ゴールデン レトリバー 性格。 ゴールデンレトリバーの性格に欠点はある?〜あれかな?

ゴールデン・レトリーバーの性格・特徴・飼い方|ペットショップやブリーダーでの値段相場や里親募集も紹介

ゴールデン レトリバー 性格

毛色の種類• ゴールド• クリーム 毛質 ダブルコート ゴールデンレトリバーの被毛は、下毛と上毛のダブルコートです。 下毛は羽毛のように柔らかく、上毛は弾力性のある毛質になっています。 また、ゴールデンレトリバーの毛色は、ゴールドかクリームのみで、胸元に白い毛色が入ることがあります。 最近、白に近いクリームのゴールデンレトリバー同士を交配させて、白いゴールデンレトリバーとして販売している業者がいるようです。 また、黒いゴールデンレトリバーとよく間違われる犬種に、同じレトリバー種のフラットコーテットレトリバーがいますが、JKCでゴールデンレトリバーに認めれれている毛色に、白や黒は存在しないので注意しましょう。 平均寿命 10~12歳 ゴールデンレトリバーの寿命は、平均10歳から12歳くらいと言われています。 ゴールデンレトリバーの寿命は、大型犬の中では平均的な年齢です。 一般的に大型犬は、小型犬と比べて平均寿命が短い傾向にあります。 ゴールデンレトリバーのような大型になると、心臓や股関節への負担がかり、体がダメージを受けやすいことが原因として考えられています。 しかし、大型犬だからと言ってすべての犬の寿命が短いわけではありません。 ゴールデンレトリバーと同じレトリバー種のラブラドールレトリバーに、29年193日生きた最高齢のギネス記録を持つ犬がいます。 平均寿命以上に長生きするためには、ゴールデンレトリバーにストレスを与えないことが大切です。 定期健診を欠かさず、食事の管理や運動を十分に取り入れた生活を心がけましょう。 値段の相場• アメリカンタイプ:10万~30万円• イングリッシュタイプ:50万円以上 ゴールデンレトリバーには、アメリカンタイプとイングリッシュタイプが存在しており、タイプによって値段に差があります。 日本でよく見かけるゴールデンレトリバーのほとんどが、アメリカンタイプのゴールデンレトリバーで、価格はおおよそ10万から30万円くらいと言われています。 イングリッシュタイプのゴールデンレトリバーは、ブリーダー自体が少なく希少なので、50万円以上が相場とされており値段が高くなる傾向があるようです。 また、ゴールデンレトリバーに限らず全ての犬種に言えることですが、生後間もない赤ちゃんの方が高い値段で販売されています。 ゴールデンレトリバーをブリーダーから迎えるには ゴールデンレトリバーをブリーダーから購入する時は、必ず信頼できるブリーダーかどうかを見極めましょう。 親犬の健康状態や飼育環境、兄弟の情報、ワクチン接種の有無などをしっかりと確認してからブリーダーを選ぶことをおすすめします。 また、ゴールデンレトリバー専門のブリーダーであれば、ゴールデンレトリバーに関する知識を多く持ち、大切に子犬の繁殖を行っていると考えられるため、安心して子犬を迎えられそうです。 関東にも関西にも、遺伝的な病気に気をつかって繁殖を行い、愛情いっぱいにゴールデンレトリバーの飼育を行っている専門のブリーダーが存在しています。 インターネットで口コミなどを見ながら情報を集めて、飼い主さんが納得するブリーダーを選びましょう。 ブリーダーさんの仔犬新着情報 餌 ゴールデンレトリバーは、餌の与えすぎに注意が必要です。 太りやすい体質なので、体重が増えすぎないように毎日の餌の量を調整してください。 また、ゴールデンレトリーバーは体が大きい分、食欲も旺盛です。 成犬で月間1万円から2万円ほど、つまり年間になるとおおよそ12万円から24万円ほどのコストがかかります。 餌にも様々な価格のものがあるため一概には言えませんが、小型犬と比べると食費が高くなることを想定しておきましょう。 ゴールデンレトリバーは、骨や筋肉がしっかりとついており、股関節形成不全や皮膚病などにかかりやすい犬種なので、それらを考慮して餌を選ぶことをおすすめします。 タンパク質やカルシウムが豊富で、アレルギー成分ができるだけ含まれていない餌であれば、ゴールデンレトリバーの健康に役立つでしょう。 その他、与えた餌を一気に食べることを防ぐために、粒が大きいドッグフードがおすすめです。 お手入れ ゴールデンレトリバーは、毎日ブラッシングを行い、月に1回から2回程度シャンプーを行いましょう。 ダブルコートの長毛種で、臭いが強いことで知られるゴールデンレトリバーには、毎日のブラッシングが欠かせません。 換毛期は抜け毛がより多くなるため、丁寧にブラッシングを行いましょう。 また、ゴールデンレトリバーは長毛種ですが、被毛が伸び続けないので基本的にトリミングは必要ありません。 ただし、足の裏の毛やおしりまわりの毛が伸びてきた時はカットしましょう。 夏などの暑い時期は、トリミングでサマーカットをした方が良いと考える飼い主さんもいるかもしれませんが、ゴールデンレトリバーの被毛には体温調節機能や紫外線から体を守る役割があるため、短く切る必要はありません。 ゴールデンレトリバーの歴史 温厚で順応性の高い性格から盲導犬としても活躍するゴールデンレトリバーですが、元々は水鳥猟の時に撃ち落された獲物を、持ち帰る役割を担うために生み出されました。 イギリスの伯爵によって、ニューファンドランドとウェイビーコーテッドレトリバーを交配して生まれた長毛犬を基礎として作出された記録が、最も古いものとして残されています。 その後もさまざまな種類の犬との交配を重ね、19世紀末くらいに現在のゴールデンレトリバーに近いかたちになったと言われています。 イギリスケンネルクラブに最初に公認された1903年時点では、ゴールデンレトリバーはフラットコートゴールデンという名前でした。 フラットコーテッドレトリバーと区別するために、1911年にゴールデンレトリバーやイエローレトリバーという名前に変更された後、1920年にゴールデンレトリバーという名前に統一されました。 現代では、「ゴールデン」という愛称で呼ばれることもあります。 ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーの違い 左:ゴールデンレトリバー 右:ラブラドールレトリバー ゴールデンレトリバーは長毛種、ラブラドールレトリバーは短毛種になり、被毛の長さが異なります。 ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーはよく似ているため、長毛種と短毛種の違いのみで同じ種類の犬のように見えるかもしれません。 しかし、ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバーは、まったく別の交配種なので血縁関係はありません。 また、被毛の長さの他に毛色にも違いがあり、ゴールデンレトリバーは、ゴールドやクリームのみの毛色ですが、ラブラドールレトリバーは、イエロー・黒・チョコレートの毛色になります。

次の

社交的な性格で飼いやすいゴールデンレトリバー! 飼うコツとポイントを紹介 | みんなのブリーダー

ゴールデン レトリバー 性格

ゴールデンレトリバーの歴史 1800年代後期、レトリバーは 黒であるべきという風習がありました。 そのため、 フラットコーテッドレトリバーの元祖である ウェービーコーテッドレトリバーから生まれた 黄色系の犬は狩猟犬として活躍の場がなかったようです。 しかし、スコットランドの ツィードマウス卿により 黄色系のレトリバーと、 ツィードウォータースパニエルという犬種とを交配させ、 ゴールデンレトリバーの基礎犬が生まれました。 元々、 ゴールデンレトリバーは フラットコーテッドレトリバーの一犬種として、 フラットコートゴールデンと呼ばれていました。 1911年に ゴールデンレトリバー、または イエローレトリバーとなり、後に イエローレトリバーが削除され、 1920年に ゴールデンレトリバーとして統一されました。 出身が同じ イギリスであること、また外見も似ていることから ラブラドールレトリバーの長毛の犬種と思われがちですが、 ゴールデンレトリバーと ラブラドールレトリバーの成り立ちは異なるものです。 ゴールデンレトリバーの名前の由来 レトリバーとは、猟師のしとめた獲物を回収する犬のことをいいます。 レトリーブ(retrieve)は 「回収する」という意味があり、それが名前の由来になっています。 「ゴールデン」に関しては、そのまま毛色からつけられました。 以前は イエローレトリバーとも呼ばれていたそうです。 ゴールデンレトリバーのまとめ ゴールデンレトリバーについてまとめると以下の通りです。 元々はフラットコーテッドレトリバーの黄色の犬といわれていた• 本当に優しい性格の持ち主 以上で ゴールデンレトリバーについてお伝えしました。

次の

ゴールデンドゥードルってどんな犬?性格と特徴から考えるしつけと飼い方のコツ!

ゴールデン レトリバー 性格

盲導犬などのワークドッグとしても有名なラブラドールレトリバー。 ペットとしても人気の高いゴールデンレトリバー。 この2種類のレトリバーは、知名度がとても高いですよね。 しかし、レトリバーには他にも種類があるのです。 ゴールデン!…あれ、ちょっと違う?といった外見のレトリバー種を見たことのある方も中にはいるでしょう。 今回は、レトリバーの全種類を紹介します。 特徴や性格、飼い方や値段も一緒にチェックしましょう! ラブラドールレトリバーの性格は優しく温和で人懐っこい ラブラドールレトリバーの性格の最大の特徴は、優しく温和で従順で人懐っこいことです。 人懐っこいがゆえ、番犬には向きませんが、とても賢いのでしつけがしやすく、訓練などにも耐えてすぐに覚えることができるので盲導犬などに向いています。 人や他の動物とも仲良くすることができるので、とても飼いやすい犬種です。 大きさは、体重約25kg〜35kg、体高は54cm〜62cmとかなりの大きさの大型犬です。 しかしそんな体格のラブラドールレトリバーですが、 攻撃的な性格ではなく人間が大好きで飼い主の指示には従順に従うとてもお利口な犬です。 人の子供の相手もよくしてくれるので、家庭犬としてはとても優秀です。 優しくて穏やかな性格ですが、遊びも大好きです。 2歳ごろまではとてもヤンチャで部屋をめちゃくちゃにされてしまったり、飼い主はちょっと大変かもしれません。 しかし本人は遊んでいるだけですし、2歳を過ぎるころになると、そのヤンチャぶりもおさまりますので大目にみてあげましょう。 泳ぎが得意!ラブラドールレトリバーの歴史と身体的特徴 ラブラドールレトリバーの特徴は、水かきがついていることです。 ラブラドールレトリバーは、別名では『king of water fowl 水鳥回収の王 』と呼ばれているくらい泳ぎが得意な犬なのです。 レトリバーと言う言葉は、獲物を回収するという意味があり、ラブラドールレトリバーと名付けられたのは、ラブラドールレトリバーが海辺や水辺で捕獲した獲物の回収作業に優れていた犬種だからです。 また、漁師の手伝いをしたり、小さな船を引くなどの仕事もこなしており、昔から泳ぎが得意だったということがわかります。 ラブラドールレトリバーは、忍耐強い性格なので盲導犬に向いているのは有名ですが、鋭い嗅覚を持っているので警察犬や救助犬、麻薬探知犬としても活躍しています。 身体的特徴は、体格が大きくてがっしりとしていてたくましい筋肉がついています。 胴は短いですが幅広く、バランスの良い体つきをしています。 密集している短毛は、水をよく弾く上毛と冷気を通さない厚い下毛からできているので、寒さにも強い犬種だと言えます。 股関節を形成する骨が十分に発達しない病気なのです。 また、膝の前十字靭帯断裂と呼ばれる怪我も多いです。 これは、加齢で靭帯が弱くなったり肥満で膝に負担がかかったりすると膝関節の靭帯が切れてしまう病気なので、普段から頻繁に適度な散歩をして運動をするように気をつけなければいけません。 何でもくわえてしまうので、注意が必要です。 かと言って、レトリーブという行為はラブラドールレトリバーにとって本能的に備わっている行為ですので、くわえるのを無理やりにやめさせてしまうとストレスが溜まってしまうのです。 ですので、くわえてもいい物とだめな物をきちんと区別するように教えてあげることが大切です。 フリスビーなどはラブラドールレトリバーにとっては最適な遊びですね。 またラブラドールレトリバーは誰にでも友好的な性格なので、初対面の人などにもいきなり飛びついてじゃれてしまう可能性もあります。 人や他の犬に危害を加えてしまわないよう散歩など外出の際には注意が必要です。 ラブラドールを飼う時にここだけは気をつけたいポイント 体が大きくたくましい外見のラブラドールですが、人懐こく、人間が大好きなラブラドールレトリバー。 家族となった飼い主さんには従順でとても飼いやすい犬となるでしょう。 ただ、「大きな体」ゆえ、飼うときに注意したい点は多いです。 体が大きなラブラドールレトリバーは、本能的に「食べること」が好きです。 食欲は自分ではコントロールできないので、与えられるとたくさん食べてしまうでしょう。 食べるほどに肥満になりやすいので、食べさせ過ぎはNGです。 飼い主さんがカロリー計算をしながら、年齢に合った食事量を調整していきましょう。 また、子犬のときから、食事に対するしつけをすることも重要です。 人間の食べ物に興味を示すようになると大変です。 「待て」「おすわり」などの指示を守るような訓練をし、食事をコントロールできるようにしましょう。 頭がよい犬なので「この人は信頼できないな」と感じるとしつけができなくなります。 単に甘えられるだけの存在ではなく、「この人の言うことなら聞かなきゃ」と思ってもらえるような飼い主さんを目指しましょう。 盲導犬になれるほどの賢い犬なので、コミュニケーションを上手く取りながら、しっかりとしつけをしていってくださいね。 単に、一緒にコミュニケーションを取るだけでなく、 「運動」と言えるほどの動きを毎日の生活に取り入れることが大事です。 散歩をするなら、体の大きなラブラドールレトリバーが満足するほどの散歩コースを考えてあげましょう。 1回30分程度の距離で、1日2回は連れていくのが理想です。 コミュニケーションを密にできるように、一緒に遊ぶために広めの飼育環境を準備しましょう。 成犬に成長するとかなり大型化するので、家が狭い人は不向きかもしれませんね。 また、子犬時代は好奇心旺盛でやんちゃです。 家のなかのあらゆるものを噛み、いつの間にか、ラブラドールレトリバーの手の届く範囲内のものがボロボロになっていることもあるでしょう。 誤飲すると危険なものは、あらかじめしっかりと片付けておく必要があります。 室内犬だけではなく、外にいる犬も噛み癖があるワンちゃんもいますよね。 一体なぜ犬は家具を噛んだりしてしまうのでしょうか。 実はワンちゃんが家具などを噛むのには理由があったのです!その理由や防止策をお話していきます。 また、注意したいのが、ラブラドールレトリバーに多いと言われる股関節形成不全という病気。 室内の床が滑りやすいフローリングだと、ラブラドールレトリバーが動くたびに股関節を痛めてしまうかもしれません。 「すべらない素材の床にリフォームする」「カーペットを敷く」など、ラブラドールレトリバーの活動範囲の「床」は滑らないような配慮をしてあげましょう。 おくだけでズレないので安心です。 汚れたら繰り返し洗うことができます。 厚み4mmという薄さで、段差のないバリアフリー仕様。 ラブラドールレトリバーは大型犬の中でも飼いやすい犬種 ラブラドールレトリバーは、音に過剰に反応してむだ吠えなどをほとんどしません。 縄張り意識も薄いため、人間が大好きですし、他の犬種とも友好的です。 警戒しない犬種ですので番犬には向かないですが、短毛で毛も抜けにくいため、大型犬ですが比較的室内犬として飼いやすい犬種です。 遊び好きな性格なので、人間と遊ぶことが大好きです。 賑やかな環境を好む犬種です。 また、レトリーブと言う行為を本能的に持っていますので、ボール遊びやフリスビーなどはラブラドールレトリバーにとって最適な遊びです。 ラブラドールレトリバーは温和な性格で人間が大好きで友好的な犬種だと言うことがわかりました。 しっかりしつけをしていれば、素敵なパートナーになることは間違いなしですね。 ラブラドールレトリバーはスキンシップが大好きな犬ですので、スキンシップを忘れずに接してあげましょう。 — おすすめ記事 —.

次の