エジプト 復活 の 象徴 虫。 来世への祈り―古代エジプト人の死生観― | 真言宗智山派 総本山智積院

来世への祈り―古代エジプト人の死生観― | 真言宗智山派 総本山智積院

エジプト 復活 の 象徴 虫

第22回 縁起の良い虫で新年のご挨拶をひとつ。 あらためまして、みなさま、 明けましておめでとうございます。 今年は日曜日始まりでスタートしましたね〜。 日曜日のような、気持ちにゆとりのある1年を 過ごせるといいなと思います。 そして、今年もおおらかにお届けしたい「虫博士たち。 のんびりと楽しんでいただけると嬉しいです。 よろしくお願いいたします。 さて、本日は、元旦ということで、 縁起の良いとされている虫を、 ご紹介したいと思います。 トンボ 勝虫(かちむし)とも呼ばれ、 昔から縁起の良い虫とされているトンボ。 その言われは、雄略天皇(在位456年〜479年頃)が、 吉野に狩に出かけた時、腕を刺したアブを トンボがくわえて飛び去った故事から、 強い虫、縁起の良い虫ということで勝虫と呼ばれ、 兜の前立てや武具に用いられたということです。 また、前へ前へと飛び、後ろに下がらないことからも、 勇猛果敢で勝負強い虫として、勝利を呼ぶ虫と 言われていたりもするようです。 今年、前向きに頑張ろうと思っている人に、 トンボアイテム、どうでしょうか?? タマムシ 古くから日本で縁起の良いものと 言われている虫に、タマムシがいます。 法隆寺の国宝、玉虫厨子に羽がつかわれているほど、 その美しさに昔の人々は魅了されていたんですね。 「吉丁虫」とも書くそうです。 タマムシの翅をタンスの中に入れておくと、 着物が増えるとかお金が増えるとか、 言われているみたいですよ。 フンコロガシ フンコロガシの正式な学名は、スカラベ・サクレ。 スカラベ・サクレとは、 フランス語で「聖なる甲虫」という意味だそうです。 なぜ、「聖なる甲虫」と呼ばれるのか調べたところ、 太陽神信仰があった古代エジプト人が、 糞を転がすスカラベを見て太陽が回転する様を連想し、 日の出と日没を司るケペラ神の化身として、 あがめたところからきているようです。 創造、復活、不死のシンボルとして、 いろいろな装飾品に刻まれ、 お守りとされていた様子。 このスカラベの装飾品などは、 エジプト各地で数多く出土され、 現在の博物館でも見ることができます。 エジプトにあるカルナック神殿には、 スカラベの石像があって、 その周りを7回まわると願いごとが叶うと、 言われているようです。 テントウムシ 世界各地で幸せのシンボルとされているテントウムシ。 テントウムシが体にとまると幸せになる、とか、 「マリア様のお使い」などと言われ、 幸せを運ぶと考えられているためか、 アクセサリーなどで目にすることも多いですよね。 英語では「lady bird」と呼ばれていますが、 この「Lady」とは聖母マリアのことなんだそうです。 なぜ、その名前がついたのかは、 いろいろな説があり、はっきり分からないのですが、 テントウムシは見た目がかわいいので、 たくさんの人たちに愛されたんでしょうね〜。 ゴキブリ ゴ、ゴキブリ?! と思われるかもしれませんが、 かつてのヨーロッパでは、 ゴキブリは縁起の良いものとして 考えられていたこともあるんだとか! 引っ越しをするときに連れて行ったり、 結婚のお祝いや新築祝いとして、 プレゼントされていたんだそうです。 ムカデ 毘沙門天の使いで、足が多いことから、 「おあし(銭)が集まる」と言われ、 財の神として縁起を担ぎ、 大切にしているところもあるようです。 縁起の良い虫、いかがでしたでしょうか。 きっとまだまだ縁起の良いとされている虫は いると思いますので、ご存知の方、ぜひ教えてくださいね。 ちなみに私の携帯ストラップは、コガネムシです。 では、みなさまの1年が穏やかに楽しく過ぎることを 心から願いつつ、本日の虫博士はここまでです。 また、来週は、みなさまからのメールを ご紹介させていただきますね〜。 今年もよろしくお願いいたします! 今回登場した虫たちをご覧になりたい場合は、 こちらをクリックしてどうぞ。 (検索エンジンgoogleの イメージ検索を利用しています。 ) ・ ・ ・ ・ ・ ・ 2006-01-01-SUN (c)2005 Hobo Nikkan Itoi Shinbun.

次の

〈金運・幸福の象徴〉古来より大切にされてきた黄金虫(コガネムシ)の開運力

エジプト 復活 の 象徴 虫

モチーフの意味 モチーフの意味がわかると付けている時、ちょっと楽しくなりませんか? 絶対、という訳ではありませんが、ちょっとした気持ちの支え程度の参考にどうぞ(^^) ハート・・・・・・・ハートは心臓の形をあらわし、愛と感情が宿る大切な場所です。 愛のシンボル。 愛情や幸福を意味し、恋愛の成就、幸せな結婚に導いてくれます。 親や恋人から贈られたハートモチーフのものにはこの効果が強いのだそうです。 クロス・・・・・・・十字架は、土・水・火・風の4元素を表しています。 天と地の交流の象徴であり、生きる力の象徴です。 身に着ける人に神秘の力を与え、災いから身を守ってく 王冠・・・・・・・・権力のシンボルである王冠は、成功や美の象徴といわれています。 力を与え幸運と成功を呼び寄せてくれます。 ティアラ・・・・・・女性としての美貌と栄光を叶えると言われています。 輝かしく誉れなことを運ぶ。 鍵・・・・・・・・・「家」の入り口を示す鍵はその家の幸せの扉を開き、健康や富などの幸せを呼び込むといわれています。 鍵は相手の心を開いてくれる大切なモチーフとされています。 また、魔よけとしての意味もあります。 鍵穴・・・・・・・・願いや想いにカギをかけて大切に守って欲しいという意味が込められています。 鍵穴と鍵、ペアで持てばより愛の願いが叶うと言われています。 星・・・・・・・・・幸せの扉を開き、健康や富などの幸せを呼び込むといわれています。 星は希望と運命を表すといわれます。 また星は光の象徴でもあり、持つ人に明るい力を与え、自信を取り戻させ、悪を寄せ付けないようにしてくれます。 星の形は古代から「悪を封じる記号」として用いられてきたことから、魔よけとしての意味もあります。 月・・・・・・・・・太陽の光を反射して輝く月は女性らしさの象徴。 月は女性のやさしさや純粋さをあらわしていると言われます。 また満ち欠けの周期で姿を変えるため、成長の象徴とも言われます。 知性を高め、心に落ち着きを与えてくれます。 クローバー・・・・・災いから身を守り、幸運を運んでくれるモチーフ。 4つの葉にはそれぞれ「愛情・健康・名声・財産」の意味が込められています。 日本では、3枚の葉がそれぞれ「希望」「信仰」「愛情」を表し、残る1枚が「幸福」のシンボルだと言い伝えられてきました。 フラワー・・・・・・美と幸せの象徴。 女性らしさを高めてくれ、様々な幸運を呼び寄せてくれます。 因みに、小花なら愛情運を大柄なら華やかさを良縁には4枚花がよいとされているらしいです。 薔薇・・・・・・・・ギリシア神話では愛の女神「アフロディーテ」が誕生する時にバラが舞ってきたとされ、愛と美の女神の象徴的な 持ち物とされています。 キリスト教では聖母マリアの花 純潔の薔薇 ともされています。 永遠の神性と純潔、神への愛の象徴。 蓮の花・・・・・・・蓮の花は、「お釈迦様の花」 泥の中から、美しい花を咲かせる蓮は、復活、再生のシンボル。 無条件の愛と慈悲を受け取る、また、種子が多いことから、子孫繁栄のシンボルとしても用いられています。 また、女性の美と清純さを表すモチーフとしても使われます。 竹・・・・・・・・・天に向かってまっすぐ伸び、生命力があり数年で大きくなることから大変縁起が良いとされ、しかも、四季を通し緑と いうことから不老長寿を表しているとも言われています。 竹は火にくべると音を立てる事から爆竹の起源にもなり、その音は魔を払うと言われています。 風水的には北西に飾ると金運がと言われています。 リボン・・・・・・・その形の通り「結ぶ」ことを現します。 縁を呼び込み人との結びつきを深めてくれ、特に女性の恋愛運や結婚運に効果的と言われています。 また、恋愛関係だけではなく人と人との絆の深めるとされています。 馬蹄(ホースシュー)・・・ヨーロッパでは古くからお守りとして身に着けられているモチーフ。 また、U字型は幸運を逃さないという意味もあります。 ティアドロップ・・・乾いた大地に降る恵の雨を「神々が流す涙のしずく」と呼んでいました。 涙は悲しいときにだけに流されるわけではなく、大きな歓びや感動をおぼえたときにも溢れるものです。 神々の涙は、地上に住む生物にとって、生きるエネルギーを与えてくれるものです。 小瓶・・・・・・・・小さな小瓶には「夢」が入っていて、あなたの夢を大切に守り、育ててくれます。 身につける人の夢を応援し、達成へと導いてくれるサクセスモチーフです。 香水瓶・・・・・・・香水は相手を引きつけ虜にするパワーを持つと言われています。 ユリの紋章・・・・・キリスト教で聖母マリアの花とされるユリは清らかな愛を象徴します。 フランスでは王家の紋章としてよく使用されているので、権威の象徴として用いられることもあるようです。 スプーン・・・・・・「食べ物に困らない」=「幸せな象徴」という意味があり、赤ちゃんが誕生したときに記念品として贈られます。 どくろ(スカル)・・全ての生命において、死は避けられない宿命。 そんな死の象徴である骸骨(スカル)ですが、ただ単に死を表すだけでなく、亡くなった人への情、故人を忘れない と言う思いを表したものだとされています。 生物などのモチーフの意味 天使・・・・・・・・天と地をつなぐ存在であり、また神のみぞ知る人間同士の愛を取り持つ存在です。 相手に自分の思いを伝えてくれる、心強い恋の味方です。 羽、翼・・・・・・・上昇・飛躍のシンボルで、身につける人の能力や長所を高め、その人を躍進させると言われています。 なにかに挑戦するとき、勢いが欲しいときに身に着けると良いでしょう。 いるか(ドルフィン)・・いるかは鋭い予知能力の持ち主で、ギリシャ神話では音楽の神様でもあります。 感性や直感を磨きたいたいとき、心に潤いを持たせたいとき等に、身に着けると良いと言われているモチーフです。 魚・・・・・・・・・豊饒・生命・死を表し、一般的に縁起がよいとされています。 大地母神、月、すべての生命が生まれでた原初の海と結び付けて考えられるからです。 水の気を持つ魚は恋愛運をアップさせたり、頭の働きを良くする力も持っています。 猫・・・・・・・・・気ままな猫は自由の象徴です。 古くは古代エジプトから猫は良い運を引き寄せて悪運を払ってくれると言われてきました。 日本では招き猫があるように、幸福を運ぶモチーフとして有名です。 カエル・・・・・・・カエルは水を象徴するシンボル。 流れ、変化し、再生する力、さらに新しいものを生み出す創造性を持つと言われています。 また中国では財を生み出す縁起物とも言われ、金運のお守りにもされています。 ブタ・・・・・・・・ドイツ、フランスでは古くからラッキーアイテムとして愛されています。 日本でも「トン(豚)トン拍子に事が進む」などと言って幸せを運ぶ使者として人気です。 また、風水では、ブタがケガをしにくいことから健康運として、そしてブタは本来多産なので子宝や子孫繁栄のシンボル、 豊かさのモチーフとされているようです。 熊・・・・・・・・・ネイティブアメリカン(インディアン)に古くから愛されていて、「リーダーシップ」「権威」の象徴とされています。 象・・・・・・・・・現状をよくして永続する力の象徴、そして開運、学術や仕事の成功などをもたらすシンボル。 鳥・・・・・・・・・仲の良い恋人のことを「love bird」と呼ぶように鳥は恋の象徴です。 また幸せを運んでくれると言われています。 馬・・・・・・・・・馬は「バイタリティーの象徴」とされ、古くから勇士のモチーフとされ愛されてきました。 フクロウ・・・・・・ギリシャ神話では「知恵の神」、ローマ神話では「技術、職人の神」、中国では「悪魔払いの鳥」、メキシコでは 「富の象徴」 そして、我が国日本ではくるくる回る頭から「頭の回転がよい」「学問の神様」。 首が回ることから「商売繁盛」、夜目が利くことから「見通しが明るい」、 聴力がすぐれていることから「情報を聞き逃さない」。 あるいは、福来、不苦労の字があてられ、「幸福を呼ぶ」と言われています。 また鋭い目と爪で夜も眠らず「森を守る守り神」として、と一羽で全知全能を表している、必見のモチーフです。 しかも、風水的にも金の気を持っているとされています。 ヘビ・・・・・・・・「永遠不滅の愛」を象徴しています。 古代エジプトの人々は、とぐろをまいたヘビを、永遠に終わりのない「環」の形とみなしました。 蛇には豊作をもたらし、地上の悪を退治し、物事の本質を見抜く知恵があると信じられています。 新しい道を開き、美しい自分へ変化する姿は風水でも、ビューティ運やチャンスを運んで 来てくれると言われるモチーフ。 また、復活の意味を持ち、不死の象徴とされています。 狼・・・・・・・・・開拓者、新しい考えの先駆者で、その為に狼の社会はとても個人主義が強く、忍耐力に富んでいます。 つがいは一生連れ添い、家族の絆は彼らにとって絶対です。 その為ウルフは、開拓者・知能・リーダーシップ・忍耐力・家族愛の象徴とされています。 英語のladybugのladyは聖母マリア様を示すとされ、イギリスでは『聖母マリアのお使い』と呼ばれています。 てんとう虫のモチーフは身に着けた人に大きな成功と財産をもたらし、病気の人ならばその病が取り除かれると 言われているため、アクセサリーや雑貨として人気があるそうです モチーフの数だけ、意味があるようです。 何か気になるモチーフがあれば調べますのでブログのコメント欄にでも書いてくださいね~.

次の

エジプト神話の神々・登場人物20選!九柱神や伝説をわかりやすく解説

エジプト 復活 の 象徴 虫

縁起とは? 縁起物と言えば、なんだか良さそうなものってイメージがありますが、縁起ってなんなんでしょうね? 縁起とはもともと仏教用語からきているそうですが、現在の使われ方としては「そこにあるモノ」や「起きたコト」には因縁(いんねん)があるということを表して使っています。 ですから「縁起が良い」ことがあると、その後にはきっと良いことがある。 逆に「縁起が悪い」モノがあると、悪いことが起きそう。 そんな意味合いになります。 ここでは「縁起が良い」と言われるもので、昆虫が関係しているものを紹介します! 幸せを運ぶ「テントウムシ」 ナナホシテントウ テントウムシは世界各地で幸せの象徴とされています。 土地が変わっても好かれている昆虫って凄いですね! 代表的なものでは「 テントウムシが止まると幸せになれる」とか「 病気の人にテントウムシが止まって飛び去ると病気を持っていってくれる(治る)」とかがあります。 日本でも幸せのシンボルとしてブローチなどに使われるモチーフではありますが、テントウムシとは「天道虫」と書きます。 高いところに登ると太陽の方に向かって飛んでいく様子から名付けられました。 太陽は昔から信仰の対象にもされてきましたので、そこに向かって飛んでいくテントウムシは自然と幸せの象徴になっていったのではないかと思います。 関係あるかはわかりませんが、昔から農業にとっての害虫であるアブラムシなどを食べてくれる 益虫として人との関わりが深かったことも、テントウムシが好かれてきた要因になっているのではないかと思います。 英語では「Ladybug(レディバグ)」と呼ばれていますが、このレディとは聖母マリアのことを指しているという話もあります。 好感度の高さが出てますね! テントウムシのことをもっと知りたかったらこちらから。 日本で一番美しい甲虫「タマムシ」 ヤマトタマムシ 美しい光沢を持った姿をしているタマムシは昔から縁起が良い昆虫として好かれています。 その美しさは工芸品などにも使われるほどで、法隆寺の国宝「玉虫厨子(たまむしのずし)」にはたくさんのタマムシの羽が使われていたそうです。 タンスに入れておくと着物やお金が増えると言われたりしています。 昔の着物は高価なものでしたしね。 タマムシの別名として「 吉兆虫」という呼ばれ方もしています。 吉兆とは「良いことが起こる前触れ」の意味があり、まさに縁起が良いという意味合いの言葉です。 和食店の名前にも好んで使われたりしています。 そんな名前をつけられるなんてまさに縁起の良い昆虫です。 タマムシのことをもっと知りたかったらこちらから。 太陽信仰から象徴とされる「フンコロガシ」 有名な昆虫学者のファーブルの研究で有名な昆虫です。 動物のフンを転がして丸める習性を持っているフンチュウ(糞虫)なのですが、古代エジプトではその様子から太陽が回転するところが連想されたようです。 太陽神信仰があり、太陽は「 復活や再生」の象徴でしたので縁起の良さにつながっていったのでしょうね。 各種装飾品やアクセサリーなどにもモチーフとしてたくさん使われています。 信仰の対象にもなりファーブルが研究していたその虫の和名は「ヒジリタマオシコガネ」と呼ばれます。 その昆虫は「Scarabaeus sacer(スカラベサクレ)」と呼ばれますが「 聖なる甲虫」という意味があるそうです。 なんて縁起の良い呼ばれ方なんでしょうね! 日本では、エジプトのフンコロガシみたいにフンを転がして丸める大きなものは生息していませんが、オオセンチコガネという美しいフンチュウの仲間が知られています。 勝負事に強い「トンボ」 ショウジョウトンボ トンボは「 勝ち虫」として 勝負事に強い縁起が良いものとされてきました。 まっすぐと勢いよく前に前に進んでいく姿、他の昆虫を捕える力強さから武士たちの間で縁起物として流行ったようです。 鎧兜にもトンボをデザインしたものが多く残されています。 装飾品などのモチーフとしては日本に限らず人気の昆虫ですが、英語では「Dragonfly(ドラゴンフライ)」と呼ばれています。 なんてカッコよいのでしょう!! しかし、ドラゴンはカッコよいのだけど海外では邪悪なものの象徴としても捉えられています。 日本のドラゴンのイメージとは少し違うかもしれませんね。 ですから場所によってはトンボは不吉の象徴だったりもするわけです。 いろんなトンボが見られます。 金運アップの「コガネムシ」 漢字では「黄金虫」と書きます。 光沢のある美しいコガネムシも多いおかげか 金運の象徴として紹介されることの多い昆虫です。 「コガネムシ~は金持ちだ~」なんてフレーズを聞いたこともあるのではないでしょうか?なんの歌だったかな? お金がついてくるイメージが強いことは間違いがないですね! 新たな縁起物「うかる合格お守り」 お守りのモチーフとなったオオゴマダラ なんと 合格祈願のお守りが販売されています。 販売しているのは「」。 飼育しているオオゴマダラが羽化(うか)するのを、試験に「受かる」とかけたお守りです! 外にはオオゴマダラの成虫がデザインされ、中には羽化した後の殻が入っているようです。 中に入っているのはオオゴマダラの蛹(サナギ)の抜け殻ですが、オオゴマダラのサナギは金ピカなことでも有名な昆虫です。 金ピカですよ!縁起が良いですよね。 通信販売もしていますが、対応している支払いは銀行振込のみ。 販売のページは このように新しい縁起を担ぐものも出てきて面白いですね! モチーフになっているオオゴマダラのことがもっと知りたかったらこちらから 縁起の良い他の昆虫 他にもたくさん縁起の良い虫はいます。 ムカデ(足が多いところから客足が増えるとか)• 朝のクモは縁起が良いとか(夜は悪い)• カイコは衣食住の「衣」の部分で重要で神話にも登場します。 ゴキブリも国によっては縁起が良いとされています。 サルハムシは縁起物の「くくり猿」からきています。 まとめ 縁起の良い昆虫がたくさんいました! 身近に見られるものも多いのでみなさんも探してみてください。 その由来を知ることで、人が昆虫に対して、身近な命に対してどんな想いを持って接していたのかがちょっとわかるような気がします。 足元にはいろんな命が育まれています!ぜひ立ち止まって足元の世界をのぞき込んでみましょう。 それでは、むしむしワクワク楽しんでいきましょう! 昆虫写真図鑑「ムシミル」(トップページへ).

次の