彼岸 の 入り は いつ です か。 【2019年】お彼岸の墓参りはいつ行く(時間と日にち)?最適な服装とお供え物とお布施の金額についても

2020年お彼岸はいつ?3月春彼岸・秋彼岸の時期や供花、彼岸明けとは? [暮らしの歳時記] All About

彼岸 の 入り は いつ です か

【春のお彼岸】 春分の日が3月21日の場合 3月18日:彼岸入り(彼岸の入り) 3月21日:彼岸の中日(=春分の日) 3月24日:彼岸明け(彼岸の明け) 【秋のお彼岸】 秋分の日が9月23日の場合 9月20日:彼岸入り(彼岸の入り) 9月23日:彼岸の中日(=秋分の日) 9月26日:彼岸明け(彼岸の明け) お彼岸に入る日のことを『彼岸入り・彼岸の入り』と呼び、終わる日のことを『彼岸明け・彼岸の明け』と呼びます。 春分の日と秋分の日は、どちらも 国民の祝日です。 ちなみに、「国民の休日に関する法律」では春分の日、秋分の日を次のように決めています。 春分の日:自然をたたえ、生物をいつくしむ日• 秋分の日:先祖をうやまい、なくなった人をしのぶ日 秋分の日は、先祖の霊を供養する仏事(お墓参りなど)が行われる日ですが、古くから農事としての意味合いも込められてきました。 実りの秋の豊作を祝い、感謝を捧げ、田の神さまを祀る儀式が古くからこの頃に行われてきたのです。 農作業に従事していた日本人にとって、秋分は作物の収穫のポイントとなる大切な時期だったんですね。 スポンサードリンク 2020年の秋のお彼岸はいつからいつまで? 秋のお彼岸は、毎年、秋分の日を中日(ちょうど真ん中に当たる日)として、前後3日間を合わせた7日間です。 2020年の秋分の日は、9月22日 火。 9月22日 火 を中日にして、前後3日がお彼岸の期間なので、 2020年のお彼岸の期間は、9月19日 土 ~9月25日 金 となります。 暦上、祝日になっているほうが、行事としては都合がつきやすいからだと思われます。 秋分の日の決め方は? 「秋分の日」は毎年異なります。 秋分の日は祝日になっていますが、固定日ではありません。 なぜかというと、秋分の日は、天体観測から導き出される日付で、国立天文台が計算するものだからです。 国立天文台が計算したものを「暦要項(れきようこう)」といい、その年の2月1日に、この「暦要項」が官報に掲載されることで、翌年の秋分の日が正式に決められることになるのです。 ということは、たとえば2020年の1月31日の時点では、2020年の秋分の日は決まっていないというわけです。 秋分の日はなぜ変わるの? 秋分の日は、9月23日のことが多いですが9月22日になることもあります。 どうして日にちが変わるかというと、地球が太陽を一周する時間が、365日ちょうどではないからです。 天文学的に言うと、秋分の日というのは、地球から見た太陽の通り道(黄道)と、地球の赤道を天球上に延長したものが交わる瞬間(秋分点)が含まれた日のこと。 地球が太陽を一周するには、実際は、約365. 242日(365日と6時間弱)かかります。 そのため秋分点は、毎年、約6時間ずつ後ろにズレていくことになるんですね。 また、うるう年も関係します。 うるう年は1日増えるので、うるう年の年は秋分点が、 「前倒しの24時間-後ろ倒しの約6時間=約18時間の前倒し」 となります。 ただ前述のように、秋分の日は国が決めているので、秋分点を含めた日を秋分の日とする現行法が、法改正で変わることもあるかもです。 秋のお彼岸はいつからいつまで?2019年の期間をカレンダーで! まとめ お彼岸は春と秋、年に2回あります。 春のお彼岸(春彼岸)は「春分の日」で、秋のお彼岸(秋彼岸)は「秋分の日」です。 お彼岸の期間は、「春分の日」「秋分の日」を中日として前後3日間、計7日間となります。 秋のお彼岸は、秋分の日が9月23日の場合は、 9月20日:彼岸入り(彼岸の入り) 9月23日:彼岸の中日(=秋分の日) 9月26日:彼岸明け(彼岸の明け) 2020年の秋分の日は、9月22日 火。 9月22日 火 を中日にして、前後3日がお彼岸の期間なので、 2020年のお彼岸の期間は、9月19日 土 ~9月25日 金 となります。 秋のお彼岸には、多くの人がお墓参りに出かけます。 普段はなかなかお墓参りの機会を作れなくても、秋のお彼岸は気候がいいので、ゆっくりとお手入れやお掃除もできるからかもしれませんね。 お参りの都合がつかなくても、秋のお彼岸には故人やご先祖さまに感謝して、穏やかに過ごしたいものです。 ・ ・ ・ ・.

次の

2020年のお彼岸の入りはいつから?春(3月)と秋(9月)の日にちや期間は?

彼岸 の 入り は いつ です か

スポンサーリンク 墓掃除はいつするの?お盆・お彼岸・年末? 私の住む地域では お盆の3日間 お墓の周りに組んだ提灯立てに 提灯を吊しロウソクを灯して ロウソクの火が消える頃まで 家族一緒に墓で祖先を偲びます。 その間に線香を片手に 親戚や知り合いの墓をまわり 線香をあげさせてもらい 故人の思い出話に花を咲かせたり 普段なかなか会えない人や 帰省してきた懐かしい人と 談笑を楽しんだりと お盆の間はお墓が社交の場になることから お盆前の墓掃除には自然と力が入ります。 墓掃除はお盆前の恒例行事と なっていますが… ご先祖様に感謝の気持ちを伝え 子孫繁栄を願う意味も込めて行う墓掃除 どれくらいの頻度で行うものなのでしょうか? 墓が近い人は月に一度する人もいますし 墓が遠方にある場合は 帰省を兼ねて 年に一度という方もいらっしゃいます。 年に何回しなければいけないという 決まりがあるわけではありません。 またいつしなければいけないという こともないんです。 一般的に墓掃除は ・お盆 8月13日~16日または7月13日~16日 ・春 のお彼岸 春分の日を中日として7日間 ・秋のお彼岸 秋分の日を中日として7日間 ・年末 の他にも ・命日の日 などにもする方が多いようです。 どうして自分で墓掃除にいけない方は 墓掃除代行などを お願いするかてもいますね。 いずれにしても お盆に入る前 お彼岸になる前 など 親戚や故人と親しかった方が ・墓参りに来てくださる時 ・お参りに来てくださる前 に墓を綺麗にしておきたいですよね。 ・お盆前 ・春と秋のお彼岸 ・年末 前には墓を綺麗に掃除できることが 望ましいですね。 墓掃除をする時間帯は ご先祖様を何よりも大切にする 最優先していますよ という意味も込めて できれば 午前中に 済ませてしまえるようにしましょう。 墓掃除に必要なもの 墓掃除に必要なものを見ていきましょう。 スポンジ・たわし スポンジやたわしは 墓を水洗いする時に使います。 タオルを濡らして使っても大丈夫です。 金属製のものは 墓石を傷つけてしまうので 使わないようにします。 洗剤 墓石の汚れや水垢がひどい時は 洗剤を使います。 その場合は中性洗剤を使うようにします。 最近は墓石専用の 洗剤も販売されていますね。 タオル 水洗いして濡れた濡れた墓を 拭き上げるときに使います。 また墓を洗う時の スポンジ代わりにも使えますので 多めに用意しておきましょう。 バケツ 墓を洗ったスポンジや 洗った後の墓の水分を 拭き上げたタオルを洗うのに使います。 墓の敷地と水道があるところまで 距離がある場合は必須になりますね。 歯ブラシ・割りばし 歯ブラシは スポンジやたわしで洗いにくい 墓石の文字の部分やくぼみ 石のつなぎ目の 水垢やコケを洗うのに便利です。 割りばしの先にタオルを二重にかぶせて 同じように使うのも便利です。 コップ洗い用のスポンジやたわし 花筒の深いところの水垢などには コップ洗い用のスポンジやたわしを使うと 簡単に洗うことができます。 デッキブラシ 墓の敷地の床面を洗うのに便利です。 床面のコンクリートや石畳などの面積が 広い場合は特に便利です。 ホウキと塵取り 墓周りのごみを掃除するのには 必要ですね。 スコップ・鎌・剪定鋏み 雑草が多く生えている場合は スコップや鎌があると 雑草を処分する時間が 短縮できますね。 植木がある場合は 剪定鋏みで整えます。 軍手 墓の敷地の中の草をむしったり 釜で処理する時などには 軍手があると 手が汚れませんし ケガの防止にもなります。 ゴミ袋 墓掃除で出たゴミや取った草 以前に飾っていた造花などを 入れるのに使います。 虫よけスプレー 墓には蚊やアブなどの虫が 多くいますよね。 虫よけスプレーがあると 虫を気にせずに墓掃除ができますね。 敷地の中を綺麗にする ゴミや枯れ葉など 敷地の中に落ちているものは 集めてゴミ袋に入れます。 生えている雑草などは 根元から引き抜きます。 ひどいものは鎌やスコップを使って しっかり除去していきます。 玉砂利が汚れている時は ざるに取り水洗いして汚れを落とします。 敷地のコンクリートや石畳の部分は デッキブラシで洗い上げていきます。 墓石を洗う 墓石に苔などがついている場合は 丁寧に取り除き スポンジやタオルなどを使って 上から水洗いしていきます。 汚れや水垢がしつこいような時は 洗剤を使っても大丈夫です。 花筒・線香立てなどを洗う 花筒はコップ洗い用の たわしかスポンジで洗います。 奥のほうに水垢がたまっているので 奥のほうまでしっかり洗うようにします。 線香立ては 線香の燃え残りを綺麗に取り除き 線香を立てやすいようにほぐします 4. 洗い終わったら乾いたタオルで拭き上げる きれいに水で洗い流したつもりでも 汚れが残っていることがあります。 乾いたタオルで きれいに拭き上げて仕上げます。 濡れたままにしておくと 苔が生えたりゴミが付きやすくなる 原因になってしまいます。 スポンサーリンク 墓掃除に気をつけるべきマナーは? 墓掃除をする際には 気をつけるなければいけない マナーがあります。 そのマナーとは… ・墓掃除前後には墓に手を合わせる 墓掃除掃除をする前には 墓に手を合わせて合掌して 「これからお墓を掃除させていただきます。 」 という気持ちをご先祖様に伝えます。 墓掃除が終了後にも 「お墓掃除を終わらせていただきました。 」 とお伝えします。 ・墓石は大切に洗う 汚れがひどいからと 強力な洗剤を使ったり 金属ののたわしで洗ったりなど 墓石が傷むような洗い方は しないようにします。 基本的には水だけを使用し 柔らかかいスポンジなどで洗います。 素人では落とせないような汚れなどは 専門の業者に相談しましょう。 ・墓石には乗らない 墓石を洗う際には 墓石の台の上に履物を脱いで 乗るのは大丈夫ですが どうしても墓石に乗らないと洗えない という場合を除いて 墓石の上には乗らないようにします。 ・隣の墓に迷惑をかけない 集めたゴミが風で隣の墓に飛んだ 墓を洗っていた水が隣の墓に飛んだ など 墓掃除中に隣の墓に 迷惑が掛からないようにします。 ・ゴミは必ず持ち帰る 墓掃除ででたゴミや 枯れ葉や草などは ゴミ袋に入れて 必ず持ち帰るようにします。 これらの気をつけるべきマナーを しっかり守って 墓掃除をするようにしてくださいね。 墓掃除はいつするの?お盆・お彼岸・年末? やり方やマナーも紹介! まとめ いかがでしたでしょうか? この記事 ・墓掃除はいつするの?お盆・お彼岸・年末? ・墓掃除の必要な持ち物ややり方は? ・墓掃除に気をつけるべきマナーは? はあなたのお役に立てたでしょうか? 墓掃除って ご先祖様の住む家の 掃除のようなものですよね。 私達も汚れた家に住むより 庭には緑があって リビングには新鮮な花が飾られていて そんな清潔で綺麗な家に住みたいですよね。 それはきっとご先祖様も一緒です。 ご先祖様を偲び感謝の気持ちを持って しっかりと墓掃除をしたいですね。

次の

2020年・令和2年のお彼岸はいつからいつまで?春のお彼岸・秋のお彼岸

彼岸 の 入り は いつ です か

春彼岸の中日は春分の日、秋彼岸の中日は秋分の日です。 お彼岸の期間は合計 7 日間であり、春分の日と秋分の日を含めた前後 3 日間を指します。 春分の日と秋分の日は、それぞれ国立天文台が発表する その年の「暦要項」によって定められており、毎年同じ日とは限りません。 春分の日は 3 月 20 日頃、秋分の日は 9 月 23 日頃になります。 今年はどの日が該当するのか把握しておくことが肝心です。 ちなみに 2017 年は、以下の通りです。 春彼岸 彼岸入り: 3 月 17 日 お中日 : 3 月 20 日(春分の日) 彼岸明け: 3 月 23 日 秋彼岸 彼岸入り: 9 月 20 日 お中日 : 9 月 23 日(秋分の日) 彼岸明け: 9 月 26 日 彼岸の入り と彼岸明け を把握したら春と秋のそれぞれの特徴を知ろう! 同じお彼岸の中日でも春分の日と秋分の日では意味が違います。 春分の日は「 自然をたたえ、生物をいつくしむ」という意味があり 秋分の日には「 祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」という意味があります。 自然に感謝する価値観と、先祖崇拝の考え方が反映されていると言えるでしょう。 ちなみに、お彼岸は日本独特の文化であり、仏教国で同じような習慣がある国はありません。 春分の日と秋分の日の意味は違いますが、基本的に行うことは同じです。 仏壇や仏具、お墓を丁寧に清掃し、お墓参りにいきます。 彼岸は、仏教用語で「到彼岸」の略です。 サンスクリット語の「パラミータ」すなわち「波羅密多」に由来すると考えられています。 これは、煩悩や迷いに満ちがこの世である此岸にいる者が、「六波羅蜜」の修行を通して 悟りが開けたあちらの世界である彼岸に到達するができるというものです。 春分と秋分 では、昼の時間と夜の時間がほぼ同じであり、太陽が真東から昇り真西に沈みます。 このことから、彼岸に通じやすくなると考えられてきたことが、この時期にお彼岸がある理由です。 彼岸に通じやすいということは、故人と通じやすくなると古代の日本人は考えました。 そして、現在のお彼岸のようにお墓参りをする風習ができたと言われています。 お彼岸を広めたのは聖徳太子ではないかという説があります。 「今昔物語」の中にある「聖徳太子、天王寺を建てる語」に 現在のお彼岸に通じるような逸話が残されているのです。 現在残っている文献の中で、彼岸という言葉が初めて登場するのは 平安時代中期の「宇津保物語」や「蜻蛉日記」からです。 もしかすると今日とは呼び方が違うのかもしれませんが、仏教を広めた聖徳太子が お彼岸という慣習を日本に広めたと考えても不思議はないでしょう。 日本には数々の独自の文化がありますが、お彼岸もその一つです。 飛鳥時代の聖徳太子の頃からの風習が今も残っていることには不思議な気持ちが湧き上がりますね。 彼岸の入り と彼岸明け で具体的に行うこととは? 彼岸の入りには、まず仏壇や仏具を清掃します。 そしてお供え物のおはぎ(春はぼたもち、秋はおはぎと言う)を用意し お墓に飾る花も揃えます。 さらにお彼岸期間中にお墓参りに赴き、お墓を念入りに綺麗にして お墓に手を合わせるということが基本的な事項です。 ところで、仏壇や仏具はどのように清掃していますか? 意外と、どのように行えばよいかわからないという方は多いです。 ここでは基本的なやり方をご紹介します。 まず、 仏壇を掃除する日は天気の良い日を選ぶことが大切です。 雨の日に掃除をするとカビの原因になる可能性が高いですので、晴れた日を選びましょう。 そしてご本尊様とご先祖様に「本日仏壇をお掃除させていただきます」とお断りをします。 お坊さんなどを呼ぶ必要はありませんが、仏様を祀る台であるお仏壇から出して 掃除をさせていただくので、お線香をあげて手を合わせましょう。 いよいよ掃除開始のその前に、 写真を 1 枚撮っておくことをオススメします。 配置がわからなくなってしまうことが多いからです。 現代はスマホやデジカメがありますので、最後に戻す時の参考にする為に写真用意しておきます。 もちろん紙などに配置を書いておく方法でも問題ありません。 仏壇を清掃する段階では、最初に仏具を全て取り出します。 そして、上から下にホコリを落とすようにハタキなどを使って掃除をしていきましょう。 基本的に、仏壇掃除に水拭きは厳禁です。 仏壇掃除用の筆や破れたストッキングなどを活用してホコリを払っていきます。 細かい細工の部分は綿棒を使用すると綺麗になりやすいです。 金仏壇の場合は、 金色の部分に絶対に触れてはいけません。 これは破損などの原因になります。 もし壊してしまうと多額の修繕費が必要になってきますので 清掃の際には細心の注意を払うことをオススメします。 清掃していると、仏壇が細かい職人技を駆使して作られていることがよくわかります。 日頃の感謝の意味も込めて入念に掃除してあげると良いでしょう。 掃除が終了したら、仏具を元の位置に戻し、再び線香をあげて新しいお花を飾り ご本尊とご先祖様に「掃除が終わりました」と報告をします。 ピカピカに清掃したことがわかれば、きっと喜んでくれることでしょう。 やってみるとわかりますが、仏壇の掃除は結構大掛かりです。 1 日で済ませようと思わず、できるところから少しづつ行っていくことをオススメします。 また、忙しくて業者に頼みたいという場合は、一般的な清掃業者ではなく 仏壇仏具店に相談すると良いでしょう。 一般的な清掃サービスでは仏壇は範囲外であることが多いです。 仏壇仏具店は仏壇のプロですので、清掃を請け負っている場合が多いと言えます。 お近くのお店に相談してみてはいかがでしょうか。 お墓参りはお彼岸期間中のいつ行って構いません。 午前中に行く人が多いとされています。 ま た回数の上限があるわけではありませんが、基本的には 1 回だけ行くようにすることが一般的です。 彼岸の入り前に行いたいお墓の清掃方法!彼岸明けにもお墓参りは OK ? お彼岸期間中にはお墓参りに行きますが、 できればお彼岸入りの前にお墓の清掃を 済ませておくことがオススメです。 縁がある人がお墓を訪れた際に気持ちよくお墓参りを行うことができます。 お墓を清掃する時は墓石の種類に気をつけましょう。 物によって避けたほうがよい洗剤などがあります。 また、タワシなどでゴシゴシ擦るやり方は、墓石を痛めてしまうのでオススメできません。 基本的には水だけで洗うように意識しましょう。 最近では水だけで十分綺麗になるスポンジなどが販売されていますので、活用することを推奨します。 細かい場所には歯ブラシを活用することもオススメです。 基本的には墓石を中心に水、スポンジ、刷毛などを使って綺麗に洗った後、タオルで拭きます。 敷地全体を綺麗にすることもポイントです。 草取り以外に ザルですくって玉砂利も洗うようにしましょう。 見違えるほど綺麗になります。 お彼岸期間中が忙しく、どうしてもお墓参りに行けなかったという方もいるでしょう。 その場合は、お彼岸明けなどの行ける日にお墓参りする方法でも問題ありません。 大切なのは形式よりも気持ちです。 お彼岸期間中に行けなくても、先祖を思い出すなど自分の出来る範囲で行えることをしましょう。 また、お彼岸にこだわらなくても、お墓参りは 1 年中いつ行っても良いとされています。 焦らず、仕事が休みの日などに行くようにするだけで大丈夫です。 最近ではお墓参り代行サービスというものも登場しています。 これは遠方であったりご高齢でお墓に行けない人が、代わりにお墓参りをしてもらうサービスです。 どうしても行けない時などに利用することも有効なのかもしれません。 大切なお墓のことですので、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。 最新のお墓事情における彼岸の入り や彼岸明け について 日本人はお墓参りに行くのが好きな民族です。 お彼岸やお盆、命日など何かというとお墓に出かけ故人やご先祖様に手を合わせます。 ところが、少子高齢化が進んだ現代では、遺された人たちの負担になりたくないと あえてお墓を作らないという選択をする人も一定数存在し始めています。 お墓を作らない場合は、散骨やゼロ葬などの埋葬方法を選びます。 散骨は文字通り許可をとって骨を撒く方法、ゼロ葬は火葬した遺骨を引き取らず その時点で終わりにする方法です。 後者のゼロ葬に関しては、新しい考え方であることもあり、細かい点で様々な方法が新しく誕生しています。 どちらもお墓を作らないという特徴があります。 お墓がないので、当然お墓参りをする必要はありません。 お仏壇もないので彼岸の入り や彼岸明け に特別に何かする必要はなくなります。 故人の希望であり、自然に還る方法を選んだり、あえて墓守することがないように 配慮する考え方は賛否両論ありますが、受け入れられている傾向があると言えるでしょう。 ただ、いざという時に手を合わせる場所がないという事実に戸惑いを覚える人もいるようです。 もしかしたら今後は主流になるかもしれませんが、よく考えて選択する必要がある考え方なのかもしれません。 まとめ 日本独特の行事であるお彼岸も、時代とともに変化を見せてきています。 古く飛鳥時代から続いている風習を残していく気持ちも大切なのかもしれません。 形式ではなく、気持ちを継いでいきたいですね。 次世代に伝える為にも、お彼岸について学んでおくことが重要と言えるでしょう。

次の