タイピング 文章。 【保存版】ブラインドタッチのコツ・上達法(練習方法)とは? タッチタイピングを極めよう!

タイピング入力と音声入力の文章の違い😎

タイピング 文章

この2つは同じように見えて、実は違います。 違いはなんでしょうか? それは、手段が決まっているか決まっていないかです。 という考えです。 ほとんどのユーザーは文書の作成速度を早めるには、 「タイピング」の速度が重要と考えています。 しかし、そこに大きな盲点があります。 実は、タイピングを速めること以外にも、 文章の作成速度を速める手段があるんです。 そこで今回はタイピング上達のコツ以外にも、文章の作成速度を向上させる裏技をお教えします。 とは言え、最初から裏技に頼ってはいけません。 こんな前振りをしておいて何ですが、タイピングに慣れていない人はまずは基礎を学んでください。 タイピングの基礎を学んでからではないと、裏技も100%活かすことは出来ないのです。 裏技もタイピングも100%活かせるようにコツを掴みましょう! ・タイピングに慣れていない ・タイプミスが多い あなたはどうですか? 苦手が分からなければ、下記のタイピングゲームでテストしてみると良いですよ! 【リンク:】 テストを受けると、自分が出来ていない箇所が数字として表れるので、自分の腕前を客観的に判断することができます。 テストの結果が散々でも不安にならないでください。 キーボードは1874年からずっと続いてる歴史的なデバイスです。 一見すると複雑そうかもしれませんが、200年近く使われているのは 「誰でも扱える」からです。 誰でも扱えるからこそ、長い間形を変えずに残ってきたのです。 だから、安心してください。 この講座に書いていることを守れば、自由自在にキーボードを操れるようになるはずです。 タイピングのコツ:ホームポジションを意識しよう タイピングにあまり馴染みがない人は、まず最初に ホームポジションを意識するのがコツです。 ホームポジションはタイピングの基本の基です。 ホームポジションとは、指を動かしてタイピングした際に、戻ってくるポジションのことです。 このポジションに指を戻すことで、自分の指がどこにあるのかを把握できます。 つまり、ホームポジションに指を置いておけば、 キーボードを見ないで入力が可能になるんです。 ホームポジションの場所 キーボードの中に少しだけ出っ張っているキーがありませんか? そう「F」と「J」ですね。 この出っ張りは飾りで付いているわけではありません。 ここがホームポジションの場所を伝える目印です。 「F」と「J」に両手の人差し指を置き、親指以外4本の指を一列に置きましょう。 言うなればタイピングの構えですね。 キーボードに置いた4本の指には、それぞれ持ち場が決まっています。 それぞれの指は押す場所が決まっており、 この通りに指を動かせば 安定してミスのないタイピングが可能になります。 将棋の駒みたいですよね。 駒も盤上で動かせる範囲が決まっています。 それではもう一度、 それぞれの指の動きを確認しましょう。 この表はこの先もずっと使います。 印刷などをして、常に目に見える所に置いておきましょう。 そして、この動きを「ぼんやり」でいいので覚えましょう。 最終目的は「キッチリと覚える」ことですが、 それは練習すればいつの間にか覚えています。 なので、ある程度ホームポジションを覚えたら、後は練習あるのみです。 練習方法 ホームポジションを理解したら、さっそく文章を書きましょう。 実際に文章を書くのが一番の練習方法です。 毎日30分ほどタイピングを繰り返せば、いつの間にかタイピングは上達しています。 ただ、その際にキー配置を見ないようにしましょう。 手元を見ないでタイピングすることを 「ブラインドタッチ」と言います。 最初は感覚でもかまいません。 「ここら辺かな?」と思いつつ、キーボードを見ないようにするのが上達のコツです。 下を見ないようにして感覚だけでタイピングすれば、徐々にブラインドタッチができるようになります。 ブラインドタッチができるようになれば、文章を書く速度はグッと向上します。 なので、何度も間違えながらキーボードの配置を指に覚えさせましょう。 見ないで全てのキーを打つのは大変そうに思えますが、 実際にタイプするキーの数はそこまで多くはありません。 27個あるアルファベットキーうち、主に使うのは 20個ほどです。 それくらいなら誰でも簡単に覚えることが可能です。 なので、ひたすらに打つべし打つべし。 先ほど紹介したタイピングゲームも練習には最適です。 文章を書く合間にタイピングゲームで意識的に練習するのも大切です。 遊びながら学習することができるので、毎日コツコツ練習できます。 するといつの間にやらスラスラと文章を書けるようになるはずです。 これは本当のことです。 どんなにタイピングが遅くても、毎日キーボードを叩けば速くなります。 タイピング速度が遅い人に足りないモノ。 それは 経験なのです。 ここで学んだことを忘れないように、練習を繰り返しましょう。 タイプミスを減らすコツ ホームポジションを意識し、ブラインドタッチがある程度出来るようになっても、タイプミスは起こるモノです。 タイピング速度は上がったけど、タイプミスが多くて遅いまま。 そんな人は、焦らずにゆっくりとタイピングをするのがコツです。 普段よりワンテンポ遅くタイプしてみましょう。 流れるように美しくタイピングする姿に憧れる気持ちもわかりますが、 まずはタイプミスを減らすことが大事です。 むしろ、タイプミスした単語を修正しなくて済む分、 結果的にタイピングが速くなるはずです。 また、タイピングとは「無意識の動作」です。 あなたは誰かと会話するときに喋る内容を全て頭に浮かべてから話しますか? 歩くときに右脚を出して次に左足を・・・・・・ などと考えますか? それと同じようにタイピングも、頭に浮かんだ文章に指が反応してキーボードを叩きます。 タイプミスが多い人は、まだ 無意識の動作が不安定なのかもしれません。 自分の指がどう動くのかを明確にイメージすること、頭に浮かんだ文章をハッキリと意識することが改善のコツです。 つまり、 「なんとなく」を減らして、意識的に文章を打つ練習をすればいいのです。 意識的なタイピングに慣れてから、徐々に無意識的なタイピングに移していくと良いでしょう。 タイピングの裏技を知りたい人へ さて、いよいよ裏技を紹介する時が来ました。 「タイピングをしたことがない」 そんな人にはあまり効果がありませんが、この記事を実践出来る人なら使いこなすことが可能でしょう! 誰でも劇的に入力速度が速くなる裏技。 それはお使いのIMEによく使う言葉を登録することです。 IMEとは、キーボードで入力した文字を補助してくれるソフトのこと。 「Microsoft IME」や「Google日本語入力」や「ATOK」が有名である。 例えば、「お世話になっております。 〇〇です。 」 「引き続き何卒よろしくお願いいたします。 」 ビジネスメールなどで腱鞘炎になるほど、打ち込んできたフレーズがあると思います。 よく使う言葉をIMEに登録すれば、 「いつも」と打つだけで 「いつもお世話になっております。 〇〇です。 」 と変換されるようになります。 このように細かい文章を全て登録すれば、 圧倒的な速度でメールを作成することが可能になります。 また、予測変換などの補助機能が付いた 「Google日本語入力」や「ATOK」などもおすすめです。 タイプミスを劇的に減らせる裏技 タイプミスを自動で修正してくれるIMEを使う裏技もあります。 一太郎スマイルなどで有名なジャストシステムが開発している「ATOK」には、 自動でタイプミスを修正してくれる機能が付いています。 このように、利用者のタイピングを学習して、よく間違える言葉を修正するのでタイプミスは減ります。 誤字を修正してくれる機能があるIMEを使うのも一つの手です。 ツールはズルい? 予測変換の活用や定型文の登録などは、少しだけ 「ずるい」と思うかもしれません。 ですが、私たちの目的は自分の力でタイピングを上達させることではありません。 タイピングは手段であり目的ではないはずです。 文章を書いて人に届ける。 それが私たちの目的のはずです。 なので、結果的に文章の作成速度が向上するのなら、何を使っても構わないと思います。 人間の作業を補助する便利なツールは使わない手はないはずです。 どんどん利用して効率的にタイピングをしましょう。 もちろん、タイピングの基礎を知ることも大事です。 この基礎を知らないでツールだけに頼ってしまうと、ツールがサービスを終了した場合や、他のパソコンを使うときに対応することが出来ません。 なので、ツールを使いつつも、タイピングの基礎を練習するのが良いでしょう。 ・タイプミスが多い。 ・キーボードに慣れていない。 ・ホームポジションを覚える。 ・ひたすら文字を書く。 ・下を見ないでブラインドタッチ。 ・落ち着いてワンテンポ遅くタイプする。 ・意識的に指を動かす。 ・IMEに定型文登録する。 ・予測変換や誤字修正機能のあるIMEを使う。

次の

【保存版】ブラインドタッチのコツ・上達法(練習方法)とは? タッチタイピングを極めよう!

タイピング 文章

この記事に書いてある内容は... 単語で区切ると遠回り 例えば 「今日はパソコン教室キュリオステーションに行く日です。 」 という文章があったとします。 良くありがちな間違いは「今日」だけ入力して「変換」を押してしまう事です。 入力が苦手な方に非常に多い間違いです。 では、なぜよくないのかと言うと、その次に入力するのは「は」になります。 「は」だけで入れるて変換すると「葉」「歯」「刃」など他のものに変換される可能性が出てきます。 なので「エンター」をつい押してしまうのです。 これが手間になります。 そのくらいならよいかと思いますがこれが「長文」となると非常に手間です。 なんども「エンター」を押す事になるのです。 区切ってもおかしくないタイミングを「文節」と言います。 「今日はパソコン教室に行く日です。 」 の例で言うと 「今日は」 「パソコン教室に」 「行く日です。 」 というように区切ります。 こう区切ると話がわかりやすいのです。 仮にこれをでたらめに区切るとわからなくなります。 人に話しかけて意味が通じるように区切っていくと行ないやすいです。 慣れるまではこのように声に出しながら行なっていくと良いでしょう。 人に話しかけるときに区切ってもおかしくないタイミングです。 慣れてくると文節を2つか3つくらいずつにする 慣れてくると1つずつの文節だとしんどくなってきます。 よって、2つないしは3つくらいの文節くらいで変換をしていくのが良いでしょう。 良くありがちな間違いで言うと全部まとめて入力して一度に変換をされる方です。 これは一見、「変換ボタン」を押す機会が少ないのでよさそうに感じますが、間違いです。 何がよくないかと言うと「間違った変換」になる事が多くなってくるからです。 たくさんあると意図どおりにならない事が多くなってきます。 よって、修正する為に「文字を消す」という作業が出てくるのです。 そうなると「入力」ではなく「消す作業」に時間をとられて結果遅くなるのです。 実は 「入力」にかかっている時間よりも「間違いを直す時間の方が長い」ってご存知でしたか? それを無くすほうが「入力速度」を上げるよりも効率が良いのです。 入力時にエンターは押さない もうちょっと慣れてくると エンターを押す回数を減らすと良いでしょう。 「今日はパソコン教室に行く日です。 」 という文章を入力する際、押すエンターの回数は1回です。 「今日は」の部分を入れて次の「パソコン教室に」というのを入れる際に「エンター」を押される方が多いのですが、それはスピードダウンにつながります。 実は次の文字を入力すれば勝手に確定されるのです。 なのでわざわざ毎回「エンター」を押す必要はないのです。 ですが、最後はそれ以上に入力するものがないので、エンターを押す必要があります。 予測変換を使うと逆に遠回り 最近はパソコンが発達して「予測変換」なるものが出てきました。 これは、「ひょっとしたらあなたが入力したいのはこれではないですか?」というコンピューターの予測です。 非常に便利なので使えば良いのですが、タイピングが慣れてきた人には逆効果です。 マウスを使って押す手間のほうが時間がかかります。 長文には不向きです。 短文であれば良いでしょう。 そもそもこの機能は「スマホ」や「タブレット」の為に出てきたものです。 スマホやタブレットだと入力が大変なのでこの機能を使うと非常に速くなります。 しかし、キーボードではこれを使うと逆に遅くなるでしょう。 ブラインドタッチを1日で覚える方法 基本的にブラインドタッチは1日で覚える事が可能です。 下を見ずに入力できるようになることをブラインドタッチ(タッチタイピング)って言います。 詳しくは別記事で書きました。 ご参考になさってください。 間違いをなくすことがポイント タイピングの速度をあげ、正しく変換するためには、入力ミスをなくすことも大切です。 どんなに打つのが速くても、入力ミスが多いと間違いを直すための時間がとられ、結果的には遅くなってしまいます。 思っている以上に、消す作業には時間がとられます。 入力ミスをなくすには、正しい指の位置をしっかりと守ることです。 悩みがちな「B」はどの指で押すのが正しいのでしょうか。 こちらの記事でご確認ください。 漢字変換できないお悩み その1 日本語には同じ音で違う文字、 「同音異字」があります。 普段は意識せず自然に使っていると思いますが、パソコンで文字を入力する時に、「あれ?」と悩む方が多いようです。 「続く」「築く」「恥ずかしい」など「ず」と「づ」を打ち間違えると漢字に変換できません。 漢字に変換できない問題「ず」と「づ」の使い分けについては別の記事で詳しくまとめました。 こちらをご覧ください。 漢字変換できないお悩み その2 日本語には同じ音で、違う文字「同音異字」があります。 耳で聞くのは同じ音でも、書くときには別の文字を使う単語が多数あります。 パソコンで文字を入力すると、変換されずに行き詰ってしまう場合も多いようです。 「縮む」「地面」「身近」など、「じ」と「ぢ」を正しく入力しないと漢字変換されません。 漢字に変換できない問題、「じ」と「ぢ」の使い分けについては別の記事で詳しくまとめました。 こちらをご覧ください。 まとめ 変換のコツは「文節」ごとで区切るのが良いという事がわかりました。 ぜひ話しかけるような感じで入力をしてみてください。

次の

2017年12月03日の練習問題1|毎日5問のタイピングトレーニング

タイピング 文章

長文の文章のタイピング練習する時の方法は決して一つだけではなく、複数ありますので、それらを積極的に試してみると良いでしょう。 方法がさまざまにある事で、長文の文章のタイピングに飽きる事が無くなり、ずっと続ける事ができます。 途中で止めてしまうと、長文の文章を早くタイピングできなくなりますので、上手く方法を変えて、持続させましょう。 今の内に、長文の文章のタイピング練習をしておけば、レポートを作成する時などに、本当に役に立ってきます。 短時間で長文の文章を書く事ができるようになり、レポートにかける時間を簡単に削減させられます。 そのため、長文の文章のタイピング練習は意味がある物で、自分自身のためになってきます。 長文の文章のタイピング練習方法1 長文の文章のタイピング練習方法の2つ目は、新聞紙を活用する事です。 新聞紙も、文章が長文で書かれていますので、タイピングの練習には持ってこいの物になっています。 特に、新聞紙に関しては、現在の日本や世界で起きている事を知る部分にも繋がってきますから、知識を増やす面でも非常に良い影響をもたらします。 最近では、新聞紙を読まない人が増えていますから、長文の文章のタイピング練習も兼ねて、読んでみると適当でしょう。 新聞紙の内容は知っておいて、損は無い物ばかりですので、非常に良い物とされています。 よって、新聞紙を活用して、知識を増やすと共に、長文の文章のタイピング練習に役立てましょう。 長文のタイピング練習におすすめの例文は何か 長文のタイピング練習におすすめの例文もいくつかありますので、意識的に使用していきましょう。 おすすめの例文ですから、充分に効き目を期待でき、本当に長文をタイピングする時に生きてきます。 そのため、練習の際におすすめの長文を参考にして、自分の長文のタイピングに良い影響を与えるようにしましょう。 長文のタイピング練習をする時には、できる限り難しい文章が適切と考える人も多いですが、簡単な文章を何回も繰り返す方が賢明とされています。 簡単な文章ならば、誰でもしっかりとキーボードを打つ事ができて、徐々にタイピングの良い打ち方が身に付いてくるようになっています。 難しい文章よりも簡単な文章に絞る方が充分な効果を受けられる可能性が大きいですから、集中して、簡単な文章でタイピング練習をすると適当でしょう。 日本語 長文のタイピング練習におすすめの日本語の例文は、「おはようございます」や「こんにちは」などの挨拶から、「ありがとうございます」や「おめでとうございます」などの感謝・気持ちを伝えるような物を参考にすると良いでしょう。 日本人ならば、それらを日本語を早くタイピングする事は簡単ではありますが、基本的な部分こそ徹底して行いましょう。 「おはようございます」や「こんにちは」は一つの単語で、全く長文では無いですが、まず単語を早くタイピングできなければ、長文に関しもてこづる可能性がありますから、まずは単語からが適切でしょう。 そこから、徐々に長文のタイピング練習も行うようにしていけば、本当に上手くタイピングできるようになってきます。 長文のタイピング練習におすすめのツールとは 最近では、長文のタイピング練習におすすめのツールがたくさんありますので、上手く使っていきましょう。 自分自身の力で頑張る事も非常に良いですが、ツールを使う方がより早く長文のタイピング練習を行えますので、有効な方法とされています。 したがって、ツールをまだ使った事が無い人がいれば、まずは試しに手に取ってみると良いでしょう。 長文のタイピング練習におすすめのツールのそれぞれには、違った特徴が存在していますから、そこをまず理解すると適当でしょう。 自分に合っているかどうかもありますため、前もって本当に合うかを調べておけば、より上手く活用できます。 そのため、おすすめのツールを使うには、事前の確認も大切になってきます。 漢字変換つき 長文のタイピング練習におすすめのツールの1つ目は、漢字変換つきのタイピング練習の物です。 本当に長文のタイピングをする時に、漢字の変換がわからなければ、そこで止まってしまう可能性がありますので、漢字変換つきタイピング練習で、ひらがなやカタカナをどの漢字にすれば良いかを学びましょう。 長文のタイピング練習におすすめのツールの3つ目は、10分間で、どれだけの文字をタイピングできるかと言う物です。 時間制限がある事で、文字を打つ人の集中力を上げてくれますので、長文のタイピングを短時間でしたい人にとっては、非常に有効とされています。 よって、10分間の時間制限があるタイピングのツールも、長文のタイピングの練習にはもってこいの方法です。 歌詞 長文のタイピング練習におすすめのツールの4つ目は、歌詞のタイピングをする事です。 歌詞のジャンルは全く問わなくても良いですが、なるべく続けていけるように、自分の好きな歌手の歌詞にすると適当でしょう。 どの歌詞を選択するかによって、タイピングの慣れ具合も多少違ってきますので、どの歌詞にするかにも、可能な限り気を付ければ良いとされています。 長文のタイピングのコツはどこか 長文のタイピングのコツに関しても、複数あると言われています。 それらのコツをどういう風に生かすにより、どれだけ短時間で、長文のタイピングをできるかが変わってきます。 そのため長文のタイピングを行う時に、コツはかなり重要な物になっています。 もし、長文のタイピングをより早くしたい人がいれば、コツに頼る事も一つの手段です。 コツについては、少し意識しているだけでも効果が現れますから、使用の難しさはほとんど無いです。 実際にコツを使う事で、不利益を講じる部分もほとんどないですので、あまり心配し過ぎない方が良いでしょう。 したがって、コツは自分自身を助けてくれる物になり得て、長文のタイピングをより早くする事ができます。 コツ1 長文のタイピングのコツの1つ目は、キーボードの位置を覚える事です。 キーボードのどこに、どの文字があるかを頭の中に入れておけば、脳内で考えなくても良くなり、手が勝手に動きます。 少しでも脳内で考えていると、時間にロスが生まれますので、キーボードの位置を覚える事は、とても役に立ってきます。 最初の段階では、キーボードの位置を全て覚える事は不可能に近いですが、長文のタイピングの練習をしている内に、慣れてきますので、それほど心配しなくても良いでしょう。 本当にキーボードの位置を覚える事ができれば、今まで以上に多くの文字をタイピングする事が可能になってきます。 そこで、キーボードの位置を覚える事がどれだけ凄いかがわかります。 コツ2 長文のタイピングのコツの2つ目は、文字を打っている最中に、次の文字は何かを見る事です。 できる限り先読みしていく事で、次に何の文字を打てば良いかを把握して、少しでも手が早く動くようにしましょう。 そうすると、長文のタイピングの早さが違ってきて、今までよりも本当に短時間で、長文をタイピングをする事ができます。 文字を打っている最中に、次の文字を見るかどうかにより、文字を打つスピードなどは異なってきますので、多少なりとも効果は表れます。 どれだけ早く脳内に次の文字を認識させるかが重要になってきますから、文字を打っている最中に、次の文字は何かを見る事をやってみたい人や、興味や関心がある人は積極的に試してみると適当でしょう。 コツ3 長文のタイピングのコツの3つ目は、可能な限り短時間で、多くの文字を打てるように、頭の中で意識する事です。 意識するだけでは、全く効果は無いと言う人も中にはいますが、実際には意識する事は、かなり大事になっていますので、なるべく実践で試してみると良いでしょう。 どれぐらいタイピングをできるかが本当に違ってきますから、効果は充分に期待できます。 もし、頭の中で意識する事が本当に効果があるかを信じる事ができない人は、自分自身で一回でも行う事が大切です。 そこで、どれほどの効果があるかを実感する事で、効果を理解できる場合もあります。 したがって、頭の中で意識する事がピンと来ない人がいれば、自分で行動に移してみましょう。 長文タイピングをマスターしよう 長文の文章のタイピング練習方法は、教科書や新聞紙を活用するなど、決して一つでは無いですので、さまざまに試してみましょう。 ただ一つの練習方法を続ける事も良いのですが、それだと飽きる可能性も充分にありますので、他の方法にも目を向ける方が適切でしょう。 そうすれば、タイピングの練習によりバリエーションを持たせる事が可能になってきます。 最近では、長文のタイピング練習におすすめのツールがたくさん増えていますので、それらを使用する事も良いやり方の一つとされています。 具体的なツールとしては、漢字変換つきの物、無料の物、10分間の制限がある物、歌詞などがあります。 これらのツールは、長文んおタイピングにかなり役立てる事が可能ですから、積極的に使っていきましょう。

次の