テン開発 コロナ感染。 山中伸弥教授の5つの新型コロナウイルス対策がわかりやすい

テン開発とコロナウイルス感染拡大疑い

テン開発 コロナ感染

新型コロナウイルス対策 iPS細胞の発見でノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥教授の「新型コロナウイルス対策として政府に求める5つの提言」が良い感じなのでシェアします。 1大都市での厳格な移動制限 ・制限を続けても第1波の収束に3カ月かかると予想 ・非必須の経済活動停止 ・厳密な自宅待機、一斉休校など 2感染者の症状に応じた受入れ体制の整備 ・無症状・軽症状者専用の仮設病棟をホテル等に設置 ・ストレスの軽減や無症状者の自治的活動などに活用 ・急激な重症化に備えて医師は常駐 ・重症者・重篤者用の感染病床の増床、人工呼吸器の増産 ・医療従事者の過重労働の軽減 3徹底的な検査 ・現在の限定的なPCR検査を状態では、無症状感染者からほかの人への2次感染のリスクが高い ・無症状や軽症の感染者の急増による医療崩壊は、提言2が実行された場合は回避できる 4国民への協力要請と適切な補償 ・自粛期間はワクチンや治療薬が供給されるまでの長期戦になる ・経済活動停止・休業等への補償、給与や雇用の保証をする 5ワクチンと治療薬の開発に集中投資 ・他国で開発されたものは供給が遅れたり高額になる可能性がある ・アビガン等の既存薬は副作用の懸念がある 仮設病棟の拡充と自治活動で医療負担を下げる 法的な問題があり、日本ではアメリカやヨーロッパのような強権的な処置は取れないので、ほとんど国民の善意頼みになるかと思います。 そこで生活の保証を最初にすることで非必須の経済活動を適切に停止し、また無症状・軽症状のボランティアを募ることもできるかと思います。 場合によっては、仮設病棟はお泊りみたいで楽しいかもしれません。 ジムも使えるので免疫力が上がって回復も早まるでしょう。 オンライン事業・教育の支援で経済活動を止めさせない 個人的にはオンライン事業・教育の拡充をして、なるべく経済活動を停止させない努力もすると良いと思いますね。 医療崩壊を食い止められるかが重要 とにかくめちゃくちゃお金が吹っ飛びますが、今は感染を遅くして医療崩壊を食い止めることが先決でしょう。 現在の医療現場がどのような状態なのかはよくわからないので、どこまで負担できるのかは未知数ですが。 不況でホテルなどの場所やドライバーも確保できるので、集中している患者を分散して医療従事者の負担もまずは軽減できるようになるかと思います。 また地方自治体が状況に合わせてそれぞれ適切に対応できるように支援もすると効果が大きくなると思います。 今回のような未曾有の状況になったときには、やはり法と政治の問題が重要になりますね。 個人的にはお金を給付するよりも不動産や電力会社等にお金を配って一定額のお金を国民に請求しないというのはどうかなと思いましたが、お金を配る方がおそらく簡単ですね。

次の

阪大が三つのワクチン開発を手がける理由 新型コロナ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

テン開発 コロナ感染

中国の巨大ゲーム企業Tencent Gamesは、オンラインイベントを開催し、40本にも及ぶ新作ゲームを発表した。 新作の中には、日本のゲームの権利を取得して開発されるものも多数含まれている。 また、少し変わり種として、イラスト・デザイン制作会社のジョイネットのキャラクター七瀬くるみを主役にした 『胡桃日记』(くるみ日記)も開発中だ。 (画像はTencent Games公式サイトより) (画像はTencent Games公式サイトより) この発表でTencentのシニア・バイスプレジデントのスティーヴン・マー氏は、ゲームは単なる娯楽や産業というだけでなく、人々の社会的、文化的、精神的な交わりの場であり、世界にある問題を解決する手段にすらなり得るかもしれないと語った。 Tencent Gamesの作品は今後、「テクノロジー、ゲームプレイ、ストーリー」を中心に、ゲームの進化の可能性を探っていくという。 新しいブランドコンセプトは 「Spark More! 100を超える国内外のゲームメーカーやスタジオと手を結び、世界中のプレイヤーに住む地域やプレイするプラットフォームを越えたゲーム体験を届けたいとしている。 また、主要な大学と提携し、ゲーム産業のための「制作、教育、研究」システムを構築する計画を発表。 ゲームに対する研究や才能を持った人材の発掘や育成を行い、よりよいゲームを作り出す計画だ。 マー氏は新型コロナウイルスの感染拡大へのゲームの貢献についても語った。 その中には 『リングフィットアドベンチャー』でプレイヤーたちがお互いに励まし合ったり、ゲーミフィケーションを利用したコロナウイルス解析プログラム『Foldit』について触れている。 (画像はTencent Games公式サイトより) Tencentは中国国外に積極的にマーケットを拡大しており、日本でも最近プラチナゲームズやマーベラスへの資金提供や業務提携を行っていることが伝えられている。 先日は株式会社ポケモンとTencent Games傘下のゲームスタジオTimi Studiosが共同開発するMOBAゲーム 『ポケモンユナイト』が 発表されたことも記憶に新しい。 日本のビデオゲームフランチャイズやゲームスタジオとの提携も、Tencentの「Spark More! 」構想に沿った計画のひとつのようだ。 新型コロナウイルスの感染拡大により、ビデオゲームの存在感は今まで以上に高まっている。 世界最大のゲーム企業と呼ばれるTencentだが、今後はさらにその名前をさまざまな場所で見かけることになるだろう。 ライター/古嶋 誉幸.

次の

阪大が三つのワクチン開発を手がける理由 新型コロナ [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

テン開発 コロナ感染

2月4日、新型コロナウイルスの影響は限定的な範囲にとどまるとの見方が浮上する中、中国や香港市場に上場する企業の株式は値を上げた。 中国の株価インデックスCSI 300は4日に2. 感染拡大と死者数の増加により、上海と深センの株式市場は3日に急落したが、4日には反発に転じた。 国際線の航空機や船舶が運行停止に陥った中、数千万人もの中国の人々が事実上、国内に閉じ込められ、中国政府は拡大を防ごうと躍起になっている。 4日の株価の反発の背景には、その前日に米国市場に上場する中国のインターネット大手の株価が上昇したことがあげられる。 中でもバイドゥとJD. comがそれぞれ、5. 投資家らは新型肺炎の感染拡大を受けて、人々のオンライン消費が高まると考えて、インターネット企業の株式を購入した。 一方で、消費者が外出を控えたことにより、小売店舗やレストラン事業は甚大なダメージを受けている。 中国の外食大手「国際天食集団(Tansh Global Food Group)」は、中国本土の全店舗を閉鎖すると発表した。 東京やアジア各地に店舗を構える火鍋レストランの「海底撈(ハイディーラオ)」も、無期限の営業停止に踏み切ると宣言した。 スターバックスやマクドナルドも、一部の中国の店舗を休業させると発表した。 その一方で、中国のインターネット関連企業はいずれも株価を上昇させている。 4日の香港株式市場では、テンセントが3. 中国政府による資金注入によって株価を上昇させた銀行もあった。 中国建設銀行の株価は、上海市場で3%以上の値上がりとなった。

次の