デバイス に 到達 できません。 iPhoneから動画を転送すると「デバイスに到達できません」エラーが出た時の対処方法

iPhoneでデバイスに到達できませんと表示される原因・対処法

デバイス に 到達 できません

iPhoneに到達できない問題を解決するには、パート1をお読みください。 お使いのパソコンでAndroidの「デバイスに到達できません」と表示される場合、パート2まで解決案をお読みください。 パート1. 一部のユーザーは、特定の写真やビデオをコピーするときだけに、このエラーメッセージが表示されます。 ほかのユーザーは、このメッセージが表示されると全部の写真やビデオをパソコンにコピーすることができなくなります。 次のヒントを参考し、エラーの修復を試るしてみましょう。 「」を使えば、写真、ビデオ、連絡先、音楽、メッセージなどをすべてiPhoneからPCにバックアップすることができます。 *Mac版は「FonePaw iOS転送」のダウンロードになります。 この製品はMac用iOSデバイスのデータ転送ソフトで、操作方法は「FonePaw DoTrans」とほぼ同じでご安心して利用できます。 ステップ1 FonePaw DoTransをパソコンにインストールし、開きます。 ステップ2 USBケーブルを使って、iPhoneをパソコンに接続します。 ステップ3 DoTransがiPhoneを検出しますので、iPhoneで保存されているすべてのコンテンツをパソコンで見ることができます。 コピーしたい写真、ビデオを選択し、 「PCへエクスポート」をクリックします。 すると、 「デバイスに到達できません」は表示されずに、写真やビデオは直接パソコンにコピーされます。 その場合、互換性の問題があるため、することはできなくなっているかもしれません。 iPhoneの設定を変更することで、「デバイスに到達できない」問題を簡単に防ぐことができます ステップ1 iPhoneの 「設定」を開きます。 ステップ2 「写真」をタップします。 一番下までスクロールして、 「MacまたはPCに転送」セクションを見つけます。 ステップ3 「自動」を選択した場合は、 「元のフォーマットのまま」をタップします。 「元のフォーマットのまま」を選択すると、写真やビデオがパソコンまたはMacに転送するときに、iPhoneは転送先のパソコンまたはMacのファイルの互換性をチェックしないので、 「デバイスに到達できない」エラーは発生されません。 MacまたはPCへ転送する時、 「元のフォーマットのまま」を選択した後、iPhoneをPCに再接続して、写真やビデオの転送が成功するかどうかを確認してください。 USB 2. 0ポートを利用する iPhoneをUSB 3. 0ポート経由でPCに接続している場合、USB 2. 0ポートに変更しましょう。 一部のユーザーがUSB 2. 0ポートを使用している場合、iPhoneの 「デバイスに到達できません」エラーが消えたとの報告があります。 実際、デバイスマネージャでiPhoneドライバ(Apple Mobile Device USBドライバ)のトラブルシューティングを行うところ、前記の方法で解決したユーザは 「Apple Mobile Device USBドライバは古いデバイスであり、USB 3. 0では動作しない可能性があります。 利用可能な USB 2. 0ポートを利用してください」と表示されます。 ですから、iPhoneに到達できない問題の原因は、使っているドライバがUSB 3. 0で動作できないかもしれません。 一回で大量なファイルをコピーしない 一度に大量な写真をiPhoneからパソコンにコピーしているとき、パソコンは 「デバイスに到達できない」と表示するかもしれません。 写真やビデオを1つずつコピーすると、 「到達できない」エラーが発生しなくなるかも知れません。 以上の手段を試しても、パソコンがiPhoneの写真やビデオを読み込むとき、 「デバイスに到達できません」と表示される場合、新しいUSBケーブルを試し、元のケーブルに問題がないかどうかを確認しましょう。 iPhoneからPCにインポートできないくらい大きなサイズのビデオがある場合、 「FonePaw DoTrans」を使用することはおすすめします。 このソフトより、iPhoneのコンテンツを問題なくパソコンに転送することはできます。 パート2. Androidの「デバイスに到達できません」問題を解決する方法 エラー0x80070141:デバイスに到達できませんというエラーは、iPhoneだけで発生しているわけではありません。 Samsung Galaxy、LenovoなどAndroidデバイスにも、 「デバイスに到達できません」エラーが表示され、ファイルをパソコンに転送できない場合はあります。 Androidデバイスに到達できない場合、下記の方法を試してください。 メディアデバイスとしてAndroid携帯をパソコンに接続する Androidデバイスをパソコンに接続した後、デバイスを開き、USBの接続オプション(USBでPCに接続)にデバイスを 「カメラ(PTP)」ではなく、 「メディアデバイス(MTP)」を選択します。 ハードウェアとデバイスのトラブルシューティングを実行する AndroidデバイスのUSBドライバに問題があるから、Androidデバイスに到達できない問題が起きたかもしれません。 Windowsでハードウェアとデバイスのトラブルシューティングを起動し、ドライバで起こりうるすべて問題を解決できます。 そして トラブルシューティングを入力し、 トラブルシューティングツールを開きます。 「ハードウェアとデバイス」を見つけて、選択します。 そして トラブルシューティングツールを実行します。 トラブルシューティングを起動した後、Androidスマホからもう一度 ファイルをコピーしてみてください。 USBドライバを再インストールする Androidデバイスの USBドライバを再インストールし、パソコンとの接続を再確立することができます。 デバイスマネージャを開き、 Androidスマホ用のUSBドライブを見つけ、 アンインストールをクリックします。 その後、 スマホをコンピューターに再接続すると、新しいドライバがインストールされます。 この記事が役に立つと思われた場合は、「いいね!」をいただけれると幸いです。 また、この記事を必要としている人にシェアしましょう。

次の

【解決済み】「デバイスに到達できません」というエラーの対策11個(Windows10/8/7)

デバイス に 到達 できません

1」にソフトウェア・アップグレード後に「『Windows10』からiOSデバイスにデータを転送時に『デバイスに到達できません』と表示される!」などの対処方法が分からない一部のユーザーが慢性的に発生するかもしれません。 下記が『【解決】Windows10にiPhoneをデータ移動中に『デバイスに到達できません」と表示される場合の対処設定方法についてのまとめです 【スポンサーリンク】• 「Windows」もしくは「Mac」を搭載したパソコンから「iPhone」もしくは「iPad」などのiOSデバイスを接続してください• 「エクスプローラー」画面にて「PC」の「iPhone」を右クリックし、「画像とビデオのインポート」を選択することにより、「ピクチャ」に保存されます• 【追記】:上記の設定でも解決しない場合は、「iTunes」が最新バージョンにアップデートされていることを確認し、Lightningケーブルが純正であることを確認してください• 「バッググラウンド(マルチタスク)画面から全てのアプリを上にスワイプし、再起動後に同じ設定を行ってください• 当サイトをフォローしてください!• カテゴリー• 105• 300• 342• 181• 142• 363• 571• 193• 267• 266• 158• 641• 212• 106• 150• 166• 1,071• 227• 162• 153• 102• 105• 144• 6,990• 120• 515• 113• 688• 333• 177• 104• 212• 116• 546• 1,854• 180• アーカイブ アーカイブ.

次の

iPhoneのデータをWindowsにコピーする際「システムに接続されたデバイスが機能していません」と出てしまう場合の対処法

デバイス に 到達 できません

事象 事象概要 iPhoneまたはiPadなどのiOSからPC Windows、ChromeOSなど へのFileを転送中に『このデバイスに到達できません』や『システムに接続されたデバイスが機能していません』のエラーが発生し転送できない。 事象詳細 転送元端末 iPhoneX、iPad Air2 転送元OS iOS11、iOS12 転送元ポート Lightning 転送先端末 自作PC、UX21E、C101PA 転送先OS Windows10、Windows7、ChromeOS 転送先ポート USB2. 0、USB3. 設定内にあるMACまたはPCに転送が自動 自動的に写真とビデオを互換性のあるフォーマットで転送 になっていることにより転送中のフォーマット変換時に発生。 265 と新しいフォーマットが採用されています。 264形式に変更することができます。 面倒な場合DCIM配下をすべて選択してコピーも可能。 その他対処方法 上記対象方法で改善されない場合は以下の可能性も考えられます。• ・USBドライバが不安定の可能性があるため、Apple Mobile Device USB Driverを再インストールする• ・Lightningケーブルの劣化などの可能性があるため、別のLightningケーブルを使用する Amazonの情報を掲載しています まとめ 上記対処方法にてiPhoneXからWindows10への一括200GB以上のFileをエラー発生せずに転送できました。 転送先OS Windows10、Windows7、ChromeOS 、転送先ポート USB2. 0、USB3. 0 、転送先ストレージ SSD、HDD を変えて試しても問題なく『 File単体で500MB以上 』及び『 転送Fileが合計30GB以上 』のFileを転送できました。 また、ChromeOSはiTunesのインストールができませんが、iPhoneまたはiPadとの接続時にUSBドライバがインストールされるようでiTunesがなくても問題なく転送可能です。 今回の内容を一覧にまとめた表は以下になります。 転送元端末 iPhoneX、iPad Air2 転送元OS iOS11、iOS12 転送元ポート Lightning 転送先端末 自作PC、UX21E、C101PA 転送先OS Windows10、Windows7、ChromeOS 転送先ポート USB2. 0、USB3.

次の