夕飯 思いつかない。 ”映え”なんて気にしない!地味弁がジワジワきてるんです

夕飯のメニューが思いつかない…1週間の献立を考えて買い物リスト作るか…

夕飯 思いつかない

青木が気に入った「AJINOMOTO PARK」のポイントは、いつもの食卓に取り入れやすい、身近ながら新しいアイデアがあるところ。 それが生まれる背景をたずねて、今回は運営を担当する女性社員2人にお話を聞きました。 レシピや献立を企画する彼女たちは、管理栄養士などの資格を持つ人も多いそう。 プライベートではわたしたちと同じように、家庭や仕事をもちながら料理と向き合っているからこそ、提案する内容には切実な想いが込められていました。 三宅さん: 「おいしさや栄養バランスはもちろん大事です。 でも、食材の買い物すらおっくうな平日には、冷蔵庫にあるものだけで作れたり、少しだけ余裕のある休日はちょっと楽しいメニューにしたりと、その日作りたいと思えるレシピの提案も大事にしています。 モチベーションって日々変わるもの。 朝晩の食事に加え、お弁当や夜食作りと料理をする機会が多い中で、悩んだ経験があったといいます。 「AJINOMOTO PARK」を知ってから、作りたい料理が増えたと青木は言います。 青木: 「いろんなレシピを眺めていたら、作ってみたい、これはどんな味なんだろう?と純粋にワクワクしてきました。 いままで、これでいいのかなと献立に不安を感じる部分があったんです。 でも、サイトを見ていたら自分なりでもいいんだと思えて。 料理に対する気持ちが少し楽になったのかもしれません」 毎日の献立に、正解はありません。 だからこそ頭を悩ませ、時に料理に疲れてしまうことだってあります。 そんな時、献立やレシピのアイデアが、少しでも「作ってみたい」と思う気持ちや、力を抜くきっかけになれたなら。 「AJINOMOTO PARK」がくれるのは、献立のヒントだけじゃない、そんな料理へのモチベーションなのかもしれません。 (おわり).

次の

今夜のメニューが決まらない!今日の夜ご飯のメニューに悩んだとき見てほしい献立アイデア7選 [ママリ]

夕飯 思いつかない

タグ 1ヶ月 3万円 NG アイス アイスクリーム アイデア アイテム アク抜き アレンジ いつ うどん エビピラフ おいしい おかず おかゆ おじや おしゃれ おすすめ おつまみ おにぎり おひたし おもてなし おもてなし料理 おやつ お好み焼き お弁当 お菓子 かき揚げ カサ増し かたまり肉 カット カビ かぼちゃ カルキ カレー カレーパン カレー鍋 キャベツ きゅうり クエン酸 クッキー グラタン グリル ケーキ コース コツ こねないパン ご飯 ご飯だけ さっぱり さっぱり煮 サラダ さんま しっとり じゃがいも ジュース シュウマイ シリコン スープ スイーツ スコーン ズッキーニ ステーキ ストック セロリ ソース ソテー そば そぼろ ダイエット タイミング たこ焼き だし ダッチオーブン タッパー タピオカ粉 たまご たれ ダンボール チーズ チーズケーキ チーズ焼き チャーシュー チャーハン チョコ チョコケーキ チョコムース つくね ツナ つまみ ドーナツ とうもろこし どのくらい トマト トマト缶 ドライカレー ドライトマト とろみ どんぶり ナス ナムル ニオイ対策 ネット ノート バイト パウンドケーキ はさみ焼き パスタ ハツ バナナ パプリカ パラパラ パリパリ パン パンケーキ ハンバーグ パン作り パン粉 ピーマン ひき肉 ピザ ピザ生地 ひと月 フライドポテト フライパン フライ返し プリン フルーツ ブレンダー フレンチ ブロック ブロッコリー ふわふわ ベーキングパウダー ヘルシー ポイント ほうれん草 ホットケーキミックス ホットプレート ポテトフライ まとめ方 マナー ママ マリネ マンゴー ミキサー ムニエル メイン メニュー メリット メレンゲ もも肉 もやし やかん やり方 ヨーグルト ラー油 ランキング リカバリー リゾット リメイク レシピ レンジ レンジなし ワーママ わらび餅 一週間 下ごしらえ 下処理 下味 中学生 丼 乾燥 人気 人気おかず 人気レシピ 代用 低温調理 作り方 作り置き 作る 使い方 便利 保存 保存方法 保存期間 保存法 具 具材 冬 冷しゃぶサラダ 冷たい 冷凍 冷凍エビフライ 冷凍グラタン 冷凍ご飯 冷凍シュウマイ 冷凍そば 冷凍たこ焼き 冷凍チャーハン 冷凍ちゃんぽん 冷凍パイシート 冷凍バナナ 冷凍ピザ 冷凍ぶどう 冷凍ポテト 冷凍保存 冷凍卵白 冷凍唐揚げ 冷凍庫 冷凍肉 冷凍肉まん 冷凍豚肉 冷凍野菜 冷凍食品 冷凍餃子 冷凍魚 冷蔵 冷蔵庫 切った後 切り方 初心者 前菜 副菜 効果 勉強 勉強方法 包まない 半月切り 即席 卵 卵だけ 卵なし 卵焼き 厚切り豚肉 原因 取り方 名称 味噌 味噌汁 和菓子 和風 和風パスタ 和食 唐揚げ 喜ぶ 土鍋 圧力鍋 基本 場所 塩分濃度 塩麹 変色 夏 夏野菜 夕ご飯 夕御飯 夕食 夕飯 夕飯レシピ 外食 多量消費 夜 夜ご飯 大丈夫 大人 大人数 大根 大量 大量消費 天ぷら 天日干し 失敗 嫁 子供 子供が喜ぶ 子供向け 安い 完了期 定番 対処 対処法 対策 小鉢 小麦粉 巻き 常備菜 常温 干し野菜 幼児 弁当 彼氏 必要 意味 手作り 手料理 手羽元 挽き肉 捨てる 掃除方法 揚げない 揚げる 揚げ焼き 握り方 摂り方 料理 料理上手 料理用 料理道具 新聞紙 方法 日持ち 旦那 旬 昆布 春 春雨 昼ごはん 時短 時短メニュー 時短レシピ 時短料理 時間 朝ごはん 朝食 期間 期限 本 材料 柔らかい 柔らかく 柔らかくする 栄養 梅干し 残り汁 毎日 水 水の量 水分 水切り 汚れ 決め方 沈まない 注意点 洋風 洋食 活用法 海外 消費 消費期限 温度計 溶ける 漬物 炊き方 炊飯 炊飯器 炒め 炒めもの 炒める 炒め物 焼きそば 焼きトマト 焼き方 焼き浸し 焼き鳥 焼くとき 焼肉 焼肉のタレ 煮物 煮込みハンバーグ 燻製 爆発 片栗粉 特徴 独学 献立 玉ねぎ 理由 甘酢 男 男子 発酵なし 白カビ 白だし 白菜 皮 盛り付け 目安 目玉焼き 秋 種類 筋切り 節約 簡単 簡単パスタ 簡単レシピ 米 素揚げ 繊維 美味しい 美味しい食べ方 肉 肉じゃが 肉巻き 肉料理 胸肉 脂 自宅 自然解凍 舞茸 色 苦い 苦味 苦手 苦手な人 茄子 茶碗蒸し 茹でる 蒸し器 蒸し方 薄力粉 虫 裏技 解凍 解凍のコツ 解凍方法 詰め方 誕生日 調味料 調理 調理法 豆腐 豆苗 豚 豚バラ 豚バラブロック 豚ひき肉 豚丼 豚挽き肉 豚肉 豚肉巻き 豚肉料理 賞味期限 転写シート 迷ったら 道具 違い 選び方 部位 重曹 野菜 野菜嫌い 野菜炒め 量 鍋 長芋 間引き 雑炊 離乳食 雨 電子レンジ 面取り 食パン 食べられる 食べ方 食材 食費 餃子 餃子の皮 餅 魚 魚料理 魚焼き 魚焼きグリル 鮭 鶏ガラスープ 鶏むね肉 鶏もも 鶏もも肉 鶏皮 鶏肉 黒豆 目次• 夕飯のメニューが決まらないときの献立の考え方 1. 食材のメインを決める 野菜不足が気になる場合は野菜多めのメイン料理を考えたり、ガツンといきたいときはお肉料理、カルシウムが気になる場合は魚をメインに、 何を夕飯の中心にするか考えましょう。 2.夕飯の調理方法を決める 中心になる食材が決まったら、それらをどのように調理するか考えましょう。 いためたり、スチームしたり、焼く、揚げるなどどのような料理にするか考えましょう。 3.摂取したい栄養を考える 季節によっては野菜が高くなって購入を控えたり、暑い時期には火を使う料理が少なくなったり、栄養が偏ってしまい気になる事もあるでしょう。 そんな時は別なもので補ったり、少量ずつでも料理で取り入れるように考えましょう。 夕飯のメニューが決まらないときは麺がおすすめ メニューがなかなか決まらないときは、効率よく物事が進まないことがあります。 そんな時は後から出る洗い物の量を懸念して使う食器の量を少なくしたメニューを考えましょう。 決まらない時は麺料理! うどんやそば、パスタなど麺にしてみるのはいかがでしょう。 麺のときはご飯のときよりもおかずをあまり充実させなくても良いのでメニューを決めやすいでしょう。 ワンプレートに乗せる メインになるメニューが決まっていたら、後はプレートの空いている部分のメニューを考えるだけです。 後どのくらい作るものが必要かの確認ができるうえワンプレートが埋まっているとボリュームがある感じに見えます。 栄養も気になる場合は野菜を充実させたかきあげをうどんやそばの上に乗せたり、鮭を使ったパスタにするなど中に入れる食材を考えてみましょう。 夕飯のメニューが決まらないときは電子レンジを活用しよう 電子レンジで豚しゃぶ 蒸し野菜にできるような野菜を入れて、一緒に豚肉の薄切りを入れてレンジにかけると野菜が沢山の豚しゃぶを作る事ができます。 野菜から出た水分で作る事ができるため美味しく栄養を摂る事ができます。 電子レンジでなめたけ えのきだけを3センチくらいの長さに切ります。 束になっている場合はほぐし耐熱容器に入れます。 えのきだけの入った耐熱容器に醤油とみりんを入れてレンジにかけると、ご飯に良く合う「なめたけ」が出来上がります。 えのきだけの水分を使って作るため、レンジにかけている間も確認が必要です。 出来上がったなめたけは蒸した肉や野菜、豆腐にトッピングできる万能トッピングになるでしょう。 夕飯のメニューがどうしても決まらないときはお惣菜を利用する方法 お惣菜をアレンジしましょう。 惣菜のとんかつやメンチカツをカツ丼にアレンジ たまねぎと卵があれば作る事ができます。 柔らかく煮込んだたまねぎの中に食べやすい大きさに切ったカツを入れてさらに煮込むと自分の味に変える事ができます。 惣菜の美味しい温め方 お惣菜の揚げ物をそのまま使うときには、オーブンを使って一度焼くとカリッと温める事ができます。 ラップをかけてレンジで温めるとしっとりしてしまうので揚げたてのような食感にしたい時はオーブンがおすすめです。 惣菜にレトルトタイプのソースを使う 食材と混ぜるだけの簡単に味をつける事ができるソースを使って夕飯のおかずにしましょう。 味付けさえ決まっているとメニューのめどが付いて料理もはかどるでしょう。 夕飯のメニュー が決まらないときのために作り置きしておく方法も 作り置きは万能です。 作り置くおかずがそのままだとおかずにならないものでも火を通しておくだけで、料理にプラスしやすかったり、カットしておくだけでもすぐに使い始める事ができいつものメニューをランクアップさせることができます。 野菜を茹でておく 茹で野菜を作り置きすると、すぐにサラダとして使う事ができたり、軽く炒めて一品にしたり、メイン料理に添えたりと色々なものに使う事ができます。 唐揚げ用に沢山作っておく あと揚げるだけの状態にして冷凍しておくと、作る手間が省けすぐに調理に取りかかれる事からメニューが決まらないときにでもめどが付くでしょう。 副菜も作り置きが便利 切り干し大根、ひじきの煮物、煮豆など沢山食べないけれど栄養を気にして少しずつ食べたい料理は作り置きしておくと便利です。 夕食に出したり、お弁当のおかずにする事もできます。

次の

共働きで夕飯が作れないときの対処法11選

夕飯 思いつかない

ご飯を作りたくない時に主婦が作る定番メニューは? ご飯、味噌汁、主菜1品、副菜2品。 それらが並んでいる食卓は華やかでしょうが、ご飯を作りたくない時にこれらを一から作るのは非常にハードルが高いです。 そんな時の定番は、麺類や丼物がおすすめ! 大人数でもまとめて作れて、 洗い物が少ないというメリットもあります。 ご飯が主役!丼物のメニュー例 男の人や子供ってご飯が大好きですから、旦那さんや子供たちは手抜きなんて思いません! 「〇〇丼」といった名前がなくても、「他人丼」でも、冷蔵庫のあまりものを炒めてご飯の上にのせるだけでも、意外においしいですよ!• カレー• ハヤシライス• 親子丼• そぼろ丼• チャーハン• なすの挽肉炒めチーズ乗せ(ドリア風) パスタ・うどんなどの麺類は常備しておいて損なし! お米ではなく、麺を主役にするのもおすすめです! パスタやそうめんなどの乾麺はもちろん、冷凍うどんなども 保存期間が長いというメリットがあります。 パスタは手作りのパスタソースを冷凍しておく、レトルトのソースを使うなどの方法があります。 麺の種類を問わず、冷蔵庫にある野菜を適当に使ってソースや汁を手作りすれば、栄養面の課題もとりあえずクリアできます。 そうめん=麵つゆと思わず「今日は中華出汁で、にゅうめんにしよう」など、臨機応援にいきましょう。 電子レンジやオーブンはフル活用 ご飯と味噌汁はなんとかなる。 問題はおかず…というときは、簡単に肉や魚、卵を焼きましょう。 魚などはクッキングシートを利用すれば、フライパンに臭いが付かず、洗い物が楽になります。 適当な野菜と一緒に包んで、ホイル焼きにするという方法もあります。 また、「焼く=フライパン使用」とは限りません。 レンジやオーブンだけでも作れる料理は意外に多く、簡単に一品が完成します。 魚の超簡単な調理例 ・クッキングシートを敷いたフライパンの上で焼き魚 ・野菜と一緒にアルミホイルで包んでホイル焼き 肉の超簡単な調理例 肉に味をつけてトースターやオーブンで焼く 卵の超簡単な調理例 ・溶き卵をレンジにかけてオムレツづくり ・麺をゆでたお湯をつかってゆで卵 おすすめ冷凍食品、ストックしておくと便利なお助け食材 疲れているとき、時間がないとき、献立が思い浮かばない時、ご飯を作りたくないと思うのは、自然なことです。 そんな時のために、日頃からストック食材を用意しておきましょう。 体験談で主婦たちが活用していた冷凍食品やストック食材は、以下の通りです。 必ずある調味料と冷蔵庫の余り物で! 千葉優子(30代後半) ご飯を作りたくもない、でも買いにも行きたくないし、時間もない! そんな時は、「とりあえずあるものでなんとかする」場合がほとんどです。 醤油、酒、みりん、砂糖、味噌、片栗粉、小麦粉、パン粉、たまご、その他ソースや顆粒出汁を使って、「冷蔵庫の残り物で洗い物少ない!」をテーマにクックパッドや楽天レシピで検索して簡単レシピで済ませます。 最近はそうめんが半端に余っていたので、『中華スープベースのにゅうめん』にしました。 使った調味料は鶏がらスープの素、酒、みりん、醤油、小口にして冷凍したネギ、カットして冷凍してあったかまぼこ、溶き卵です。 鍋一個で先にそうめんゆでて湯切りして、またその鍋でスープ作って溶き卵落として、洗い物も少なく済ませました。 なぜかいつもそぼろ丼! まりな(45歳) お料理は嫌いではないものの、どうにもこうにも「今日は夕飯を作りたくない」っていう時があります。 とはいえ、現在専業主婦で家事がお仕事のようなもの。 作らないのは夫に申し訳ない上に家計にも響くしと、そんな時の定番メニューは「そぼろ丼」です。 作り方も簡単だし、ひき肉はいつも多めに買って100グラム位ずつラップに包んで冷凍してあるのでお買い物にいかなくても大丈夫。 それにいり卵、青菜、若しくは人参をみじん切りにして炒めて丼にすればそれだけで見た目が綺麗です。 サラダか具だくさんのお味噌汁ができれば完璧です。 食後の洗い物も簡単に済むのも嬉しいところ。 そぼろ丼は私のお助けアイテムです。 うどん、パスタなどの乾麺を常備! みかまま(30代後半) 夫、私、小学生と幼稚園の娘二人の四人家族です。 体調が悪い、子供の習い事で遅くなった、献立が思いつかないなどという理由で、「今日はご飯を作りたくない」ということはよくあります。 だから「作りたくない気分になる」ということを想定して、いつもストックしているものがあります。 それは、乾麺です!長期間保存できるので、安いときにまとめ買いしておくので便利です。 今は、パスタ(子供に人気なのはペンネ)、ゆで時間が短くて便利なそうめん、アレンジがしやすいうどんを常備しています。 あとは、その時冷蔵庫にあるものを加えて、一品料理の夕飯です。 パパっと食べられるので、主人や子供からも意外と好評です。 「うどん」と「卵」があれば乗り切れるハズ! ガリッコ(40代前半) 夫婦と中学生の子供の3人暮らし。 夕飯を作りたくない日は多々ありますが、毎回出前やコンビニで済ますと、家計はえらいことになります。 なので、頑張りすぎずにご飯の支度をしています。 だいたいが麺、特に冷凍うどんの割合が高く、生野菜が余っていたら肉だけゆでて『サラダうどん』、高野豆腐と卵で『卵とじうどん』もよくやります。 のせるだけ混ぜるだけなど、一から作らなくて済むようにしています。 冷凍うどんと卵があれば、何とか乗り切れる気がします。 卵かけご飯があるくらいだから、『卵かけうどん』もアリなのでは!? どうしても作れない日(体調不良や帰宅が遅くなったとき)は、コンビニやスーパーでお弁当やお惣菜を買うこともあります。 デリバリーに頼ることもあります。 ただ、何でもない日に夕飯に惣菜が多いとき、体調を心配されてしまいます。 白米をメイン料理にしてしまいます。 谷口智子(30代前半) 夫と中学生の子供がいます。 今日はご飯を作りたくないな~と思う日は、何品もおかずを作るのが面倒なので、白米がメイン料理になるような一品料理にします。 カレーやハヤシライス、チャーハンや親子丼が一品ですぐに作れるので定番です。 ただ、これだと「手抜きをしてしまったなぁ~」と罪悪感があります。 手抜きをしていないように見せるために一番おすすめなのは、『炊き込みご飯』です。 ご飯を炊く時に炊飯器に具材やだしや調味料を入れて普通に炊くボタンを押すだけで、立派なメイン料理のできあがりです。 あとはインスタント味噌汁と5分ほど焼いただけの餃子とか買ってきたコロッケとかで夕飯を乗り切ります。 作りたくない日は後片付けもしたくないので、切ったり炒めたりの手間もできるだけ少なく済ませています。 料理嫌いなので、やる気があるときにストック! 本田美奈子(40代前半) 小学生の子どもがいます。 夕飯を作りたくない時なんてしょっちゅうです。 それは私が料理を作るのが嫌いだから。 子ども時代から食にはたいして興味なし。 とりあえず食べられればいいやって感じです。 そんな私が「夕飯を作りたくない」ときに使うものは冷凍スパゲティです。 料理を作りたいと思う時(週に1回くらい)にまとめて材料を購入し、すぐ調理しておきます。 オイル系パスタはその場で炒めたほうがおいしいと思いますが,クリームソースやミートソースはシチューなどと同じであらかじめ作っておいて冷凍し、食べるときにレンジで解凍するだけ。 当日はお湯を沸かしてパスタをゆがくだけ。 スパゲティは楽チンです。 餃子、焼きそば、ピザ、牛丼の具 ゆんゆん(35歳) 週末の夕飯や休日のお昼ご飯など、面倒で作りたくないと思う日は多々ありますが、外食するとお金が勿体無いので簡単なもので済ませます。 よく作るのはパスタで、茹でてソースをかけるだけですぐに出来るので助かります。 ミートソースやカルボナーラなど、パックに入ったパスタソースは必ず常備してあります。 ご飯が食べたいときは手軽に出来る丼物を作ります。 ご飯も余ったものを冷凍してあるので、レンジでチンして使えます。 親子丼も定番ですが、茄子と挽き肉を甘辛く炒めてご飯の上にかけるだけでも美味しいです。 鶏胸肉や合挽き肉などは、こうした丼物を作るときにいつでも使えるように冷凍庫にストックしています。 それすらも面倒なときは、冷凍の牛丼の具をチンしてかけることもあります。 男子2人、冷凍の肉団子のお世話になってます あんぱん(46) 四人家族で、子供は男の子が2人です。 本当に食べ盛りで 毎日気持ちいいくらいよく食べてくれますが、食べ過ぎて困ることもしばしば。 仕事から帰ってきて「ただいま」と言うと、「おかえり」じゃなく「おなかすいた」と返されます。 毎日、急いで夕食を作ります。 できるだけ手作りの母の味を食べてほしいのですが どうしてもできない時は やっぱり冷凍食品に頼ってしまします。 うちの御用達は「肉団子」です。 常に冷凍庫にストックしています。 塩、コショウくらいしか味が付いていないので アレンジがしやすく たびたび登場の肉団子でも 飽きずに美味しく食べてくれています。 丼仕立てにすると ご飯もたくさん食べられます。 副菜も少なくできるし、おすすめです! 横浜あんかけラーメン・王将の餃子でお家中華! ハル(38歳) 夫、小学生の息子、幼稚園生の娘、そして私の四人家族ですが、PTAの集まりや懇談会、習い事の送迎で疲れてしまい、「今日は晩御飯は作りたくないなぁ」なんていう日もあります。 そんな時こそストック食材の出番です。 我が家は夫が麺類大好きで、子供たちは餃子が大好き。 だから『中華の日』にします。 冷凍庫から「あんかけラーメン」と「冷凍餃子」をおもむろに取り出します。 麺をゆでて、溶かした餡を上にのせるだけ。 餃子はフライパンに並べて蓋をして5分焼いたあと蓋を開けて水分を飛ばせばできあがり。 なんともお手軽ですが、夫も子供たちも大満足なメニューです。 週に一度くらいは、こんな風にお母さんのお仕事を少し楽にさせてもらっています。 冷凍食品も、色々食べ比べてみると発見がある とんちゃん(26歳) 旦那と 0歳児の子供がいます。 子供のお世話がたいへんで、ご飯を作りたくない時は、よく冷凍食品を利用します。 子どもがまだ小さくて、寝不足が続いたり、ぐずぐずという時があるので、冷凍食品なら電子レンジで解凍するだけだし、旦那も好きな冷凍食品があるので文句を言われることもとくにありません。 今は、チャーハンだけでも種類がたくさんあるので色々試してどこのチャーハンや唐揚げが美味しいのか食べ比べしたりする時もあります。 電子レンジで温めて、容器はそのまま利用できるタイプだと、洗い物も少なく済むので重宝します。 ご飯を作りたくないのは身体と心のSOSの可能性もあり 「今日は作りたくないから、簡単に済ませよう」というのは誰にでもあることですし、手抜き料理が悪いなんてことはありません。 専業主婦にしろ、共働きにしろ、時にはこうして手を抜かないとパンクしてしまいます。 しかし、ご飯作りたくない、自分もあまり食欲ないし、なにもしたくない…。 そんな精神状態が続いているようなら黄色信号です。 「やる気がでない」というのは、単に気持ちの問題ではなく、身体や心の病気が隠れている可能性もあります。 一度、本当に家事や仕事をなにもしない日を設けて、心身を休めましょう。 パートナーに相談することも大切ですし、心療内科等の受診も検討しましょう。 とにかく料理も、掃除も、育児も、仕事もしなくちゃいけなくて疲れた!という方は、の記事も参考にしてみてください。

次の