グローセンス。 glo sens (グロー センス) を買ってみた

【レビュー】glo sens(グローセンス)を使ってみた。その実力やいかに?

グローセンス

glo sens「グロー・センス」はプルームテック にそっくり? glo sensは 低温加熱式の電子タバコデバイスです。 と同じく、蒸気にしたリキッドをたばこ葉を通して吸引することで、たばこ本来の吸いごたえを実現しているのが特長です。 しかし、その技術は「模倣」ではなく、独自開発したもの。 らしいです。 素人目にはプルームテック の二番煎じにしか思えないんですけどね… でもコイル周りのリキッド供給方法がちょっと特殊? 早く入手して分解してみたい(ウズウズ) おそらく、JTの特許技術に抵触しない方式をgloが開発したものと思われます。 でも、でもですよ。 gloと言えば、「電気加熱式喫煙システムの特許権」でフィリップモリスに訴訟を起こされていたりするので、この新デバイスももしかしたらJTから… なんて考えてしまいますよね。 だって、真似したとしか思えないですもん。 システム概要はプルームテックほぼそのもの、のように感じるんですけどね。 要は「VAPE」プラス「たばこ葉」な訳で、 気化したリキッドをたばこ葉の中を通して、たばこ葉の成分を吸引できるシステムなのです。 その特長とメリットをgloは2つ上げています• においが少ない• JTはプルームテック の販売戦略として、高温加熱式のPloomSにおいても「周囲への配慮」としてにおいが少ないことを挙げていますから。 まさに二匹目のどじょうを狙った商品なのです。 glo sensの構造と特長 そんなちょっとグレーっぽい製品、まぁ後追い製品だから似てしまうのはしょうがないのかもしれないですけどね。 でも、見た目は全く違います。 PloomTech製品:従来型の紙巻きたばこを意識したスティック形状• glo sens:枠にとらわれない新しいフォルム(VAPEに近い) VAPEユーザーであれば抵抗感はないかと思いますが、一方で今まで普通のタバコしか吸ってこなかったユーザーにとっては形状に抵抗感があるかもしれないですね。 ちょっとデカ目のという感じのフォルムです。 glo sensの構造 ではでは、その構造はどうなのか?と言えば、これまた プルームテック プラスっぽさ全開なのですよ。 まず、glo sensは3分割式• 内容量:2ml(約180回分)• 味:発売時点で6種類 glo sensデバイス本体 バッテリー部分ですね。 フレーバーカートリッジの電力供給する専用規格のもので、今の所詳細なスペックは公表されていませんが、一日中楽しめる恋性能バッテリーを搭載しているらしいです。 ざっくりすぎますね… 個人差もあるだろうに。 と思ったら 180回吸引分使えるようですね、あまりバッテリーの持ちは良くなさそう。 180回分が紙巻きたばこ一箱分の計算ですから、それ以上吸うユーザーなら、途中での充電もしくは本体複数持ちが必要。 そして充電時間は「最短75分〜最長330分」って幅ありすぎだろっ! 使用環境でそんなに変動しないと思うのですけどね、急速充電という割には遅すぎる。 neo pods RICH BLEND「ネオ・リッチ・ブレンド・ポッド」• 豊かで深みのあるアロマティックなフレーバー• neo pods MELLOW BLEND「ネオ・メロー・ブレンド・ポッド」• ほんのりバニラが香るまるみのある豊かなフレーバー• neo pods CRUSTAL MENTHOL「ネオ・クリスタル・メンソール・ポッド」• 極寒メンソールの刺激が広がるフレーバー• neo pods BREEZE MINT「ネオ・ブリーズ・ミント・ポッド」• メンソールとペパーミントがほんのり香る爽やかなフレーバー• neo pods SUNSHINE BERRY「ネオ・サンシャイン・ベリー・ポッド」• ブルーベリーのような香りが広がる、爽快なメンソールフレーバー• neo pods ELECTRIC FRUITS「ネオ・エレクトリック・フルーツ・ポッド」• 甘くスパイシーな赤いフルーツの香りが広がるフレーバー 発売時点でフレーバーがかなり豊富! 定番のタバコ系にメンソール・ミント系だけでなく、フツーツフレーバーも2種類よういされています。 glo sensは「フレーバー」味にフォーカスした製品なので、今後ももかなり種類が増えそうです。 glo sens(グロー・センス)の使い方 使い方は簡単そうですね! glo sensの本体には、gloシリーズのアイデンティティーを感じるボタンが1つあるので、これを操作します。 電源オンオフ:ボタン3回連続押し(3クリック)• メリットも同じで、紙巻きたばこや高温加熱式たばこのように一本吸い切る必要はなく、好きな時に好きなだけ吸うことができます。 つまり、1回だけ吸って中断するのも可能ですし、タバコポッドやフレーバーカプセルがなくなるまで吸い切ることも可能なんですよ。 glo sensの値段と販売方法 VAPEユーザーとして非常に気になる製品のglo sens、速攻買おう!と思ったんですが、かなり販売方法が限定されているんですよ。 2019年内 全国販売予定 速攻申し込もうと思ったんですが、最初は東京在住の人しか買えないんですよ。 かなり気になる製品なので、早く入手したい! VAPEユーザーとしてどう思うのか? かなり気になる製品ではあるものの、 これじゃなかった感をかなり感じる。 多分詳細時術などを見れば、プルームテックの特許技術には多分触れてないんだと思うので、別の商品だと言うことはわかるんですが「二番煎じ」感は否めない。 まぁでも値段も安いし、これで使い勝手や味わい・キックが良ければ、いまいちヒットしきれない プルーム・テック・プラスにとって代われる製品なのではないか?と思ってしまう。 ただ、気になるのは「匂いは少ない」と言っておきながら、「フレーバー推し」なので、どの程度の味わいが実現できているのか?基本的に味わいを重視すれば香りは強くなってしまうので、相反するところではある。 また、gloサイトの動画見て思ったのは「ミスト多い!」ということ。 PloomTechのブランド戦略は「周囲への配慮」もあるので、ミストはほどほどにしか増やせないが、BATの戦略はまた違うんだと思う。 VAPEユーザーとして何を望むのか? 多分法的な問題があって実現できていないのだろうけど、ミストをたばこに通すのではなくて、 たばこ成分をリキッドに溶かし込む製品が出てきたら?と思っています。 技術的には可能だし、実際にそういうものを体験したこともある。 リキッドとたばこ葉を別々に売って、DIYで入れるのも技術的には可能(と言うか実現できている)なんだけど、発売はされないんですよね。 なんで出てこないのかなぁ。 たばこ成分が溶けたリキッドの取り扱い?それを売るのも法に触れるから? そういう製品が出れば、VAPEももっと盛り上がると思うんですけどね。 話は逸れましたが、 glo sensはかなり気になる製品です。 買える状況になったら、いち早くゲットしてレビューする予定ですのでお楽しみに!.

次の

glo sens(グローセンス)の吸いごたえや使用感をレビューします!

グローセンス

glo sens グローセンス とは? グローが新しく発売したリキッドタイプの加熱式タバコです。 やなどと同じタイプですね。 マイブルー はノンニコチンですが、グローセンス はしっかりニコチンも含まれています。 デバイス本体の電力でリキッドを温めミストを発生させ、ニコチンを添加する仕組みです。 地域限定の発売でしたが、2019年11月14日から全国のコンビニでも発売が開始されました。 タバコカートリッジもコンビニで一緒に購入することができるので購入しやすいですね。 用意されているのは多彩なフレーバー 2019年12月現在、用意されているのは12種類のフレーバー。 その中でもコンビニで気軽に購入できるのは以下のフレーバー。 それ以外はでの購入となります。 もともと、グローはタバコスティックの時からフルーツフレーバーに定評がありました。 リキッドタイプの加熱式タバコはタバコ味はもちろんのこと、フルーツ系のフレーバーも相性が良いです。 ティラミス味のバニラ着香系のフレーバーがあるのは珍しいですね。 全フレーバーのレビューはこちらの記事で紹介しています。 個人的なオススメはアイスブルーベリーです! 開封 さっそく開封していきます。 箱は高級感があり開封前からテンションが上がります。 本体、説明書、USBケーブルなどが同梱されています。 なお、最初から本体に挿さっているタバコポッドはダミーです。 グローセンス の本体キットの中にはタバコカートリッジは付属していませんので、別で購入する必要があります。 本体はアルミなどではなく、プラスティックのような素材のため非常に軽いです。 大きさもかなり小さいので、持ち運びに便利ですね。 カートリッジを装着 別で購入したカートリッジに差し替えます。 カートリッジを取り出し、キャップを外しセット。 フレーバーカートリッジをカチッと音がするまで本体に差し込みます。 フレーバーカートリッジには向きがあるので注意してくださいね。 次に吸い口部分、タバコポッドを同じく差し込みます。 フレーバーポッドでミストを発生させ、このたばこポッドに入っているニコチンを添加して口に運ぶという流れです。 ちなみに、タバコポッドには向きはないので、そのまま差し込みます。 いざ、喫煙開始 中央の電源ボタンを素早く3回連打することで本体の電源がオンになります。 グローやアイコスのようにバイブレーションの振動はないので、慣れない内は電源が入っているのか戸惑うかもしれません。 電源ボタンをずっと押すと「シュー」と加熱されている音がすれば電源が入っています。 グローやアイコスのようにタバコスティックを加熱するわけではないので、カートリッジが持つ限りずっと吸い続けることができます。 これはプルームテック と同じですね。 良い意味で吸い終わりに困りますね・・・だらだらと無限にチェーンできそうです。 なお、喫煙後はそのまま放置すれば電源が自動でオフになります。 任意で電源オフにしたい場合は電源ボタンを素早く3回連打でオフになります。 グローセンス の味は? 肝心のグローセンス の味ですが、はっきり言って美味しいです。 ミストの量も紙巻きタバコと同じくらいの量が出ていると思います。 喫味もあり、リキッドタイプにしては吸いごたえがあると思います。 1つだけマイナス点を挙げるとすれば、リキッドの味に一体感を感じれない部分があることでしょうか。 なので、フレーバーとタバコ味が一体化しているというよりも、混ざった感じはします。 慣れてしまえば問題ないですが、少し気になりました。 まとめ 全国発売されたグローセンス をレビューしてみました。 4980円と別メーカーの加熱式タバコと比べると決して高すぎず、安すぎずといった感じで購入しやすいのもポイントですね。 煙の量は変わらずで喫味もある、でも煙臭くない加熱式タバコということで、今後ユーザーが増えていきそうな予感です。 購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

次の

【12→10種】グローセンス フレーバーの種類を総まとめ!おすすめフレーバーも紹介

グローセンス

グローセンスの交換時期• ライトが白色に10回点滅したら、交換• フレーバーカートリッジ は、白点滅が10回したら、交換のサインです。 10回しか光らないので、見逃さないようにチェックしたいですね。 タバコポットは、交換のタイミングがわかりずらい グローセンスの難点はカプセル交換時期がわからないこと… いまだに三個のカプセルを最初に入っていたリキッドで吸いきれたことなし… なので、リキッドを買いなくなったら足すだけの作業して使ってます… — はっさく hajiiiiimen 基本、1個のフレーバーカートリッジで、3個のタバコポットを吸うことができます。 でも、フレーバーカートリッジの交換時期しかわからないので、 タバコポットの替え時に気付かず吸い続けてしまうケースが多いです。 そのため、フレーバーカートリッジとタバコポットの交換回数にずれが出て、リキッドが足りなくなる場合が。 「もう一箱買わなきゃ~」って経験ありますよね?ちょうど使い切ることが難しい状況です。 グローセンスは何回吸えるのか• タバコポッドで、60回、カートリッジは、180回 カートリッジの交換時期は、10回の白点滅でサインがありますね。 タバコポットは60回分吸えます。 でも、60回以上吸ってても、• 強制終了されたり• もう吸えないって合図 がありません。 そのため、 替え時がわからないまま吸い続けることに。 フレーバーカートリッジ• タバコポット をピッタリ使い切りたい場合、回数を数えながら吸う必要があります。 対処法としては、• 味がなくなったら交換 タバコポットの交換合図がないので、「いつまで吸えるの~?」って混乱することに。 あいまいな交換基準ですが、自分で判断するしかありません。 味が出てるか?薄くなってるか?で判断しましょう。 リキッドは少量ね。 やるやらないは個人責任でお願いします。 — 芋 guest25285120 非公式の方法ですが、フレーバーカートリッジにある リキッドを補充すると、何回も吸えるようになります。 電子タバコ用のリキッド液体を入れるだけで、OK。 色々な種類があるので、グローセンスの味に飽きたら、試してみるのも、楽しそうですね。 何種類も入ってるセット売りから揃えると、お気に入りの味を見つけやすいです。 最初は同じリキッドを何個も買うのではなく、色々な味を吸ってみたいですね。

次の