デバイス に 重要 な セキュリティ プログラム と 品質 修正 プログラム が ありません 1909。 Windows Update「デバイスに重要なセキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません」エラー対処の記録

Windows Update「デバイスに重要なセキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません」エラー対処の記録

デバイス に 重要 な セキュリティ プログラム と 品質 修正 プログラム が ありません 1909

2019年が2020年にかわる頃、私はパソコントラブルにあっていた パソコンが 「デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません」とか言ってくるのよ ネットで調べた対処法をいくつか試してみたんだけど、全然ダメで・・・丸1日くらい、この問題に煩わされてたと思う! なんとか解決できたから、記録を残しておこうと思うんだけど、最初に言っておく 結論:まずはメーカーアップデートを試すべき! 検索で出てきた順番に試してたら、メーカーアップデートは後のほうになったんだけど、真っ先に試したほうがいいと思う Windowsがアップデートしようとしても、パソコン側の受け入れ態勢が整っていないとアップデートできないみたい メーカーアップデートっていうのは、使ってるパソコンメーカーのアップデートね 私はLenoboだから、Lenovo Vantage を開いて「システムアップデート」 私の場合は、重要な更新が6個あった。 それを更新したら、Windowsの更新もできた あっ! めちゃくちゃ時間かかるから、気長にね! 「これ、パソコン動いてないんじゃない?」と思っても、 少なくても30分、パソコンがショボくて時間かかってるなら1時間くらいは待ったほうがいいかな ここからは、トラブルに気付いた時から解決までを時系列で書いてるよ。 トラブル発生:パソコンが重い! 最初に問題に気付いたのは、2019年12月30日だったと思う。 パソコンが急に重くなって「頑張ってます!」感を出してくる。 「長く使いすぎたかな?そろそろ休ませるか…」とパソコンをシャットダウンして放置。 次に立ち上げる時には、問題なくなるだろうと思っていた ところが、翌12月31日、またパソコンが頑張ってる感を出してきた 「いったい、何なのよ?!」と原因を探し始めたら、右下のアイコン出るところに見慣れぬアイコンを発見 アイコンをクリックしてみたら・・・ 『デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません』とか言われた 調べてみたら、そこそこよくあるトラブルらしい。 」に「いいえ」と答えて、必要な更新プログラムを自分でインストールするという方法…らしい 「自分のパソコンにあったプログラムがどれかわからない…」と思いつつ、更新の画面やパソコン情報を見てたら「Windows 10 1803」って書いてから、1803の最新版をインストールしてみる事にした(パソコンが64ビットだから64ビット版) ちなみに、本当の最新版は1903なんだけど、1803の最新版を入れることで、自動的に1903にアップデートされる…という話だったの しかし、該当のプログラムを実行しても、ずっと「検索してます…」と言っている 「検索?インストールしてよ!!」とか思いつつ、しばらく待つも、いつまでも「検索してます…」とか言っている せっかちな私は、インストールをキャンセルして、この方法は諦めることにした。 きちんとキャンセルしたのか?強引に終了したのか?記憶曖昧。 …再起動で直るといいな~って思って。 …治ってなかったけどね 笑 【対処法3】システムの復元 「こういう時は、あれだ。 」と思いつつ、パソコンは普通に動くので、しばらく気にせず使ってみた 「全然問題ないね。 このままで大丈夫なんじゃ…?」と思ったけど、『更新とセキュリティ』を確認してみると、やっぱり「デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません」とか言っている でも、「使えてるし、いいか」と、この日は寝た。 翌日 2020年1月1日 も、問題なく使えてた。 「これも失敗したのか?」「でも、さすがにパソコンの電源切ったりするのはダメだよね…余計に壊れちゃう」と思って待つ しかし、せっかちな私。 待ちきれなくて、とりあえずLenovo Vantageを終了してみた(パソコンを終了するわけじゃないから、これくらい良いだろうと思ってw) すると、Lenovo Vantageの画面が変わっていて、インストール履歴が見れた 「重要なアップデートが6個あったはずなのに、5個しかインストールに成功してないぞ??」「残りの1個が上手くいかなくて止まってるの?」とか思って、何かを調べて試そうとしてた そしたら、急にパソコンが再起動しはじめた ちなみに、インストール後 再起動するのは正しい手順だ。 やっぱり5個しかインストールに成功してない。 やっぱりインストールに成功したのは5個のままだけど、なんか上手くいってるっぽいので良しとする。 スクショを保存した時間は14:08 ちなみに、ダウンロード&インストール中は、その他の作業をしてても大丈夫。 だから、別に時間がかかっても平気…といえば平気 でも、更新プログラムの構成をしてる1時間はパソコン使えないからさ。 「早く終わってよ!」って思っちゃうね はじめから「50分かかる」ってわかってれば、どうって事ないんだけど、「まだ終わらないのか?」「ちゃんと上手くいくのか?」と思いながらの50分はしんどい。 1番の目的はヒップアップ!綺麗にあがるかな~?絶賛お試し中~ カテゴリー•

次の

Windows 10の新バージョン「1909」はアップグレードが簡単? 実際にやってみた 連載:山市良のマイクロソフトEYE|ビジネス+IT

デバイス に 重要 な セキュリティ プログラム と 品質 修正 プログラム が ありません 1909

WindowsUpdateが実行されていない 最初にも書きましたが、WindowsUpdateで更新プログラムをダウンロードしてインストールするというのは、プログラムの脆弱性やバグを修正することで安全快適にパソコンを使用するためには必要不可欠なものです。 また基本的にWindowsUpdateは自動で行われており、再起動を促されたときに 「重要な更新プログラムのインストールが行われているんだな」 と気付く方がほとんどです。 WindowsUpdateの画面を出した時に 「 デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません」 と赤文字で表記されていると、なんだかこのパソコンはすごく悪い状態になっているのだろうかと思ってしまいますよね。 これ実はあるプログラムの更新がなされていないために、新たな更新プログラムがインストールできない状態になっているのです。 SSU(Service Stack Update program) SSU(Service Stack Update program ・ サービス スタック更新プログラム)とは、かんたんに言えば更新プログラムをインストールするためのプログラム。 要はこのSSUというプログラムがなければ更新プログラムをインストールできない だから デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません と表示されるわけですね。 SSUはどこにある? SSUはこちらのというページにまとめてあります。 こちらの一覧からお使いのパソコンに合ったSSUを選択します。 たとえばお使いのパソコンはWindows10でバージョンが1903、64ビットのオペレーティングシステムならば Windows 10 Version 1903 for x64-based Systemsの欄のServicing Stack Updateをクリックします。 MicrosoftUpdate カタログに飛びますので、そこでx64 ベース システム用 Windows 10 Version 1903 サービス スタック更新プログラムをダウンロードします。 注)同じページに1903と1909といった具合に違うバージョンがありますし、x64とx86、serverといった別のSSUも一緒に記載されていますので注意してください。 これは64ビットのOSに対応しているCPUを積んでいるけど、実際に使われているOSは32ビットですよ、ってことを表しています。 MicrosoftUpdate カタログに飛ぶと32ビットという文字は出てきません。 32ビットのSSUは x86と記載されていますので間違わずに選んでください。 SSUのインストール SSUのダウンロードができればクリックしてインストールするわけですが、数時間かかってもインストールが完了せずにエラーとなった!ということにならないようにするために インターネットとの接続を切ってください。 ケーブルを使ってインターネットとつながっている場合はそのケーブルを抜く Wi-Fiの場合は機内モードにすればOKです。 更新プログラムをインストールする時はインターネットとの接続を切ることによって、さまざまなやり取りを排除することができるためにエラーが起きにくくなるとともに、更新プログラムのインストール完了までの時間が大幅に短くなります。 今までに何度も数時間経過後にエラーが出てインストールのやり直しを経験してきました。。。 SSUのインストールが完了すれば、WindowsUpdate画面からあの真っ赤な 「 デバイスに重要なセキュリティプログラムと品質修正プログラムがありません」 が消えているハズですよ。

次の

WindowsUpdateができない!失敗する!はSSUがないから?

デバイス に 重要 な セキュリティ プログラム と 品質 修正 プログラム が ありません 1909

数日前の事ですが、2年以上使っていなかったWindows10のPCを復活させる事になりました。 ちなみにこの2年以上はネットすら接続しておらず、OSのバージョン自体もかなり古い状態でした。 この時のバージョンは1803でした。 まずは最新のバージョンにアップデートすべき、Windows Updateへ。 開いた瞬間、出てきたのが デバイスに重要なセキュリティ修正プログラムと品質修正プログラムがありません という表示でした。 そしてここから先が全く進まなくなりました。 これは困ったなぁと思い、いろいろ調べたら一度こちらのページに行けば良いのではという記述がありました。 ここからダウンロードを行い、一連の動作が終わった後にWindows Updateへ行くとこの表示が無くなり、かなりの量の更新プログラムが表示されてしまいました。 そこからはチマチマとアップデートを行いました。 時には更新アシスタントも複数回使いました。 そして約1日かかって最新のバージョン、2004にアップデート出来ました。 恐らく、同じ事をもう1回やってくれと言われても正確に再現できるかは難しいと思います。 それだけ行き当たりばったりだったと思います。 とにかく、この「〜ありません」表示が出たらこうやって回避したという一つの方法として見てきただければと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の