温州 みかん 読み方。 温州みかんの読み方を正しく読める?温州みかんの名前の由来とは?

温州みかんは収穫時期が重要!

温州 みかん 読み方

ミカン類とは• 基本情報• 特徴 ミカン類は柑橘類のなかでは最もポピュラーな種類です。 育てやすく、実つきがよく、また食べやすいので、スペースがあれば育てたい果樹です。 近年は極早生品種も登場しています。 極早生品種は、早く収穫するので木の負担が軽く、毎年よくなります。 なお、ミカン類にはウンシュウミカンのほかに、キシュウミカン(いわゆるコミカン)、ポンカン、クネンボ(九年母)、タチバナ(橘)、コウジ(柑子)などがあります。 なお、諸外国にもクレメンテインやタンジェリンなど多数のミカンの仲間があります。 5~2. 5m 収穫期 9月下旬~12月 受粉樹 不要 栽培難易度 1~5 耐寒性 普通 耐暑性 強い 特性・用途 常緑性,初心者でも育てやすい.

次の

「温州みかん」の「温州」って何なの? 2016年1月号コラム|FLAネットワーク協会

温州 みかん 読み方

「」は何と読むでしょうか。 「温州みかん」の読み方は、意外に間違える人も多い「温州みかん」ですが、普通の蜜柑(みかん)と何か違うのでしょうか。 今回は読み方を間違えやすい「温州みかん」について、読み方や名前の由来、品種について紹介します。 「温州みかん」の読み方をわかりますか? 「有田みかん」「愛媛みかん」「宮川早生」「南柑20号」などみかんの品種はたくさんありますが、これらはどれも「 温州みかん」のことを指します。 店頭では、みかんのブランド名が表示されていることが多いので「温州みかん」という言葉は見かけることは少ないかもしれませんね。 一般的に「みかん」のことを指す場合は「温州みかん」のことです。 つまり「みかん=温州みかん」と言っても過言ではありません。 さて、「温州みかん」の読み方ですが、正解は「 うんしゅうみかん」です。 「おんしゅう」と思った方は残念ながら不正解です。 お店でも間違った読み方をしないようにしましょう。 「温州みかん」の名前の由来 温州みかんの原産地は日本ですが、名前の由来は中国の温州です。 中国温州に滞在していた僧が鹿児島県長島に瓯柑というミカンを持ち帰ったことが始まりです。 15世紀初頭頃に鹿児島県長島に伝来しました。 瓯柑はタネがあるミカンでしたが、そのうちタネがないミカンが現われました。 それが温州みかんの始まりです。 その間、中国ではタネなしの温州みかん程のミカンを作ることができませんでした。 1900年代になってから、東京帝国大学の農業科学科の中国人学生によって温州みかんは中国に持ち帰られ、中国でも改良が進みました。 「温州みかん」の旬はいつ? 「」の旬は品種によって違います。 温州みかんの品種は大きく4つに分かれます。 温州みかんの品種4タイプ• 極早生温州 宮本早生や日南一号や上野早生など。 9月から10月頃に掛けて収穫される。 早生温州 宮川早生や興津早生など。 10月から12月頃に掛けて収穫される。 中生温州 藤中温州や瀬戸温州など。 11月~12月頃に掛けて収穫される。 普通温州 青島温州や十万温州や大津四号など。 1月以降に収穫される。 また、ハウスみかんもあり、5月〜9月頃に収穫され、スーパーなどで販売されています。 「温州みかん」の品種一覧 明治以降に各地でみかんは生産されるように、各地で様々な品種が開発されました。 なかでも、和歌山や愛媛、熊本、静岡は、みかんの生産で有名です。 「収穫量トップ10 県 収穫量(t) 全国 741,300 和歌山 144,200 愛媛 120,300 熊本 85,700 静岡 81,700 長崎 52,800 佐賀 51,100 広島 31,500 愛知 23,500 福岡 20,800 出典:農林水産省「果樹生産出荷統計」(平成29年産) 収穫量トップ5の県の主なブランドを紹介します。 和歌山県のブランドは、早生種が中心の 有田みかん、普通温州が中心の 下津みかん、 紀南みかんなどがあります。 愛媛県には、 西宇和みかん 日の丸みかん・豪琉頭日の丸千両・日の丸千両・百年蜜柑などのブランド名を持つ があります。 熊本県には、 河内みかん 夢の恵などのブランド名を持つ や天水みかんがあります。 静岡県の温州みかんでは、高いブランド力を持つ 三ケ日みかんが全国的に有名です。 長崎県には、 西海みかん(味っ子・味まる・ながさきの夢・味ロマンなどのブランド名を持つ)などがあります。

次の

「温州みかん」の「温州」って何なの? 2016年1月号コラム|FLAネットワーク協会

温州 みかん 読み方

間違った例として多いのは• おんしゅう• おんす などでしょうか みかんを漢字で記載して、「温州蜜柑」と書かれることもあります。 英語ではSatsuma(サツマ)、Mikan(ミカン)と呼ばれています。 うんしゅうみかんはWikipediaにも説明があるほど 温州みかんとは 温州みかんは、みかんの一種。 木々として温州みかんと呼ばれている他、果実にも温州みかんと名前がつけられているので、スーパーでみかんを買う時に、ブランドみかんとして温州みかんを買った人も多いと思います。 みかんには産地を記名している事が多い 三ヶ日みかん 静岡県の三ヶ日地方でとれるみかん 有田みかん 和歌山県有田地方でとれるみかん 新堂みかん ブランドみかんの有田みかんの中でも、新堂地区で育ったものを新堂みかんと呼ぶ 媛匠みかん 愛媛のみかん。 皮、果肉の色が濃いみかん 媛まどんな 愛媛地方のみかん。 愛媛の「媛」を名前につけていて、ゼリーのような果実が特徴。 内側の皮が薄い その他、熊本県産の糖度が高いブランドみかんを「夢の恵みかん」など地域名とは違う名前で呼んでいることもあります。 温州みかんの産地・温州ってどこ? 温州みかんの温州は中国の地名です。 日本の産地ではなく、中国の地名がつけられたみかんです。 中国語で正しく発音すると「ウエンジョウ」と聞こえます。 このウエンジョウみかんが、温州みかんの「温州」を指す地です。 温州みかんの日本での発祥は鹿児島県の長島地域 最初は約500年前に生産された長い歴史を持つ果物。 中国から輸入された温州みかんの種子から鹿児島のみかん農家に受け継がれ、今でも鹿児島のみかん農家で育っているみかんが温州みかんと考えられます。 温州みかんの由来 文献によっては温州(ウエンジョウ)が発祥ではなく、鹿児島が発祥で、みかん農家が、中国の文献を呼んで中国・温州の地名から名前を取ったとしているものもあります。 温州みかん 品種・種類は? 温州みかんの品種は大きく6種類あります。 いさお早生 9月中旬には収穫できる種類。 鹿島地区、平良地区で収穫されることが多く、鹿児島県内で栽培されている率が高い 宮川早生 古くから栽培されてきた早生の品種、宮川早生。 栽培面積においての収穫量が多いので、出回る率が高いのが特徴。 早生温州では代表的な品種 上野早生 宮川早生の変異した枝で作る早生のみかん。 酸味が少なくなるのが早く、傷みにくい特徴。 ハウス栽培としても人気の品種 興津早生 宮川早生、カラタチの2つをかけあわせ作られた品種です。 成長がとてもはやく、果実が宮川早生よりも早く着色するため育てやすい 大津4号 温州みかん、ポンカンをかけあわせできた品種のみかん。 早熟みかんなのに果実が大きい。 形はつぶれたような扁平状。 糖度が高く、人気の高いみかんです 青島 東海地方を中心に育てられているみかんで、尾張系と呼ばれています。 普通品種から変種したものです。 時間を置くと甘さが強くなる品種なので、貯蔵しておく品種としてもピッタリ。 年内収穫をした後、貯蔵をして1〜3月の頃に出荷を行うことが多い 多い品種は「いさお早生」や「宮川早生」。 地域によっては青島みかんも有名。 品種によって糖度が違ったり、扁平状だったり、貯蔵性に富むことがわかります。 温州みかんは栄養満点 温州みかんの栄養価について、みかん一般の栄養素と比較して調べていきましょう。 温州みかんの100gあたりのカロリーは49kcal 実は、温州みかんのカロリー、他のみかんと比較すると低いことがわかります。 清美タンゴール 45kcal 温州みかん 49kcal はるみ 53kcal せとか 56kcal ブラッドオレンジ 69kcal 他の品種と比べても100gあたりのカロリーがとても低いことがわかります。 インフルエンザにかかりにくくするには方法• ビタミンCを摂取してウイルスの抵抗力を高くして、免疫を強くして治癒を早める• 風邪をひいた時に 消化しやすい身体を温めるビタミンCが大切 温州みかんには、ビタミンAもビタミンCも含まれています。 「消化しやすい」ビタミンCは、みかんジュースがぴったり。 風邪をひいた時には食欲がなくなってしまうこともあるので、みかんジュースとして飲み物で体内に摂取させるようにするといいかもしれません。 まとめ 温州みかんのルーツは、中国なのか日本なのか、実ははっきりしていません。 元は鹿児島県と言われています。 現在では様々な種類の温州みかんが登場し、冬のくだものとして愛されています。 食育いろは人気の記事一覧 食育の資格一覧 薬膳の資格比較 野菜の資格比較 幼児食の資格比較 マクロビの資格比較 CMで有名な食育資格.

次の