ダライラマ。 ダライ・ラマ14世

ダライ・ラマの仏教入門―心は死を超えて存続する (知恵の森文庫)

ダライラマ

これのどこが「入門」なんでしょう?開けてびっくり、中身は本格的なチベット仏教の仏教哲学です。 これで1年生レベルですよ、と言われれば、それはそうかもしれませんが、別に本気でチベット仏教の勉強を始めるわけでなし、一般人向けの文庫としてはレベル高すぎでしょう。 「縁起と空の思想」についての記述が半分を占めます。 縁起というのは諸行無常で、空というのはいわゆる色即是空の空なわけですが、ただひたすら坐禅、ひたすら南無阿弥陀仏という風土に暮らす身には縁起も空もなかなか突き詰めて考える機会がない。 よって感覚的、情緒的な理解でわかったつもりでいても、実はまったくわかっていなかったんだな、とつくづく思い知らされる。 まあ空というのは普通の人間にとっては詐欺で騙されたような、きつねにつままれたような気持ちにさせられる概念ではあります。 というよりもチベット仏教における空性は日本の仏教の空や無とはずいぶん違うような気がするのだが、と、そのあたりのことを立川武蔵著『空の思想史』あたりでアウトラインをつかんでから本書をあたった方がいいのではないか、と思った。 英文の原題からなぜ「仏教入門」という邦題になってしまうのかよくわからないが その方がセールス的に好都合なのか? 、巻末の訳者解説だけは間違いなく入門者レベルです。 報道やインタビューを通じ、ダライラマの並々ならぬ知性と教養を直感しました。 いろいろ物色し選んだ一冊ですが、この薄い一冊で、仏教思想の一番核心の部分がおよそ判った気になりました。 レビュアは宗教や哲学に通じていないので、それは錯覚でないとは断言できませんが、やはり優れた内容だからだと思います。 すなわち説明にごまかしや無駄がないように思います。 たとえば、実在の有無を因果関係(縁起するかどうか)があるかどうかで判断し、縁起するものは存在しない無に過ぎないとする。 もちろん高度な内容ですが、自分の頭でこういう種類の形而上学を考えようとしたことがある人なら素直に受け入れられるように思いました。 個人差はあると思いますが、仏教についてまだもやもやした疑問がある方は、一度読まれたらどうでしょうか。 これ一冊で仏教の理論とその歴史がわかるっていう大変便利な本だと思います。 一応日本は仏教国で、私もその国に生まれ育って何十年も経つというのに、 「仏教そのものの理屈ってこんなにハードコアなもんなんだー!」 とこの本で初めて知らされ、素養のなさを実感しました。 (何とも恥ずかしい…) 縁起と空の解説は文字面だけなので 脳内でビジュアル変換して理解するのに時間が掛かりますが、 数学の証明でいえば場合分けをきっちりやって証明していくみたいな感じの 筋道立った文章で書かれてあるため、 何度か読んでじっくり考えればイメージが沸きました。 (よくわかんない単語は、さすがにgoogle先生のお知恵を借りましたが(汗)) ただ、密教や瞑想の解説の章は具体的に把握するのが難しかったです。 どちらかというと「こんな風に修行するとよいですよ」みたいな解説なのかなと。 法王の法話を聞きにいかれる方なら一度は目を通して頂きたい本だと思います。 空に雲が現れても、やがて消えゆく。 心は空のように本来清浄なるものなのだ。 ほっとするなあ。 ものからことへ。 実体としてではなく、ある条件の中で様々な原因によって生起し変化し続けている現象として縁起的にとらえる。 色即是空 空即是色 諸行無常 諸法無我 在家でできる修行は、できるだけ他人を助けてあげること。 せめて他人を傷つけないこと。 忍耐により、前世の業から解放される。 だから、自分を苦しめる敵は忍耐の修行を積ませてくれる有難い存在なのだ。 輪廻がなぜ否定されるのかが理解できなかった。 副題に「心は死を超えて存続する」とあるけど、それって、否定されるべき輪廻のことじゃないのかなあ。 まあ、理解不足の面もあるけど、心洗われる書でした。 原書にない翻訳者の詳細な注が、ダライラマ本人の話に勝るとも劣らない丁寧な解説で、仏教の初学者には理解の助けになります。 また、日本人向けの内容として、翻訳者とのインタビューをもとにした章が新たに付け加えられています。 この意味では、原書を超える内容になっています。 ただし、原書と比較してみると、挿絵はすべて差し替えられおり、特に、カラーのものは原書の方が鮮明です。 ダライラマが口語で話している部分が文語に書き換えられ、彼の喋ったジョークや講演が行なわれた日付けが省略されています。 章の分け方も原文とことなります。 また、残念ながら、質疑応答の部分がすべて削除されています。 よって、原書の忠実な翻訳とはいえません。 ダライラマの研究者には、英文原書をあたる必要があります。

次の

ダライラマ14世(帰国~亡命)

ダライラマ

3年前に初めて取材した際には、こんな話をした。 亡命したばかりのころ、ダライ・ラマと官員らはみな英語もインドの言葉もできなかった。 「私たちは通訳を雇っていたが、彼は片目が見えなかったので常に彼の手を引いて歩いた。 ある官員は、なんとか言葉を学ばねば、この先ずっとこの独眼竜に頼って生きねばならないと言ったんだ」 そう話している最中にダライ・ラマは笑いをこらえきれず、しきりに身体を振るわせた。 彼の話を聞いていると、まるで亡命生活がつらくなかったかのようにさえ思えてしまう。 ただ支援されるだけではいけない 24歳の青年は数万人のチベット人を引き連れていたが、何も持たずに出てきたので、すべてゼロからの出発だった。 支援されるばかりでは不道徳だと、ダライ・ラマは率先してチベット人たちを中印国境地帯の道路工事に動員した。 つらい肉体労働の日収は1ルピー足らずで、米を買ったらいくらも残らなかった。 この仕事はつらかったが、灼熱の平地にいるより、涼しい山間部で働いたほうがチベット人にとってはましだった。 人々は高温多湿の気候になじめず、チベット難民の死亡率は非常に高かった。 ダライ・ラマはネール首相に、チベット人の言葉と文化だけでなく一般教養も学べる学校と、寺院を建ててくれるよう求めた。 亡命50年を記念するチベット人女性たち。 ゲシェーの育成には20年ほどかかる。 ということは、彼は4歳で学びはじめたというのか。 ダライ・ラマの兄ギャロ・ツォンドゥプは、わずか5歳でポタラ宮での生活に入った幼い弟にとって「その修業は非常に過酷だった。 毎日6時に起き、経を唱え、祈祷し、瞑想を重ねていた」と回想を記している。 望遠鏡で外界を眺めるだけの日々 兄は当時9歳、両親とラサに来て、ポタラ宮の近くに住んでいた。 平凡な農家が急に貴族になったのだ。 山の上にそびえ立つポタラ宮には多くの従者がおり、コックだけでも40人もいた。 兄は回想する。 「ポタラ宮は快適な住まいではなかった。 電気もなく、腐臭が漂っていた。 食べ物が置いてある場所では、ネズミが山のように殺されていた。 暖房もなかった。 ひどく怖い場所で、もし自分がダライ・ラマに選ばれていたら、逃げ出していただろう。 私の住む家には少なくとも暖炉があったから」 そんな冷たい宮殿に、5歳の弟は両親から引き離され、たった1人で年配の従者らと生活することになった。 食事係の顔には瘤があり、少年は彼によじ登り、母のおっぱいのようにその瘤を吸っていたという。 「ダライ・ラマはよくこの話を笑い話のように話すのです」と彼の中国語秘書は言った。 ダライ・ラマは自伝で当時の生活を次のように振り返っている。 「ポタラ宮は私の監獄で、それは広く奇妙な監獄だった。 その監獄の最上階に部屋があり、修業が終わると屋上にのぼり、望遠鏡で外を眺めた。 同い年くらいの子供が学校へ行く姿が見える。 屠場に引かれていく牛や羊も見える。 できることなら買い取って逃がしてやりたいと思った。 宮殿から遠くない場所で労役についている囚人も、自分と同じように監獄の中にいる人間だった。 彼らは私と地位も境遇もかけ離れた罪人だったが、私は彼らを友人のように思っていた。 彼らの一挙手一投足をじっと見つめていた」 家族は半月に一度宮殿を訪れることができた。 「ダライ・ラマにプライベートはなかった」と兄は話す。 家族と話す内容も、すべてチベットの未来などにかかわる話題になった。 ダライ・ラマは18歳になると、宗教上のトップであるだけでなく、政治的な責任も継承するはずだった。 しかし、当時のチベット人にとって「政治」とは内政であり、外交は存在しなかった。 山は高くそびえ、空気も薄く、暮らしにくいこの地に、第二次世界大戦の銃声も聞こえてはこなかった。 親政開始まであと3年というところで、外の世界が突然目の前に迫ってこようとは思いもよらないことだった。 1948年、解放軍によってチベット東部が陥落。 1950年、中国がチベットの平和的解放を宣言し、2万人の共産党軍がラサに進攻した。 ダライ・ラマは大臣らの要請により正式に即位し、予測不能な政治の舞台に躍り出ることになった。 「私はまったくの世間知らずで、政治経験もゼロだった。 ただ自分が無知だということはわかる年齢ではあった」 人民解放軍によるチベット侵攻。 「2011年、完全に政治の舞台から引退したとき、400年におよぶ政教合一の伝統もまた終焉を迎えた。 それは私自身が望んだことで、誇らしくも喜ばしい終焉だ。 今後ダライ・ラマは政治と関係なくなる」 しかし、ダライ・ラマという立場は本当に引退できるのか。 このインタビュー後、彼は訪米し、任期終了間近のオバマ大統領と会見した。 権力の頂点にいるオバマのような人間が、ただの高僧にわざわざ会うだろうか。 ダライ・ラマとオバマ大統領の写真を掲げる活動家たち。 蔡英文が総統に就任し、与党が交代した台湾に、ダライ・ラマはいつ訪れるのだろうか。 ダライ・ラマはこう答えた。 「いつも言っているように、私はいつでも準備できている。 台湾の人々を愛しているし、非常に美しい島だ。 ただそれは台湾政府を肯定するということではない。 台湾に限らずどこの国でも面倒を起こしたくないと思っている」 政治の話に触れなければ、タブーは少なくなる。 2007年、中国の国家宗教事務局はチベット仏教の活仏転生に関して「藏傳仏教活佛転生管理方法」を公布した。 「管理方法」とは言うものの、転生は活仏が自分で決められるものではなくなったのだ。 「私や中国が決めるものではない」 「ダライ・ラマの転生を継続すべきか考えることもあるが、もうどうでもいいと思っている。 しかし、北京の強硬派たちは私よりもそのことを気にかけている。 たまに彼らと転生について話すが、私は冗談でこう言うんだ。 転生の論理を受け入れるなら、まずは毛沢東や鄧小平の生まれ変わりを探すべきで、それからダライ・ラマの生まれ変わりを置くというのでなければ、おかしいのではないかってね」 そんな冗談を言ったあと、ダライ・ラマは真面目に続けた。

次の

ダライ・ラマ

ダライラマ

【ダライラマ ラサに帰還する】 チベット国民「ダライラマ!!帰ってこれてよかった!!おかえりなさい!!」 ダライラマ「ありがとう!!! 毛沢東と友好的にしていたおかげか、チベットの状況はそんなに悪くなっていなかったみたいだ。 よかった。 やはり、あの国に手助けしてもらうしかない!!」 ダライラマは1955年の夏、ようやくラサに帰国します。 たくさんのチベット国民がダライラマの帰還に安堵しました。 ダライラマが中国で毛沢東とうまくやっていたおかげか食料難は以前より改善し、状態は良くなっていました。 しかし、水面下で中国によるチベット国民に対する反宗教的な再教育 僧や尼に生き物を殺させたり、反抗的な僧侶をつるし上げて、国民を集め僧の悪口を言うことを強制させたりした のことを知り、このままではチベットは完全に中国に支配され、チベット国民とチベット仏教は絶滅してしまうと悟ると、ダライラマは一筋の希望を求め、インドへ行く決意をします。 【ダライラマ インド首相ネルーと対談する】 運よく中国当局からインドへ行く許可をもらってダライラマはニューデリーで首相のネルーと対談する ダライラマ「初めまして!ネルー首相! 毛沢東と比べると自信たっぷりという感じではないけど、専制君主的な雰囲気は一つもないなぁ。 もちろんあなたも一緒にだ」 ダライラマ「・・・・・・・わかりました。 お願いします」 亡命や支持を求めにインドに来たダライラマにとって、ネルーの返事は非常に残念なものでした。 ここにはスパイや反乱分子がたくさんいる。 今すぐラサに帰りなさい」 ダライラマ「くっ・・・・」 ネルー「すまんね。 ダライラマ君。 君には協定に基づき、中国と上手くやっていくしか道はない。 インドは力になってあげれないんだよ。 周恩来の言う通り、今すぐラサに帰りなさい。 国民たちが不安になっていますよきっと」 ダライラマ「はい・・ただカリンボンによってから帰りたいです」 ネルー「ははっ!!もちろんいいとも!!!インドは自由の国です!あなたは我が国の法を何一つ破っていないのですから!」 周恩来と対談したダライラマですが、話は中国にいたころからほとんど進みませんでした。 また、周恩来はダライラマに亡命にチベットから逃げられたくないため、速やかにラサに帰るように促します。 これに対してダライラマは反対しましたが、インドでの滞在では何一つ成果を得ることができませんでした。 【帰国すべきか亡命すべきか】 カリンボンに向かったダライラマ一行。 その中にはダライラマの兄が二人とお告げし、料理長など様々な人物がいた。 その中で帰国すべきか亡命すべきは未だにもめていた。 そんな中、ルカンワ 前首相 がダライラマに会いに来た ルカンワ「お久しぶりです。 ダライラマ14世。 」 ダライラマ「え、ルカンワ!?なんでここに!?」 ルカンワ「巡礼を装って何とかチベットから抜け出してきました。 」 ルカンワ「それよりダライラマ。 やはり、無理を言ってでもインドに亡命させてもらうべきです。 次チベットに帰れば、もうチベットから抜け出せなくなるかもしれない」 ダライラマ「そうかもしれないが・・・ネルー首相には手助けはできないと言われたし・・」 兄「その心配はいらない。 ブッタガヤにいる間にたくさんの親チベット派の政治家にあってきた。 彼らは独立を支持してくれる!亡命の手助けもしてくれるだろう!!」 ダライラマ「だが・・」 お告げ師「ダライラマが亡命するですって!!!それはダメです!!!亡命は不吉な予感がします!!!今すぐ帰国するべきです!!」 ルカンワ「占いは今はいいからwwwwwwww」 兄「とにかく今は亡命が最善の道だ。 お前が生きていれば、チベットは復興できる!インドにいれば外国の支持を求めることができる。 私はさっきアメリカのCIAと接触してきた。 うまくいけばアメリカの力も借りることができるだろう。 」 兄「頼む!ダライラマ!!兄とルカンワの一生で一度のお願いだ!!!インドに今から亡命してくれ!!」 ダライラマ「私は・・・・・・・・・・それでも今チベットにいる国民を見捨てて亡命することはできない。 今亡命すれば、彼らはさらにひどい目にあってしまうだろう・・」 ダライラマ「彼らは私の帰りを待っている・・・私はラサに帰るよ・・・・・・・・・・・・」 兄・ルカンワ「ダライラマ………………」 ダライラマの兄と前首相のルカンワは外国の支持を得て、チベットを立て直すため、アメリカのCIAと接触したり、親チベット派の政治家たちに協力して亡命の手はずを整え、ダライラマに亡命するように説得しました。 しかし、ダライラマは二人の説得を振り切り、残された国民のためにラサへの帰還を決意します。 最終的に1957年三月末、ダライラマ14世一行はラサに旅立ちました。 【絶望的な状況】 ラサに帰還したダライラマ。 彼は中国と上手くやっていく道を選んだ ダライラマ「国民たちよ!私は中国がチベットを援助するために入ってきたという言葉を信じてる!!!」 (しかし、各地ではゴンポ・タジというチベット人指導者を中心としたチベット解放軍による中国人を対象としたゲリラやテロが多発していた) 中国当局「ダライラマよ。 あのテロリストどもに武器を捨てるように言え」 ダライラマ「・・・・わかりました・・・・・・・・・・・・・・・・・・」 ダライラマは武器を捨てるように声明を出しましたが、ほとんど効果はなく、チベットはほとんどダライラマの手に余るものとなっていった (連日チベット解放軍の数はまし、それに対して中国軍側の反撃も過激なものになっていった。 国際法委員会が出した報告書を読んだダライラマは、磔や生体解剖、拷問などを受けるチベット人たちのことを知り絶句。 彼らは処刑の最中に「ダライラマ万歳」と叫んでいたという記録もある。 ) ラサの様子は中国が侵略してきたときと大きく変わり、共産党の官僚が済むための新しい地区ができたり、病院や学校、軍隊の宿舎などができていった。 これらの施設はチベット人はほとんど活用することができず、彼らの職を奪っていった。 チベット人はどんどん追い込まれていった。 しかし、皮肉なことにダライラマの生活は中国側の態度が強くなってきたこと以外ほとんど変わりがなかった。 【絶望の淵】 ダライラマはノルブリンカ宮殿からラサに帰ってきた。 彼はそこで、さらに悪化したラサの状況を目にする ダライラマ「なんてことだ。 中国の残虐行為から逃れてきたと思われる。 国民が難民となってラサの郊外で野宿している」 ダライラマ「私には何ができる?いっそのこと中国と全面対決するべきか・・・」 ダライラマ「いや、それは悲劇しか起こらない・・・・・」 ダライラマ「責任感が重い・・・・・私は国民を励ますことしかできないのか・・・・」 1958年。 ダライラマは自国が少しづつ侵略されて行っているのを見ているしかできませんでした。 彼は無力でした。 【怒り爆発。 大規模デモ勃発】 そんな時ついに事件が起こる。 中国当局がダライラマを観劇に誘った。 チベット国民1「なんでも中国当局はダライラマに護衛をつけるなと言い出したらしいぞ!」 チベット国民2「これは事件だ・・・ダライラマがさらわれてしまうかもしれないぞ・・」 チベット国民3「なんだって! ダライラマ「朝だ。 おはよう。 なんか外がうるさいな。 そして、事件が起こる チベット国民「おいっ! 今までの非道な行いにより民衆の怒りは頂点に達していたのだ。 」 ダライラマ「これしかないな。 不甲斐ない私を許してくれ国民たちよ・・・」 ダライラマはお告げ師のアドバイスもあり、群衆を救う唯一の方法は脱出しかないとし、亡命を決意します。 【一世一代の大脱出】 脱出は侍従長と総務長官、個人家庭教師などの官僚、ダライラマの家族とごく少数で行われることになった。 スパイが数多くいるため大勢だとばれる可能性が上がるからである ダライラマ「作戦は簡単でシンプルだ!群衆に紛れてみんなバラバラになって宮殿を出ていく。 抜け出したら、キチュ河の南岸にある尼僧院に集合だ。 」 日が暮れ脱出をするときがきた ダライラマ「最後に私の守護神である、マハーカラを祭った寺院にいっておこう」 ダライラマ「どうか、この旅路とチベット国民を守ってください」 ダライラマ「いつか絶対帰ってきます。 」 ダライラマはチベットへの帰還を決心し、命からがらインドへ亡命しました。 この脱出劇は生涯で心底恐怖を味わった体験だったとダライラマは語っています。 それもそのはずです。 もし中国兵に見つかれば悲劇しかないのですから。 彼のインドでの亡命生活は今なお続いています。 カテゴリー•

次の