる理由がわかりますね。 スポンサーリンク バナナの効果 便秘の解消 バナナには オリゴ糖が豊富に含まれています。 このオリゴ糖には 整腸作用や、腸内の善玉菌エサになり働きを助けてくれる役割があります。 善玉菌が減り悪玉菌が優勢になってしまうと 新陳代謝が低下してダイエットに良くないというだけでなく、疲れやすくなったり、肌荒れや免疫力低下など美容面にも健康面にも悪影響がでます。 代謝をあげて脂肪を燃焼する バナナには脂肪を燃焼するために必要な ビタミンB群や葉酸などの成分が豊富に含まれています。 これらの栄養素が不足してしまうと食事から摂った脂質や糖質がエネルギーとして消費されることがなく、体内に蓄積されてしまいます。 そうならないために必要な栄養素が含まれているバナナはダイエットに適しています! 血糖値を下げる バナナは 低GI値食品です。 GI値が高い食品ほど血糖値が急激にあがります。 そのためGI値が60以下の食べ物がダイエットにいいと言われているのですが、バナナは55なのでダイエットに適しているのです。 血糖値が上がると インスリンが過剰に分泌されます。 このインスリンはブドウ糖を全身に運んだり、脂肪を合成したり分解してくれる作用があるため、ある程度分泌されるのは正常なのですが、過剰に分泌してしまうと使い切れずに余ってしまいます。 この余ってしまったインスリンは行き場がなくなり 脂肪として体内に蓄積されます。 これが血糖値が急激に上がると太るという理由なのです。 むくみの解消 バナナにはカリウムが豊富に含まれています。 カリウムはナトリウム(塩分)を排出する効果があります。 そもそもむくみとは、体内に老廃物や余分な水分が残ってしまうことによりおこります。 その老廃物を残してしまう原因になるのが塩分です。 この塩分を排出すれば 余分な水分も体内に残りにくくなるため、カリウムが多い食品はむくみに効果があります。 スポンサーリンク 美肌 バナナには美肌効果のある栄養素が豊富に含まれています。 ・オリゴ糖が腸内環境をよくしてる ・美肌に繋がるカロテン、ビタミンB群が豊富 ・カリウムが老廃物を排出してくれる ・ポリフェノールでアンチエイジングができる このようにダイエットにもいい栄養素が美肌にも効果があるため、痩せ体質だけでなく美肌効果も同時に得ることができます。 睡眠の質を上げる バナナに含まれているトリプトファンは 朝食に摂ることで睡眠の質を上げると言われています。 少し前に睡眠ダイエットというものが話題になりましたが、睡眠は痩せるためにとても必要な行動です。 これは、ただ長時間眠ればいいというものではなく、 睡眠の質を上げることで、ダイエットに必要なホルモンの分泌を促すというものです。 成長ホルモンという名前聞いたことがある方多いですよね。 これがしっかり分泌されると、脂肪の燃焼率が上がるります。 そのサポートができるのが トリプトファンです。 朝食で摂ることで睡眠の質を上げられるので、寝ている間にもダイエットができるように朝ごはんに取り入れたいですね。 精神安定 食べ物に精神安定効果があるなんて不思議な気がしますよね。 バナナにはトリプトファンという成分が含まれています。 このトリプトファンは 幸せホルモンと言われているセロトニンの元となります。 セロトニンは精神を安定させ幸福を感じることができる物質なため精神安定効果があるそうです。 うつに効くこの成分ですが、 免疫力も上がるそうです。 特に赤ちゃんを抱っこした時に分泌されることが多いホルモンですが、バナナを食べるほうが簡単にできますね! 食欲を抑える バナナには幸せホルモンと呼ばれるセロトニンというホルモンを分泌する効果があります。 上記の精神安定効果と繋がるのですが、このホルモンにより幸 福感を感じることで自然と食欲を抑えられます。 ストレスが溜まると食べることで発散してしまうということはありませんか?バナナはこのニセ食欲を抑える効果があるため食べ過ぎ防止になります。 スポンサーリンク バナナダイエットの方法は?何本食べるの? バナナダイエットは、食事の代わりに バナナを1・2本食べます。 そして、常温の水か白湯を飲みます。 バナナは水分と一緒に摂ると、食物繊維がお腹の中で膨らむため、満腹感がでるんだとか! その他の食事に関しては特に決まりはありませんが、1食はバナナしか食べないので栄養バランスが崩れやすくなります。 野菜中心のバランスの取れた食事を心がけましょう。 食事を制限するダイエット方法は筋肉量が落ちやすくなります。 ダイエット中に 不足しやすいたんぱく質もしっかり摂るようにしましょう! ヘルシーな鶏胸肉・鶏のささみ・ヒレ肉などはダイエットの味方です! また、鯖やサンマなどの青魚もダイエット効果があるため積極的に取りたいですね! お魚は缶詰なら手軽に食べれて栄養もしっかり詰まっています!さらにお手頃価格なので続けやすいと思います。 1食をバナナに置き換えれば後は何を食べてもいいような気がしてしまいますが、あくまでダイエット中です。 食べ過ぎには気をつけましょう! 朝バナナダイエットの効果 朝バナナダイエットとは名前の通り 朝ごはんをバナナと白湯または常温の水にする方法です。 バナナと一緒に水分を摂ることで胃の中で食物繊維が膨らみ満腹感を得ることができます。 その水分を 白湯にすることでさらに代謝があがるため、ダイエット効果が出やすくなります。 また、午前中はデトックスの時間と言われています。 カリウム午前中はデトックスに最適な時間と言われています。 人の体は寝ている間にも消化機関が働き、便や老廃物を作り出します。 この作り出した老廃物を朝に排出するサイクルがあることから午前中は デトックスタイムと言われるそうです。 酵素やカリウムを豊富に含んでいるバナナを午前中に摂取することで、さらに塩分や毒素の排出力が高まりデトックス効果が高まります! さらに人は寝ている間に汗と一緒にビタミンやミネラル・糖を失ってしまいます。 朝にバナナを食べることはこれらの 失った栄養素を補給できます! 朝バナナ メリット ・デトックス ・便秘の解消 ・置き換えなのでカロリーを大幅に減らせる ・寝ている間に失われた栄養素の補給 など。 スポンサーリンク 夜バナナダイエットも効果がある!? 夜、バナナダイエットは 夕飯の15分~30分前にバナナとコップ一杯の水を飲み、あとは普通に夕食をとる方法です。 こちらもバナナと水の効果で満腹感がでるので、脂肪を蓄積しやすい夜の食事量を減らすことができます。 さらに、夜にバナナを食べることで血糖値を下げることができるので、夜の脂肪蓄積を防ぐだけでなく脂肪燃焼を促してくれます。 朝バナナとは違い、食事制限がないのがうれしいですね。 また、 バナナには成長ホルモンの分泌を促す作用があります。 成長ホルモンは寝ている間の基礎代謝を上げ筋肉をつきやすくしてくれるため、寝る前にバナナを食べてホルモンの分泌を上げることで痩せやすい体質をつくることができます。 成長ホルモンには バストアップの効果もあるので、バストが落ちやすいダイエット中には欠かせないですね! さらに! 夜にバナナを食べると 幸せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌されます。 このセロトニンによりダイエットの大敵のストレスを解消できるだけでなく、睡眠の質もあがるため、より成長ホルモンの効果が期待できます。 夜バナナ メリット ・脂肪を蓄積しやすい夜の血糖値をさげる ・成長ホルモンの分泌を促す ・つらい食事制限がない ・ストレス解消 ・睡眠の質が上がる など。 また、バナナは熟し加減で効果がかわってきます。 朝バナナダイエットの落とし穴 2008年10月、週刊ポストで栄養学博士による 朝バナナダイエットの落とし穴が掲載されていました。 ここでは栄養面の問題や、バナナの食べ過ぎで起こる病気についての記載がありました。 それを踏まえての落とし穴を書いていきます。 バナナの9割が炭水化物 バナナにはダイエットにいい栄養素が豊富ですが、 実は9割が炭水化物がです。 そのため、朝食をバナナのみにしてしまうと脂質やタンパク質が不足してしまい太る可能性があります。 脂質の不足は便秘につながります。 タンパク質の不足は筋肉量に低下につながります。 さらに、皮膚や粘膜の機能が弱くなり免疫力が低下してしまいます。 免疫力の低下というと風邪をひきやすくなるというイメージですが、それだけではなく発がん率が高くなってしまうという話もあるそうです。 これについて記事では、 朝はバナナ一本と目玉焼きを二つ食べるのがより理想的な栄養バランスに近づくと記載されていました。 朝食にタンパク質をしっかり摂取すると、その日のトータルの摂取カロリーを抑えられる効果もあるため一石二鳥ですね! 高カリウム血症 バナナはカリウムを豊富に含んでいます。 現代人に不足しがちな カリウムはむくみに効果があり、ダイエッターにとっては積極的に摂りたい栄養素です! 不足することはむくみ以外にも疲れやすくなったり、筋力が低下してしまうなどの影響がありますが、実は過剰摂取にも危険があります。 それは、摂りすぎてしまうと 不整脈・嘔吐・しびれ・神経症状などがでてしまう可能性があるということです。 一日二本くらいなら問題ないようですが、肝機能が低下している場合には注意が必要です。 スポンサーリンク 体を冷やす これはフルーツ全般に言えますが、特に南国のフルーツは体を冷やしてしまう食材です。 冷えはダイエットや健康の大敵なため、摂取し過ぎは体によくありません。 1日一本摂取するときも 暖かい飲み物を一緒に摂取するようにしましょう。 余談ですが、以前ある番組で「体が冷えたことで栄養素を吸収しにくくなるなら、それでダイエットができるのではないか?」という質問を専門家にしているのを見たことがあります。 しかし、栄養素を吸収しにくいということは、体に必要な栄養素までも摂取しにくくなってしまいます。 ダイエットとはあくまでも健康的な体を作ることであり、ただ痩せればいいというものではありません! 不健康に痩せてしまえば、当然 キレイな体型を作れないだけでなく、 肌や体もぼろぼろになってしまいます。 間違ったダイエット方法はしないようにしましょう! 尿路結石 尿路結石とは尿の通り道に結石ができてしまう病気のことをいいます。 これはバナナに含まれている 〝シュウ酸〟の過剰摂取が原因になるため、摂取量に制限のない朝バナナダイエットを行うとしても 1日3本以上食べることは控えましょう。 この尿路結石は、救急車で運ばれてしまう人がいるほど激痛に襲われるようです。 このシュウ酸ですが、ヨーグルトと一緒に摂取することで体へ吸収されにくくなります! バナナとヨーグルトの組み合わせは、尿路結石の予防になるだけでなく、便秘の解消や美肌効果にも繋がるためおすすめです! さらに、ヨーグルトを電子レンジで加熱してホットヨーグルトにすると、冷えを防止できるだけでなくダイエット効果も上がります。 バナナダイエット アレンジレシピ ココナッツバナナ 材料 : バナナ・ココナッツオイル ココナッツオイルをひいたフライパンでバナナを焼くだけの簡単レシピ。 ダイエット中のおやつに! バターでソテーしても美味しいですが、ダイエットのことを考えると、痩せると話題になったココナッツオイルを使用することによりさらにダイエット効果をあげられます! はちみつバナナヨーグルト 材料 : はちみつ・バナナ・ヨーグルト 材料を混ぜるだけ!ダイエットの大敵、便秘の解消にとても効果があります。 また、ヨーグルトはダイエット中でに不足しがちなたんぱく質をしっかりと摂ることができるのでダイエット中にぴったり! キウイを入れるとさらに効果があがります。 バナナミルク バナナと牛乳をミキサーにいれて回すだけの簡単メニューです!痩せホルモンを分泌するカルシウムを牛乳から摂取できるので、さらにダイエット効果があがります! ココアをプラスすればまたさらに違ったドリンクとして楽しめます! バニラアイスをプラスすればスイーツのようなドリンクになるのでこちらもおすすめです。 ダイエット中なのであくまでアイスの入れ過ぎには気をつけましょう! まとめ 忙しい朝にぴったりな朝バナナダイエット。 ストレスを溜めにくい夜バナナダイエット。 それぞれに長所がありますが、どっちも痩せたという声が上がっているダイエット方法です。 自分の生活リズムに合わせた方法を選ぶことでしっかり継続でき、それがいい結果に繋るのではないかと思います。

次の