許し て ください 英語。 お許しください、を英語で、

「ご勘弁ください」とは?意味・類語・英語【使い方や例文】

許し て ください 英語

「ご無礼」の敬語 接頭語「ご」が尊敬語・謙譲語・丁寧語かは文脈による 「ご無礼」は、「無礼」という言葉に接頭語の「ご」がついた言葉です。 この 接頭語の「ご」が尊敬語・謙譲語・丁寧語かは文脈によります。 相手の行動に「ご(お」をつけて、「ご(お)〜する」の場合は「 尊敬語」 相手に敬意をしめすために自分の行為をへりくだった表現にしている場合は「ご(お)〜する」というようなかちの場合は「 謙譲語」 「ごゆっくり」「ごもっとも」というように丁寧な事言葉使いをすることで、話し相手に敬意をしめしている場合は「 丁寧語」となります。 「ご無礼」は丁寧語なので、自分の無礼に対しても「ご無礼」と言える 「ご無礼」は、 「尊敬語」や「謙譲語」として「ご」をつけて「ご無礼失礼しました」というように使用することは誤りで、「無礼な態度をとってしまい申し訳ありません」というように使用します。 しかし、相手の立場になって「ご無礼があったことをお詫び申し上げます」というような使い方をした場合の「ご」は謙譲語ではなく丁寧語として使用されています このように 「ご無礼」は丁寧語なので、自分の無礼に対しても「ご無礼」と使用することができます。 「失礼」「非礼」「ご容赦」の違い 「失礼」 「失礼(しつれい)」の意味は、 礼儀を欠くこと。 礼儀をわきまえないこと・不作法なことです。 「失礼」は「礼を失う」と書くように、元々はあった礼儀がなくなっている様子を表します。 「元々礼儀を知っているが、うっかり礼儀に欠けてしまった」というニュアンスです。 「失礼しました」「失礼いたしました」とした場合は、「相手に対して礼儀を欠いたことに対して許しを得ること」を表します。 目上の人に対して使える表現です。 「非礼」は「礼に非ざる」と書くように、 礼に従わずに反抗したり反対する様子を表します。 ビジネスシーンでの「非礼」は、始末書を書くレベルの失敗をしたときや、社員の振る舞いによってお客様から苦情がきたときに用います。 「無礼」のように、接頭語をつけて「ご非礼」とすることはできませんので注意してください。 例文 「この度の不手際は、非礼この上ないことと、謹んでお詫び申し上げます」 「遠方のため、非礼ながら書中をもってお詫び申し上げます」 「この度の非礼の数々、誠に申し訳ございません」 「昨日の宴会の席において、酔った上で非礼な振る舞いをいたしまして、大変申し訳ありませんでした」 「ご容赦」 「ご容赦(ごようしゃ)」は、「容赦」という言葉に接頭語の「ご」をつけた言葉です。 「容赦」は、「 許す・大目に見る」という意味の言葉で、目上の人に対して使用する言葉です。 例えば、丁寧語の補助動詞「ください」をつけて「ご容赦ください」とすると、「自分の失敗や過失をどうか許してください」のように申し訳ない気持ちを表現できます。 しかし、 比較的軽く申し訳ない気持ちを表現する場合に使用する言葉であるため、実際に大きな過失をしてしまったという場合に使用するには不向きです。 例文 「乱筆乱文のほど、ご容赦ください」 「本日の会議体調不良により、参加できませんのでどうぞご容赦ください」 「台風の影響により商品の到着が予定より遅れております。 ご容赦くださいますようよろしくお願いいたします」 「ご無礼」の使い方と例文 「ご無礼をお詫びいたします」「ご無礼をお許しください」「ご無礼いたしました」は謝罪・お詫びで使う 「ご無礼」は、「失礼にあたることをしてしまった相手に対しての謝罪やお詫びの言葉」として使用されることがほとんどです。 「失礼いたしました」や「すみません」と謝罪するよりも丁寧な言葉になります。 ・ご無礼をお詫びいたします ・ご無礼をお許しください ・ご無礼いたしました というような言い回しで、使用されます。 例文 「この度は、ご連絡がすっかり遅くなってしまい、とんだご無礼をお詫びいたします」 「息子がご迷惑をおかけしまい、ご無礼を謹んでお詫びいたします」 「ご挨拶が遅くなってしまったご無礼をどうかお許しください」 「部長の奥様とも知らずに、これはどうもご無礼いたしました」 「ご無礼の段」も謝罪で使う 「ご無礼の段」という言い回しも謝罪の場面で使用されることがあります。 この場合の「段」は、「 ある事柄をそれと指し示す語」として使用されています。 つまり、「ご無礼の段」は「 無礼なこと・もの」という意味であるということで、 ・先日はきちんとご挨拶もせずに、ご無礼の段謹んでお詫びいたします。 ・子どもが突然お伺いしてしまったようで、ご無礼の段どうかお許しください。 といったように使用されます。 「ご無礼を承知で申し上げますが」は目上に自分の意見を言うと使う 「ご無礼を承知で申し上げますが」は、「 失礼なことだとはわかっているのですが」といったニュアンスで、 自分が物事を言うことにたいして謙遜した表現となります。 例えば、 ・ご無礼を承知で申し上げますが、少し料金設定が高すぎるのではないでしょうか といったように、目上の人やかしこまった場面で自分の意見を言うときに使用することができる言い回しになります。 また、 ・ご無礼を承知で申し上げますが、私にチャンスをいただけないでしょうか というように、「 図々しく失礼であることはわかっているのですが」といったニュアンスで、 お願いをする場面でも使用することができます。 「ご無礼します」は熊本などで使われる方言 「ご無礼」は、熊本件などでは 「失礼します」という意味合いで「ご無礼します」と使用されています。 本来「無礼」は「礼儀が全くない」という意味のある言葉ですが、この場合の「ご無礼します」は「礼儀を欠いている」という「無礼」よりも少し軽いニュアンスになります。 このような使い方は、現在でも使用されている方言となります。 「ご無礼」の類語は「失敬」「無作法」「不躾」など 「ご無礼」の類語を簡単にいくつか紹介します。 「 失敬(しっけい)」・・・「 相手対して礼を失した振る舞いをすること」 ・ちょっと失敬!前を通らせてください。 ・何も持たずに人にの家に上がり込むなんて全く失敬なやつだね。 「 無作法(ぶさほう)」・・・「 礼儀作法にはずれること」 ・あなたの息子は無作法すぎるので、きちんと教育したほうがいいですよ ・あまりにも無作法な態度を取り続けるので、周りの人もあきれかえっていた 「 不躾(ぶしつけ)」・・・「 しつけができていないこと・無作法であること」 ・不躾な質問をしてしまったようで申し訳ございません。 ・こんなことを言うのは不躾ではありますが、契約期間を延長していただけませんでしょうか。 「ご無礼」以外のお詫びの言葉 相手に対して失礼なことをしてしまったときのお詫びの言葉は「ご無礼」以外にも多くあります。 いくつか頭に入れて、相手や状況によって使い分けるといいでしょう。 「 申し訳ございません」 ・・・「 相手にすまない気持ちで、弁解や言い訳のしようがない」 ・お返事が遅くなってしまい、大変申し訳ございません。 ・弊社の不注意でこのような事態を招いてしまい、申し訳ございません。 「 面目次第もございません」・・・「 まことに恥ずかしく人に合わせる顔がない」 ・この度は、ご迷惑をおかけしてしまい面目次第もございません ・恩を仇で返すかたちとなってしまい面目次第もございません 「 お詫び言葉もございません」・・・「 あまりの申し訳無さに言葉では表現できない」 ・弊社の確認不足が原因でご迷惑をおかけしていしまいお詫びの言葉もございません ・お客様のご要望にお応えすることができずお詫びの言葉もございません.

次の

「お許しください」に関連した英語例文の一覧と使い方

許し て ください 英語

ビジネスでは、メールでも口頭でも、しばしば、「確認」という言葉を使います。 記録などを参照してきちんと確認している印象のconfirm、要点をさっと確認するようなcheckの2つの定番表現、また、それらを使わない言い回しを使いこなして、さまざまな状況に対応できると良いですね。 本日は、ベルリッツ ビジネストレーニングコース(BBCS)のトレーナーが、実際にビジネスで使える16フレーズ(音声付き)+リアルなメール文例1点をご紹介します。 そんなときはconfirmやcheckを用いず次のように質問することで、適切な印象を与えることができます。 どうしてそうなったのか、 もう少し詳しくお伺いできますか? (直訳:どうしてそれが起こったのか、よりよい理解を得たいと思うのですが。 ) Please could you explain why that happened? どうしてそうなった のか説明していただけますか? Why do you think that happened? これらの表現はネイティブもよく使うので、覚えておくと、相手の温度、態度をつかむことができます。 ちょっと確認したいのですが、利益を見込めると言っているのですか? So you mean that we can expect to increase profits? それはつまり、利益を見込め るということでしょうか? You mentioned that we can expect to increase profits, is that correct? あなたがおっしゃったのは、利益が見込める、 という理解でよろしいでしょうか? 6.予約・アポイントの日時を「確認したいのですが」Could I confirm … A. Could I confirm the date and time of our appointment? 打ち合わせの日時を 確認してもよろしいでしょうか? B. 6月23日月曜日の10:30に予定していますね。 上の例文をベースに、たとえば、our appointmentをmy reservationにすると、「私の予約の日時を確認させてください」となります。 Could I confirm the date of my reservation? 私の予約している日にちを 確認させていただけますか? 使い勝手の良い表現なので、ぜひ覚えておきましょう! 8.原稿などの「最終確認をお願いします」final check 「添付内容の最終確認を依頼する」実際のメール文例を見てみましょう。 件名 New guidelines: final draft 新ガイドライン:最終原稿 本文 Dear All, Thank you very much for your kind messages about printing errors and other concerns with the new guidelines. Our team has carefully considered and fixed each of them. Please find attached the final draft of the guidelines. I believe we have corrected everything, but please do not hesitate to let us know if you find anything else. Kind regards, John 皆さま 新しいガイドラインに関して、誤植やその他の懸念点についての親切なメッセージをありがとうございます。 私たちのチームは、それら一つ一つについて注意深く検討し、修正を行ってまいりました。 添付の、新ガイドラインの最終原稿 をご確認ください。 皆さまに、 その最終確認を12日金曜日までに 完了していただければと思います。 私たちは全ての修正をしたつもりですが、もし何か他にお気づきのことがありましたら、ご遠慮なくお知らせください。 以上、よろしくお願いいたします。 Please could you check them? 先週のレポート内の数字が異常にみえるので、 確認していただけますか? * * * いかがでしたか? さまざまなフレーズを知って入れば、相手が使ったときにすぐ理解できますし、自分自身の表現の幅も増えます。 ぜひ、自分が使っているシーンを想定して10回音読してみてください。 そうすれば、いざ実践、というときにも声が出るはずです! 最後に、もう一度本日のフレーズを確認しましょう。 Please could you confirm that again?

次の

「お許しください」の意味と使い方・敬語・例文・類語と言い換え表現

許し て ください 英語

「お許しください」の意味と敬語 「お許しください」はへりくだって相手の許しを請う表現 「お許しください」は、何か過ちをおかしてしまった場合や、失敗をしてしまった、相手に迷惑をかけてしまったといった場面で、「ごめんなさい」と謝罪の気持ちを述べる場合に「許してください」とへりくだって相手の許しを請う表現です。 「許し」には「 願いを聞き入れること許可すること」「 罪・過失・無礼などをとがめないこと」を意味します。 主に、目上の人や取引先の相手など敬意をはらうべき相手に対して使用し、ビジネスシーンなどでも多く使われているフレーズです。 「お許しください」の敬語は、尊敬語+丁寧語 「お許しください」は、 「許す」という言葉に、尊敬を表す接頭語の「お」と「くれ」の丁寧語である「ください」をつけた言葉です。 したがって、尊敬を表す「お(ご)〜ください」という英語表現であるため、目上の人に対して使用することができます。 しかし、「ください」が元々「くれ」という命令形であるといったことから、強い口調に感じてしまう人もいます。 特にビジネスシーで目上の人や取引き先相手方へ謝罪をするには丁寧さにかけるとうのが一般的であるため、使用する場面や相手には注意が必要です。 「お許しください」の使い方と例文 本来打ち合わせや電話で伝えるべき内容をメールで伝える場合 ビジネスシーンでは時間が上手くとれないとき、本来時間を設けて打ち合わせをするべきところをメールで済ませたり、電話で直接伝えるべきことをメールで伝えるといった場面があります。 そういった場面で「 メールでのご連絡をお許しください」といったように、メールで済ませることを申し訳なく思う気持ちを伝えることで、相手に誠意をみせるとができます。 例文 「本来ならば直接お伺いするところですが、諸事情により電話での連絡となりましたことをお許しください」 「本来ならばお電話でお伝えすべきところですが、メールでのご連絡となりましたことをお許しください」 休日や夜分、多忙な時間帯にメールを送る場合 ビジネスシーンでは、休日や夜分、相手にとって多忙な時間帯にメール送ることは避けるというのが相手に連絡をとる上でのマナーです。 しかし、急を要する場合など連絡を入れなければならないといった場合に、「お許しください」と伝え、相手のことも考慮したうえで申し訳ないのですが連絡させてもらいましたという気持ちを言い表すことができます。 メールだけでなく、電話で連絡をとる場合にも使用することができるので、覚えておきましょう。 例文 「大変恐縮ですが、休日にメールを送る失礼をお許しください」 「お忙しい時間帯にご連絡する無礼をどうぞお許しください」 メールの誤送信があった場合 メールのご送信をしてしまった場合は、メールの宛先を間違えるという不手際に対して「お許しください」と謝罪の気持ちを述べます。 その場合は、送信してしまった日時と件名を伝え、不手際をお詫びするとともに誤って送ってしまったメールの破棄をお願いします。 また、メールで添付するはずのファイルを添付するのを忘れて送信してしまたといったミスに対するお詫びにも使用することができます。 メールでの対応にミスがあった場合は迅速に相手に失礼のないよう謝罪をするなど対応をし誠意をみせましょう。 大変恐縮ですが、上記のメールを開封せずに削除していただけますと幸いです。 こちらのミスでお手数をおかけしてしまうこと、どうかお許しください」 「先程お送りいたしましたメールにつきまして、資料を添付すると申したのにもかかわらず、添付せずに送信してしまいました。 あらためて、ファイルを添付し送信いたしますので先程のメールに関しましては削除していただけますと幸いです。 こちらの不手際でお手数をおかけしてしまうこと、どうかお許しください」 「お許しください」の使用上の注意点 こちらの不手際によるガチの謝罪では使えない 「お許しください」は、「許してください」と許しを請表現なので、 こちらの不手際により相手に対して失礼なことをしてしまった場合などガチの謝罪では使用することはできません。 自分の不手際に対して相手が不快な気持ちになっているのに対して「許してください」と許しを請うのは失礼です。 その場合は、許しを請うのではなく自分の非を認め「大変申し訳ございません」など「謝罪」の言葉を述べるのが常識です。 相手の怒りを鎮める場合も不適切 自分の不手際や失礼な行動により相手を怒らせてしまったという場合にも「お許しください」を使用するのは不適切です。 相手に怒りを鎮めるには「許してください」と許しを請うのではなく、「弁解の余地もございません」「面目もございません」といった謝罪の言葉を使用してお詫びをすることが必要です。 「お許しください」の類語 失礼いたします 「失礼いたします」は、 「失礼します」という言葉を「する」の謙譲語の「いたす」に丁寧語の「ます」をつけた言葉で、目上の人や取引先相手に敬意をしめす表現として使用することができます。 「失礼します」をさらに丁寧にしたものが「失礼いたします」です。 「失礼」は、 うっかり迷惑をかきたときに相手に謝る言葉で、相手にに迷惑をかけそうなときも前もって「失いたします」と述べることができます。 例文 ・まずは取り急ぎ、メールにてご報告失礼いたします。 ・突然失礼いたしますが、詳しく事情を教えていただきないでしょうか。 ご容赦ください 「ご容赦ください」の「容赦」は「 ようしゃ」と読みます。 「容赦」の意味は「 許す、大目に見る」です。 そのため、「ご容赦ください」は 「許してください」「大目に見てください」の尊敬語になります。 「ご容赦ください」は、尊敬語の「ご」+「許す」を意味する「容赦」+丁寧語の補助動詞「ください」が組み合わさってできた表現で、「自分の失敗や過失をどうか許してください」のように申し訳ない気持ちを表現できます。 また、こちらからお願いをする際にも「ご容赦ください」をつけることで、「このお願いをお許しください」「このお願いを受け入れてください」といった気持ちを伝えることもできます。 例文 ・乱筆乱文のほど、ご容赦ください。 ・この度は多大なるご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。 何卒ご容赦ください ご諒恕(りょうじょ)ください 「ご諒恕」は「 ごりょじょ」と読みます。 「諒恕」は「 事情を思いやってゆるすこと」を意味しています。 謝罪をする場面で使用する言葉で、「ご諒恕を請う」や、「ご諒恕を賜りたく」などと使います。 「ご諒恕」は「ご寛恕」と同じ意味で使用される言葉ですが、使用頻度は低いです。 例文 ・今回の一件については、何卒ご諒恕ください。 ご勘弁ください 「ご勘弁ください」は、過ちや間違いをしてしまったときに 「許してください」というニュアンスで使用される言葉です。 「勘弁(かんべん)」には、「 過ちや不都合を許すこと」という意味があり、尊敬を表す接頭語の「お」と「ください」という丁寧語を使用して目上の人に使用できる敬語表現にしています。 例文 ・度重なるご無礼をどうかご勘弁ください。 ・開封後の返品返金は致しかねますのでご勘弁ください。 ご寛恕(かんじょ)ください 「ご寛恕」は「ごかんじょ」と読みます。 「寛恕」の意味は、「度量広く、おもいやりの深いこと」「ひろい心でゆるすこと」で、「ご寛恕」は「 ひろい心で許してください」「 大目にみてください」という意味で使用されます。 「ご寛恕」には尊敬を表す接頭語「ご」が付いているので、相手の「広い心持ち」に対して使います。 つまり、相手からお許しをいただきたい場面である謝罪・お詫びのシーンで使うのが一般的です。 とても堅い表現なので、日常会話で使用することは極めて稀で、ビジネスシーンで使うのが普通です。 例文 ・今回の失態については、何卒ご寛恕くださいますようお願いいたします。 ご海容(かいよう)ください 「ご海容」は「 ごかいよう」と読みます。 「海容」は「 海のように広い寛容な心で、相手の過ちや無礼などを許すこと」を意味します。 「ご海容」は主に、手紙で用います。 「ご海容」は「ご寛恕」といった言葉とほとんど意味は一緒で、同じように使うことができます。 例文 ・ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありません、何卒ご海容よういただきますようお願い申し上げます。 ・今後はこのような過ちを起こさないよう、細心の注意を払っていく所存です。 どうかご海容ください。 ご宥恕(ゆうじょ)ください 「ご宥恕」は「 ごゆうじょ」と読みます。 「宥恕」の意味は、「 寛大な心で罪を許すこと。 許して咎めないこと」「 見逃してあげること」で、「被害者が加害者の行為を許容すること」という意味も含まれます。 「ご宥恕」は「ご宥恕賜りたく存じます」「ご宥恕いただきありがとうございます」などと、相手に 損害を与えてしまったときに使う言葉です。 例文 ・ご宥恕を賜りたく、連絡した所存です。 ・この度の過失をご宥恕いただきありがとうございます。

次の