アメリカ 出張。 出張者の所得税の基本 ~183日ルール│アメリカの個人所得税|アメリカの労働法・社会保険・税務|業務内容|多田国際社会保険労務士事務所

米国出張では「アメリカ放題」が最強、気になる今後

アメリカ 出張

急な話しで今週末からアメリカ出張へ行くことになりました。 いきなりの話でビザもないので、期間は90日のオープンチケット目一杯の3ヶ月です。 アメリカ入国の際、目的を聞かれるときは正直にビジネスと答えるつもり ですが、これまで何回か入国の際別室に呼ばれたこともあります(そのときは純粋に観光ですが)。 正直3ヶ月の長期間の日程、ビザなしで問題なく入国できるとは思わないのですが、会社側はなんとかなるでしょとほとんど他人事です。 そこで事前に用意しておいたほうがいい書類等あれば教えていただきたいのですが。 ちなみに仕事は現地外資系工場での設備関係工事の管理監督です。 補足皆さんいろいろとアドバイスありがとうございます。 質問でひとつ間違いがありました。 オーブンチケットではなく正確には90日後の日程で帰りの便が決まっていました。 これまで2週間程度の出張時は入国の際観光と答えて入っていました。 ただ今回は3ヵ月。 観光と答えて入国トライした方がいいでしょうか?仕事とはいえ自分自身のリスクが高くなるなら断るべきなんでしょうか。 10年以上前のはなしですが、 出張でよくアメリカに来ていたときがありました。 2週間ぐらいの出張が多かったですが、コンドミニアムを借りて3ヶ月滞在したこともあります。 いつもビザウエーバーを使ってI-94Wで入国していましたが、特に問題はなかったですよ。 入国時の身なりは、そのまま相手の会社にいけるようなジャケットをいつもきていました。 入国理由はいつもビジネスでした(正確にはBusiness Tripと答えていたと思います。 問題なかったです。 相手の会社名、、 業種 滞在先の住所、 を明確に答えられて。 帰りの航空券、 があれば大丈夫だと思います。 アメリカで嘘はいけません、ニクソン大統領が辞任したもの、嘘を言ったからです。 出向するアメリカの会社にイミグレ向けのレターを1枚書いてもらえるといいのですが。 その場合も言葉使いに注意してわかっている人に書いてもらう必要があります。 アメリカ人ができる仕事では許可されないので。 お勤めの会社からの出張命令とか、スケジュール表とか日本語だったら簡単に英文に翻訳したものをつけて見せます。 お勤めの会社の名刺はもちろん。 大抵は、会社の命令で3ヶ月、出向です、これがスケジュールでこれが私の名刺です。 などと説明したら通してくれます。 言葉使いが大切です。 あくまでも一時的なものであることを強調して日本に家族がいること、帰国することを強調します。 観光だと言って嘘っぽいと見られて荷物検査をされて仕事のものが出てきたりしたらその時点でアウトです。 私もビザなしでオープンチケットの入国はまずその時点で無理かと思います。 そしてビザなしで 「ビジネス」と答えた場合、別室に呼ばれるのはこれも必須かと。 かなり以前ですが実際に入国の際に私のまん前にいた日本人数人のグループが多分 短期で来られたんだと思いますが思いっきり 「ビジネス」と答えていて、係官と少し話したあと(言語の問題もここで発生していた)別室に通されたのを目撃したことがあります。 今よりも入管が厳しくなかったあの当時でさえそうだったのですから、今はなおさらだと思います。 それと例えビザウエーバーでも滞在予定期間を尋ねられて2ヶ月から3ヶ月などという長期の場合、そのまま帰国せずにアメリカ国内に残るのでは という懸念が入管のほうであるそうです。 なのでアメリカに滞在する理由がない(仕事が終われば日本に帰国)というそこそこの証明が必要になってきますよね。 ビザウエーバーはあくまでも観光なのでビジネスと答えるのはリスクが高いのでは?.

次の

アメリカでの経費規定について教えてください。

アメリカ 出張

アメリカに渡航する予定の皆さん、平成21年1月から、アメリカ合衆国への入国制度が変更されているのをご存じですか。 日本人が観光やビジネスなど90日以内の短期滞在を目的としてアメリカに訪れる場合、事前に電子渡航認証システム「ESTA(エスタ)」の認証を受けることが必要です。 認証を受けていないとアメリカに入国することができませんので、忘れずにESTAの事前申請を行ってください。 これは、ビザが免除されている人の情報を出発前にインターネットで収集し、各渡航者についてビザなしで訪米する条件を満たしているか、保安上のリスクをもたらさないかなどをチェックするものです。 我が国のように、アメリカが短期滞在のビザを免除している国々の国民は、観光やビジネスなど90日以内の短期の滞在が目的の場合、ビザなしでアメリカを訪問できます。 そのような場合でも、事前にエスタで申請を行い、認証を受けることが義務づけられています。 単にアメリカで飛行機などを乗り継ぎする場合も同様です。 アメリカ政府によれば、事前にエスタの認証を受けていないと、アメリカへの入国や飛行機への搭乗を拒否されてしまいますので、ご注意ください。 なお、既に、留学ビザや就労ビザなど、アメリカのビザを持っている人は、エスタに申請する必要はありません。 エスタへの申請はインターネットから エスタへの申請は、自分でにアクセスし、手続きを行う必要があります。 アメリカ政府は、平成22年9月8日以降、ESTA申請時に、一人当たり14米ドルを課しています。 支払いはクレジットカードまたはデビットカードを通して行います。 支払い可能なクレジットカードは、MasterCard、VISA、American Express及びDiscover(JCBを含む)とのことです。 日本語のページもありますが、すべての回答を英語(ローマ字)で入力してください。 名前・生年月日・性別、パスポート番号、飛行機の便名やアメリカ滞在中の住所などを入力し、いくつかの質問に「はい」か「いいえ」で答えます。 を開くと英語の画面が出てきますが、日本語を選ぶこともできます。 エスタへ申請すると、すぐに、ホームページ上に「認証」「保留」「拒否」のいずれかの回答が出ます。 すぐに回答がない場合でも、72時間以内にホームページ上に回答が出るので、数時間後に再び確認してください。 Q2 自分で申請するのが難しい場合は? インターネットを使えない、クレジットカードを持っていないなど、自分で申請するのが難しい場合は、代わりの人に申請してもらうこともできます。 多くの旅行会社でも申請を代わりに行っています(別途手数料がかかる場合もあります)。 Q3 申請から認証を受けるまでの所要時間は? 代理申請してもらう場合、申請から認証を受けるまでの所要期間は1週間から10日ほどのようです。 詳しくは、利用される旅行会社に、直接お問い合わせください。 なお、無許可の第三者がエスタをまねたホームページを立ち上げ、情報提供料や申請手数料を取っているとアメリカ政府が注意を呼びかけています。 また同政府によれば、最近、申請手数料に関する警告や、手数料を請求する内容のメールが無作為に送信されているようですが、このようなメールは同政府とは一切関係ないとのことですので、ご注意ください。 認証は2年間有効、申請は余裕をもってお早めに 一度エスタでの認証を受けると2年間有効です。 ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合は、パスポートの有効期限日をもって認証は無効になります。 アメリカ政府は、飛行機などに乗る72時間前までの申請を勧めています。 申請自体は、具体的な渡航スケジュールが決まっていなくてもできますので、アメリカを訪れる予定がある人は、それよりも余裕をもって申請しておくことをお勧めします。 <取材協力:外務省 文責:政府広報オンライン> Q1. この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? Q1. この記事はわかりやすかった(理解しやすかった)ですか? 1 わかりやすかった 2 まあまあわかりやすかった 3 ややわかりにくかった 4 わかりにくかった その他 (50文字以内) Q2. この記事は役に立つ情報だと思いましたか? Q2. この記事は役に立つ情報だと思いましたか? 1 役に立つと思った 2 まあまあ役に立つと思った 3 あまり役に立つと思わなかった 4 役に立つと思わなかった その他 (50文字以内) Q3. この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? Q3. この記事で取り上げたテーマについて関心が深まりましたか? 1 深まった 2 やや深まった 3 あまり深まらなかった 4 深まらなかった その他 (50文字以内).

次の

アメリカ出張の意外な落とし穴!~準備段階編①~現金とクレジットカード

アメリカ 出張

前歴者のアメリカ入国審査について 現在お付き合いしている彼が昨年国内で逮捕され(窃盗)、不起訴で釈放されました。 過去に起こした犯罪は皆無です。 未払いのもの(数百円)をお店の外に持って出てしまい、無実であることを説明をしたものの、警察の方と口論になってしまった模様です。 この度、彼がアメリカへ出張へ行くことになったのですが、ビザ取得ではなく、ESTAを利用するとのことです。 予定されている出張ではビザ申請をする時間がなく、ESTAで入国するか、会社に何かしらの理由をつけ出張時期を延期するか考えたらしいです。 結果、前歴者はESTAに該当しないことは承知しつつ、諸々の調査の結果、入国ができる可能性が高いということで、ESTAを選択するとのこと。 私としては、日米間は犯罪者引渡し条約を結んでいるので、指紋の共有化等がされている場合は、彼は入国拒否されるのではないかと心配しています。 ですが、一方で、そういった情報共有は国際手配等の重い犯罪だけなのかも・・・とも思っています。 会社命令の出張を延期することも難しいでしょうし、わざわざ自分から「前歴があります」と生真面目にアメリカ側へ申し出るのもどうなのかなと思い質問させていただきました。 (勿論本来はそうすべきであることは彼も私もわかっております。 ) ESTAで何事もなく、入国できればそれにこしたことはありません。 過去に同様の環境でアメリカへ入国した方、またこの件にお詳しい方がいらっしゃれば是非回答願います。

次の